2021年09月19日

嶺宮参りで御朱印登山

今年はなんだかんだで北アルプスに来ることが多い気がする。
「関東ふれあいのみち」が通行止めで、街道歩きや御朱印歩きなど、比較的人が多い場所歩きを控えているから自ずと山が険しくなるw

さて今回は自分の心の山、穂高岳です。
三連休で行くつもりだったのですが、1ヶ月前の山小屋獲得競争に負けまして、一週間前倒ししました。
有休が取れて良かった……

今年は穂高神社の三宮参り(本社⇒奥社⇒嶺宮)をやろうとは思ってたのですが、夏前に登山安全祈願で本社に行ったら、今年から嶺宮の御朱印が出来たそうで。
「以前登拝された方もにも差し上げますよ」とは言われましたが、登山予定だったのでその時に頂くことにしました。
以前蝶ヶ岳から降りてきた時に、上高地の奥社でも頂けることは確認していたので、下山時に貰うつもりでお出かけです。

駐車場バス乗り場
初日は岳沢小屋までなのでゆっくりめの出発。
自宅で早起きになったものの、睡眠も取れて身体が楽です。
まだまだ夏山シーズンだけあって、現地9時で沢渡バスターミナルの駐車場はいっぱい。
足湯公園の方にならなかっただけでも助かりました。
皆さん既に上高地入りしてるのか、バス乗り場はがら空きです。

上高地から岳沢登山口
もう何度となく見た景色。
低い雲が垂れ込めていますが、小屋付近はガスは掛からずといった感じ。
曇り予報だったけど雨が降ったようで、「レイン装備になったらやだなぁ」と思いながら、お馴染みの岳沢登山口から入ります。

お弁当河童橋方面
途中の見晴らし場で早めのお昼ご飯。
小屋までだとこの場所くらいしかいないのよね。
スタートが遅かったので河童橋で買ったお弁当です。

岳沢小屋ビール
13時に岳沢小屋に到着。
アルコールを解禁する(長野県様々exclamation×2
アルコールとはご無沙汰してるしねぇー(長音記号1)
曇天模様ですが、下界は見通せるのでそれなりに楽しき時間。
でも、ちょっと寒いかな。

前穂高方向岩場
翌日は6時に出発、高い曇り空。
山頂までは何も無いので暑くも無く絶好の登り日和ですな。
途中のこの岩場登りで水筒を落としたみたい。
一滴も飲んでいないポカリが……バッグ内に1リットルの水を入れてたから心配はなかったけどへこむ。

最後の登り紀美子平手前
森林限界を抜けた後は変わらず楽しい。
今回、急がずマイペースで景色を楽しみながら登りました。
紀美子平に至るこの最後の登りは濡れてると緊張するよねぇ。
以前土砂降りの中降りたことあるけど。

前穂高岳へ上高地方面
8時半に紀美子平に到着。
今回はスルーしようかと思ってたけど、やっぱり行きたくなるのが人情。
さらに登って前穂高岳に9時登頂。
雲がずっと高くて見晴らしは最高でした。
上高地は前穂高岳から見る景色が一番好きですね。

バリエーションコース
なんか凄いところ登ってきてる人がいましたよexclamation&question
自分は普通に登れればいいや(一般人からは普通じゃないらしい

紀美子平吊り尾根
戻ってきて狭い紀美子平は人がいっぱい。
お昼には早いしそのまま吊り尾根に向けて出発exclamation
こうやって見ると奥穂高岳まで近いんだけどねぇ。

吊り尾根2吊り尾根から
狭い吊り尾根の道を歩きながら、横目に眺める上高地の景色が本当に良い。
奥穂高岳に登る時は涸沢から登ったことがなくて、いつもこのコース。
大好きなコースの一つです。

涸沢方面お弁当
吊り尾根で初めて涸沢が見えるようになる地点が個人的な休憩ポイント。
時間的にも丁度良く、奥穂高岳の山頂はちょっと人が多いのでこちらの方が落ち着けるのですわ。
岳沢小屋で用意して貰ったお弁当でお昼ご飯ですが、心なしか食欲が無いのは軽い高山病だな。
ポカリを失った代償はデカいw

山頂お参り
12時半に奥穂高岳の山頂に到着。
想定より大分早く着いたので、かなりゆっくり出来る。
まずは下山後に御朱印を頂くための証拠写真(申告制なので別に必要ないけど
登山安全祈願の御守りと御朱印帳を置いて嶺宮参り。

