2020年01月26日

無駄に長い……実際無駄(筑波連山縦走のみち(2)(茨城県No.9))

久しぶりに『関東ふれあいのみち』です。
総行程20キロ以上の長丁場は日没が早い時期は辛いので様子見だったんですが、もうそろそろかな、と。

桜井バス停
今回のスタートは桜井バス停から。
真壁駅跡は前回歩いたので無駄はカットです。
8時半スタートです。

分岐点
ルート調査も含めて訪れたのは三回目の分岐点。
とりあえずきのこ山まで登らないと始まらない。

分岐点2眺望
せっかくなので前回調査の時に行かなかった行き止まりの直線方向に少し行ってみました。
見晴らしが良いらしいという情報があったのですが、確かに良かった。

つぼろ台つぼろ台2
前回はスルーしましたが、つぼろ台にも行ってみました。
ルートから80mと近かったんですね。

加波山方面
見える方向は限定的でしたが加波山方向がよく見えました。

スタート車道歩き
さて、10時前に前回の分岐点まで来て実質的なスタート。
左手の樹林部がきのこ山の山頂なので、一旦登ってから筑波山方面に進みます。

上曽峠霞ヶ浦
このコース、長いくせに枝ルート多いのがね……
上曽峠から西光院まで歩くのですが、霞ヶ浦なんかが見えて景色はそれなりに良かったからいいけど……

西光院
西光院は名の知れたお寺っぽいですが、自然歩道ではない。
わざわざ行かせる必要性があるのかねぇ。
写真撮影禁止のうえ監視してますとか雰囲気の悪いお寺でした。
有名な境内からの景色は良かったけど「ここは見晴台じゃありません」とか書いてあるし。
起伏もあるし往復するのに1時間も無駄に歩かされた感じ。


上曽峠林道
さて戻ってきたけど、ここから先は車両通行止めなので車も来ない静かな歩き。
しかし、今まで歩いてきた道で一番汚い道でした。
山や沢は綺麗だけど、そこかしこに見えるゴミ、ゴミ、ゴミexclamation×2
今まで歩いた場所も不法投棄はあったけど、ここは「禁止」とはいいつつも投棄されたものを片付けないみたいで、歴代のゴミが溜まってます。
石の切り出しで有名な場所だけあって、石材のゴミが多いのも特徴的。
とにかく不愉快な道でした。

湯袋峠車道
12時15分に湯袋峠に到着。
妙に道が良いけど車の通りは皆無。
静かだから有り難いけど広すぎる道路がもったいない感じ。

登山口登山口
10分ほど歩いて筑波山への登山口へ。
最初の重複部分を除けば初めての山要素。
しかし4時間も休み無く歩いた後の登山要素は結構足にきます。
うへぇ〜あせあせ(飛び散る汗)

筑波山へ登山道
登山道自体は結構ゆるやかなうえに、よく整備されているので歩きやすい。
筑波山への裏登山道なんですかね。
かなり昔にしっかり整備された感じです。

路程標
そういえば久しぶりにこれを見つけました。
茨城県の道って全然無いから未整備なのかと思ったら一応あるんですね。
しかし16.7km + 10.2km = 26.9km んんっ? このコース21kmでなかったか?
茨城県のHPは枝道の往復を除外してるっぽい。

休憩所
12時40分にこの場所でお昼休憩。
適当な休憩所や見晴らしの良い場所はないし沢沿いはゴミだしで歩きっぱなしでしたが、登山道は綺麗で、ここは日差しもある場所だったので一休みです。
さすがにおなか減った。

階段階段2
食事だけでさっさと13時に歩行再開。
今回先が長いし、出来れば明るい時間のバスに乗りたい。
そして最後の最後で続く階段、そんなに急ではないけど足が辛い〜あせあせ(飛び散る汗)

林道合流点キャンプ場入り口
10分ほど階段を登って林道に出てから少し歩くとキャンプ場入り口に到着しました。
ここからは車道歩きの下りなのでかなり気楽です。

桜川市方面稜線方面
キャンプ場からすぐの所が見晴らし地になってました。
今回の歩きで唯一良かった地点ですかね。
稜線の向こうに風車が見えてあそこから歩いてきたのねぇ。
毎度思うけどよく歩くわ。

分岐点
さて、ここが次回コースとの分岐点。
ということはここまで登ってくるのね。
今回は酒寄方面に下ります。

車道歩き薬王院分岐
登山道があるのに長々と車道を歩かされるコース。
自然歩道らしからぬ設定で理不尽だわ。
しかもがっつり下ってから枝道分岐。

薬王院へ薬王院入口
この枝道は次回のコースでも枝道として設定されている理不尽コース。
薬王院自体は次回に任せて今回は入口まで歩いて一応の義理は果たしたexclamation
往復するという行為はしたぞパンチ
ちなみに茨城県の地図は道を1本間違えていて、さらに標高の低い細道からの登り返しが正当です。

ということで最後の最後で激登坂で嫌気さしましたが、しっかり登りました。
ホント名刹、史跡のための歩きは自然歩道から除外してもらいたい。
ただでさえ長いコースなのに枝道で寺とかいらぬ手間ですわ(行かなければいいんだろうけど……)

