2022年12月24日

いきなり山頂なんだけど(北条武田合戦場のみち(神奈川県No.17))

日本海側は大変なことになってますが、本当に関東は冬場安定よね。
高知や鹿児島まで雪が降ったというのに……
今週も『関東ふれあいのみち』の続きです。
前回のコースと並行する別コースですね。

坂尻バス停公衆トイレ
今回も坂尻バス停がスタートです。
途中半原越まで一緒なので、ちょっと新鮮味が足らない。
が、コースに入ってすぐ左上に見えたこの建物、公衆トイレだったのね。
入口が少しだけ別の道に入るところにあるから気がつきませんでした。
寒くて気にしてたら建物があったので、念のため立ち寄りましたw

つらら
厚木市内だしそんなに標高も高くないんですけどね、やっぱり寒かったらしい。
つらら〜

半原越
1時間ほどで半原越に到着。
前回は休憩しているツーリングの人を見かけたけど、今回は人影皆無。
紅葉も終わったしねぇ。

仏果山側経ヶ岳側
ここから左手が前回行った仏果山に登るコース。
今回は右手の経ヶ岳に向かうコースです。
二つの登山口があるのですが、入口というよりは縦走途中に渡る場所みたいですね。
林道を一時間歩いてここまで来る人は稀か。

階段階段2
いきなり急な階段登り。
一段の差が少しあるので一生懸命登ると息が上がります。
そんなに長いわけじゃないので頑張って一気上がりしました。

稜線歩き稜線歩き2
一度登ってしまえば後は小さなアップダウンのみ。
冬場だと立木に葉っぱが無いから明るいですね。

経石経石2
途中に立ち塞がる大岩。
経石という名前がついていて岩の南側に小さな穴があいてます。
ここに弘法大師が経文を収めたんだそうな。
この故事にちなんで経ヶ岳らしい。
へーひらめき

山頂山頂から
山道に入って20分ほどで山頂到着。
えーーーもう終わり?バッド(下向き矢印)
こっちのコースの方が長いので期待してきたらあっさり山登りは終了です。
でも仏果山に比べて見晴らしは良好でした。
これくらいの景色があっちにも欲しかった(展望台からはあったけど)

下山道下山道2
さすがに食事をするには早いので行動食だけほおばって下りました。
朝から何も食べてなかったからナッツが美味いexclamation

舗装道へ林道
途中一回林道に出ましたが、ここまで車で来られるのね。
ここからだと半原越からと同じくらいかな?
経ヶ岳って意外と庶民的な山なのかも。

堰堤内側堰堤外側
下の方も普通に山道でしたが、下山口近くにある堰堤を2つ越えるのはちょっと面白かったかも。
雨が降ったらヤバいのね。

国道
下山口に出るといきなり国道なのが、やっぱり里山よね。

勝楽寺前勝楽寺
しばらく歩いて勝楽寺前の立体交差で階段がありました。
最初マップを見ていて降りられるのか不安を覚えながら歩いてましたが、こういう構造だったんですね。
参道を国道が立体交差ってよく許可されましたね。

中津川三増へ
中津川を渡って三増の高台に登るんですが、このあたりは細道が入り組んでいて分かりづらかった。
指導標はあるんですが、角の影に隠れていたりするので見落とすと道を間違えそうです。
GPSマップでこの辺りだよなぁ、なんて歩いていたので自分は大丈夫でした。
中津川の土手でご飯にしようかと思ったのですが、国道沿いで落ち着かないので先に進みました。

細道
上る道は軽トラックなら上れそうな舗装道路だったんですが、完全に使われてませんね。
歩くにも結構な坂でした。

三増合戦場碑昼食
11時半に三増合戦場碑に到着。
チェックポイントです。
ここに四阿があったのでお昼ご飯としました。
なんとなく広々としてはいるんだけど、ここも車の通りがそこそこあって景色を堪能とはいきませんね。
いい加減お腹が空いたので妥協しました。

志田峠未舗装区間
後は志田峠を越えるために歩くのみ。
車道歩きですが、一部未舗装の区間があったのは珍しいかも。
普通に車が通れる未舗装道路って最近は見かけません。

志田峠
峠の頂上からは見晴らしはあったんですが、土砂産廃場になっていて残念景色でした。
地元には大分反対されてる施設みたいです(そりゃそうか……

韮尾根へ分岐
その代わり韮尾根を下る側は広々とした景色が広がっていました。
こういう景色は気持ちが良いですね。
下る途中で次回のコースへの分岐。
ここからひと山越えればいよいよ津久井湖に至ります。

韮尾根バス停串川橋バス停
13時に韮尾根バス停に到着。
今回の方が長いコースだったので、14時のバスまで前回見つけた丹沢パンで時間を潰すつもりでしたが、13時のバスに間に合ってしまった。
お帰りは次回コース計画を組んだときのルート、串川橋バス停乗換で橋本駅に向かいました。
こっちの方が全然早いのに、前回は神奈川県の案内通り三ヶ木まで行ってしまった。
よく見たら韮尾根バス停に接続の案内がしっかり出てましたね。
接続しない便もあるようなので、必ず使える訳ではないようです。

さて残るのは2コースですが、来週はイベントなので年内の歩きは無理ですね。
1月中には全てのコースを完歩出来そうです。
首都圏自然歩道もいよいよ最終盤。
がんばって歩きましょう。
【参考メモ】
posted by うしさん at 19:24| 首都圏自然歩道

2022年12月21日

なんとなく年の瀬

ブログ的には趣味方面が完全にアウトドアになってますが、実態は昔のままの趣味も続けてます。
表だって活動しなくなったから引退してるっぽいけど、未だ現役です。
ゲーム1割、映像3割、音楽2割、山4割くらい?
なので、アキバ系の方がまだ割合的には多いのだ。

