2022年01月30日

ため込むとつらい

ずっとため込んでいた分を更新しました。
まだまだ残ってるのですが、とりあえずCD関係だけ。
久しぶりに週末を二日間とも自宅で過ごすことをメインにしたので、こうでもしないと作業が進まない。

世の中CDメディアはマイナーになりつつありますが、趣味的な部分ではまだ現役。
音質の面からいえば配信の方が上になっているので、意味があるのか知りませんがここまでくると半分意地みたいなものですね。
SACDというものが存在してますが、所有するだけで趣味的な利用が出来なかった点が残念だったなぁ。

同様に映像メディアも配信が中心になりつつありますが、配信側の都合で見ることが出来なくなるのが非常に不満。
既にコストパフォーマンス抜きの趣味なってますが、結局趣味ってそういうものかな、と。
posted by うしさん at 18:42| HP関連

2022年01月29日

想定外でした((三浦・岩礁のみち+油壷・入江のみち(神奈川県No.1&2)))

近場の街中より遠出の田舎。
山登りはアレなので、『関東ふれあいのみち』神奈川県コースを始めることにしました。
三浦半島だからお気楽コースだろうし(思い込み)

京浜急行京急バス
今回から移動方向が変わって神奈川県です。
京浜急行に乗って三浦海岸駅へ。
日中しか乗ったことないから特急って珍しい。
三浦海岸から剱崎行きバスにのって更に移動です。

松輪バス停スタート地点
7時半にスタート地点の松輪バス停に到着。
良い感じに田舎ですが、1番コースのスタート地点としてはずいぶん中途半端な場所にあるんですよね。
とりあえず歩き始めます。

海畑
高台から広がる海の景色。
そして広がる畑ののどかな風景が広がっていて気持ちがいいですね。

海へ間口漁港
すぐ終わって海へ下っていきます。
今回の基本は海のコースなのですよ。
間口漁港の奥へと歩いて行きますが、案内はしっかりしてます。
こんな感じの海岸線の歩きなのかなぁ、と事前調べもあまりしないで来たので、まだまだのんびり気分。

防波堤道
行き止まりの防波堤にある階段を見てexclamation&questionとなる自分。
越えてみたら道が……えぇー、こういう道なんだ。
まあ、山歩きでこの手の道は慣れてますが、まさか海抜0の地区でこの手の道とは思いませんでした。

海岸線剱崎灯台
今回は海岸線歩きなんですね。
一旦海に出ましたがすぐに登って剱崎灯台に向かい登ります。
高台からの景色が良い感じの場所でした。

岩場通路
そして再度海岸へ。
しかし今度は砂浜ではなく完全な岩場。
歩く場所狭いなぁ……まあ、山歩きでこの手のギリギリ感は慣れてますけど。

波間歩き
それはいいけど、少し進んだら波に洗われる岩場に出ました。
う〜ん、波で足場が出たり出なかったり。
しかも海苔っぽい感じでヌルヌル感出てるし。
落ちても溺れることはないけど、この真冬に濡れたくはないなぁ。

岩場2石標
なんとか波の引いたタイミングで難所を抜けました。
落ちずに良かった。
抜けたら広い岩場。
磯釣りの人も結構いて、良い感じの散歩道ですね。
こんなところにも石標が立ってました。

高台へ大根畑
しばらく海岸線の岩場を歩いて、こんどは高台へ。
想像していたよりアップダウンのあるルートで歩きがいがありますね。
登った先の高台には広大な大根畑。
景色も変化に富んでいて面白いですねぇ。

海岸歩き海岸歩き2
再度下ってきて海岸歩き。
彼方の方に城ヶ島も見えてきました。
足場に困ったのは先の場所だけで、こちらには足場が整備されていました。
さっきの所も本当は足場があったのかな?

距離標
時化の日にはちょっと厳しそうなコースですね。
こんなコースでも距離標があったのにはちょっと驚き。
大分風化が進んでましたが。

終点へ宮川町バス停
最後の最後は宮川湾から上に登って宮川町バス停へ。
最初のコースはここが終点。
しかし神奈川県のコースはなんでこんなとびとびなんだか。
本コースと連絡路が今のところ五分五分くらい?
ということで次のコースへ向かいます。

海南神社海南神社御朱印
次のスタート地点三崎港に向かう途中、海南神社に寄り道。
歩きの途中で御朱印を頂くのも一つの楽しみ。
意外と大きな神社でしっかり社務所も開いていました。

