2019年02月12日

結局SLに乗る(風薫る山里のみち(栃木県No.20))

関東では雪が降りましたが「平野部なら大丈夫だよね?」と相変わらずの『関東ふれあいのみち』です。

実は駅の改札を入った後で撮影しようとカメラの電源を入れたら「メモリーカードがねーよ」との表示。
うっかりパソコンのリーダーに差しっぱなしだったことを忘れてしまいました。
「今回の撮影はスマホかぁ?」「でも三脚撮影出来ないぞ?」などとあれこれ悩んだ挙げ句、電車で移動中にスマホのSDを転用することを思いつき急遽挿入。
なので最初の写真はスマホ撮影ですが、途中から通常のカメラになってます。

TXTX&常総ライン切符
さて前回関東鉄道で帰ってくる時に車内でお得切符の広告を見たので使ってみることにしました。
なので乗り出しはJRではなくてTX(つくばエクスプレス)になります。
帰りにちょっと後悔するんですけどね。

常総線
守谷駅で常総線の快速列車に乗り換えて下館まで。
雪の後にも関わらず結構出掛ける人が多くて座席はほぼ埋まる感じになりました。

真岡鉄道車内
更に下館駅で真岡鉄道に乗り換えましたが、この列車の後がSL真岡号だったようで皆さんそれ目当てだったのね。
ところで真岡鉄道の車両は輸送力重視のロングシートだけかと思ってたらこの日はボックスシートの車両でした。
ちょっとラッキーグッド(上向き矢印)

七井駅七井駅2
スタート地点の七井駅には10時半に到着。
想像していたより雪は無くて歩くのに心配は無さそうです。

積雪融雪
道の凍結も心配しましたが、日陰はともかくちょっと日が当たったところはみんな溶けてました。
一応滑り止めも持っていったんですけどね。
杞憂に終わりました。

雪道雪道2
一番雪があったのがこの辺りかな?
車も人も通らない場所はさすがに雪が残ってます。
あっても1〜2センチなので構わず進みます。

山道へ鳥居前
安楽寺から先はいよいよ山道へ。
ちょっとテンションが上がります(おかしい)
途中現れる熊野神社の鳥居が山頂へのルートと安善寺に向かうルートの分岐点となっています。

山道芳賀富士山頂
熊野神社の境内を抜けてさらに登って行くと12時前に芳賀富士の山頂に到着しました。
鳥居からは10分くらいなので本当にすぐです。

眺望コーヒー
完全な見晴らしとはいきませんが、そこそこの眺めなのでここでお昼のラーメンとコーヒーを楽しんできました。
さすがに人が居ないだろうと思ったら、後から数名のグループが登ってきてきました。
晴れてれば来やすい場所ですもんね。

山道2県境の山々
山の反対側に下って来るといよいよ茨城県境の山々が見えてきた感じでしょうか?
高い山は無いので今一つはっきりしませんけど。

田舎道田舎道2
後はいつもの田舎歩きになるので特段何もないのですが、結構広々とした所で気持ち良かったです。
残雪が無かったのが逆に残念だったかも。

安善寺安善寺2
途中のチェックポイント安善寺では推定樹齢600年の欅の木がありました。
危険なのか悪戯防止なのか近付けませんが縄文杉みたいな「生き残ってる!」って感じ。
それとこのお寺の良い所はトイレが綺麗ぴかぴか(新しい)
まさかアウトドアで温水便座に出逢えるとはw
でも冬期凍結中で手が洗えないのはアウトどんっ(衝撃)

道の駅へ道の駅
逆川沿いに歩いて行くと道の駅「もてぎ」があるんですが、コース的にはこの広場を突っ切るように設定されてます。
最初指導標の意味が分からずちょっと戸惑いましたが、南部駐車場にある国道をくぐる歩道に行く為みたいです。
道の駅でせっかくなのでお土産を購入。
三連休のためか凄い混雑してましたが、雪が降ったせいで逆に集中したのかも。

