2015年12月05日

埼玉に入りました(水源のみち(埼玉県No.1))

予告通り行ってきました。
関東ふれあいの道、今回から埼玉県のコースです。

川井駅川井駅2
朝早く起きて川井駅に7時到着。
本当はもっとゆっくりにしたかったんですけどバスが無い。
さすがに10時に登り始めはどうかなっていうのと、恐らく山頂がお昼合わせだと前回の混雑が再現されているだろうしで早めに登ってさっと降りてくる方針にしました。

清東橋バス停
バスは上日向ではなく清東橋まで乗車。
前回この区間は歩いたので省略です。

登山口登山口2
百軒茶屋から入山ですが、「前回急な下りだったので今回は急登かぁ。」という感じでちょっと気が重いw
ということで8時スタート。

登山道登山道2
体力的には大変でも技術的には登りの方が楽だったりするので登り始めてしまえばこんなもんかな、と。
こういうとっかかりの無い所は下りの方が歩きづらいしね。
このコースは取り立てて特徴もないし景色もないのでひたすら登るだけなので、休憩も無く一気に登ってしまった。

山頂手前山頂
小一時間で山頂に到着、我ながら天晴れ。
それなりに冷え込んでて霜柱が綺麗。
先客が1組いましたが、さすがに前回と違ってガラガラです。
お陰様で景色を堪能しつつ朝食をゆっくり頂くことが出来ました。

山頂より秩父方面山頂より飯能方面
前回はガスで真っ白だったんですが、今回は快晴!
谷川岳や日光連山、右の写真では天覧山や遠くにスカイツリーも見えました。
1,000m無い山ですけど見晴らしは最高ですね。

朝食
食事新ネタはアルファ米のチキンライスにイシイのミートボール。
ミートボールの方は要冷蔵なんですが、いい加減涼しくなったので。
しかしこのチキンライス期待してなかった割に美味しかった。
お湯を入れて15分で出来るんだから便利だねぇ。
このシリーズ、五目ご飯や牛丼、ドライカレーなんかもあるので今度色々試してみよう。


人がそこそこ登ってくるようになったので10時に下山開始。
やっぱり山は落ち着きたいのよ。

下山道
しかしゴンジリ峠から名栗側に下り始めたら道がかなり酷い。
大雨の影響でかなりやられたそうですが、下手な坂より中途半端な階段の方が怖いです。
この一部を過ぎたら普通の急な登山道に戻りましたけど。

距離標
ところで途中にあった距離標を見たら埼玉起点は棒ノ嶺なんですね。
百件茶屋は東京都側なので違うという位置づけなんでしょうか?
かなりどうでもいいことですが。

分岐沢道
しばらく尾根歩きをした後、途中で白谷沢歩きのコースへ。
尾根の景色より沢の方が景勝地らしいです。
コースの指定もこっちなんですね。

下山道2下山道3
白孔雀の滝付近が一番険しくてなかなか楽しいコースでした。
皆さんおっかなびっくりでオンシーズンは渋滞しそうかな。

下山口名栗湖
11時20分に白谷沢の登山口に到着。
丁度名栗湖の端あたりになるんでしょうか。

名栗湖2有間ダム
後は普通の舗装道路で面白くもないのですが、交通機関のあるところまで行かねばならないので名栗湖沿いに歩いて有間ダムへ。
この辺りはまだ晩秋って感じでした。

更にダムから入間川本流まで下っていきます。
近いですけどね。

さわらびの湯ヤマノススメ
コースの終了手前にあるさわらびの湯に寄り道してさっぱり。
ヤマノススメのグッズがいっぱい売ってました。
さすが地元。

川又バス停
終点の川又バス停を確認したところでバスには乗らず、次回の登山口確認のため小殿まで移動。
この区間はコースではなく連絡路扱いですが、せっかくだから歩こうかと。
次回初っ端に歩くのもいやなので今回こなしておきます。

小殿バス停
30分ほど歩いて入り口を確認。
結局小殿のバス停から飯能まで戻りました。
小殿近くのJAが渋い。

さて東京コースに続いて埼玉コースに入りましたが、この冬場にどこまで行けますかね。
今のところ東京近郊で助かってますが今後どうなることやら。
とりあえず少しずつやっていきたいと思います。
さて、次回はいつかなぁ。


---【参考メモ】---
<秋葉原からの足電車
秋葉原
5:00 総武線各駅停車(御茶ノ水行) 5;02
御茶ノ水
5:03 中央線各駅停車(高尾行) 5:55
立川
6:04 青梅線(青梅行) 6:34
青梅
6:35 青梅線(奥多摩行) 7:00
川井駅
7:29 西東京バス【川31】(清東橋行) 7:45
清東橋

<帰りのお風呂いい気分(温泉)
名栗湖から「河又名栗湖入口」バス停へ向かう途中に「さわらびの湯」があり
ます。
バスはほぼ全て「さわらびの湯」バス停に寄るので踏破に拘らなければここか
ら乗った方が便利です。

<山バッジ>
名栗湖畔の売店とさわらびの湯で「棒ノ嶺」のバッジが売っていたので買ってきました。

<歩行マップ>
歩行マップ
posted by うしさん at 21:57| Comment(0) | 首都圏自然歩道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。