2021年07月28日

表銀座の最終区間

北アルプスの燕岳〜常念岳〜蝶ヶ岳の連なりが一般的な表銀座ですが、その前後にも尾根道は続いています。
一般的な登山道で登れるのが北が唐沢岳で南が霞沢岳ですが、この区間で唯一歩いてなかったのが徳本峠〜蝶ヶ岳の間。
今回オリンピックのおかげで余裕のある連休が出来たので行ってきました。

河童橋徳本峠
もう何度となく通っている上高地。
見事な快晴です。
初日は徳本峠小屋までなので、かなり余裕のある行程。
久しぶりに一般的な観光コースでのんびりしました。
明神から見る徳本峠。
高くはないけど、結構距離がありますね。

山のひだや店内
今回、いつもスルーな山のひだやにある喫茶にも寄ってきました。
初めて入ったw
いつも嘉門次小屋に行っちゃうし。
なかなか良い感じの店でした。

徳本峠へ徳本峠へ2
さて、明神から徳本峠へは10時過ぎにスタート。
あまり遅くなると雷雨予報だったので早めに行くことにしました。
今年は島々からのクラシカルルートが通行止めなので、すれ違う人もまばら。

修復路沢渡り
明神側の道も一時期崩れたそうですが、今は悪路ですが復活してます。
小屋の方には感謝ですわ。
沢が不安定なので、雨天時はちょっと危ないそうです。

徳本峠小屋寝室
初日は12時過ぎに徳本峠に到着しました。
小屋自体が雪囲いとかそのままで、ちょっと夏らしさが無いのが寂しいです。
宿泊者数も大幅に制限していて、寝るには広くていいのですが、実に寂しい。
なにより小屋ならではの会話が出来ないのがつまらん。

入口登山道
翌日も快晴、ここからが本番の尾根歩きです。
とは言っても完全に樹林帯歩きなので、見晴らしは皆無。
新緑を楽しむの回ですね。
小屋の裏手から6時半前にスタートです。

登山道2
難しい所はないし道自体も比較的緩やかに登れるので楽ですが、距離が長いのとアップダウンが思ったより多いのが難点でしょうか。
メジャーなルートに比べて道も細いこと……でもしっかり整備されてるのは小屋番様々です。
しかし、この日このルートに入ったのは自分だけ。
残りの皆さんは霞沢岳みたいです。

登山道3
なにげに樹林帯だから気にしてないけど、滑落したら見つからないな、コリャ。

見晴らし場見晴らし
ここから左に一気に下るのですが、少しだけ見晴らしがありました。
ここが槍見台かなぁ?と思ったら違いました。
そもそも槍は穂先がちょこっとしか見えてない。

槍見台景色
8時過ぎ。
山の中に唐突に現れる槍見台。
本当に台だと思っていなかったので、マジ笑いしてしまいました。
こんな山奥で構造物だと誰も思わないでしょ。
想定外の展開でした。

丁度中間なんですかね。
今まで人一人いなかったのに、ここで下ってきた人達と邂逅。
台の上に登って皆さんと山談義に花が咲きました。
屋内と違って普通にしゃべれるのが良い。

30分ほど時間を潰して皆さんは下り、自分だけ登り。
再スタート。
本当ならもっとゆっくりしたかったですが、この日も午後カミナリ予報なので行けるとこまで行きます。

登山道4
尾根道とは言っても細かいピークは巻いてたりするので、無駄なアップダウンは少なめなのが有り難いです。
しかしこのダラダラ感は、焼岳から西穂高山荘まで歩いた時に近い。
景色が無いので蝶ヶ岳からの下り道で使えば降りやすいのかも。
長塀尾根も長いしねぇ。

森林限界大滝山へ
ずっと上高地側の歩きだったのが森林限界付近で安曇野側へ。
ガスが登ってきてる〜あせあせ(飛び散る汗)
まだ黒い雲は見えないから大丈夫。

大滝山南峰山頂から
11時に大滝山の南峰に登頂。
岳じゃなく山ですが、2600m越えの立派な山です。
北峰の方がわずかに高いのですが、三角点はこちら。
しかし槍穂側はハイマツで微妙に景色が見えないw
一応立ち上がれば見えますが、既に雲が……
立って休憩もないので反対側の景色をば。

山頂から2お弁当
安曇野側は見晴らしがあるはずなんですが、ガス〜霧
多分八丁ダルミと鍋冠山が見えてるはずなんですが。
仕方ないので雲の流れを見ながらお弁当を頂く。
至福ぴかぴか(新しい)

池大滝山荘
山頂からは10分ほどで大滝山荘に到着。
途中にあった池は雪解け水かな?
7、8月しか営業しない夏季限定の小屋なので一度泊まってみたかったんですよね。
本当に静かな所です。
この日の宿泊客4名。
蝶ヶ岳ヒュッテは満室なのにこの差はなんなんだ?
この日は6人部屋に一人でした。
こんなご時世だから助かるけど。

雷雲
雷を警戒して早めに着きすぎましたが、ガスも出て見晴らしは期待できなかったし結果オーライだったみたいです。
午後は安曇野側で雷が鳴ってました。
下山後に聞いた話では槍沢ではスコールが凄かったそうな。
微妙な位置関係で降られずに済んだのね。

日の出
翌日は早起きして山頂へ。
7月の日の出は早い……
今日も快晴。

大滝山南峰山頂から蝶ヶ岳と槍穂
朝食後6時に出発。
大滝山の北峰って、南峰より近い徒歩1分。
しかも景色が良いw
まあ、先を急ぐよりその場を楽しむのが一番だから(負け惜しみ)
蝶ヶ岳の向こうに穂高岳、槍ヶ岳が見えるという構図。

