2017年07月30日

近場の山登り

夏場の山登りは定番。
まあ、ディープなのは遠慮なので軽く行けるところで。
とりあえずどこに行こうかと思案していたところで先日「大魔法峠」を見たのでタイトルの元ネタ「大菩薩峠」に行くことにしました。
我ながらなんのこっちゃw

甲斐大和駅上日川峠
いくつかルートがあるのですがお手軽重視で今回は上日川峠からの入りです。
甲斐大和駅から1,600m近くまでバスで行けてしまうのでお手軽。
季節限定の登山バスなんですけどね。
天気が下り坂予報だったので空いてるかと思ったらいい混みっぷりでした。

登山道入口平行林道
林道に入ってすぐに登山道に分かれてるのでそっちに行ったけど、平行して同じ中腹の山小屋まで向かってるのね……
濡れて泥道は滑って歩きづらいし小学校の団体さんがいて長蛇の列だしあっちの方が歩きやすかったわたらーっ(汗)

登山道大菩薩峠直前
結局峠まで気軽なハイキングコースレベルの道が続いているという、山登り感薄いな。
高尾山レベルだろうか。
うーん。

大菩薩峠大菩薩峠2
お土産物屋を抜けると大魔法峠、もとい大菩薩峠に11時到着。
バス停から40分ほどなので時間的には駐車場から茶臼岳くらいのペースだね。
意外と近い。

大菩薩湖甲府盆地方面
大菩薩湖まではガスの晴れ間で見えたり見えなかったりだったけど甲府盆地方面は見通し皆無。
晴れてれば南アルプスの稜線も見えるらしいですが今回は登ったことに意義あり。

昼食
山頂は見晴らしがないそうなのでここで早めのお昼ご飯としました。
山小屋も結構充実してたのでそっち利用でも良かったかなぁ。
1時間ほどのんびりしてました、午後雨予報だったけど……

稜線歩き大菩薩嶺山頂
しばらくの稜線歩きは晴れていれば気持ちよさそうですが霧ガスってると楽しくない。
30分弱で大菩薩嶺の山頂に到着しましたが立木で全く見晴らしはないんですね。
まあ、ここは写真を撮るだけでスルーしました。

下山道下山道2
帰りはせっかくなので反対側の丸川峠側にぬけてみましたが急に深まる山成分。
とういうか人がほとんどいない。
落差大きいなぁ。
この辺りから予報通りぽつぽつ雨が降ってきたけど森林のおかげで雨具不要。
助かります。

丸川峠
13時20分に丸川峠に到着。
小屋に寄り道してゆっくりしたいところだけど天候が怪しい。
降りが大粒になりつつあるので下山優先で休憩無しで先に進む。

途中で土砂降り雨になる、うぇぇ〜
レイン装備持ってるからいいけど。
というかあるから雨覚悟で登山決行したわけですが、あの小学生の団体さんノーマルハイキング装備だったけど大丈夫だったんかいな。
ちなみに夏でも雨に濡れると体温を持っていかれるので普通に遭難します。
安くていいからレインコートは持ちましょう。

下山口下山口2
14時過ぎに登山口に到着した時は安心しました。
大雨は奥穂高岳から吊り尾根経由で下った時以来ですが、どんな山でも下山の雨は怖いです。
登山道から滑り落ちたら終わるしねぇ。

大菩薩の湯
かなり濡れ鼠状態(汗でだよ)になったので大菩薩の湯に入ってきました。
やっぱり下山後は温泉が至高です。

バス
こちらのコースは登山口が1,000mなので標高差が大きいですが、バスが普通の路線バスなので安い。
自治体の地域バスも兼ねてるのか結構な距離なのにお値段300円。
特急が使える塩山駅に出られるのもポイント高いですね。

天気が良ければもっと楽しい山歩きだったと思いますがそれなりに楽しめたので70点。
雨は予想してたけど土砂降りは参った。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 12:23| Comment(0) |

2017年07月21日

想像以上にキツかった

夏山本番。
梅雨明け微妙な時期ながら7月の三連休。
行くしかないっしょ。
ということで行ってきました。

林道入口登山口
今回は餓鬼岳。
スタートの登山口、白沢登山口は標高約1,000m。
餓鬼岳は2,647mなので標高差で約1,650mの登りとなります。
水平距離だと6kmちょっとなので合戦尾根の1.6倍くらい?
標準タイム6時間半、遠いですが5時40分スタートです。

渓谷歩き渓谷歩き2
最初の方は結構楽しく歩くことが出来ました。
沢沿いの歩きは変化に富んでいて面白かったです。
帰りの湿った沢歩きは怖かったですがw

梯子場あぶみ場
こういうところはキレット越えを思い出す。
こんなところを楽しめるかどうかは結構重要。

最終水場最終水場2
正直このコース、最終水場からが勝負ですね。
そこから一気に標高を上げるうえに先が長いので個人的には水分補給に気を遣いました。
元々汗っかきなもので最終水場で補水しつつ3リッター持ち上げました。
実際は2リッターで済みましたがやっぱり不安なんですよ。

急登急登2
大凪山までは急登。
この途中で悲劇発生。
足に激痛走る!
ええぇ〜あせあせ(飛び散る汗)

