2020年08月22日

今回は単なる歩き(千葉県連絡道No.4〜5)

今回は番外ですが一応紹介。
『関東ふれあいのみち』を歩いているとコース間に連絡道が挟まれて離れていることはあるんですが、千葉の4〜5は長過ぎでしょ。
今までは公式のコース地図に連絡路の一部が記載されてたりしたんですが、千葉県はそれが全くないので今回は自分で勝手に歩いてます。

前回の終わりに公津の杜駅まで歩いたんですが、今回はその続きのNo.5コーススタート地点までです。
無駄に歩いても仕方ないのでほぼ最短コースの選択。

公津の杜駅公津の杜駅前
ということで今回は公津の杜駅から8時スタート。

大通り国道
特に奇をてらったコース設定をしていないので、出だしは国道と県道と大通りの歩き。
おかげさまでしっかり歩道があるのでいいのですが、その分車の往来も多くて、本当に移動しているだけですね。

富里インター
富里インター。
今回で東関東道を越えましたがあんまり感じることも無し。
やっぱりコースとして越えたわけじゃないからかなぁ?

新道
国道296号へ短絡するこの道、国土地理院の地図にはまだ出てませんでした。
しかしグーグルマップにはあるのね。
日本の行政大丈夫か?

200822_07.jpg
富里市の中心近く?役所通りとあるけど「所」の文字だけ新しくて何かと思ったら、昔は役場だったのね。
市制で道の名前も変わると。
特にめぼしい景色もないのでそんなことを考えつつ淡々と歩く。

郊外郊外2
中心部を過ぎた辺りから、やっと田舎っぽくなってきました。
その代わり道に歩道がなくなりましたw
車も減ったし歩くにはこっちの方が楽しいです。
暑いけど……あせあせ(飛び散る汗)
適度にコンビニや自販機はあるので、適当に給水しながら歩いてます。

木戸川飛行機
今回唯一の癒やし。
木戸川沿いを少しだけ歩いてみました。
コースから大きく外れないで歩ける田舎道がこれぐらいしか無かったのよ。
芝山町まで来るとルート上に近付いたのか、成田からの飛行機が近くなりました。
やっぱり離陸の音は結構響きます。

埴輪中心部
芝山町中心部の入口で見かけた埴輪。
帰りのバスからも結構見かけたけど埴輪推し?
県道が交わる辺りが町の中心みたいだけど、店構えは点在すれどほぼ廃業していて辛い。
食堂とかあったらお昼ご飯で消費しようかと思っていたけど……コロナじゃ逆に迷惑か。

次回スタート地点高速バス停
次回のスタート地点、芝山町の役場前の交差点に11時20分に到着。
続けてコースに入ってもいい時間ですが、暑いし次コースの終了箇所からの交通機関が不便なのでここで終了。
本当はここから直通の高速バスを使いたかったのですが、コロナ禍で現在運行休止中。

文化センターバス停
役場と文化センターの敷地を横切って空港シャトルのバス停へ。
今回はゆっくり歩いたので若干早めでしたが予定通りの行程です。

空港シャトル
芝山千代田駅に出るか成田空港に出るかですが、帰りの利便を考えたら当然成田空港だよねぇ。

成田空港成田空港2
バスから電車への乗り換えのついでに、空港のレストランでご飯でもと思ったんですが、何なんだ……この廃れ具合は…
国内線はまだしも国際線は死滅してますな。

空港ご飯
レストランもほぼ休業中。
営業していた数少ないお店で飛行機を見ながらご飯してきました。
フライトも閑散としてますが。

スカイライナー京成上野駅
お帰りはやっぱりスカイライナーよね。
前回乗ったのって何年前だ?
そもそもスカイアクセス線どころか成田空港線あったかなぁ。
成田山の帰りに乗った記憶がうっすらと。
せっかくなので京成上野駅まで乗ってしまったw

印旛沼
帰りの車中から前回歩いた印旛沼をパチリ。
これは初めての景色。
この区間は高速なのでちょっとぶれてますね。

次回はトータル5時間コースになりそうですが、少し荒れているとの情報なので嫌だなぁ。
まあ、山装備で行けば問題ないと思うけど。
ちょっと忙しくなりそうだけど近いうちに行ければいいなぁ
【参考メモ】
posted by うしさん at 19:06| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2020年08月19日

自然な流れで

同人CD話の続き。

『ハイパーべるーヴ』でべるめいさんの音楽に出会って、当然の流れとして『Campanella』につながる訳ですわ。
既にご自分のサークルとして活動されていたので、買い手としては既刊からの買いになりますが、最初の買ったのがこれ。

かがやくもの天より墜ち
やっぱりアレンジからなんですよね、この当時。
ということで「かがやくもの天より墜ち」です。
2001年の秋に買ったと記録されてるので、レヴォかオンリー辺りだったかと思います。
もうしかしたらM3かも。

