2018年03月10日

バスが無い……(大滝へのみち(群馬県No.29))

今月も行きます! 関東ふれあいの道。
本ルートから外れた残り2コースですが今回は比較的短い方。

小中駅吊り橋
前回寄り道した小中駅から9時50分スタート。
今回はスタート、ゴールが一緒のピストンコース。
コース自体のスタート地点はずっと離れた場所なんですが、例によってそこに行くまでは歩くの図。

バス時刻表
ちなみに帰りはバスを使いたいところですが……
途中のバス停の時刻表。
駅行きが7時で現地行きが19時の一往復って……バス路線の存在価値あるのかいな。
そもそも今回全く使えない。
なのでコーススタート地点まで4キロほど歩きます(帰りもね)

集落風景道路
本来のスタート地点まではとりあえず普通の道。
しかし今回いくつか集落があるのに携帯の電波が届かないという電波過疎地域でした。
まだあるのね。

最終集落追付橋バス停
集落をいくつか抜けていくに従って徐々に狭くなる道の先に最後の集落と本来スタート地点のバス停に10時40分到着。
ここからが本番で〜す。

スタート地点むれ杉
それとスタート地点にむれ杉とかいうのが目印でありましたが、何のことかと思ったらまんま群れた杉だった。
群れて育つとこうなるらしい。
使い道が無いから普通は伐採されてしまうので古木は珍しいんだそうな。
へー。

風景林道
道は完全に林道モードなのでちょっと落石が多かったりしますが、景色はそこそこいいし舗装道なので快適な歩きが続きます。
というか今回途中に語ること何も無いぞw

隧道入口隧道内
大滝入口手前にトンネルがありました。
入口は立派でしたが中は素掘り感たっぷりなトンネルでした。
岩盤なんだろうけどちょっとドキドキ。

駐車場大滝への道
11時20分に大滝入口に到着。
想定より1時間ほど早く着きました。
道が良かったし坂もそれほど急じゃなかったからかね。
目的地の滝はひとつ尾根を越えるっぽいので少し登る。

トンネル袈裟かけ橋
登り切ったところにシェルターっぽい小さなトンネルがあってそこをくぐると「袈裟かけ橋」というのが在るんですがこれまた不思議な光景が。

袈裟かけ橋下から見た図
階段の吊り橋って初めてです。
高度感もあるので高所がダメな人は怖いだろうなぁw

旧コース
元は上の岩場を越えてくるコースだったみたいですが、老朽化で付け替えたみたいです。
あっちはあっちで怖そうだ。

大滝大滝と袈裟かけ橋
ということで大滝です。
樹木が微妙に生えててベストポジションが取りづらい。
旧道の方に少し入り込むと袈裟かけ橋と合わせで撮影出来ました。
途中のこの辺りまでは撮影ポジションとして開放しているようです。

食材ラーメン
誰も来ないしこのポジションでお昼ご飯にしました。
本当に久しぶりの袋麺です。
茶臼岳に登ってた頃以来だろうか……小泉さんが美味そうに食ってたからw
それと野菜の持ち込みは冬期限定ですが、今回はゆで卵も付けた(豪華exclamation×2

なんか今回は歩きよりもラーメンしたかった欲の方が大きかった気がしますが、何かしら楽しみを持つ事は良い事だぴかぴか(新しい)

帰り
12時半に現地を撤収して元来た道を戻りましたが、同じ道でも下りは視界が開けたりして違う景色が見えました。
たまにはピストンも良いな。
それと山の上の方はまだ雪がのこってるので次のコースは少し間を置かないと。
次回は本当の山登りだし。

杉花粉
それと下る時はやたらと視界が黄色く霞んでると思ったら気温が上昇して杉花粉が飛びまくってたのね。
写真では分かりづらいですが黄色く霞んでるのが全部花粉です。
風が吹くと山から黄色い帯状の何かが舞い出すのが見えて花粉症の人は大変だなぁっと。

小中駅2
14時に再び小中駅に戻ってきました。
最初の予定だと15時40分の列車予定だったんですが、大分予定が繰り上がって14時6分の列車に乗れちゃいました。

水沼駅水沼温泉センター
なのでお帰りは水沼駅で途中下車して温泉に入ってきました。
車内で切符を買ったら途中下車OKらしく相老までの切符でいいそうな。
知らなかった。
確認はしなかったけど普通にワンマンだったらどうなんだろう?

