2021年01月19日

御朱印帳八冊目

積極的に集めている訳ではないので、ここのところあまり頂けてなかったから久しぶりに一冊が終わりました。

御朱印帳
今回終わったのは各地の一宮だけを集めていた御朱印帳です。地元の一宮ということで氷川神社で購入しました。


氷川神社
ということで、最初の御朱印は御朱印帳を購入した武蔵国一宮の氷川神社です。
平成29年3月20日ですから大分前ですね。
一宮用に御朱印帳を手に入れようと宮参りついでで訪れました。


一之宮貫前神社
2社目は平成29年6月4日に寄った上野国一宮の一之宮貫前神社。こちらは「関東ふれあいのみち」の群馬県コースを歩いているときに寄りました。
普通は登る参道が下る参道だったのがちょっと珍しかったですね。


210119_04.jpg
3社目は平成29年8月14日に訪れた伊豆国一宮の三嶋大社。
静岡の友人の所に遊びに行った時に、三島に途中下車で寄らせてもらいました。
そういえばこの時、特急踊り子に乗ったのが初めてだったっけ。
次のダイヤ改正であの車両も終わりですね。


富士山本宮浅間大社
4社目は同じ日に訪れた駿河国一宮の富士山本宮浅間大社。
こちらも途中下車の寄り道ではあるのですが、身延線で少し入らないといけないので手間がかかってます。
富士山登山では切っても切れない社ですが、ここから登るとかなり大変そうだなぁ、と思いました。


諏訪大社上社本宮
5社目に参拝したのは信濃一宮で、平成29年9月16日に諏訪大社でまず上社本宮。
長野県にいたときに訪れたかったのですが行かずじまいで、一宮巡りついでに諏訪大社を回ってみようと行きました。
車で行きやすい順番で回りましたが、上下あるならまず上だろうということで上社本宮ですw


諏訪大社上社前宮
続いて6社目が今度は諏訪大社の上社前宮。
名称的に前宮の方が先だったんですかね?
すぐ近くなのかと思ってら意外と離れていた印象です。


諏訪大社下社春宮
7社目は諏訪大社の下社春宮。
こちらは秋より春が先だよなという、我ながらいい加減な理由で先に訪れたのですが、そのおかげで少し往来が発生しました。
しかし、下社は横並びなんですね。


諏訪大社下社秋宮
8社目が諏訪大社4社巡りの最後下社秋宮。
下諏訪駅近くだったこともあって、最初は駐車場を探すのに苦労しました。
やっぱりお参りが終わったらお風呂入りたいし。
諏訪の銭湯は温泉だし安くていいよねぇ。


浅間神社
9社目は平成29年11月26日に訪れた甲斐国一宮の浅間神社。
この時は純粋に神社巡りが目的です。
笛吹市の一宮の近くには総社もあるのですが、そちらの方が行くのが大変だった思い出。


伊雑宮
10社目は年が明けた平成30年1月6日の志摩国一宮で伊雑宮。
伊勢神宮に初詣で行った時に、伊勢神宮の別宮巡りをしたんですが、伊雑宮って一宮だったんですね。


安房神社
11社目は平成30年2月11日の安房国一宮は安房神社。
一宮を少しずつ頂いていこうと思い立ち、房総半島の先まで行ってきました。
安房国は素直に安房神社なのね。
房総半島らしい日差しが気持ちいい明るい神社でした。


相模国寒川神社
12社目は平成30年2月25日の相模国一宮で寒川神社。
色々巡ってたわりに近場に行ってなかったな、と御朱印をもらいに出向きました。
昔から名前は知ってる神社だったんですが、訪れたのはこの時が初めて。
神奈川だと鎌倉の鶴岡八幡宮行っちゃうしね。


鹿島神宮 鹿島神宮奥宮
13社目、ついでに14社目は平成30年3月18日に訪れ常陸国一宮で鹿島神宮です。
本社だけでなく、奥宮もすぐ奥にあるので一緒に御朱印を頂きました。
なんとなく一宮を色々行ってみようというその気になっていて、この時は珍しく高速バスを使いました。
東京駅から出ている直行便に一度乗りたかったのもありますが……

香取神宮
15社目は鹿島神宮とある意味ペアな下総国一宮の香取神宮を同じ日に訪れました。
実際勅祭社として、交互に勅使が来る神社なので格式としてもペアなんですかね。
鹿島神宮から香取神宮への電車での移動はちょっと大変でした。


二荒山神社
16社目は平成30年4月1日に詣でた下野国一宮の二荒山神社。
二荒山神社は宇都宮と日光の両方が一宮なのですが、この時は宇都宮の方。
御朱印目的半分、餃子目的半分といったところでしょうか?