後にこれの前作である「夢を継ぐもの」も購入させていただきましたが、べるめいサウンドに墜とされました。
今聞いてもべるめいサウンドですね(当たり前だけどw

この当時、AIRのアレンジは一時期の東方アレンジ並の乱発状態だったので、当然全部はフォロー出来ていなかったのですが、この一枚に出会えたことは幸いでした。
今も活動されている方なので購入し続けていますが、ご本人とお話したことはないなぁ。
今さら感もあっていち購入者に徹してます。
posted by うしさん at 22:34| Comment(0) | 音楽CD

2020年08月17日

道の駅「大滝温泉」番外編

道の駅からの散歩コースを探していたら、なんか良い感じの山コースが紹介されてました。
さすがに一般向けではないので、今回は番外編で道の駅「大滝温泉」を起点に山登りをしてきました。
前の週に北アルプスに行ったばかりなのに我ながら好きだよね。

道の駅
ということでスタートは道の駅ですが、単に駐車場代わりですね。
涼しいうちに行きたいので現地7時過ぎの到着です。

落合地区普寛神社
少しだけ旧大滝村の中心落合地区を移動しますが、歩道の無い道を歩くのは結構怖い。
国道なので大型車も来るから基本右側通行。
普寛神社が見えてくると登山道へ向かう林道の入口です。
今回登る山はこの神社の奥院にも当たるので御朱印帳を用意したのですが、コロナ禍の影響で参拝禁止になってました。
むーん……道の駅歩きの時は復活してるといいなぁ…

林道
さて道は舗装された林道ですが、結構急な坂道。
一部では苔が生えてて滑る……下りは気をつけねば。

登山口登山道
途中、林道をショートカットするような感じで登山道が始まります。
秩父の低山だからと侮っていたら、かなりの細道で滑落すると結構危なそうな道でした。
元は修験の山らしいので。

崩落杉ノ峠へ
途中から杉ノ峠に向かう林道になりますが、この林道も結構勾配がきつい。
大雨の影響で崩れている所もあるし、なかなか難儀な感じです。

杉ノ峠尾根道
杉ノ峠からは尾根歩きなのでそこまできつくない(気分的に)
登って緩やかになっての繰り返しなので、緩急をつけやすいんでしょうね。
息が上がったら落ち着いてみたいな登りが続きます。

旧鉄塔現行鉄塔
登ってる最中に突如現れた送電鉄塔の遺物。
すぐ先に現行の鉄塔がありましたが、解体しないのね。
最初何物かと思いました。

三峰駅方面滝沢ダム方面
この場所は休憩ポイントになっていて、ベンチなんかもありました。
全体的に案内も豊富だし歩きやすいです。
開けているので景色も一番良かったのがここかな?
右手には三峰口駅方面が、左手には滝沢ダムが見えました。

山頂方面
そして目指すべき秩父御岳山がこちら。
まだ結構あるなぁ。

鎖場尾根道2
山頂近くになると痩せた岩場なんかもあったりするけど、登るぶんには鎖はいらないくらいです。
でも初心者のハイキングにはちょっと向かないかも。
一部を除けばそんなに悪い道じゃないんですけどね。

山頂
9時半に秩父御岳山の山頂に到着。
広くない山頂でしたが、誰もいないので有効に使わせていただきました。

雲取山方面両神山方面
祠付近に陣取ると雲取山、三峯神社の妙法ヶ岳がよく見えます。
正面には両神山の山容がデンと。
妙法ヶ岳に続く尾根の上に建物が見えるので、「あの辺りが三峯神社なんだなぁ」っと位置関係がよく分かりました。
いい山だ。

ラーメン珈琲
さて、せっかくなので山ラーメンと山珈琲。
いつものやつ。

下り崖道
お帰りは戻るのはつまらないので反対側へ。
神社からくる本来の登山道は大規模崩落で通れないそうですが、途中の林道に抜ければ帰れるのでそちらから下ってみました。
とはいえ、スタートが良い感じの下りですわ。

林道へ普寛トンネル
林道に着くと後はのんびりと林道歩き。
結構なところまで林道で上がってこられるので、そういう意味では山の難易度は低いのかもしれませんね。

崩落崩落2
林道もあちこち崩れていて、一般の車は入れないので結局は歩かないといけないのですが、歩きやすさは段違いですね。
ただ、山登りとしては非常につまらなくなるかなぁ。

送電線
帰りに見上げた送電線。
あそこの稜線を歩いたのね。

バス停
といことで12時に無事下ってきましたが、公共交通機関で来るとこのバス停が直近の模様。
三峯神社に行くバス以外も使えるのでそこそこ本数はあり。
今回は車の関係で同じ落合地区に降りてきましたが、公共交通機関なら三峰口駅方面に降りても良い感じですね。

ふと見つけた山登りでしたがなかなか楽しめる山でした。
次回はちゃんと道の駅歩きをしよう。
その前に別の山に行きたいかもw

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 00:14| Comment(0) |