茂木駅へ茂木駅
更に逆川に沿って歩いて行くと20分程で茂木駅に着きました。
意外とあっさり着いて予定よりかなり早くなってしまったんですが、まあ良しとしましょう。
ということで14時に到着です。

早過ぎて想定外の14時11分の列車に乗れたんですが、そのすぐ後にSL真岡号が……
以前益子から乗ったけどせっかくだから全区間乗ってやろうと乗り鉄魂(あるのか?)が燃え上がる。

SL運転席
こんな感じで最後部にディーゼル機関車が付いてたんですね。
前回は下館に着いて速攻水戸線に乗り換えたから気が付きませんでした。
結構混んでて車販も来たり前回ののんびり加減は何だったんでしょう?
途中駅ではちょっと撮り鉄。

結局今回もSLに主役を持っていかれた感じですが楽しかったので良かった。
ただしお帰りの常総線が水海道で乗り換えで、守谷からのつくばエクスプレスも普通電車だったのが残念。
帰りはやっぱりくつろいで帰りたいです。
往復切符じゃなければ水戸線で小山出たんですけどね。
その点が今回マイナス要素。

さて、次回はいよいよ栃木県コースの終盤に入ります。
後から追加された部分を除けば最後になるはずだったんですけどね。
茂木の難題も控えてるので困りものなんですが、その件は次回以降で。
【参考メモ】
posted by うしさん at 23:28| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2019年02月11日

溝らじの公録

最近はすっかりこっち系のイベントに出掛けなくなった身ですが、珍しくチケットを取って出掛けてきました。
場所が高幡不動とかいう、えらく中途半端な場所なんですが座れるイベントならいいかな、と。

七生公会堂
開場後に現地に着いたので雪模様の天気もあって、外には人っ子一人おらず最初場所を間違ったかと思いましたが、中に入ったらスタッフらしき人がいて安心しました。
でもイベント名が見当たらないしチケット提示を要求されてもまだ半信半疑w

イベントの内容自体は公開録音なので配信されるそうなのでそちらを聴いて頂くとして、ここではちょっとばかり自分の振り返り。

イベント内で配信開始が2008年2月で「11年も前exclamation」などと強調されてましたが、確かに10年一昔ですねぇ。
ちなみにうちのHP開設が2008年9月だから同じ頃っすねw

ToHeart関連ラジオのリスナーとしては先代の「ラジオToHeart2」が2005年なので更に遡るわけですが、もっと遡ると豊嶋真千子がやってた「らじおTo Heart」までいってしまうので、20年選手になってしまうのね……たらーっ(汗)

そんなラジオも本当に最終回だそうで、スペシャル番組的な復活は0では無いにしても多分これが最後なんでしょう。
一応イベント感想会で1回多く配信されることになったみたいです。
この手の番組にお便りを出したことは無いので、今更出すのもアレだしここは自分のブログに書いてろってことで。
ゲームの新作が出ればまた何かしらあるかも知れないけど、シミュレーション系には厳しい時代ですからどうかな?
とりあえずはお疲れ様でした。
posted by うしさん at 19:43| Comment(0) | 趣味

2019年02月04日

冬山に行きたくなった

ここ暫く「関東ふれあいのみち」が続いたので、お天気も安定しているし甲州街道の続き。
とはいえ、今回は甲府盆地内の歩きなのでほぼ平坦だから楽です。

石和バス停石和温泉駅前
石和からスタートですが、前回確認して駅より高速バスのバス停の方が続きのには便利&安い(重要)なので新宿からバス利用です。

石和八幡宮石和八幡宮御朱印
丁度附いたのが9時なので、前回無人だった石和八幡宮に寄ってみました。
まだ閉まっていたのですが、神社関係の方が丁度いらして御朱印を貰えるか尋ねてみました。
宮司さんがまだ来ていないので帳面は無理だけど書き置きで良ければOKとのこと。
今回は貰えた!
とお願いした直後に宮司さんが来てタッチの差で書き置きタイプになってしまいましたが、まあ良かった。

