2022年09月29日

北アルプスの総仕上げ

北アルプスのあちらこちらを歩いてますが、今回の稜線を歩くと主要な稜線は全て歩いたことになります。
まだ一部も残ってますが。
以前鹿島槍ヶ岳を越えて唐松岳まで歩きましたが、今回はその続き、連休を使って唐松岳から白馬岳まで歩いてきました。

大糸線八方ゴンドラ駅
時間を有効に使うため長野には前日入り。
信濃大町で一泊して、朝から白馬に移動です。
でも8時過ぎと結構余裕だったりする。
とりあえずゴンドラで八方尾根に登りますが、このゴンドラの営業時間が8時からなんですよね。

八方尾根八方尾根から
この連休は台風が発生してお天気が心配でしたが、とりあえず初日は曇っているものの高い雲。
山の景色ははっきりしていて、日が出ていない分、涼しくて歩きやすい感じです。

八方尾根へ八方池
お天気悪化傾向の予報だったのでもっと人が少ないかな?と思ったら意外といますね。
前の連休も完全に潰れたのでみなさん我慢しきれなかったのだろうか?
八方尾根はゴンドラで上がれることもあって、来やすいところですが、唐松岳に向かう人も多かったのでみなさん山好きだなぁ。

丸山ケルン登山道
唐松岳は北アルプス初心者向けの山だけあって、道の整備状況は上々。
非常に歩きやすいですね。
それほど急な登りもないのですが、前日寝不足気味のせいか妙に息が上がってペースが上がりません。
翌日は不帰キレットなので体調万全で行きたいのですがちょっと不安。

最後のピーク唐松岳方向
最後のピークを登り切ったところで唐松岳がドーン右斜め上……なはずなのですが、やっぱり標高が上がってお昼近くとなると、ガスが出てしまいました。
微妙に唐松岳はガスってます。
前回山頂は行ったし、どうせ翌日の通り道なのでこの日は山荘へ直行。
結構疲れました。
やっぱり寝不足かな、ホテルでよく寝られなかったんですよね。

唐松岳頂上山荘山荘からの景色
この日はお昼到着予定だったので、予定通り山荘で昼食を頂こうかと思ったら営業してないあせあせ(飛び散る汗)
なんか荷揚げのヘリコプターが全然飛べなくて昼食の提供を見合わせているんだとか。
勘弁してよー(長音記号1)
仕方ないので行動食で空腹を紛らわしながら、外の景色を見てました。
結構小屋メシを期待していた人も多かったみたいで、あちらこちらから怨嗟の声が聞こえました。
ま、雨が降らなかっただけラッキーとするか。

夕食
「その分夕食で食うぞー」と期待してたんだけど、ちょっと期待外れだった。
コロナ対策で食器は仕方ないのだけれど、もう少しボリュームが欲しかった感。
食材自体がヤバいんだろうね。
連休でお天気も荷揚げの期待が出来ないし、かなりギリギリのはず。
そもそも売店でペットボトルも危ない感じだったのがヤバさ爆発どんっ(衝撃)です。
こういうときはさっさと寝る(寝不足だし)
19時からもうずっと寝てましたw

小屋前唐松岳
翌日は雨。
不帰キレット越えの日なので濡れてるのは勘弁だったのですが、小雨程度なので良しとしよう。
ガスも風も無いので視界は良好だし、嫌な感じはまったくしません。
とりあえず唐松岳の山頂へ。
台風接近の報もあって、縦走を諦めて下山する人多数。
まあ、普通はそうだよね。
一部には前日の内に宿泊キャンセルして降りた人もいたけど、昼飯が無かったのが一番の原因の様な気もするw

稜線稜線道
7時過ぎ、さあここからが本当のスタートです。
とりあえず最初の内は細いけれど普通の稜線歩き。
結構楽しく歩いてます。
風がないのがやっぱりいいね。
雨の鬱陶しさを全く感じません。

