2017年04月30日

下るだけですから!(しぶかわのみち(群馬県No.17))

GW中は行かないつもりだったんですが、このコースは8km程と短いし基本下りだし山道も無いし、次のスタートが駅になるきりの良さもあってこなしてしまおうと相成りました。

バスバス車内
高崎からお世話になるのは今回が最後になる群馬バスバス
最後の最後に温泉地仕様の古いバスが来てくれました
ぴかぴか(新しい)やっぱりローカルバスはこの形だよ(こだわり)exclamation

バス停渋川総合公園
9時半にスタート地点のわらびヶ丘バス停に到着。
前回桜が見事だった場所です。
残念ながらこの一週間ですっかり散ってました。

渋川総合公園2渋川総合公園3
渋川総合公園内の道を下っていく形ですが15分ほどで公園は抜けてしまいました。
とはいえ結構大きな公園で森林浴には良さそうな感じですね。

車道歩きグリーン牧場
公園を出てしまうと普通の道を歩くのは毎度のこと。
今回は車の通りは少ないものの本当に整備されたただの田舎道な感じです。
10時にはグリーン牧場の所に出たので寄り道しても良かったのですが、入場料取るのでスルー。
売店ぐらいは無料で入れたのだろうか……
牛乳飲みたかった……秩父の高原牧場以来のご無沙汰だったのに。

牧場脇赤城山
右手に牧場のある裾野を見ながらの歩きですが、この辺りはそれほど景色がいいわけでもなく淡々と歩く感じで進んでいきました。
途中今後向かう赤城山が見えたのは良かった。
でもこの景色は前回見晴台からもっと上等なの見てるしなぁ。

交差点指導標
暫く歩いて行くと右折して下る道に入るのですが、非常に分かりづらい所に指導標がありました。
写真だと左手から来るんですが、交差点の改修が行われたようで微妙な位置にあります。
歩く人も少ないコースなのか全体的にこんな感じで朽ちてるのも今回のコースの特徴でしょうか。
指導標頼りだとちょっと心許ないです。

ゴルフ場脇ゴルフ場脇2
ゴルフ場の脇を下っていくのですが新緑の季節ということもあってそれ程心証は悪くないです。
真夏だったらちょっと嫌な感じw

県道出合霊園脇
ゴルフ場が終わると県道を渡って今度は霊園の脇を下っていきます。
霊園自体が緑豊かな造りになっているのでなんとなく気持ちが良い。
横は墓地なんだけど。

霊園脇2子持山
霊園の末端を辺りで子持山を正面に気持ちの良い景色が広がっていました。
このコース、全てアスファルト道ですがこの景色だけはグッドexclamation

林道へ林道2
霊園を過ぎると急に道が狭くなって急な山道に変わりました。
開発前の原風景なんでしょうか。
開発によって地域にもたらされる効果ってのが端的に現れてるなぁっと感じた次第。
中腹では等高線沿いに新しい道路も造成中で、このレベルの地域ではやはり開発が優先なんですね

集落分岐脇参道
集落に入ってすぐに読みが難しい『甲波宿禰(かわすくね)神社』への案内が。
「また登るのか?」と思ったらすぐに神社がありました。
脇参道だったようです。

甲波宿禰甲波宿禰2
ということで11時に神社に到着。
なかなか立派な神社で社務所なんかもしっかりありますが無人でした。
上野国四の宮(論社の一つ)だそうで、吾妻街道沿いの古い社のようです。

宮司さん宅御朱印置き場
境内の脇に【←宮司宅】という小さな案内があったのであわよくば御朱印頂けるかな?と向かってみると、普通のお宅があって恐る恐る入ってみると勝手口に小さな張り紙が。
「御朱印希望者は留守の時は入って持っていって下さい」とのこと。
中に入るとセルフの御朱印が置いてあったので机の上に300円納めて頂いてきました。

御朱印
自分で日付を入れて無事御朱印をゲットw

神社正面新幹線高架
30分ほど長居をしましたが電車の時間も気になるので駅に向かいます。
神社正面参道を降りるとすぐに上越新幹線の高架橋が。
高速道路もそうなんだけど町並みや自然と一体にならないのは地形を無視してるからかも。

吾妻街道
駅に向かうこの道が吾妻街道だそうで、なんとなく昔の雰囲気が残ってる……気がする?