山珈琲槍ヶ岳
そして今回の目的のもう一つ山珈琲。
これがやりたくて重い機材と水を持ち上げて来たんだよ……重かった。
槍ヶ岳はどこから見ても槍ヶ岳。
でも近くに見下ろすことが出来るのはここだけ。
3180m Vs. 3190m
まあ、あまり変わらないけどねw

穂高岳山荘涸沢カール
14時過ぎに穂高岳山荘に到着。
もう少し山頂でゆっくりしたかったけど、風が出て少し寒かったから撤収しました。
それでも十分に山頂を堪能しましたけどね。

ザイテングラート涸沢ヒュッテから
最終日は下山日和の快晴。
6時に小屋を出ましたが、涸沢って大きいから近いようでなかなか下りきらないのよね。
涸沢ヒュッテには7時半の到着。

難所梓川
天気もいいので予定通りパノラマルートで帰ります。
何回も通ってますが、崩れて段々難易度が上がっているようなw
難所をいくつか抜けて梓川が見えれば後は普通の歩きなので安心。

涸沢方向お弁当
今回も荷物をデポして屏風の頭手前の三角点まで行ってきました。
後々考えたら屏風の頭まで行けば良かった。
9時と少し早いですが朝食が5時だったので早飯です。
景色いいわぁ〜
しかも人が誰もいないw

槍ヶ岳方面屏風の頭
ここは蝶ヶ岳から見える槍穂高のバージョンアップ版といった感じ。
本当に遮るものが無く綺麗に見えます(しかも近いぴかぴか(新しい)
屏風の頭は行くのに一度大きく降りないといけないのがねぇ。
景色的にあまり変わらないからお帰りの疲れた足だと行く気がなかなか……

谷下り下山口
デポ地点に戻って後は下るだけ。
それだけが長い。
谷の向こうに登山道が見えるけど、あそこまで行くのに30分かかる。
結局11時半に下山口につきました。

新村橋
下ったとは言ってもまだ新村橋。
先は遠いのです。
でも新村橋を渡ってると、人とちょっと違うコースを歩いてきた感あるよね。

穂高神社奥宮穂高神社嶺宮御朱印
一般的な上高地と言える明神に着いたのが13時。
ここまでくれば後は観光気分で帰れるので気楽です。
そして今回の主目的である御朱印。
頂いてきました。
登頂日を聞かれたので前日行った事を伝えると前日付で御朱印を書いて下さいました。
ありがたやー。

実はこの御朱印自体は本社にある遙拝所でも頂けるのですが、その場合「遙拝」の印が入ります。
頂くのに本格的な山岳登山が必要ですが、実際は行ったと申告さえすればもらえるみたいです。
物の価値は本人次第ってことなんでしょうね。

今年の山は北アルプス主体で進行してますが、まだ行きます。
というか自分の山時期って秋なんですよね。
これから本番。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 13:14|

2021年09月05日

暑くて長い、そして挫折

先週の山登りを記録してなかったので週遅れブログ。
今期は北アルプス主体の山登りですが、いつもの「関東ふれあいのみち」が通行止めで普段的週末ワークが出来ないのが辛い……

行けない場所にこだわっても仕方が無いので手近な秩父で山登りを計画しました。
以前も武甲山は登りましたが今回は縦走を計画。
結構長いコースなので余裕を持ってお出かけ。
……のはずだったのですが、7時過ぎ横瀬駅に着いたらタクシーがいない…マジかよ。

横瀬駅から工場群
営業開始時刻まで待ってもいいけど、とりあえず歩くことにしました。
スタートが遅くなると後に差し障りがあるし。
しかし朝から暑い……
まあ、長いけど工場群とか普段見られない景色。

登山口へ登山口
しかし思ったより長かった。
暑いのもあって想定以上に体力を持って行かれた気がします。
8時半に到着で、タクシーを待ってきた方が早かったのも意味不明。
こういうのを無駄な努力というバッド(下向き矢印)

大杉御嶽神社
まあ、気を取り直して登山開始したのはいいものの、登山口までに体を暖め過ぎてしまったせいか既にオーバーロード。
暑さと湿度に加え普段の不摂生と寝不足のせいで体が思うように動かない。
以前登った時は1時間半だった登山道が2時間半とか……情けない。
それでも計画標準時間よりは短かったのは驚いたけど。

山頂昼食
11時前に山頂に着いた時点で、この後の計画行程は諦めていたのでコンロで昼食。
ガスの中なので山頂からの景色もありませんでした。
以前見たからいいんですけどね。
「この後どうしようかなぁ」などと考えながらとりあえず一服です。