キレット稜線
「キレットと言う割には素直な道だな」なんて思っていたら、いやーな景色が段々見えてきましたよ。

不帰2峰南峰核心部へ
不帰2峰南峰を過ぎたあたりから様子がおかしくなり、北峰を過ぎたら本気を出してきました。
いいよー、こういうの好きだけど、雨が降ってなかったらねw
でもとっかかりは多しし、スタンスも取れるので個人的には怖いとは感じてません。

核心部2案内板
やっぱり岩場の下りはちょっと緊張します。
鎖があるし、足の掛け場も選べばちゃんと取れるんだけど、万が一を考えるとね。
滑って足を取られないかかなり慎重に下ってますが、結果的には標準タイムよりは早く通り抜けました。
そんな危険な場所にもちゃっかり設置してある案内板に、ちょっと笑ってしまいました。
いや、ここでマーキングを見失う人は立ち入らないよなぁ。

梯子橋
今回一番緊張したのが実はこの梯子橋。
何でも無い橋なんですが、掴まるところがないけど濡れてて滑るというのが怖かった。
乾いていればなんでもないところなんだろうけどね。
そういえば北穂高と奥穂高の間にもこんな橋あったな。
あっちは掴まるところがあるけど。

鎖場核心部後
ここも一見嫌な感じですが、鎖を使って一部レスキュー降りを伴いました。
下手に足を掛けると濡れてるから外しそうな場所があったので。
岩の表面の方が滑らないから安心できるという、なんか矛盾した状態ですが臨機応変ですね。
それでも見上げて「よく降りたな」と感じることしきり。
この日すれ違ったのは一名だけでした。
誰もいないかと思ったら、やっぱり物好きはいるもの。

稜線歩き稜線歩き2
後は普通に歩ける、楽しい楽しい山歩き(に見える?
足元さえ気をつければ普通に歩けるので気楽なものです。

鎖場登り
と思ってたら最後にデカいのきました。
まさか鎖の登りがあるとはね。

振り返り
ふと振り返ってよく歩いて来たな、と。
キレットの向こうが唐松岳で、その向こうに見えるのが五竜岳です。
ほんと、不帰キレット越えが雨とはいえ視界良好でよかったと思います。

天狗の頭天狗山荘へ
天狗の頭まで来ると、白馬鑓がよく見えるようになります。
ここまでくればもうすぐと、足を鼓舞して12時に天狗山荘に到着しました。

天狗山荘天狗山荘2
縦走路の中間地点にあるこの小屋に、台風接近の悪天日に来る物好きも少なく、着いた時点では誰もいない。
こんな山小屋初めてです。
9割キャンセルがでたとか。
最終的には8人ほどの宿泊があったのですが、8人区画を一人で使うという贅沢を味わいました。
意外と大きな小屋だったんですね。

夕食釜プリン
こちらは昼食もしっかり営業していたのでカレーライスを所望。
ちょっと感動感動したのが夕食で、温泉旅館みたいな鍋が出てきました(凄くないexclamation&question
ついついご飯も多めになる自分(小食のくせに)
別料金ですが、お釜プリンもデザートに。
峠の釜めしみたいなお釜に作ったお手製のプリン。
レギュラーメニューとは違うそうです(気まぐれプリン)

雨の中苦労してきただけに、満足感の高い山荘に心までホクホクです。
白馬鑓温泉経由でまた期待小屋だわ。

結局台風の影響で雨が強くなったのはお昼過ぎ。
午前中歩ききってしまった自分は当たりくじを引いたようです。
とはいえ、キレット越えはやっぱり道が乾いた日ですよね。
いくら岩慣れしてるといっても事故になったらシャレになりません(反省バッド(下向き矢印)

翌日は白馬岳に向かいますが、そちらは後日の後半へ。
posted by うしさん at 23:53|

2022年09月19日

埼玉県境歩き2回目

三連休台風にやられた感がありますが、元々北アルプスの山小屋が予約出来なくて萎えていたところでした。
まあ、そこは仕方ないので日帰りで行ってこようと考えているところでした。
ふと思いついたのが埼玉の県境歩きが放置してあったこと。
それじゃその続きを行こうか、となって日帰りで出掛けてきました。

