2019年10月26日

バス路線の廃止で切ない(自然林をあるくみち(茨城県No.5))

毎週毎週自然災害が続きますが、だからと引き籠もっていても仕方ないので、晴れたのでお出掛けです。

荒町角バス停荒町角交差点
『関東ふれあいのみち』の続きですが、今回は連絡道から。
バスの初便は前回と同じですが、このバス停からが至便。

連絡道スタート地点
徐々に近付く仏頂山ですが、コース内で久しぶりに登る山。
スタート地点に10時20分到着。
50分ほどかかりました。
昔はここまでバス路線があったみたいですが、今は路線廃止。
でも秋葉原から益子行きのバスがこの道を通ってるんですよね。
途中下車出来れば楽に来られるのに。

田舎道楞厳寺山門
最初は田舎道歩きから。
なんとなくこの雰囲気は好きかも。
途中、道を遮るように楞厳寺の山門がありました。
車を通すために道は逸れてますが、昔はこの下をくぐったのかな?

山道へ
この日は楞厳寺で笠間市文化財の展示会があったみたいで、警備の人が車の誘導とかしてました。
てくてく歩いて来る自分も見学者と思ったみたいだけど、お寺を見向きもせずに向かいの山道に入る奴。

沢水上り道
前日雨が降ったせいか、道に沢水が流れてる……
さすがにすぐに水はなくなりましたが、粘土質の表面がツルツルで滑ること。
しかもご丁寧に落ち葉を除けてくれた方がいるようで、余計に滑るわ。
さすが焼き物の町の山といったところか(そうか?

階段階段2
しばらく歩くと普通の道になったので助かりましたが、今回やたら階段が多かったですね。
しかも段差が大きいから登りにくくて疲れる。
滑る道よりはいいですけど。

山頂山頂2
11時20分に仏頂山の山頂に到着。
山頂でお昼ご飯をしようかと思ってたのですが、テーブル、ベンチはあるものの苔生して濡れてるし、何より見晴らしが全くないのでパス。
途中どこかしら見晴らしがあるだろうと期待して先に進みます。

山歩き
今回の山歩きは、特徴が全くないただの山歩き。
しかもあまり歩く人がいないのか、蜘蛛の巣がいっぱい。
ストックを持ってこなかったので、落ちてる枝を持って糸を切りながらの歩き。
それでも何回か糸が顔に……一度はモロにくらってデカい蜘蛛が目の前に。
あれは勘弁です。

草むら見晴らし
しばらく歩くと見晴らしの良い場所に出ました。
でも草むしてて、道さえ不確実な状態。
これじゃあお弁当出来ない。

崖採取場跡地
結局、途中に崖っぽいところを見つけて、近付いたら見晴らしが良かったので、そこでお昼としました。
どうやら土砂採取場の跡地みたいですね。
木が生えてるのでかなり以前に閉鎖したっぽいですが。
見晴らしの先には現役の採取場がいくつか見えました。
人里から見えない裏側を削ってるんですね。
来るときダンプがいっぱい走ってた理由が分かりました。

山珈琲
で、今回は久しぶりの山ということで、珈琲を準備しました。
飲める場所があって良かった。

沢
山地の最後に、道だか沢だか分からない所を歩かされました。
沢に入らずとも歩けるんだけど、反対から来たら案内無いし道だと分からないだろうなぁ。
雨が降ったからなのだろうか?

下山口林道
13時に下山口に出て、この先は林道歩き。
道はいいんだけど、車はほとんど通らないようで、すれ違うもの皆無。

五大力堂舗装道路
「五大力堂」まで来ると林道も終了。
後は普通の道を延々と歩くのですが、山道込みのコースとしては結構歩かされます。

舗装道2終点
山裾の道をずっと歩く感じで長かった……
14時に終点の南飯田に到着しました。

このまま次のコースに行きたいところですが、スタートが遅かったのと、翌日仕事で疲労したくないので、今回はここまで。
しかし帰るためにはバス路線が廃止されてるので駅まであるくしか……バッド(下向き矢印)