御嶽神社210828_10.jpg
そういえば、山頂にある御嶽神社。
以前来た時は冬だったので当然閉まっていたのですが、今回は社務所が開いていました。
売店的な機能もしているようで水や非常食なんかも売ってましたよ。
何気なく見たら御朱印の文字があったので伺ったら頂くことが出来ました。
おー、想定していなかっただけにちょっと幸せ。

下り稜線
足の調子も良くない(暑さで痙攣気味)し、このまま表参道を下ろうかと思っていたけど、そこそこ休んだら普通に歩く程度には大丈夫そう。
12時前に様子を見つつダメなら下るの方針で小持山への稜線経由で下ることにしました。
しかし、表参道と違って一気に下る急坂なのね。
ある程度下ったら楽しい稜線歩きでした(景色ないけど)

なだらかコース岩場コース
小持山へのルートは硬軟混ざった面白い道でした。
小持山へ向かわず駐車場へ下るだけだったらこちらのコースも良さそうですね。
登り返しはちょっとだけ岩場なんかもあったりするけど、危険な場所は無いかな。

小持山山頂小持山から
小一時間で小持山に到着。
武甲山と違ってすれ違う人も少なく、山頂には誰もいませんでした。
暑いしねぇ。
今回水を4リッター持って行ったのでその分荷物が重かった。
過剰かと思ったけど、横瀬駅からの歩きも含めてほぼ使い切ったのでの、逆に助かりました。
水の心配をせずに歩けたのも心強かったし。
しかし座ると全く景色が見えない山頂だなぁ。

細道崖道
足も行けそうなので、このまま大持山へ向かいます。
こちらのコースはちょっとだけレベルが上がります。
細い崖道に急な岩場下りもあって、初級者には危ないかも。
足場自体はしっかりしてるんですけどね。

雨乞岩へ雨乞岩
途中にある雨乞岩。
唯一の見晴らし地点ということで人がいるかと思いきや無人。
まあ、静かなで嬉しいけど。
狭いので5人MAXといったくらいですが、休憩するには良い所ですね。

大持山大持山山頂
雨乞岩から大持山は近くて20分ほどの歩きで13時40分に到着。
やっぱりここまでで13時は無理だったか。
足の具合もあってペース上げられないし。
この先秩父側下山口のバスの都合もあるので、判断時刻を13時にしてたんですが大幅にオーバー。
後は飯能側に降りるか、横瀬側に降りるかですが飯能側はもう一山登るんだよねぇ。
足の具合をみるの登るのは限界かな……下りは全然いける。
しかし本当に景色の無いところだわな。

稜線歩き分岐点
反対側は歩きやすい稜線。
やっぱり大持山〜小持山が一段上っぽい。
稜線の分岐点で先に進んで、飯能側に下るか妻坂峠に下るかですが、武川岳の時は妻坂峠まで間違って来たので、そこまで歩いてみることにしました。
後は下るだけ〜るんるん

下り下り2
などとお気楽に考えてたら、この道って直登コースなのね。
なんですか、この長くて真っ直ぐな急坂は。
疲れた足にダイレクトに伝わるのが面倒くさい。
もうちょっと鼻歌交じりに下れるかと思ったのに。

妻坂峠峠道
正直妻坂峠まできてホッとしました。
少なくともここから先は峠の古道なので道がしっかりしてるだろうしね。
想像通りつづら折りながら普通に標高を稼ぐ道に、思わず「これだよこれっ!」と意味不明の納得をしてしまいました。

下山口へ下山口
15時に無事下山。
どこに下山するか事前の調べは無かったのですが、武甲山の登山口の反対側なのね。
つまり武甲山の登山口に戻ってきたので、最初からこの計画なら車が正解ですな。
今回秩父側に降りる予定だったから電車にしたけど、全てはコロナで営業時間が変わってタクシーにやられましたわ。

で、まだ終わらぬ横瀬駅までの移動。
意地でタクシーは使いませんでしたw
下りのはずなのに来るときより時間がかかったのは暑さと疲れのせい。

横瀬駅からまっすぐ帰ってきても良かったのですが、お風呂に入りたくて当初の予定通り西武秩父駅に出ました。
予定のバスで西武秩父駅に戻るのとさして変わらないので、一駅戻りですがさっぱりしました。
ご飯食べられたし。

しかしつくづく夏山に弱いというか、冬山と同じペースで予定を組んではいけませんね。
水が重い山行きでした。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 13:18|