さて、群馬県コースも残すところあと一つ。
雪山でもいいんだけどコンディションが中途半端だと足下がぬかるむのが嫌。
3月下旬なら大丈夫かな?
なんとか3月中の群馬県コースを終了出来そうです。
【参考メモ】
posted by うしさん at 22:02| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2018年03月03日

小仏峠越え

歩くことでストレス発散。
健康にいいんだか悪いんだか……
今回は夕方に用事があったので遠出は控えて近場で済ませました。
以前途中まで歩いた甲州街道の続きです。

小仏バス停スタート
スタートは小仏バス停から。
前回小仏宿まで歩きましたが、キリのいいところということでバスの終点まで歩いてました。
ここは奥高尾の登山口にもなるのでハイカーが多く訪れるのですが、この季節でも人いっぱい。
今回は高尾駅からバス2台でほぼほぼ着席満員状態でしたが、ハイシーズンだと3台満載くらいになるメジャーなところなんですよね。
とりあえず9時スタートで最初は車道歩きです。

浅川神社入口浅川神社
ちょっと行った所に小さな神社があります。
小仏宿の鎮守社は分からなかったのですが、この辺りでそれなりの規模だとここしか無いのでこちらの浅川神社にお参りしました。

景信山登山口景信山登山口2
しばらく行くと多くの人はこの場所から山に入っていきます。
普通はここから景信山に入山するんですが、自分は街道歩きが目的なので直進します。
何人か小仏峠に向かう人もいましたが、それも峠から高尾山か景信山に向かう人なので、単純に峠越えの人って数えるくらいでしょうね。

舗装道終点甲州道中
更に進むと車止めがあっていよいよ小仏峠を登り始めます。
とはいっても街道なので普段の山歩きに比べれば坂も急じゃないし非常に歩きやすい。

甲州道中2
時代劇に出てきそうな道筋ですが、当然といえば当然ですか。

小仏峠小休止
9時半に小仏峠に到着。
意外と早く着きました。
余裕が出来たので早速コーヒーブレイク。
今回他にこれを出来そうな所が無いので小休止です。
小仏峠は高尾山からの縦走で何回か来てますけど峠に直接来たのは今回が初めてです。

小仏峠2下り
10時前に下山開始。
少し高尾山寄りに戻ったところに下山路がありました。
相模湖側の方が道も山道っぽくてこちらの方が昔の街道のイメージに近いのかな?

高速道路
下る途中で中央道が見えました。
ちょうど渋滞で有名な小仏トンネル付近ですが、午前中なので順調な様子。

下山口中央線と中央道
10時15分に山歩き終了。
短いハイキングでした。
この後は山沿いに少しずつ車道を下っていく感じですが、景色が良くて気持ちが良かったです。
しかし高速道路は自然無視だなぁw

バイパス路中央線アンダー
途中旧街道は高速道路建設で失われてしまったそうなので隣接の一般道路を歩いて行きましたが、これはこれでなかなか味のある道でした。

小原宿本陣小原宿本陣2
国道20号に合流して10時40分に小原宿に到着。
大きな本陣が残っていて見学は無料だそうな。
靴を脱ぐのが億劫だったので土間から眺めただけですが、凄いね。
ちょっとした観光地ならお金を取るレベルなのに無料。

八幡神社参道八幡神社
さて小原宿の鎮守社はどこか?と探しましたがこちらも良く分からないので、何となくここかなと山の中腹にある八幡神社にお詣りしました。

寿堂酒まんじゅう
今回時間に余裕があるのでさらに寄り道。
本陣近くのお饅頭屋さん寿堂で酒まんじゅうを食す。
山には甘い物だわな(今回そんなに歩いてないけど……

旧道へ高台より
旧道は再び国道から別れて高台へ。
それほど外れるわけじゃないけど川沿いは険しくて道が作れなかったんでしょうね。

相模湖駅与瀬宿
再び下ってくると相模湖駅。
そしてその周辺が与瀬宿ですが11時半に到着しました。

與瀬神社参道
このまま駅に向かっても良かったんですが、時間もあるので鎮守社の與瀬神社に行きました。

跨道橋中央道
この神社、参道がちょっと変わってて中央道を渡る為に大階段があるのですが、跨道橋がお隣のお寺の参道と兼用なので取り付きの階段が二つあります。
さすがに参道を一つにするわけにはいかなかったんでしょうね。

與瀬神社 與瀬神社御朱印
社殿が立派で大きな神社だったんですが、境内には誰もおらずお札授与所も閉じていて無人でした。
「御朱印なしかぁ」と参道を下ってきたら階段下の社務所に人がいたので御朱印の件を伺ったら大丈夫とのこと(宮司さんだったのかな?
普段は社務所も留守っぽいので本当にラッキーでした。
ありがたやー。

今回は夕方に用事があったのでお昼までの歩きだったのですが、結構歩く事が出来ました。
やっぱり甲州街道は面白い。
暇があったら続きを歩いてみよう。

今回の歩行マップ
歩行マップ
タグ:甲州街道
posted by うしさん at 21:10| Comment(0) | 街道歩き