2020年05月02日

恐怖の唐辛子

GWはどこも出掛けず引きこもっております。
普段出来ないようなインドア趣味に精を出しているので、陰鬱感は全くないのですが、外を見ると天気が良すぎて悲しくなります。
実はこの1ヶ月あまり、コロナとは違うのですが原因不明の体調不良に悩まされまして難儀しておりました。

最初舌がしびれて、胸も苦しくなるし、腕の筋肉も変な痛みが走るしで、寝ていても苦しくて大汗かくわで「ついにコロナ来たかexclamation」と熱を計ると平熱。
咳が出るでもなく、まあ様子見してたら翌日にはほぼ回復してるし???

そのまま気にせずしばらくしたら、また同じような症状が出てさすがに怖くなって「病院行った方がいいかな?」と思いつつ、翌日にはほぼ回復するので意味分からん。

そして先日は今までの中でかなり重症(でも熱は無し)に陥りさすがに、「寝たら目が覚めないんじゃないか?」とコロナの孤独死のニュースを思い出しながら苦しみながらなんとか眠りについたわけです。
翌日は回復してはいるものの体調超絶不調で会社に出社したわけですが(この時点でさすがにコロナじゃないことは分かる)、帰宅する頃にはいつもの体調。

そして夕食時。
作りすぎた前日の夕食をまた食べようとして、ふと……
「体調悪かったときって毎回これ使ってないか?」
その手にあるのは一味唐辛子。
まあ、それほど使う物でもないですが、先般冷蔵庫から発掘されたので使っていたもの。
容器を裏返して賞味期限を確認する。
16.7.25
こいつだっ!
速攻で廃棄。
水気のない調味料もマメにチェックしましょう。

今は元気です。
posted by うしさん at 13:10| Comment(0) | 日記