金島駅金島駅2
11時40分に吾妻線の金島駅に到着しました。
意外と近かった……30分ほどの電車待ち。
もう少し田舎のくたびれた駅を期待してたけど真新しい簡素な駅舎でした。
まあ地元にとってはこの方がいいんでしょうけどね。
自販機は近くの集会場の方にあったのでそちらで冷たい物をゲット。

吾妻線渋川駅
普通電車で一駅渋川駅まで出てそこからうまく特急電車があったので乗り換えて上野まで帰ってきました。
渋川駅では数少ない特急電車が行き交う姿を見てちょっと感動w

特急車内弁当
GWだけど昼間の逆向きなので空いてて快適。
記憶にないくらい昔以来車内でお弁当買った。
高崎の鶏飯だったのがちょっと不満だけど沿線に業者がもう無いんだろうね……日食(古いなw)じゃないだけ良しとしよう。

単日で短いのでこなしちゃいましたが次回はちょっと厄介なコースなので困りもの。
でも5月中には行きたいかな。
GWの北アルプスに向け足慣らしにはちょうどいい歩きでした。
【参考メモ】
posted by うしさん at 22:48| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2017年04月23日

温泉は素通り…(榛名から水沢へのみち(群馬県No.16))

前回の続きに行きました。
基本下り道で距離もそう長くないので簡単なお仕事……のつもりが…

ヤセオネ峠
ヤセオネ峠までバスを乗り継いで着いたのが10時20分。
……とその前にバスを降りる直前にスマホを落とした事に気が付くあせあせ(飛び散る汗)

乗る直前まで使用していたから待ち合いのベンチからバスまでの数歩の間で落としたのは確実。
戻りのバスは……一時間後…とりあえず歩くか
片道3.6km程を歩いて往復することになりました。
結論から言うと見つかったのですが、下手に拾われてどっかに届けられたら面倒なことになるところでした。
閑散期で良かった……

伊香保森林公園森林公園路
改めて11時半にスタートです。
帰りのバスが限定されるのでこのロスは痛い。
昼食タイムを抜けば大丈夫な目途はあるのでそれ程心配はしてませんが。
今回はあまり山道が無いので面白く無さそうなのは確認済み。
とりあえず伊香保森林公園の方に入っていきます。

分岐点山道へ
5分ほど歩くと山道への分岐に着きました。
ここから谷沿いに下っていきます。
やっぱり山道がいいよねぇグッド(上向き矢印)

山道山道終了
いつもの森林歩きの面持ちの歩きですが10分ほどで車道に出てがっかり。
本日の山道終了のお知らせバッド(下向き矢印)

鷲ノ巣風穴へ鷲ノ巣風穴
車道を少し歩いたところに鷲ノ巣風穴があります。
往復でも5分くらいなので行ってみました。
中はひんやりとしていて涼しい(いや寒いw)
夏場に来ればいい感じなんでしょう。

車道歩き隣接林道
元に戻って車道を歩いて行きます。
車道に沿った形で林間歩道が設けられているのでどうせならそっちを指定道にして欲しかった。
風穴観光客向けにふれあいの道指定後に作られた道みたいなので仕方ないのかな?
融通が利かないというかなんというか。

スケート場
暫く歩いて上ノ山公園近くに来るとスケート場に出ます。
ここで今回一番の風景に出会いました。
上越国境の山々が綺麗でしたぴかぴか(新しい)
しかしここでルートをロスト。

案内板場内通路
よく見るとこんな感じで案内が出てました。
「敷地内を通っていいのかな?」と少し心配になりながら歩いて行くと指導標がありました。
公営施設だからということだろうか?

散策道散策階段
施設の奥の細道を下っていくと途中からうねうねと長い階段を伊香保神社に下っていきます。
一般の人向けの歩道らしくやたら整備されていました。
実際普段着の人とすれ違ったので伊香保観光客向けなんでしょうね。

伊香保神社へ伊香保神社
12時半に伊香保神社に到着。
ここまでで遅れた分をほぼ取り戻しました。
元々かなりゆっくりめの予定を組んでたのでそれが幸いした感じ。
お昼ご飯が食べられるるんるん

伊香保神社入口170422_20.jpg
伊香保神社は階段状の温泉街の一番奥にあるので参拝する人も一苦労です。
社務所は無人なので本殿の脇に絵馬やらおみくじやらがセルフサービスで置いてありました。
御朱印もあったので300円納めて頂いてきました。
日付もセルフです……たらーっ(汗)

温泉街温泉街2
元々温泉街がお昼予定のスケジュールだったので今回非常食以外持ってきてません。
なので伊香保温泉街の街並みを楽しみつつ立ち寄ったお店でご飯にしました。
しかし昔来た事あるけどこんな階段な温泉だったのね。
大学の卒業旅行で宴会がてら来たけど記憶が曖昧だわ。

足湯足湯中
本当は余裕が出来たら立ち寄り湯いい気分(温泉)したかったけど、遅れた分だけ余裕が出来ず足湯だけ楽しむ。
この錆びた鉄っぽい湯が伊香保の特徴ですな。

射的場温泉街下
射的とか昭和な娯楽施設が多いのもここの特徴のようです。
温泉歓楽街としての一面が薄れて一時期寂れたけど今では昭和売りで結構人も多い感じがします。
下の方の開けた感じも雰囲気的に良いですね。
今度泊まりに来たいけどお一人様ってダメだろうな……