住吉大社
17社目は間が空いて平成31年1月14日に訪れた摂津国一宮の住吉大社。
伊勢神宮に行った帰りに大阪に出て戻るというコース。
関西の神社って拝殿が複数あって面白いなと、文化の違いを感じた神社でした。


大鳥神社
18社目は令和2年1月13日に訪れた和泉国一宮の大鳥神社。
丸1年空きましたが、この時も伊勢神宮に行った帰りの御朱印巡りです。
堺の方まで行ったのは初めてでした。


住吉荒魂本宮
19社目は令和2年10月9日に長門国一宮の住吉荒魂本宮。
仕事で出張したときの帰りにつでに寄ってきました。
最寄り駅が新下関駅でしたが、よく歩いたわね。


玉前神社
20社目は令和2年12月29日に訪れた上総国一宮の玉前神社。
群馬の貫前神社以来の関東ふれあいのみちでのお参りです。
正確には帰りに立ち寄った感じですが、
コロナ禍の影響で御朱印帳への記帳が制限される中でしたので、書き置きで頂きました。


真清田神社
21社目は令和3年1月17日に訪れた尾張国一宮の真清田神社。
つい最近ですが、出張の帰りに寄ってきました。
尾張一宮はよく通るのですが、立ち寄ったのは初めてです。
ここもコロナ禍で書き置きでしたが、せっかくなので新年限定の御朱印で頂きました。


都波岐奈加等神社
この御朱印帳最後の頁は同じ日に訪れた伊勢国一宮の都波岐奈加等神社。
伊賀国はもう一つ椿大神社も一宮としてあるのですが、頁が無くなったので別の御朱印帳へ。
こちらは都波岐神社が一宮と言われていますが、今は奈加等神社合祀され都波岐奈加等神社だそうです。
こちらでは御朱印帳へ直接記帳して頂けました。


一宮専用にした御朱印帳だったので大分時間がかかりましたが、八冊目が無事満了です。
次からの御朱印帳はどうしようかといったところですが、実は武蔵一宮は本家的な小野神社がありまして、そちは氷川神社の御朱印帳という訳にもいかず小野神社で購入しています。
そちらが一宮専用の二冊目ということになりますかね。
posted by うしさん at 23:56| Comment(0) | その他

2021年01月13日

refio

久しぶりの過去に買った同人音楽CDネタ。

SoundHorizonと同時期に買い始めたのがrefio。
こっちの方が早かったかも。
myuさんとeufoniusのriyaさんのユニットでした。
試聴したときに不思議な歌で、ボーカルものはあまり買わない自分も思わず買い。

testa coda
「testa」と「coda」です。
ごく初期のCDなので両方ともCD-Rです。
浅草橋でM3がやっていた時代だったと思いますが、あの頃は適当な時間にぶらり行けば買えたよなぁ。
それくらい同人音楽というジャンルがのんびりしている時代でした。

riyaさんの歌声ってなんか不思議な感じでしたが、いわゆるriya語はこの頃から。
refioのCDはそんなに数が無いので一応全て紹介しようかと思いますが、CD-Rということもあって今だとなかなか集めづらいですかね。
posted by うしさん at 21:09| Comment(0) | 音楽CD

2021年01月12日

コース外が怖かった(御宿海岸を歩くみち+荒磯のみち(千葉県No.17&18))

連休2発目の歩きは関東ふれあいのみち。

大原駅210110_02.jpg
今回は大原駅から8時前にスタートです。
前回は駅を見ることもなく電車に飛び乗ったので少し駅を見学。
いすみ鉄道が出ているので同じ駅舎に看板が二つ。
いすみ鉄道は乗る機会ないよな。
内房側からくると小湊鐵道だし。

線路沿い踏切
コースのスタート地点は駅から離れていて、そこまでは連絡道扱いになります。
そんな訳で最初は自分の好きなように線路沿いを突き当たりまで歩き。

国道スタート地点
国道に出てからしばらく歩いて8時半に17番コースのスタート地点到着。
ここから海岸の方へ移動です。
しかしこの日はかなり冷え込みました。
房総半島とはいえやっぱり冬ですね。

標柱八幡神社
途中にあった八幡神社の綺麗な標柱がかなりアレな表記だったので、危ない系かと思ったら戦時中に建てられたものらしい。
これはこれで残ってるのは珍しいかも。
けっこう大きな神社でしたが社務所も閉まっていて無人でした。
田舎の方は基本こんな感じよね。

トンネル岩船地蔵尊
海岸線に出るまでにトンネルもありました。
断崖地形が多いコースなので、今回トンネルが多いです。
車が来ないからいいけど、歩道がないとちょっと不安ですね。
港に近くに岩船地蔵の建物が建っていました。

椅子眺望
海岸近くにありがちな祠ですが、裏手からの太平洋のパノラマは逸品でした。
小さな椅子もあってここが特等席ですね。
地元の人の休息場所なのかな?

