2021年04月24日

御朱印帳九冊目

先日の東海道歩きで御朱印帳が一冊完了しました。
今回はそのまとめ。

御朱印帳 三峯神社
三峯神社に行ったときに新調したんですが、まだ前々の御朱印帳が終わらないうちに買ってしまったので、日の目をみるのしばらく先になりました。
ということで最初は平成30年12月2日に頂いた三峯神社の御朱印です。
新調したのですが最初のページじゃないんですね。
社務所の方が言うには最初の2ページは伊勢神宮で貰えとのことでした。

内宮
そう言われたら貰うしかないよねぇ。
新年早々に平成31年1月12日に行った伊勢神宮で頂いた内宮の御朱印です。


外宮
当然外宮も頂きました。
この時は伊勢市内巡りをしたんだっけ。


東京大神宮
実質ここから御朱印集めですね。
最初は御府内八十八カ所巡りの際に頂いた東京大神宮。
令和2年1月19日ですから御朱印帳を買ってから一年以上たってますやん。


赤城神社
同じ日に頂いた牛込にある赤城神社。
こちらは書き置き形式なのがちょっと残念です。


筑波山女体山 筑波山男体山
お次は筑波山神社の女体山にある本殿。
関東ふれあいのみちで令和2年2月1日に筑波山を登った時に頂いた物。
反対側の男体山本殿でも頂きました。
男体山の方が少し線が細い。


筑波山神社
当然下山して麓の筑波山神社の御朱印を頂きました。


温泉神社
続いて頂いたのが令和2年2月2日に行った那須温泉の温泉神社。
昔茶臼岳に麓から登った時にお参りしたけど頂いてなかったな、と温泉ついでに頂いてきました。
何度も行ったことのある神社なのにね。


品川神社
続いては所変わって品川の品川神社。
こちらは令和2年2月23日に東海道歩きを始めた際に頂いたもの。
この神社は東京十社巡りでも頂いてるのですが、この時は北品川宿の代表社として頂きました。


荏原神社
そしてもう一つ、准勅祭社とされるもう一つの神社、荏原神社です。
元祖、本家的な感じですが、合わせで頂いたのが良くなかったのか、御朱印帳に貼る際に少し破れてしまいました。


稲毛神社
その日の終点川崎宿の神社として頂いたのがこちら、稲毛神社です。


神崎神社
しばらく間が空いて頂く機会があったのは令和2年6月7日に関東ふれあいのみちで佐原から歩いた時の神崎神社です。
コロナ禍で1回目の緊急事態宣言が開けた直後ですね。
御朱印も御朱印帳に直接頂けなくなってしまいました。


諏訪神社
さらに帰りに佐原駅近くの諏訪神社にも立ち寄り頂いてきました。
前の回で佐原の諏訪神社で頂くのをすっかり忘れていたんですよね。
こちらも書き置きです。


小御門神社
続いて同じく関東ふれあいのみちで令和2年6月20日に寄った小御門神社です。
大きな由緒ある神社なのですが、知らなくて感心した記憶。
書き置きですが立派。


210424_16.jpg
今度は道の駅安行の歩きで寄った川口の九重神社。
3月にコロナ禍で頂けなかったので改めて頂きに行ったものになります。
令和2年7月7日ということで丁度七夕に当たり記念の御朱印となりました。
見開きの立派なものですが、書き置きなのが残念無念。
仕方ないよね。


下谷神社
続いては令和2年7月23日に行った上野の下谷神社。
地元なのに全然行ったこと無いなぁ、と散歩がてらで行った時に頂きました。
こちらも書き置きタイプ。
この頃は御朱印帳のやり取りさえ感染予防でくれないのですよ。


日吉神社
しばらく社務所のある神社があるところを歩けなくて、次に頂いたのは令和2年11月29日の関東ふれあいのみちで東金にある日吉神社です。


瀧口神社
またまた関東ふれあいのみちで御宿を歩いた際に寄った瀧口神社は令和3年1月10日。
すっかりスローペースとなってしまいました。
まあ、頂けるだけ有り難いですよね。
こちらも書き置きタイプ。


遠見岬神社
続けて勝浦の銭湯に寄った際に頂いてきた遠見岬神社。
その前の関東ふれあいのみち1月10日の歩きで寄り忘れたので、令和3年1月30日の鵜原理想郷を歩いた時の帰り書き置きタイプで頂きました。


熊野神社
そして最後は久しぶりに歩いた令和3年4月18日の東海道神奈川宿の神社として頂きました。
こちらは御朱印帳でも頂けたのですが、持って行くのを忘れて書き置きタイプとなりました。
せっかく帳面書きが頂けたはずなのに……たらーっ(汗)