入口ロータリーロータリーより
下まで降りきてここから水沢観音までバスバスに乗るのが指定なんだけど『歩道』ちゃうやんパンチ
なので意地でも歩く。
全部で8キロくらいだから余裕だし。

電車
伊香保の出口のところで昔の電車がありました。
渋川駅から伊香保まで昔電車が通ってたのは知ってますがこれですか。
今あったら逆に受けそうだけど。
解説を読んだらさらに昔は高崎、前橋にも路線があったんですね。

水沢へ渋川総合公園
歩いてバス指定な理由がなんとなく分かりました。
歩け指定するには歩道が無いのに車の往来頻繁なのでちょっと危ないです。
子供の頃に習った歩行者右側通行が有効ですw
バスに乗ったら満開の桜も楽しめなかっただろうし。

次回コース入口展望台より
途中の渋川総合公園で次回コースのスタート地点を確認。
今回のコースは次回コースを行き過ぎるので、バスを使ってまで行かせる水沢観光の政治的匂いが……まあいいけど。
すぐ近くの見晴台からはこれから向かう赤城の山々がよく見えました。

水沢観音水沢観音2
14時20分に水沢観音に無事到着。
さすがに有名なお寺だけあって結構な参拝客。
坂東三十三ヵ所の16番札所なので死ぬまでにもう一度来ると思いますが、今回は納経印は省略。
とりあえず御府内八十八ヶ所を終わらせないと……

参道楼門
伊香保から来ると脇参道に入るみたいですが、本来は水沢の門前町側が正面みたいです。
そちらに下る形で参道があります。
手水所や山門もそちら側にありました。

うどん店170422_39.jpg
門前には有名な水沢うどんのお店がいっぱい。
事前に調べをしなかったので適当なお店で食べてきましたが、関東の柔らかい系じゃなく讃岐うどんみたいなシコシコ系。
最近では讃岐うどん普通に食べられる時代なので目新しさは無いのですが、コシのあるうどんが名を馳せた起因なのだろうか。
元祖、本家論争はどこの有名地でも見られるけど、始祖ってのは初めて見たw

水沢バス停
ということでうどん街にある水沢バス停から帰ってきました。
高崎に出ることにこだわると本数が少なくて急ぎ足になってしまいました。
さて、いよいよGWから北アルプス解禁なので次回はちょっと先ですが、気楽なコースなので時間が出来たら行きましょう。
単日だとお寺巡りかもw
【参考メモ】
posted by うしさん at 20:36| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2017年04月16日

足がなまってた……(榛名山へのみち(群馬県No.15))

春雪と冬期交通事情の悪さも手伝って行くのを控えていたのですが、お天気良好だし暇が出来たので行ってきました。

バス
高崎駅から群馬バスで一時間かかるというのも一般路線バスとしては長距離ですね。
いかにも田舎の路線バス的な前後に寄ったバスは好きです。
最近は普通の路線バスを観光路線に使う傾向もあるので個人的に好感度アップ。

榛名神社榛名神社2
とりあえず榛名神社にお詣りして今回の無事を祈願して10時にスタートです。
そういえば本殿脇の社務所が開いてたり土産物屋も営業してたりで随分と雰囲気が変わってました。
前回凍ってた滝も復活してました。
春なんですねぇ。

番所跡砂防堰堤
神社裏手の番所跡の門をくぐって砂防堰堤の脇から入ります。
ところでこの砂防堰堤昭和30年代のもののようで文化財指定されてました。
石積みで巨大さが珍しいらしいです。
そうなの?

登山道登山道2
榛名湖までのルートはのどかな感じ。
でも山登り不足のせいかちょっと息が切れる。
いかんなぁ。

分岐
毎度思うのだけれどこういう表記は本当にやめてもらいたい。
本ルートが分かりづらい。
まあ、自分はGPSでナビがあるからいいけど。
特に群馬県はまともな地図が提供されていないので現地標識に頼るところが大きいのでどっちに行けばいいのか迷うような指導標は非常に迷惑。
感想文に書いておこうw

天神峠へ石灯籠
天神峠近くまで来て峠方面へ下っていくと石灯籠があります。
これも江戸時代の史跡らしい。
元は違う場所にあったらしいですが、恐らく道路の拡幅の関係で昭和57年に移動したようです。
実はこちらが本来ルートでふれあいの道自体も付け替えがあったようですね。
相変わらず地図が違います。

旧ルート取り付き天神峠
元はこの沢沿いに巻くように登って石灯籠のある右手の道に入っていくのが元の指定道です。
地図では石灯籠自体、移設前の場所になってるし……
ホント群馬県は地図を更新しない(というか最新地図を開示しない)のでぶっつけ本番になるのがなんとも。

