2022年09月19日

埼玉県境歩き2回目

三連休台風にやられた感がありますが、元々北アルプスの山小屋が予約出来なくて萎えていたところでした。
まあ、そこは仕方ないので日帰りで行ってこようと考えているところでした。
ふと思いついたのが埼玉の県境歩きが放置してあったこと。
それじゃその続きを行こうか、となって日帰りで出掛けてきました。

東青梅駅上成木バス停
小沢峠からのスタートですが、交通機関は今回青梅側から行くことにしました。
東青梅駅からですが、この路線使い勝手が悪くて行きでしか使えないのが難点です。
今回はせっかくなので使ってみました。
多摩地区って西東京バスのイメージが強いので、山の中を走る最新型の都営バスってなんか違和感よね。
ということで上成木バス停です。
8時半のスタート。

入口
成木街道をそのまま進んで峠のトンネル手前の林道に入っていきます。
飯能からの小沢バス停に比べれば圧倒的に近くて便利なのよね。

登山口小沢峠
いつも通り林道の奥から道が続いているのかと思ったら、すぐに登山道。
しかも10分ほどで小沢峠に到着ってどれだけ近いのよ。
おかげで無駄な歩きが少なくて嬉しいのですが。

尾根道入口登山道
峠からの登り。
いきなりの急登ですが、なんか道が凄いぞ。
階段というよりフィールドアスレチックのアトラクションですな。
バランス感覚が試されるw
まあ、じっさいはこの杭にそってジグザグの踏み跡が出来てます。

登山道2指導標
一旦登り切れば後は普通の登山道。
もう少し緩やかな道を期待してたのに、意外と急な道が続きます。
そして低山は暑いあせあせ(飛び散る汗)
台風接近で人が少ないのか自分しかいませんが、指導標はしっかりしてます。
名栗村の表記がなんかいいな。

ベンチ
ところどころでベンチが完備されているのも一般的にはポイント高い。
歩きやすいコースです。

登山道3登山道4
上の方に行くと結構なだらかになるので、楽しみながらの歩き。
それでもそれなりにアップダウンがあるので体力奪われる。
やっぱり暑さって山登りの敵。

長久保山稜線歩き
9時半に長久保山に到着。
周囲見晴らしまったくなし。
息を整えて先に進む。

黒山関東ふれあいの道コース
10時15分黒山に到着。
おいおい、本当に人がいないのですが。
ここは以前関東ふれあいの道、東京都のコースで来たところ。
つまり以前とは違う稜線に沿って今回は来たわけで、ここからは同じコースを歩きます。
前に来たときは結構人が休憩していたのだけれどねぇ。

権次入峠山頂へ
権次入峠までくると名栗側から登ってきた人がいるので、やっと人に出会いました。
今回午後から雨予想だったから短距離速攻プランの人が多かったのかな?
前回も感じたけど、ここから棒ノ嶺山頂への急登が疲れるわね。

棒ノ嶺見晴らし
11時前棒ノ嶺に到着。
ここに来たのは関東ふれあいの道がらみの二回のみ。
あの時の季節は春前くらいだったかな?
夏山は初めてだけど、葉が覆い茂っていて見晴らしがよろしくない。
ゆっくり景色を堪能しようかと思ったのに、ここは草葉が伸びる前に来る場所なのね。
以前より人が少ないのはそれもあるのかも。

昼食
最近近場の山に居るときのお供。
秋葉原だと自販機もあるので手に入れやすいのよ。
冬場はガスを使った温かいものが有り難いけど、夏場はねぇ。

山頂指導標日向沢の峰への道
さて長居をする理由がなくなったので、早々に下山することにしました。
今回普通に下るのもつまらないので、少し先の尾根伝いに落合に下ることにしました。
いずれ先の尾根を雲取山まで行ってみたいので、その下見を兼ねてます。
入って最初に感じたのが、反対側に比べて圧倒的に人の通った後が薄い。
道はしっかり見えるけど、マイナーな山道のそれですね。

槇ノ尾山
途中の槇ノ尾山から下りますが、ここから先の稜線はさらに踏み跡が薄いような気がする。
避難小屋泊まり必須なので、計画はしっかりしないといかんな。

尾根道
さて尾根をくだりますが、この尾根踏み跡うっすexclamation×2
実際はなんとなく分かるし、尾根に沿って下るだけだから迷うこともないんだけど、素人目には判別が辛いし落ち葉の季節なんかはGPSないとかなり不安になりそう。

指導標痩せ尾根
一応ルートとしては整備されているようで、指導標なんかもしっかりしてます。
でもね……「足元注意」…バッド(下向き矢印)
うん分かる、転倒したら谷底に転がっていくパターンだわどんっ(衝撃)
決して危険というわけでもないんだけどね、だいたい山で怪我するのってこういう何でも無いところなんですよ。