でも予算のかけ方は完全に逆転したかなぁ。
年末のお買い物でついに厳冬期用のシュラフを購入。
マイナス15度までいけるぞexclamation
さすがにマイナス25度用は買わなかった、というか使い道がほぼ無い。
1月の週末当たりに冬山行きたいなぁ(装備先行あせあせ(飛び散る汗)

それはそれとして、今年の年末は有明に行く予定です。
チケット制になったので取れたチケットの時間ががアレな感じでしょんぼり。
並びが少ない分、早く入れるのだろうか?
買い物の戦場において入場出遅れってダメダメでないかい?
自分のジャンル的には人が少ないからいいけどね……

企業系はコロナ以降の通販充実で行く意味は薄れてるんだけど、顔出しだけはするつもりです。
この時期じゃないと会えない人もいるので、どちらかというと歳末のご挨拶ですな。

また年越しは近所の神社から神田明神への流れな感じですが、今年は混みそうですね。
未だにコロナのお世話になってないけど、なんか嫌だわ。
来年こそは日常に戻りたいexclamation×2

締めのつもりが、まだクリスマスがあったわ……雪
posted by うしさん at 00:05| 日記

2022年12月11日

しっかり山でした(丹沢山塊東辺のみち(神奈川県No.12))

今回も出掛けてきました。
大山は山頂まで行きませんでしたが、今回は山頂まで辿るコースなので楽しみです。

本厚木駅坂尻バス停
本厚木駅からのバス移動です。
ここずっと小田急沿線ですが、人生で使った回数より小田急に乗ってるなw
宮ヶ瀬行きのバスは思ったより混んでますね。
坂尻バス停に8時半前に到着。

車道林道
最初は車道スタート。
集落の奥までいくとそのまま林道へ。
ここは閉鎖された林道と違ってツーリングの人が結構通るみたいですね。

林道歩き
林道は緩やかで歩きやすいですが距離が長くなるのがデメリットよね。
遠く反対側の中腹に歩いて来た道が見えます。

半原越尾根へ
9時半に半原越に到着。
ここからは尾根の山道には行っていきます。
今回こんな感じで軽い山登りのつもりでした。
靴も軽トレッキングシューズで来てしまいました……下調べは大事よね。
この時点では階段が整備されていて歩きやすい。

尾根歩き尾根歩き2
尾根に出てからは小さなアップダウンを繰り返して進んで行きます。
寝不足のせいか、足の調子が今ひとつ。
あまり踏ん張ると足が痙攣するから要注意です。

華厳石山
10時に華厳石山に到着。
見晴らしのない山ですが、道の様相が変わる分岐点ですね。
ここから先は同じ尾根道でもちょっと様子が変わります。

痩せ尾根痩せ尾根2
仏果山までの区間は結構痩せ尾根があって、しかも斜面がかなり急なので滑落するとヤバいです。
正直滑り止めがしっかりした山岳用の登山靴にすれば良かったとちょっと後悔。
慎重に歩けば危ないことはないんですけどね。

難所難所2
一番の難所はこの場所ですかね。
見た目ほど怖くはないのですが、ぬるい場所ばかりだった神奈川県のコースのイメージだとハードルは高い。
山歩きとかを避けて変な舗装道路とか歩かされるのに、こういうところのレベル感はよく分かりません。
普段岩稜帯を歩く靴ならなんともないけど、今回は滑る靴なので慎重に進みました。

仏果山展望台
10時半に仏果山に到着。
比較的人気の山ですが、山頂の景色はほとんどないのね。
展望台があるので、そこに登ると四方を見渡すことが出来ます。
しかしよく作ったな……

高尾山方向宮ヶ瀬湖方向
展望台からの景色は最高。
宮ヶ瀬湖と向こうにはゴールで猿高尾山が望めます。
ゴールまであと少しだぁ。

下山方向下山道
予定されていた時間より丁度1時間早い到着となったので、休憩もそこそこに下ることにしました。
帰りのバスが1時間1本なのよ……結局余裕が無くなったとw

下山道2下山道3
こちらのコースは難しい所が皆無ですね。
普通の登山道といったところ。
こちらから登ってくる人とは大勢すれ違いました。
本厚木の駅で半原行きのバスにいっぱい並んでたけど、このコース目当てだったのね。

下山口下山口2
11時40分に下山口到着。
シンプルでなかなかよき山でした。
でもあっさりだね。
あとは半原の里に向かって歩くだけ。

分岐高台より
普通に歩くと分岐を素直に右なんですが、コース設定は左になっています。
高台から集落を見渡す感じで良い感じでした。
道の案内がちょっと分かりづらい箇所もあったんですが。

半原バス停
12時過ぎに半原バス停に到着。
コース的にはここが終点になりますが、次のコースはここから離れた所。
今回も次コースのスタート地点まで移動します。

国道歩きオギノパン
国道412号を歩くだけなんですけどね。
途中丹沢あんぱんなる看板が。
工場直営のパン直売所らしいです。
お昼が簡易だったので助かりました。

韮尾根バス停
そして13時に次回スタート地点、韮尾根バス停に到着。
神奈川県の案内は「バス数本」とか書いてあったけど、いっぱい走ってますよ?
数本というのは北関東の一日2〜3本を言うんだよw

京王線
バスを乗り継いで橋本駅から京王線で帰ってきましたが、高尾山以来の京王線のお世話に。
大詰め感が高まってきました。

次回は今回のコースの平行に設定されている長距離コースです。
韮尾根バス停に15時台のバスがないので、日が短い今の時期は辛いかな?
まあ町中なら日が暮れても大丈夫かな?
近いうちにまた出掛けます。
【参考メモ】
posted by うしさん at 13:25| 首都圏自然歩道