なんだかんだで色とりどりの御朱印が揃った気がします。
次回からはこれまた塩漬けになっていた御朱印帳の活躍が始まります。
テーマ別の御朱印帳もあるので同時並行ですが、いよいよ十冊目ですねぇ。
posted by うしさん at 19:44| Comment(0) | その他

2021年04月18日

海沿いの道を実感

週末はお天気が良くない予報だったのですが、日曜日に晴れたので早速お出かけ。
しかし天気予報をチェックしていなかったので寝坊しました。
本来なら関東ふれあいのみちに行きたいところなのですが、続きの道が未だに通行止め。
紫陽花の季節までに開通するのかなぁ。

京急川崎駅砂子一丁目交差点
今回は久しぶりに街道歩きです。
以前東海道を川崎まで歩いていたので、今回はその続き。
神奈川宿まで歩きます。
11時半前のスタート。

看板いさご通り
川崎ってなんだかんだで東海道売りしてますよね。
そこかしこに看板を見かけます。
国道でなくて旧道なのが売りにしやすい理由でしょうか?

小土呂橋交差点欄干
小土呂橋の交差点では昔の欄干が残ってました。
今の新川通りって本当に川を元に道が作られてるんですね。
知りませんでした。

八丁畷駅南武線支線
しばらく歩くと八丁畷で京急線の踏切を渡ります。
街道とは斜めに交差してるのですが、道が遠慮して踏切が作られてます。
この場所はJRの南武線支線が通ってるので京急線が地上に降りてくるのですが、快特がジェットコースターのように通過していくので迫力です。
たまたま通った南武線支線の2両編成がなんとものんびりしてますわ。

旧街道スクランブル交差点
市街を抜けると道に歩道も無くなって、本当に市道のような感じになります。
旧街道も今はただの道。
ちょっと面白かったのがこの交差点。
歩道が無いからなのか、先の信号機と合わせてスクランブル交差点になっています。
最初意味が分かりませんでした。

鶴見川橋鶴見川
鶴見川を渡って横浜市へ。
東海道線から見えるこの橋が旧東海道だったのね。
ちょっと川が汚いかな。

鶴見駅前JR鶴見駅
鶴見駅前は結構な繁華街。
そんな大きな街のイメージは無かったのですが、さすが拠点駅といったところ?
ここから再び京急線の海側に出ます。

旧街道2釣り餌店
ますます裏道っぽくなる東海道。
国道を渡った反対側の生麦では釣り餌の古いお店が残ってました。
鶴見川の河口からちょうど東京湾に出る辺りなので、そういう需要も多いんでしょうね。
昔に比べて少なくなったかもしれませんが、鮮魚の卸や店舗が結構ありました。
やっぱり海の街なんだなぁ、と感じます。

国道駅国道駅入口
鶴見線の国道駅。
本当に国道の上にあるのねw
なんか要塞みたいな駅の雰囲気が好き。
鶴見線は乗ったことないなぁ。
昔から茶色い電車が走ってる路線で知ってたけど。

高速道路国道交差点
さらに進むと高速道路が迫ってきます。
多分元の海岸線辺りでしょうか。
今では風光明媚なんて言えないw
国道15号線の交差点で旧街道も終わり。
ここからは国道自体が旧東海道になります。
交差点の先に見える線路が昔の東海道線で、今は貨物列車しか走ってない高島線だっけ?

国道15号東神奈川交差点
後はだだっ広い国道歩きなので面白味はないです。
街道沿いの雰囲気も皆無なので淡々とした歩きが続きます。
東神奈川駅近くの交差点を抜けると、熊野神社があるのでお参り。
一宿一神社の寄り道なのです。

熊野神社御朱印
元は神奈川宿近くの権現山にあったらしいですが、今は手前に鎮座しています。
幸い社務をしている方が居て、御朱印が頂けるか尋ねたら宮司さんのご自宅の方に案内して頂きました(ありがとうございました)
御朱印帳を忘れたので紙のものを頂きました。
御朱印帳に頂けたのにちょっと残念。

本陣跡滝の川
14時前に滝の川の橋に到着。
この橋の両側に本陣があったそうな。
見る影もないですが、川沿いはちょっとだけ雰囲気あったかな。

権現山権現山から
せっかくのなので昔の街道絵図にある元権現山にも登ってきました。
今ではすっかり宅地開発されているので駿河台のような状態ですが、山頂付近は公園として整備されてます。
電車に乗ってくると横浜駅手前で両側が小高くなる場所があるけど、ここだったのね。

今回は神奈川宿までの一区間でしたが、海沿いを走る東海道をなんとなく感じられる歩きでした。
次は保土ケ谷なので丘道なのかな?
気が向いたら歩きたいと思います。

今回の歩行マップ
歩行マップ
タグ:東海道
posted by うしさん at 23:21| Comment(0) | 街道歩き