東青梅駅上成木バス停
小沢峠からのスタートですが、交通機関は今回青梅側から行くことにしました。
東青梅駅からですが、この路線使い勝手が悪くて行きでしか使えないのが難点です。
今回はせっかくなので使ってみました。
多摩地区って西東京バスのイメージが強いので、山の中を走る最新型の都営バスってなんか違和感よね。
ということで上成木バス停です。
8時半のスタート。

入口
成木街道をそのまま進んで峠のトンネル手前の林道に入っていきます。
飯能からの小沢バス停に比べれば圧倒的に近くて便利なのよね。

登山口小沢峠
いつも通り林道の奥から道が続いているのかと思ったら、すぐに登山道。
しかも10分ほどで小沢峠に到着ってどれだけ近いのよ。
おかげで無駄な歩きが少なくて嬉しいのですが。

尾根道入口登山道
峠からの登り。
いきなりの急登ですが、なんか道が凄いぞ。
階段というよりフィールドアスレチックのアトラクションですな。
バランス感覚が試されるw
まあ、じっさいはこの杭にそってジグザグの踏み跡が出来てます。

登山道2指導標
一旦登り切れば後は普通の登山道。
もう少し緩やかな道を期待してたのに、意外と急な道が続きます。
そして低山は暑いあせあせ(飛び散る汗)
台風接近で人が少ないのか自分しかいませんが、指導標はしっかりしてます。
名栗村の表記がなんかいいな。

ベンチ
ところどころでベンチが完備されているのも一般的にはポイント高い。
歩きやすいコースです。

登山道3登山道4
上の方に行くと結構なだらかになるので、楽しみながらの歩き。
それでもそれなりにアップダウンがあるので体力奪われる。
やっぱり暑さって山登りの敵。

長久保山稜線歩き
9時半に長久保山に到着。
周囲見晴らしまったくなし。
息を整えて先に進む。

黒山関東ふれあいの道コース
10時15分黒山に到着。
おいおい、本当に人がいないのですが。
ここは以前関東ふれあいの道、東京都のコースで来たところ。
つまり以前とは違う稜線に沿って今回は来たわけで、ここからは同じコースを歩きます。
前に来たときは結構人が休憩していたのだけれどねぇ。

権次入峠山頂へ
権次入峠までくると名栗側から登ってきた人がいるので、やっと人に出会いました。
今回午後から雨予想だったから短距離速攻プランの人が多かったのかな?
前回も感じたけど、ここから棒ノ嶺山頂への急登が疲れるわね。

棒ノ嶺見晴らし
11時前棒ノ嶺に到着。
ここに来たのは関東ふれあいの道がらみの二回のみ。
あの時の季節は春前くらいだったかな?
夏山は初めてだけど、葉が覆い茂っていて見晴らしがよろしくない。
ゆっくり景色を堪能しようかと思ったのに、ここは草葉が伸びる前に来る場所なのね。
以前より人が少ないのはそれもあるのかも。

昼食
最近近場の山に居るときのお供。
秋葉原だと自販機もあるので手に入れやすいのよ。
冬場はガスを使った温かいものが有り難いけど、夏場はねぇ。

山頂指導標日向沢の峰への道
さて長居をする理由がなくなったので、早々に下山することにしました。
今回普通に下るのもつまらないので、少し先の尾根伝いに落合に下ることにしました。
いずれ先の尾根を雲取山まで行ってみたいので、その下見を兼ねてます。
入って最初に感じたのが、反対側に比べて圧倒的に人の通った後が薄い。
道はしっかり見えるけど、マイナーな山道のそれですね。

槇ノ尾山
途中の槇ノ尾山から下りますが、ここから先の稜線はさらに踏み跡が薄いような気がする。
避難小屋泊まり必須なので、計画はしっかりしないといかんな。

尾根道
さて尾根をくだりますが、この尾根踏み跡うっすexclamation×2
実際はなんとなく分かるし、尾根に沿って下るだけだから迷うこともないんだけど、素人目には判別が辛いし落ち葉の季節なんかはGPSないとかなり不安になりそう。