断崖海
海岸線の沿って歩いていくことになりますが、実際に歩けるのは断崖のある高台の裏側。
そんな訳で時々海は見られるものの、基本的に山の中の道歩きに近いです。
しかし外海だけあって水が綺麗ですね。

通路
こんなところもありました。
断崖の外側に直接出られるようですが、漁業関係者以外通れません。
というか今は使ってないのかな?

遠く望む記念碑
御宿手前の山の中を歩いて行くとなにやらモニュメントが高台に。
コース的には登るので行きます。
意外とアップダウンも多いコースだったりする。

記念碑2御宿海岸
江戸時代に難破したメキシコの船を地元の人達が助けた歴史があるそうで、これはその記念モニュメントらしです。
なるほど、それでメキシコとスペインの国旗なのね。
モニュメントも立派ですが、展望地として最高でした。
ここから見る御宿海岸はいいですね。

歩道砂漠
高台からの下りは歩道経由。
下に降りて少し歩くと御宿海岸にます。
この広い砂の海岸は「月の砂漠」のモチーフの場所だそうで、町の公共チャイムがそれなのが地域性ですね。

砂漠2
指定は上の道路なんですが、ルートに沿って少しだけ海岸も歩きました。
風紋で綺麗な砂漠を歩く快感は新雪の山を歩く感覚に近い。
なんかイイゾ。

駅へ御宿駅
南国っぽいデザインの道を歩いて11時半に御宿駅に到着。
最初のコースはここまでですが、続きはまた駅から離れた途中から始まります。
駅前の喫茶店で一服した後、次のコースに向けて出発です。
本当は海の物を食べたかったけど、ルート上に店がないのよ……

国道区間国道区間2
しかし、この連絡区間が想定外でした。
国道歩きになるんですが、国道とは行っても房総半島の先にある区間。
車はかなり通るのに、なんと歩道が整備されていない。
まあ、それは慣れっこなんだけど、トンネル区間も同じって怖すぎだろ。
こんなトンネルが何カ所もあって、そらコースには指定できないよね。

お店
勝浦手前の部原でお店を発見。
磯料理の文字に惹かれて食べてきました。
このお店、全席海側でなかなかのロケーションでした。
自分しかいませんでしたが……

瀧口神社瀧口神社御朱印
このお店の反対側に瀧口神社があったので、そちらにも寄ってみました。
久しぶりの社務所が開いてる神社でしたが、コロナの関係で御朱印は書き置きのみ。
それでも頂けるだけ有り難いですね。

マンション
さて、勝浦に入る手前でもうひと登り。
伝統的な漁師町の風景に似つかわしくない建物群。
高台にある勝浦市役所付近が開発されたみたいです。

橋下橋上
ぐるっと回っていくと上の橋の道に出ます。
開発されてるのは一部で、ここから先は海岸にそった尾根歩きになります。
つまり断崖の上に道があるわけですね。

尾根歩き集落
この後は気持ちの良い広い景色が続きますが、あまり海は見えません。
時折見える入り江とそこにへばりつくように作られた集落が特徴的でしょうか?

勝浦灯台八幡岬公園から
途中にあった勝浦灯台は灯台だけで公園も整備されていないのですが、その先の八幡岬公園からも綺麗に見えました。
公園は勝浦市街から近いせいか、人が多くてゆっくり出来ないのが残念でしたが、今回はいろんな場所で海の景色を堪能出来たので良しとしよう。

勝浦漁港
最後に勝浦漁港を抜けてきましたが、残念ながらお店は無し。
元々お店がある中心部は少し外れてるので期待はしたなかったので、ちょっとだけ外れて買い物をしてきました。
鰹の角煮が美味そう。

勝浦駅勝浦駅2
15時半前に勝浦駅に到着。
今回長かったなぁ。
風景が良かったから休憩も多めだったけど。
最後に銭湯に寄りたかったけど営業してませんでした。
残念。

山趣味なので、あまり海は来ないのですが、こうして歩くと結構良い感じの所も多いですね。
でも自然というよりは漁村の文化かなぁ。
海で自然だとちょっと危ない所になるんでしょうね。
個人的に山でいいです。

さて次回も海沿いですが、また連絡道が多いなぁ。
今月中には行きたい。
【参考メモ】
posted by うしさん at 21:50| Comment(0) | 首都圏自然歩道