大凪山
なんとか登り切ったところで行くも戻るも2時間半って……たらーっ(汗)
真面目にどうしようか悩みました。
とりあえず高体温による熱中症状なのは分かっているので、体温を上げないように気をつけつつ最後まで向かうことにしました。
正直下りの方が過負荷になるのは目に見えてるので。

ということで息が上がりそうになったら休憩を繰り返しつつ歩いたらなんとかなるものですね。
いつものペースとはならないまでも標準タイムに近いペースで歩くことが出来ました。

細道崖場
一歩踏み外したら滑落しそうな細道が多かったので気が抜けない感じでしたが、そこまで危ないという気がしなかったのは慣れですかね。
でも帰りはさすがに緊張する場面が多かったかも。
湿ってて滑りそうな状態の下りはさすがに怖い。

餓鬼岳餓鬼岳山頂
12時20分無事餓鬼岳小屋に到着。
小屋から5分ほどで山頂なのはいいですね。
初日は午後のガスが出てしまって景色が今ひとつでしたが。

山頂より裏銀座山頂より表銀座
その代わり翌日は最高の景色を見る事が出来ました。
表銀座、裏銀座の稜線をいっぺんに見られるシチュエーションっていいわ。

山頂より唐沢岳
ちなみに二日目は写真の真ん中に見える常念山脈の最北端、唐沢岳に行ったのですが予想外に難儀な山でした。

唐沢岳ザレ場
200m程の急降下、急登の大下りがあったり、ザレ場があったり。

岩場岩場2
岩場があったりとなかなか変化に富んだコースでした。
往復で5時間以上かかったので察して下さい。

唐沢岳山頂山頂より高瀬ダム
苦労の分、念願の高瀬ダムを上から眺めるが出来て感激でした。
あそこからブナ立て尾根に登ったのねぇ。
というかブナ立て尾根が近い。

昼食コーヒー
唐沢岳山頂では苦労して持ち上げたお昼ご飯と念願の山頂コーヒーが出来て大満足。
これがやりたいがために痙攣と闘いながら過剰な荷物を持って持ち上げましたw

お花畑木崎湖方面
季節的にコマクサのお花畑も見られたし、小熊山の先に木崎湖も見えたし。

松川村方面
なにより遮る前山がない場所なので麓を俯瞰する景色が最高に良かったです。

餓鬼岳小屋餓鬼岳小屋2
山小屋も昔ながらの山小屋なのはポイント高い。
色々と満足度は高いんですが如何せん遠いのがネックかなぁ。
燕岳からの稜線歩きでも6時間コースだし。
でも次はそこを歩きたい。

さて、GWに続いての北アルプスでしたが夏場に弱い自分としては次は9月でしょうか。
今年は連休が短いのが残念ですが、出来ればあと2回くらい来たい。
とりあえず来月はビッグサイトを登らねばw

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 00:59| Comment(0) |

2017年07月01日

山開きだから

7月1日は山開き。
しかし今週は梅雨らしい天気。
山は雷雨予報だし平野部も気温も湿度も高くてウォーキングにも向きそうもないですね。
「そういえば」以前歩いた時に気になってた駒込富士神社の大祭がこの日だったはず。
富士神社ならついでに今年の安全登山祈願に丁度良いかなと。
ということで行ってきました。

都バス
前回は歩いたけど今回は普通にバス。
都バスに乗るのは久しぶり。
最近は後ろ乗りばっかりだったからなぁ。

境内入口境内の露店
単に社務所が開かれるだけかと思ったら結構な露店の数。
びっくり。

富士神社拝殿麦らくがん
社殿や社務所も開いて神社営業中w
巫女さんが駒込名物?らしい神社の麦らくがんを売ってたので買ってきました。
富士山の形をしてましたw
み、巫女さんに釣られた訳じゃないぞ

社務所御朱印列
外れにある社務所で御朱印の対応をしてましたが、皆さん考える事は一緒なんですね。
すんごい行列。
人数自体はそれ程ではないんですが、そもそもキャパオーバーなので頂くのに一時間ほどかかりました。

富士神社御朱印
無事御朱印を頂きました。
この日だけと言えば三峯神社の白御守争奪戦も苛烈を極めた模様。
雪の4月でアレだったからなぁ。

天祖神社天祖神社御朱印
せっかく出たので近場にある『天祖神社』にも寄ってきました。
こちらは静かで落ち着いた感じですが境内が富士神社の露天商の駐車場になってた……いいんかい。
夏の大祓ですからね、茅の輪がありました。
御朱印もやっていたので頂きました。
こちらは通常営業です。

吉祥寺山門
もう一箇所寄ってきました。
以前に前を通っただけの吉祥寺。
元は吉祥寺にあった地名の由来になったお寺ですが意外と知られてない?
見学に来てる人はいませんでした。

参道吉祥寺
初めて入りましたがデカい。
東京ってなにげに大きいお寺が多い気がする。
文化財指定されてる納経堂もあり趣深かった。

神田明神神田明神境内
バスでの帰りついでに手前で下車して神田明神にも寄ってきました。
こちらも大祓の茅の輪がありました。
この季節の風物詩ですね。
比較的人が少なかったけどやっぱり外国からの人多いですね。

日がな休日結構のんびり出来ました。
来週末は友人達との例会なので山は再来週だな。
posted by うしさん at 22:30| Comment(0) | 日記