指導標痩せ尾根
一応ルートとしては整備されているようで、指導標なんかもしっかりしてます。
でもね……「足元注意」…バッド(下向き矢印)
うん分かる、転倒したら谷底に転がっていくパターンだわどんっ(衝撃)
決して危険というわけでもないんだけどね、だいたい山で怪我するのってこういう何でも無いところなんですよ。

林道下山口
一回下の林道に出て続きは何処かいな?と。
少し離れた所にリボンを見つけて、登山道の案内もあったので分かったけど、看板が無かったら踏み跡として薄いので見つけづらい。

急坂トラバース
ここからの下りは道としては楽なんですが、急坂すぎて木の根のかかりも少なくて歩きづらい。
写真で見るとなんでもない道に見えるんですけどね。
先の倒木まで標高差10mくらいあると言ったら分かってくれるだろうか。
斜めに下る方がまだ歩きやすいけど、平らな部分が狭い〜あせあせ(飛び散る汗)

急坂2岩尾根
ということで名栗に下る時は素直に権次入峠から下りましょう(教訓)
急坂と滑落危険を楽しみたいならこっちかもしれませんがw
尾根の先端部は狭い狭い岩場でした。
岩場の下の釣り堀では家族連れが魚釣りをしているのが見えます。
転げ落ちたら確実に発見してもらえる安心感はあるけどダッシュ(走り出すさま)

下山口下山口2
12時半に無事キャンプ場の敷地内らしき場所に下山しました。
登山口というにはシンプルすぎる入口ですね。
そもそも敷地内は入りづらい。

今回は台風の影響で日帰り山登りとなりましたが、次回の連休は行きます、北アルプス。
キレット越えなのでお天気が気になる。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 21:44|

2022年09月15日

延期されてたイベントに行ってきました

今日は動画ネタではなく、イベントネタ。

大分前の話ですが、『Planetarian〜雪圏球〜』の製作クラウドファンディングがあったのですが、その中で招待イベント開催というものがありました。

コロナ禍で延び延びになっていて、「もういい加減無理なのかな?」と諦めていたところで開催が決定しました。
今回はそのイベントに行ってきました。

渋谷駅
場所は渋谷だったんですが、いつの間にか色々変わっちゃいましたね。
というか、前回渋谷に来たの埼京線ホームの移設前だったような……(何年前だよ

コスモプラネタリウム渋谷建物案内
駅から徒歩5分ほどのところにあるコスモプラネタリウム渋谷というところが今回の会場。
ビルの上にあるので、上がるとゆめみさんが呼び込みしてそうな建物です。
準備時間を含めたイベント時間帯だけを貸し切りだったようで、事前にHPをみたら他の時間は普通に営業してました。

入口会場内
貸し切りのお知らせしてるゆめみさんの看板。
あの企画に身銭をきった人達(男ばっかだね)がぞくぞくと集まっていました。
当然イベント中の写真は撮影出来ないので会場の様子だけ。
とはいってもゆめみさんの解説でプラネタリウムを見る会だったんですけどね。

それと佐咲紗花さんの「Twinkle Starlight」と安月名莉子さんの「Snow Globe」の生歌を聴いてきました。
「Snow Globe」は生歌公開初めてだそうで、貴重なお時間でした。
そして「星めぐりの歌」をお二人のデュエットで。
さすがにMELLさん出てきたらビビったけど、それはなかったw

投影機
お帰りに涼元センセイお勧めの投影機(最初模型かと思ってたら実物だそうで)を見てきました。
同館の2階に鎮座してますので、興味のある方は見に行っても良いかも。
生イエナさんの妹?が見られます。

とりあえずビジュアルアーツとしてもホットひと息ってところでしょうね。
義務を果たせたし。
ことしはヘブバンだとかスマホ方面の展開がメインでKeyとは疎遠な感じですが、サマポケのアニメ化が具体化したらまた忙しくなるのかも。
プリマドールは見てます(買ってます)……フギュアの特典にCD付けるのやめて(ツライあせあせ(飛び散る汗)
posted by うしさん at 22:31| 日記