酒寄バス停へ酒寄バス停
15時5分に酒寄バス停に到着、標準タイムの計画17時40分よりかなり早く到着しました。
大きい道路が昔の鉄道線で微妙な所にあるバス停が昔からの駅前バス停みたいです。
15時55分の筑波登山口行きに乗れれば御の字といった感じで、「また微妙な時間に着いた」と思ったら、若干遅れの岩瀬行きバスが来たのでそのまま乗っちゃいました。
どっち経由でも桜川市のバスは200円均一だから変わらん。

とにかく長距離で面倒くさい難関を突破で次からは気楽です。
次回は久しぶりに一般的な山、筑波山。
天気が良ければ来週にでも行きたいかな。
続きを読む
posted by うしさん at 16:24| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2020年01月23日

前回の逆ルート

土曜日が雨だったので、軽く運動代わりに御府内八十八カ所巡りの続きです。

薬研堀不動院
馬喰町まで移動して、全回終了地点の薬研堀不動院"からの10時半スタートです。
前日酒飲みでスタート遅い……

地下道浅草橋交差点
浅草橋交差点の地下道って初めて歩いたけど、交差点の地下道で歩行帯が分離されてるの初めてだわ。

雪像
神楽坂までは前回歩いた道をそのまま戻る形なんですが、途中の神保町では雪像が飾られてました。
毎年の行事ですけど、今年は気温が高くて無残な感じ。

参道入口
本当は飯田橋交差点経由に変えようと思ったんですが、途中で東京大神宮参道の文字が。
そういえばこの辺りにあったね。
ルートは間違ってないし寄り道。

東京大神宮東京大神宮御朱印
まだ新年間もないためか、境内はえらい混みよう。
御朱印を頂くのも大変そうなのでどうしようか迷いましたが、まあ時間はあるので寄ることにしました。
ここだけで30分くらいかかりましたが、御朱印を頂きました。

神楽坂
さて、方向を変えたせいで、結局前回と同じ道の神楽坂歩きに戻ってしまったわけですが、それでも前回とは違う発見が。

赤城神社入り口境内より
反対側から来たおかげで、赤城神社の案内を見つけました。
前回気がつかなかったなぁ。
この神社、高台の縁にあるおかげで、超一等地なのにロケーションがいい!

赤城神社赤城神社御朱印
参拝者が多い時期なので、残念ながら書き置きでしたがこの日連続して御朱印を頂いてしまいました。

穴八幡宮社務所列
さて、今回は少し早稲田よりで歩いてみたのですが、またまた神社発見。
しかもまた混んでる……穴八幡宮だそうで。
右の写真は参拝列じゃなくて社務所列。
「あ、こりゃ無理だわ」ということで御朱印はパス。
早稲田近辺にも札所があるので、そのうち寄る機会もあるでしょう。

鯛焼き屋鯛焼き
その代わり、神社前の鯛焼き屋さんで買い食い。
一つ一つ型で焼くのは珍しいのでつい寄ってしまいました。
こちらも列があって少し待たされましたが。

早稲田通り中井
早稲田通りを歩いて神田川を越えた辺りで裏道へ。
途中お昼ご飯の寄り道をしながら歩いて14時前に目的地の中井にある最勝寺に到着。

最勝寺最勝寺御朱印
ということで無事24番札所の最勝寺を頂くことが出来ました。
なんか葬儀屋さんが来てたので参拝だけでどうしようかと思ってたら、奥からご住職が出てきて対応して下さいました。
感謝。

次回は御府内八十八カ所といいながら、郊外に疎開してしまったお寺なので中井から日野まで歩かないといけない。
甲州街道の時よりは近いけど、気楽に歩けないので準備してから行くとしましょう。

歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 20:52| Comment(0) | 街道歩き

2020年01月21日

御朱印帳三冊目

自分向け、御朱印帳整理の三冊目。

御朱印帳
最後の東京十社巡りをしたときに、最初の御朱印帳がそろそろいっぱいになりそうだったので、最寄りの神田明神以外の神社ということで湯島天満宮で入手しました。
買い求めた後に、大型判ということに気がついて困りましたが、使わないのも失礼なのでそのまま使用しました。


湯島天満宮
そんな訳で1社目は2017年3月5日に東京十社巡りの際に立ち寄った湯島の「湯島天満宮」です。


八幡神社
2社目は2017年3月11日。東京十社改め准勅祭社巡りに変えて鷲宮神社に向かった際に、日光御成街道をテーマにして各宿場町の鎮守社(または代表的神社)でもらいました。
これは岩淵宿の際に赤羽の「八幡神社」で頂いた物。


川口神社
3社目は2017年3月11日同じ准勅祭社巡りで寄った川口の「川口神社」
川口宿の鎮守社として今も大きな神社でした。


氷川神社
4社目も2017年3月11日に准勅祭社巡りで寄った鳩ヶ谷の「氷川神社」
鳩ヶ谷宿の鎮守社として寄りましたが、地名に合わせて鳩の印がかわいい。


久伊豆神社
5社目も2017年3月11日に准勅祭社巡りで寄った岩槻の「久伊豆神社」
岩槻宿の鎮守社として寄ったのですが、語呂が良くてクイズの神様でもあるそうな。
そうなのか?