階段荒れ階段
今回のルートを一言で表すと「階段」ですかね。
とにかく階段区間が多かったです。
整備されてるところ、されずに荒れてる所も含めて階段が非常に多かった。
荒れてる所は勘弁して下さい状態ですが、一般的には歩きやすいルートだったと思います。

しかしここ最近山登りをサボってたせいかこの階段登りが非常にキツかった。
体調も悪かったようで、足の筋肉がゆめみさん状態w(大腿部オーバーヒート)で痙攣を起こさないように様子見しながらの歩きでいつもよりペースが遅い。
標準タイム以上は維持出来るんですが、帰りのバスを出来れば一本早くしたかったけど諦めました。

路程標
今回これがありました。
スタートが天神峠になっていて、最初の設定は榛名神社じゃなくてそこだったんですかね。
群馬県HPの解説もコース一覧は5.5km。解説は8.3kmで榛名神社から天神峠までは一覧の方には含まれていないですね。
というか山登りにおける距離間違いはまずでしょ。

天目山天目山より
11時半過ぎに天目山に到着。
榛名湖側は樹木で見晴らしが悪いので関東平野側を見ながらお昼にしました。

昼食
今回は炒飯に味噌汁。
最近はこのアルファ米シリーズが続いてます。
調理に時間がかかるのが難点ですかね。
計画段階で余裕がある時だけにしてます。

尾根歩き榛名湖
12時20分に撤収。
基本的に外輪山を尾根歩きする形なので榛名湖は常時見えてはいるものの、なかなか綺麗に見えるところがないのが残念です。
白いのは残雪です、所々残ってました。

道路
昔車で来た時に走りましたが、この真っ直ぐな滑走路のような道が気持ちいい。
速度超過防止のために音楽が流れる特殊処理がアスファルトにしてあって、適度な速度で車で走ると音楽が流れますw
山を歩いていてもその音楽が聞こえてくるのが面白い(というかやかましいw)

スルス岩案内板
磨墨峠に出る手前で正面に見える岩の上に何か建ってるっぽい。
行けるとは思ってなかったのに近くに行ったら3分の看板が……
行くしか無いっしょ。

スルス岩へ梯子場
後で思ったけど荷物デポして行けば良かったw
梯子場もある本格的な岩登りが展開。
山っぽい歩きがなくて寂しかったのでテンション上げ上げ。

スルス岩上スルス岩より
登ったら岩の上からは景色最高でした。
残念ながら梯子が登れても降りるのはかなり高度感があるので上級者向けですかね。

スルス岩全景
磨墨峠から振り返ったらあんな所を登ったのかいw

相馬山分岐相馬山登山道
14時に相馬山の麓に到着。
コースはここを左に行けばいいのですが、ぱっと見大した標高差も無いのでせっかくだから登ってきました。
時間あるし。
修験道の山らしくあちこちに石塔やらなにやらが建ってます。
しかも今までと変わってがっつり岩場登りなので自分好み。

鎖場・梯子場痩せ尾根
鎖場に梯子場、更に痩せ尾根と思わず「たーのしー」と某アニメのセリフが出てくる始末。
こういう山大好きです。

相馬山山頂関東平野方面
20分ほどで山頂に到着。
関東平野を一望出来る絶景が広がってました!
そういえば後楽園に榛名山の眺望所があったけどこれなら納得。
東京からも見えるんですね、ビルが無ければ。

妙義山方面
当然ですが妙義山も見えて「あそこから歩いてきたのねぇ」と感慨深い。

山頂神社前
山頂の社からあらぬ方向に鳥居が向いてるので何かと思えば修験道の方々は絶壁方向にも修行場があるのね。
ちなみに登ってきた方と逆側にも登山道があってそちらは下山禁止になってました。
国土地理院地図にはルートがあるので下山だけが禁止なのかな?

下山道下山口
元のルートに戻り15時に無事下山しました。
途中何回か足が痙攣しかかったけどなんとか戻れたよ。
寄り道しまくって言うのもなんですが……

バス停高崎行きバス
ヤセオネ峠のバス停で30分ほど待って榛名湖バス停で高崎行きに乗り換え。
前のバスが出たのが10分前……乗り換えに50分ほどあるのはなんとかならんのか…
帰りは普通の低床バスだった……山バスがいいexclamation×2

ふれあいの道としては本当に久しぶりの山コースだったので(いつ以来だ?)寄り道も含めて充実した歩きでした。
群馬県コースは一歩間違うと山岳コースになってしまうから仕方ないのだろうけど、こういうコースがいいな。
次からまたしばらく気楽なコースなので暇な時に行きましょう。
【参考メモ】
posted by うしさん at 15:01| Comment(0) | 首都圏自然歩道