2018年11月19日

ちょっとレアな物

今のところ2000年前後に買ったSJV-SCのCDをちょっとした想い出語りも含めて紹介していますが今回はちょっとレアな一品。

Libre
自分も詳細は知らないのですがこの『Libre』は一般には頒布されなかったそうです。
名刺的なご挨拶CDと聞いた事がありますが真相は良く分かりません。
なぜ伝聞形式なのかというと自分も当時手に入れておらず、後々存在を知って中古市場で手に入れたものなので……
相当にレアらしく手に入れるまでに10年くらいかかりました(気が長い話だねぇw

実はこのCDには2度お目に掛かってまして最初にヤフオクで発見。
今のシステムと違ってジャストインタイムで終了するので見事に競り負けましたw
いやー、昔のヤフオクはスリリングだったわ。
再びお目に掛かるまで数年を要する訳ですが、あの時落とし損ねたのは8曲バージョンで今手元に有るのは10曲バージョン。
ということでこのCD実は2種類あるんですね。

内容の方はリーフ関連だけでなくサクラ大戦とかも入っていて、CD-Rなので特にテーマが決まっている訳で無くよろずアレンジ集といった感じでになっています。
一期一会を学んだ貴重なCDかな?
posted by うしさん at 00:51| Comment(0) | 音楽CD

2018年11月18日

久しぶりの高尾山

いつもは単独行動な山ですが、今回は珍しく連れだってお出掛け。

紅葉を見に高尾山ですが、凄く久しぶりだなと思って調べてみたら三年前の紅葉狩りの飲み会以来だった……たらーっ(汗)
そんなに来てなかったんですね。
最近はお手軽系は『関東ふれあいのみち』に行くようにしてたからかな?

高尾山口稲荷山コース
比較的ゆっくりめの8時半スタートですが既に人いっぱい。
ケーブルカーも8時半からなので余計なのかも。
ちなみに今回登るのに使った稲荷山コースは7年ぶり……えぇ〜あせあせ(飛び散る汗)

高尾山高尾山頂から
9時半に山頂に着いて当然人でごった返し。
益々激しくなってないか?
その代わりお天気は最高で富士山が綺麗でした。

紅葉
紅葉はまずまずといったところ。
もう少し染まっていれば綺麗だったんですが今年は3回目の紅葉狩りだし良しとしよう。

奥高尾奥高尾2
お馴染みのルートを縦走ですが、小仏城山手前が結構面白くなってました。
また植林されるんでしょうけどしばらくは見晴らしは確保されそうです。

小仏城山景信山
今回の歩きは歩きそのものよりコースを楽しむをメインに歩いたので高尾山、小仏城山、景信山と寄り道休憩で買い食い。
特に昼食で食べた景信山のお蕎麦と天ぷらが美味しかった。
蕎麦の上に写ってる黒い物体は椎茸です。
売店で売っていて美味しそうだったからお土産用に買ってきました。
焼いて醤油で食べる〜るんるん

明王峠
しかし明王峠の茶屋では峠まんじゅうをゲット出来ず。
ここの営業は夏場だけなんですかね。
人が多いとはいえ夏場に比べてすれ違う人数も少なかったからなあ。
ドリンクも売れないだろうし。

倒木
今回倒木が多いのも気になりました。
事前に知り合いから倒木について聞いてましたが本当にあちこち。
一部では道を塞いでいて迂回路が作られてました。
続いた台風の影響なのでしょうか。
自然じゃ仕方ない。

陣馬山陣馬山2
14時過ぎに陣馬山に到着。
日が短いせいか既に人は少なめ。
見晴らし最高なので気持ちが良かった。

けんちん汁富士山
お決まりのけんちん汁をつまみに今回はビールも。
相方がいると何となくこういう気分にもなります。
まだ下りがあるので控えめに1本。
気持ちの良い景色を見つつ入れるアルコールの心地よいことぴかぴか(新しい)

日向日陰
下りは15時なのに山陰のせいか薄暗い。
日が当たる上の方は明るいんですけどね。
このコントラストのせいか余計に視界が暗い。
足下注意exclamation

陣馬蕎麦茸蕎麦
慣れたルートだったので事前調べを怠り微妙にバスに乗りそこなう。
小一時間あるのでまた蕎麦食う二人。
前回陣馬山から下りてきた時も同じことした気がするのは気のせいだろうかw
おかげで美味しいお蕎麦を頂きました。

帰りに打ち上げ予定で高尾駅までバスで戻ってきたら店が無い、参ったね……
京王線口に行けばあるんでしょうけど渡る通路も無いので電車に乗って国分寺でやってきました。
珍しく連れのいる山歩きでしたが飲み相手がいるのはいいねぇ(そこかい

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 12:09| Comment(0) |

2018年11月13日

アレンジ大好き時代

正確には今も好きなんですが、同人で自分の好きなジャンルのアレンジ文化がすっかり廃れてしまって買ってないだけです。

で、葉鍵アレンジを買い求めていた時代がちょうど2000年前後な訳ですが、その頃買ったのが前回SJV-SC関連で紹介した『Leaf』と

Leaves
こちらが2枚目のCD『Leaves』になります。
アレンジの趣向が自分に合ったのが一番大きくて、お気に入りのサークルとして通うようになりました。
そういう意味ではユニゾンより先に常連になったサークルさんだったかもしれません。

特にこのCDは自分がゲーム音楽的に好きだった「WhiteAlbum」ネタだったので、お気に入りの一枚になっています。
アレンジ関係は自分の趣味にかなり左右されるのでこういうCDに出会えた偶然(必然?)に感謝ですね。
posted by うしさん at 22:10| Comment(0) | 音楽CD