幸宮神社
6社目は2017年3月12日。さすがに1日で鷲宮町まで歩けなかったので翌日です。
ということで准勅祭社巡りで寄った幸手の「幸宮神社」です。
こちらも幸手宿の総鎮守ですね。


鷲宮神社
7社目は2017年3月12日で准勅祭社であり、鷲宮にある「鷲宮神社」
歩いて行くには遠かったですね。


ここまでで、先の東京十社の御朱印帳との被りは終了です。
准勅祭社としては大國魂神社があるのですが、そこから総社御朱印帳としてテーマ別の御朱印帳を作り始めました。
一般御朱印帳(勝手に命名)はそのテーマから外れる神社が収められることになります。

花園j神社
8社目は2017年3月18日に新宿の「花園神社」です。
日光御成街道で気をよくして始めた甲州街道歩きの最初、内藤新宿の鎮守社として頂きました。


八幡神社
9社目も2017年3月18日に甲州街道歩きで頂いた高井戸の「八幡神社」
宿場町の鎮守社ははっきりしない部分もあって、その近辺の大きな神社を頂いているのですが、一応高井戸宿の神社として頂いています。


布多天神社
10社目も2017年3月18日に甲州街道歩きで頂いた調布の「布多天神社」
布田宿は五宿合わせた総称でしたが、その中で一番大きな神社ということで頂いております。


大歳御祖神社
11社目は2017年3月25日に一宮、総社巡りで静岡浅間神社に行った際に頂いた浅間神社境内にある「大歳御祖神社」
浅間神社は駿河国の総社ということで総社御朱印帳に頂いたのですが、別ものなのでこちらの御朱印帳に頂きました。


久能山東照宮
12社目はお同じく2017年3月25日に訪れた静岡の「久能山東照宮」
せっかく行ったついでだったので観光してきた時に頂きました。
何か目的を持って行った先の神社は頂くことにしています。


宝登山神社
13社目は2017年4月1日に行った長瀞の「宝登山神社」
以前関東ふれあいのみちで来のですが、その時は御朱印集めをしていなかったので、気まぐれで秩父に行ったときに寄ってきました。


三峯神社
14社目も2017年4月1日に行った秩父の「三峯神社」
こちらもついでで行ったは良かったのですが、1日って白の気守の日だったんですよね。
知らずに行ってえらい渋滞に巻き込まれました。
白の気守も頂けたんですが、その後あまりの渋滞に配布をやめたそうなので、貴重品ですね。


湯島聖堂
15社目は2017年4月2日に訪れた湯島にある「湯島聖堂」
神社ではなく孔子廟なんですが、近所なので興味があってふらっと行ったら御朱印がありました。
お寺とも違うし他に収めどころもないのでまあ良しとしましょう。


伊香保神社
16社目は2017年4月22日に関東ふれあいのみちの途中に寄った伊香保の「伊香保神社」
観光客が多いから記帳してもらえるかと思ったら、残念ながら書き置きでした。
しかも無人で置いてあるので、日付の22だけは自分で記入です。


甲波宿禰神社
17社目も関東ふれあいのみちの途中で2017年4月29日に寄った渋川の「甲波宿禰神社」
四宮に数えられる古社らしいですが、田舎ゆえ無人でした。
宮司さん宅で書き置きながら頂けるのはありがたかった。


山名八幡宮
18社目も関東ふれあいのみちから。2017年6月4日に寄った高崎の「山名八幡宮」
既に歩いた神社で、御朱印集めを始める前に通った神社の落ち穂拾いに出かけた際に頂いた物。


貫前神社
19社目も落ち穂拾い。2017年6月4日に寄った富岡の「貫前神社」
一宮巡りの目的もあり上州一宮として一宮用の御朱印帳に頂いたんですが、まだダブってもらってました。


200120_21.jpg
20社目も同じく2017年6月4日に落ち穂拾いの妙義山の「中之嶽神社」
妙義山は未だに登れてない……


東郷神社
21社目は2017年6月18日に別口で歩き始めた御府内八十八カ所巡りで、その際に寄った神宮前の「東郷神社」
神様というと神話なイメージでしたが明治の軍神なんですよね。


明治神宮
この御朱印帳最後の22社目はこれも2017年6月18日に御府内八十八カ所巡りの途中で寄った「明治神宮」
ここも勅祭社の御朱印帳でも頂いてるんですが、まだ両方。


ということで御朱印集めとアウトドアが一体になって結構、いろんな所に行ってますね。
テーマ別の御朱印帳は御朱印を頂に行ってる感じですが、通常の御朱印帳は何かの機会にといった感じで進行してます。
色々歩いてるのでハイペースで集まってます。
タグ:御朱印
posted by うしさん at 22:23| Comment(0) | その他