羽黒駅羽黒駅2
1時間ほど歩いて羽黒駅に到着しました。
もう少し早ければ1本前に乗れたんだけどねぇ。
距離的には岩瀬駅でも同じだったんだけど、次回のコースに被るのであえて羽黒駅。
小一時間待つのは慣れっこなので、駅のベンチで水分補給しつつ本を読んでました。
涼しくなって待つのも楽ちん。

しかし、お帰りは小山経由の方が早いのは意外でした。
ということで、まさかの宇都宮線での帰宅となりました。
次回はまた、あそこまで歩かないと行けないのがアレですが、距離は短いので適当に歩いてしまいましょう。
その後には筑波が控えてるけど、こりゃ冬になるな。
【参考メモ】
posted by うしさん at 23:34| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2019年10月23日

ある意味同窓会

久しぶりに無過信趣味方面のイベントに行ってきました。

âgeの20周年イベントということで、昔の知り合いとか集まるかなぁ、と申し込んだら当選してしまった。
現役ファンの友人達が落選して申し訳ない限りでしたが、せっかくなので行かせてもらいました。
昔はそっち方面でも活動していたんですよ。
オルタの派生作品路線になってから離れましたが。

エイベックスビル入場証
会場はエイベックスビルの社食?がある17階。
普段はまず縁の無い場所ですな。

夜景イラスト
なんか凄い夜景が綺麗なところ。
派手ではないけど、お馴染みの絵師さんの作品なんかも展示してありました。
やっぱりお祭りなのね。

再現ランチ
しかし、イベントでご飯が出るってのも珍しい。
一応作品無いの再現らしいけど、ある意味普通だったw
京塚のおばちゃんいないし。

会場BETA
会場はこんな感じ。
イベント中の写真はいっぱい上がってると思うので省略。
終了後、BETAさんにお見送りされて帰って来ましたよw

情報は既に知れ渡ってますが、オルタまでのファンだった自分にとってもアニメ化は素直に嬉しい。
どういう形態かは分からないけど。
こっち方面の趣味はすっかり大人しくなった自分としては、今後の展開を温かく見守っていこうかなと思います。

イベントが終わった後に有志のビューイング会場に行ったら皆さん相変わらずで安心しましたw
なんだかんだで充実したイベントでした。
posted by うしさん at 22:21| Comment(0) | 趣味

2019年10月20日

ぐるぐる回る(焼物とお稲荷さんへのみち(茨城県No.4))

いつもは土曜日ですが今回は日曜日歩き。
翌日に気を遣ってだったけど、よくよく考えると3000mから下ってきた翌日に仕事してるし、それに比べたら大したことないわな。

さて今回もスタートの石寺までの移動が難ですが、水戸からのバスは見限って笠間から行くことにしました。

友部駅
なので水戸まで行かずに友部で水戸線に乗り換え。
妙にだだっ広い駅。

笠間駅日動美術館入口バス停
笠間駅から歩いても良かったんですが、せっかくバス路線があるのでとりあえず日動美術館入口まで移動。
しかし駅前って本当に町の外れなのね、何も無い。
笠間稲荷近くが一番賑やかでした。
まあ、後で来るのでそちらは後回し。
9時半にスタートです。

笠間郊外石寺へ
笠間の町を抜けて前回歩いた県道の笠間側から石寺へ。
気持ち上ってるくらいなので苦はないです。
前回より近いしw

石寺石寺2
10時半にコーススタート地点の石寺に到着。
前回から少し草刈りされた? 看板がみえるようになってる。

田舎道
最初は田舎道歩きから。
前回のコースの延長みたいな感じなので、さして面白味はないですがとりあえず淡々と。

旧道分岐指導標
さて、今回コースをどうしようかと悩んだのがここ。
茨城県のコース説明だとコース通行止めなので迂回するように案内されてたけど、現地に行ったら指導標自体が迂回案内になってる……コース変更って訳ではないのね。
ならば本来コースに行くしかあるまい(オイ

ちなみに茨城県のコース案内って他と違って地図形式なんですよねぇ。
次の曲がる道まで案内されてたりするんだけど、逆順で来ると全く案内が無い状態に陥るという。
親切なんだか、不親切なんだか……

旧道旧道2
旧コースの何が通行止めなんだかはっきりしないんだけど、多分整備されてないからくらいみたい。
倒木とか損壊もないし、通行止めの表記さえない。
ちなみに地元人にとっても近道らしく、最近草刈りされた模様。
歩くには全く支障がなかったです。
多分夏場は草むしてるのかな?