前方後方
しかしここから蝶ヶ岳に至るルートは最高過ぎませんか?
前日の樹林帯が嘘のような空中散歩です。
前方に蝶ヶ岳から常念岳、大天井岳と連なる表銀座。
後方には徳本峠の向こうに霞沢岳と焼岳、奥には乗鞍岳と御嶽山。
横目に穂高岳から槍ヶ岳の峰を見ながらの歩きです。
大滝山侮り難し。

お花畑合流点
蝶ヶ岳には一回下って登り返しますが、急登ではないし200m程度。
このルートは往復でもアリかも。
鞍部では高山植物が咲いていました。
夏山の景色って感じ。
蝶ヶ岳へ通常使う三俣ルートと合流して一気に蝶ヶ岳へ。

蝶ヶ岳山頂蝶ヶ岳から
若干雲があるものの、見事な景色でした。
8時前に登頂です。
蝶ヶ岳は景色を見るための山だなぁ。
いつまでも見ていたい。
この日は横尾に降りるだけなので、実際かなりゆっくり堪能してました。

蝶ヶ岳蝶槍
蝶ヶ岳を移動して蝶槍へ。
昔はこっちが山頂だったそうです。
ヒュッテ近くの山頂よりは山頂っぽいからw
こちらでもがっつり景色を堪能してきました。

下山道横尾山荘
結局下山を始めたのは11時頃だったんですが、この日は雷の心配もないし、実にのんびりした歩きでした。
下山道自体は結構の急坂でしたが、一気に1000m近く降りますからこんなものですかね。
なかなか下りきらないから、横尾山荘が見えた時はやっと着いたー、って感じでした。
13時に着いてしまったので、もう1時間遅くても良かったかな。
もったいない。

4日目はバスターミナルに戻るだけの余裕の移動。
気楽です。

今回写真多めですが、それだけ充実した山でした。
4日間とも晴れだったのは凄い。
7月の登山はいつも雨混じりだったからなぁ。
今回連休が一週間遅いのも良かったのかもしれません。

今年はオリンピックの関係で休みがかなり変則的です。
例年にない日程で今年も北アルプスを堪能したいと思います。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 22:19|

2021年07月17日

想像以上にバラエティ豊富だった

梅雨明けしました。
アウトドアはコロナどうのこうの関係なく歩けるからいいよねぇ。

道の駅
秩父方面の道の駅が続いたので今回は平地です。
ということで道の駅「かぞわたらせ」です。
以前は「きたかわべ」だったそうですが、2020年に変わったそうな。

谷中池へ
渡良瀬遊水池の直近にあるので、埼玉の道の駅ですがすぐ目の前は群馬県&栃木県です。
今回は渡良瀬遊水池をメインに歩こうかなと。
水辺だから少しは涼しいことを期待。
7時半にスタートです。

谷中池谷中池2
歩いた雰囲気は、関東ふれあいのみちで以前歩いた霞ヶ浦に近い物があるものの、こちらは人工の池なので、水産資源的設備や文化が無いのが特徴ですかね。
本当にだだっ広いて浅いダムといった感じ。

展望台
途中に展望台があったので登ってみました。
しかし誰も居ない……

展望台より葦原
水の溜まった部分だけでも十分に広いのですが、展望台の反対側に広がる広大な葦原も渡良瀬遊水池そのもの。
しかしよくもこんな広いところがそのまま残ったものだと思いますが、歴史的には色々あったんですね。

役場跡家屋跡
そしてしばらく歩くとその「色々あった」の部分につきます。
今は四阿になっていますが、旧谷中村の役場跡です。
渡良瀬遊水池を作る時に強制的に廃村になった村だそうですが、その遊水池自体がが足尾鉱毒事件の対策だった、という解説板を見て昔小学校の授業で聞いたのを思い出しました。
強制移転に抗って住み続けた家屋の碑なんかもあって、足尾と合わせて歩くと色々考えさせられますね。

葦原水路
普通の遊歩道だけじゃなく、葦原の中も歩いて来ました。
渡良瀬川方の水路までの長い区間でしたが、葦の背が高くて何も見えませんでした。
こういう歩きも嫌いではないですけど。

中央道中央道2
半周歩いたところで、最後は中央の道を戻ってきました。
池の真ん中を通る見晴らしの良い道を期待してたら、意外と木が茂っていて何も見えませんでした。

ボート
ボートの練習なんかもやっていて、結構自由に使えるんですね。
テント場があれば良い感じですが、遊水池という性格上夜間は立ち入り禁止なので泊まれません。
上流で大雨が降れば水没する場所だし無理ですね。

3県境3県境2
道の駅に戻る前に少しだけ足を延ばして3県境に行ってきました。
田んぼの小さな水路の真ん中に埼玉、群馬、栃木の県境があります。
武蔵、上州、下野の三国境ですなw
元々は渡良瀬川の中にあったものらしいですが、遊水池事業や区画整理で不確定だったものをここに定めたとか。
平地にあるのは珍しいので、道の駅から歩いてすぐなので案内も出ています。

道の駅へ展望所
道の駅には10時半に戻ってきました。
建物の3階にある展望所にはハートのオブジェが。
谷中池の形がハート形なので、恋人の聖地なのだそうな、へー。
暑いからか、誰もいませんでした(ある意味良かった

昼食スタンプ
幸い10時半から営業開始の食堂でかき揚げ丼。
麺もいいけどたまには米。
道の駅スタンプももらってきました。

単に湖岸歩きのつもりで出掛けましたが、結構色々あって面白い場所でした。
特に歴史的な所とか。

来週はいよいよ本格的な山歩き。
頑張ります。
道の駅の続きは暑いから涼しくなってからかな。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 23:01| 駅から散歩