林道下山口
一回下の林道に出て続きは何処かいな?と。
少し離れた所にリボンを見つけて、登山道の案内もあったので分かったけど、看板が無かったら踏み跡として薄いので見つけづらい。

急坂トラバース
ここからの下りは道としては楽なんですが、急坂すぎて木の根のかかりも少なくて歩きづらい。
写真で見るとなんでもない道に見えるんですけどね。
先の倒木まで標高差10mくらいあると言ったら分かってくれるだろうか。
斜めに下る方がまだ歩きやすいけど、平らな部分が狭い〜あせあせ(飛び散る汗)

急坂2岩尾根
ということで名栗に下る時は素直に権次入峠から下りましょう(教訓)
急坂と滑落危険を楽しみたいならこっちかもしれませんがw
尾根の先端部は狭い狭い岩場でした。
岩場の下の釣り堀では家族連れが魚釣りをしているのが見えます。
転げ落ちたら確実に発見してもらえる安心感はあるけどダッシュ(走り出すさま)

下山口下山口2
12時半に無事キャンプ場の敷地内らしき場所に下山しました。
登山口というにはシンプルすぎる入口ですね。
そもそも敷地内は入りづらい。

今回は台風の影響で日帰り山登りとなりましたが、次回の連休は行きます、北アルプス。
キレット越えなのでお天気が気になる。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 21:44|

2022年09月15日

延期されてたイベントに行ってきました

今日は動画ネタではなく、イベントネタ。

大分前の話ですが、『Planetarian〜雪圏球〜』の製作クラウドファンディングがあったのですが、その中で招待イベント開催というものがありました。

コロナ禍で延び延びになっていて、「もういい加減無理なのかな?」と諦めていたところで開催が決定しました。
今回はそのイベントに行ってきました。

渋谷駅
場所は渋谷だったんですが、いつの間にか色々変わっちゃいましたね。
というか、前回渋谷に来たの埼京線ホームの移設前だったような……(何年前だよ

コスモプラネタリウム渋谷建物案内
駅から徒歩5分ほどのところにあるコスモプラネタリウム渋谷というところが今回の会場。
ビルの上にあるので、上がるとゆめみさんが呼び込みしてそうな建物です。
準備時間を含めたイベント時間帯だけを貸し切りだったようで、事前にHPをみたら他の時間は普通に営業してました。

入口会場内
貸し切りのお知らせしてるゆめみさんの看板。
あの企画に身銭をきった人達(男ばっかだね)がぞくぞくと集まっていました。
当然イベント中の写真は撮影出来ないので会場の様子だけ。
とはいってもゆめみさんの解説でプラネタリウムを見る会だったんですけどね。

それと佐咲紗花さんの「Twinkle Starlight」と安月名莉子さんの「Snow Globe」の生歌を聴いてきました。
「Snow Globe」は生歌公開初めてだそうで、貴重なお時間でした。
そして「星めぐりの歌」をお二人のデュエットで。
さすがにMELLさん出てきたらビビったけど、それはなかったw

投影機
お帰りに涼元センセイお勧めの投影機(最初模型かと思ってたら実物だそうで)を見てきました。
同館の2階に鎮座してますので、興味のある方は見に行っても良いかも。
生イエナさんの妹?が見られます。

とりあえずビジュアルアーツとしてもホットひと息ってところでしょうね。
義務を果たせたし。
ことしはヘブバンだとかスマホ方面の展開がメインでKeyとは疎遠な感じですが、サマポケのアニメ化が具体化したらまた忙しくなるのかも。
プリマドールは見てます(買ってます)……フギュアの特典にCD付けるのやめて(ツライあせあせ(飛び散る汗)
posted by うしさん at 22:31| 日記

2022年09月14日

いよいよ16:9の世界へ

三回連続で動画ネタ。

ToHeart2 はゲームが出てから1年を待たずにアニメ化されたのでメディア展開ありきだったのでしょう。
しかし前作のTo Heartと異なりメインヒロインが弱すぎてアニメにするにはちょっと弱かったですかね。

オープニングとエンディングはゲームとは違ってアニメは今もすぐに見られるので、まとめることにあまり意味は無いのかもしれませんが、まあ義務感ですw
エンディングのトモシビは名曲です。

アニメToHeart2
DVDからなので、ソースは780×480ですが、この作品から16:9のワイド画面になりました。
HD化はそのまま引き延ばすだけですね。
音だけはサウンドトラックCDからの引用なのはいつもの通り。
後に発売されたOVAはソースレベルでHD化されたのですが、これはDVD止まりでした。
posted by うしさん at 22:13| 趣味