出口ゲート
結局反対の入口ゲートが閉まっているくらいでした。
どうやら茨城県が整備する気ないだけのようです。

細道へ細道
少し歩くと再度細道に。
特別何かあるわけでないので、今のところ面白味に欠ける。

大豆畑お昼ご飯
少し下ったところで急に開けて田舎の風景。
よく見たら大豆畑っぽい。
なんとなく黄葉っぽくて綺麗なのでここでお昼ご飯にしました。
この後は街中に入るから、ここくらいしかないかなぁっと。

田舎道2市街へ
この田舎道をしばらく歩くと国道に出ました。
ここから先が笠間の市街ですね。

中心地笠間稲荷
笠間の中心まできて笠間稲荷へ。
なんか菊まつりが始まったばかりのようで、賑わってました。
普段から賑やかな町なのかは不明ですが、お店の数も多くてちょっと寄り道したい気分。
ここは我慢。

菊笠間稲荷御朱印
社務所に御朱印帳を預けて菊まつりの見学。
あまり時間を潰すわけにもいかないので5分ほどで退散。
白河以来の御朱印。

落石倒木
今回の自然歩き本番、笠間城跡へ。
すごい落石があったけど、由緒によると鎌倉時代のものらしい。
それとすごい倒木。
こちらは先の台風でのものらしい。
通行止めの表示出てたけど、まあ回り込めば普通に歩けるので。
ここまで歩いて撤退はないわ。

石碑佐志能神社へ
茨城県のHPでは笠間城天主の石碑の先は通行止めとされてましたが、一番上まで普通に行けました。
なんだかな。
ただし石段が普通に山登りなので、ちゃんとした靴で登らないと降りるときに怪我するわ。
せっかくなので山頂の佐志能神社で景色を見ながらお茶してきました。

さて、ここからが面倒臭くて、なんかお城跡の周囲をぐるぐる回るようにコースが設定されてます。
しかも一筆書き出来ないという意味不明さ。
無視してもいいんですが、指定してある以上歩くexclamation×2

短絡路林道
登ってきた道を少し下るとトンネルをくぐる道が右手下に見えるんですが、そのちょっと先に普通に獣道っぽい下れるところがあるのでそこを下ります。
なんか本当に道か?って感じですが。
あとはただの舗装された林道歩きなんですが、景色が良いわけでもなく、自然いっぱいの登山道ってわけでもなく、ただ舗装された山道を黙々とあるく苦行。
何をさせたいんだろう……

参拝道
再び城跡まで戻って今度は普通の山道を下ります。
こっちは山っぽくていいな。
これが本来、佐志能神社に向かう参拝道みたいです。
いずれにしても案内が全くないので、GPSが無いと辛いわ。
じっくり地図を見れば分かると思うけど、自分の位置がはっきりしないので不安になるかも。

交差点解説板
来た道の笠間稲荷前を抜けて再度入口の交差点へ。
ここを真っ直ぐ行くのが次のコースへの連絡道なんだけど、なんでコースの途中に連絡道なんだろう。
しかも旧タイプの解説板まで設置されてるし。
本来の終点ってここかと思ったら、この解説板でも笠間駅が終点になってるのね。
ますます分からん。

笠間駅
帰りに栄養補給しつつ14時50分に笠間駅に帰着。
14時59分の電車に間に合った。
次1時間後だしね。

前回より歩く距離は短かったけどなんか疲れたわ。
やっぱり城跡の無駄さの気疲れかw

次回は連絡道からの結構なロングだなぁ。
メンドクサ。
【参考メモ】
posted by うしさん at 21:27| Comment(0) | 首都圏自然歩道