国道歩き身延線
今回は全区間自動車道路の歩きなので若干面白味に欠けますが、天気も良くて南アルプスを長めながらの歩きです。
甲府までは国道411号をそのまま歩きます。
特段語るような場所も無いのでひたすら歩くだけですが、甲府手前で身延線のガードをくぐって妙な感動を覚える。
なんかこういう象徴的な場所って好きよね、自分。

甲府宿甲府宿2
金手駅近くで直角に曲がりますが、ちょうどこの辺りが甲府の宿があったところらしいです。
お城が中心だけど宿は外れにあるのは当然か。
さすがに宿場の名残は無いですね。

甲斐奈神社甲斐奈神社御朱印
さて宿の鎮守は何処かいな、と最寄りの甲斐奈神社へ。
こちらも社務所にお伺いしたら書き置きの御朱印を頂きました。

甲府駅前郊外へ
甲府市街は駅からちょっと離れた所を歩くので、駅方面をパチリ。
時間があれば城跡を見るのも良かったけど、今回夕方に用事があったので先を急ぎました。
市街を抜けるといよいよ南アルプスがよく見えてきます。

南アルプス富士山
荒川を渡った所で振り返ると富士山も綺麗に見えました。
前を見ると南アルプスもデカデカと。
ああ、山行きたいわー。

ほうとう信州ほうとう
ちょっと時間が早いのですが既に開店しているほうとうのお店を見つけたのでお昼としました。
やはり甲府にきたら食べたいですから。
もう少し先まで行ったら小作の支店があったのでそっちでも良かったか。
まあ、食べたい時が食べ時。

第一信州往還踏切旧道
国道から分かれて旧道へ。
竜王駅脇の踏切を渡りましたが、丁度貨物列車の入れ替えをしていて踏切が長い。
貴重な体験でしたけど細道の踏切が渋滞。
行き交う車に歩行者への余裕がなくて民家の隙間を見つけては車をよけてるという作業。
全く歩道がないのでちょっと怖いですね。
そういえば踏切の名前が信州往還道になってました。
確かに甲州街道というのは厳密には甲府までなのかも……

中部横断自動車道中央線
中部横断自動車道をくぐったり、中央線をくぐったり。
景色は変化に富んでいて飽きはしないんですが、ちょっと江戸時代の街道らしさを感じない。

折り返し折り返し2
今回唯一旧街道っぽかったのは塩崎駅を過ぎて中央線にぶつかるような感じで折り返したこの場所。
本当に短いこの道の細さがそれっぽいw

南アルプス2富士山2
その後はひたすら歩くだけですが、ちょっと広いところに出ると南アルプスと富士山exclamation
角度的に手前の山から離れたせいか富士山がさっきより大きく見えます。

八ヶ岳
そして八ヶ岳までexclamation×2
もう辛抱たまりません。

韮崎へ韮崎
最後は線路沿いに歩いて韮崎の町へ。
街並みとしては普通の地方都市って感じでしょうか。
もう少し大きい街のイメージがあったんですが、ちょっと寂しいかも。

若宮八幡宮若宮八幡宮御朱印
今回はここまでなんですが、当然鎮守社に参る。
街道を外れて駅を過ぎた反対側を少し行った所に若宮八幡宮があります。
こちらは普通に社務所が開いていたので御朱印帳に頂きました。

韮崎駅あずさ
帰りは15時前のあずさに乗りたかったので結構いいペースで歩きましたが14時半前には無事韮崎駅に到着。
駅からの見るシチュエーションの富士山もなかなか。
お帰りのあずさは次の改正で定期運転がなくなる車両でした。
記念乗車るんるん
ちなみあずさの右に見える平らな所が昔のスイッチバック駅跡。
昔の中央線はスイッチバック駅ばかりですね。

しかしお天気が良すぎて山も快晴。
「冬山もいいなぁ」と感じた街道歩きでした。

今回の歩行マップ
歩行マップ
タグ:甲州街道
posted by うしさん at 22:20| Comment(0) | 街道歩き