三崎港マグロ丼
11時に三崎港に到着して丁度お昼時。
当然マグロですな。
都内でも食べられるけど、それはやっぱり雰囲気です。

コース風景
さて2番目のコースは正直なんでしょうね。
普通の車道歩きだけです。
どうやら、見所は天然の港であった三崎港のこの風景ってことらしいですが、最初が充実していただけに実につまらん。

ヨットハーバー油壺温泉バス停
途中油壺ヨットハーバーを眺めつつ終点の油壺温泉バス停に到着。
マリンパークの駐車場なので、もう少しマリンパーク近くかと思ったら、ずっと手前なので売店も何も無くてつまらない場所……
マリンパークまで足を延ばしましたが閉園中。
しかも風光明媚な場所は園内に入らないと無いという。

歩いたという実績だけ残して2番目のコースは終了。
本当にそれくら何も無いコースなんですよね。
何なんだろう?

白鬚神社白鬚神社御朱印
次のコースはまた離れた場所。
移動途中に三崎口の駅があるので、駅まで移動ついでで歩きました。
途中にあった白鬚神社。
小さな社でしたが書き置きの御朱印を頂けました。
社務所は開いているので宮司さんがいれば直接頂けるっぽい。

小網代の森相模湾
この後、小網代の森を経由して三崎口の駅に向かいましたが、このコースがなかなか良い。
元々この自然のために京急が油壺まで延伸できなかったので、それだけ見るべき価値のある自然ということですよね。
なんでこれがコースにならずに、さっきの車道歩きが本コースなんだか……

三崎口駅へ三崎口駅
14時に三崎口の駅に到着しました。
三浦半島の先端の駅ですが、その先に色々あるものだと感じた歩きでした。
次回も荒磯を感じる歩きのようですね。
引き潮のタイミングで歩くとしましょう。
【参考メモ】
posted by うしさん at 14:06| 首都圏自然歩道

2022年01月23日

古利根川に沿って歩く

寒波でさすがに山はちょっと、ということで久しぶりに道の駅からの歩きをやってきました。
今回は道の駅「アグリパークゆめすぎと」です。

アグリパークゆめすぎと
しかし今回はカメラのSDカードを忘れて仕方なくスマホで撮影です。
スマホも性能が良くなったからブログ程度では遜色ないですが、やっぱり逆光に弱いなぁ。
8時半スタートです。

公園公園2
道の駅を出てすぐ隣に公園があったのでそこから攻めてみました。
一応自然公園ということなのだろうか?

県道
事前にどこに行こうか検討したのですが、立地が微妙で名所や史跡の類が全くないんですよね。
仕方なく今回は風景散策としましたが、埼玉の郊外なのでこれまた微妙。
とりあえず古利根川に出て川沿いを歩くことにしました。

橋古利根川
9時に古利根川に到着。
橋を渡ると川沿いの道があるのでそこを歩いて行きます。
堤防もなく昔ながらの川の風景。
利根川は治水によって大分流れが変わってしまいましたが、これが本来のもの。
この細い流れであの流域を担ってたなら、そら反乱するわな。

古利根川2
古い流れだから流域に何かあるかというと何もないです。
流域は元々湿地帯で歴史なんて無いしね。
元街道沿いだったら何かありそうだけど、それからも外れてるしいいとこ寒村があったくらいじゃないですかね。
そんなわけで、ひたすら歩くだけのお仕事w
しかし川側にガードレールもほとんど無いし、本当にのどかな場所だこと。

対岸
30分ほど歩いた所で橋を渡って対岸に出て元の方角に転進。
ああ、逆光線がつらい……

市道
少し行ってから道の駅方面に転進です。
帰りは普通の市道をチョイス。
東京の通勤圏郊外ということで、田舎でもなく栄えるでもなく歩くには微妙さ加減が高い。

裏口
結局10時半に道の駅の裏側から戻ってきました。
本当に歩いただけでした。

スタンプ
結局アグリパークの名称よろしく売店で農産品を買い込み。
珍しく自炊をするか……
お決まりの道の駅スタンプ

昼食
買い物を終えたところで丁度食堂が開店したので食べてきました。
特徴的なメニューはなかったけど、埼玉の豚?
生姜焼き定食です。
ついでにご飯を古代米にしてみた。

雅楽の湯
帰りはいつも通り温泉。
杉戸にもありました、温泉施設「雅楽の湯」
湯の種類が多いし露天風呂が充実してました。
もう少し近ければ来るんですけどね。

駐車場スペースの問題もあるんだろうけど、道の駅は町中か観光スポットの近くがいい(贅沢

<今回の歩行マップ>
歩行マップ
posted by うしさん at 14:48| 駅から散歩