2018年12月29日

正式版として出たCD

先に紹介したK.M.Eの『玲瀧』ですが諸般の事情で頒布出来なくなった代わりに仕切り直しで作られたのがこちらの『玲瀧 -leaf-』。

玲瀧 -leaf-
個人的にはLeafアレンジになったので嬉しい展開だったのですが、アレンジ同人が一部の楽曲に集約されるのはちょっと寂しいですね。
全体を見渡しても頃は葉鍵系アレンジ全盛期でした。
想い出補正もあるかもしれませんが今聴いても聴きやすくて好きな一枚となっています。

そういえば長くサークルとしてのkazさんはお見かけしませんでしたが、最近某サークルにゲストアレンジ参加されてました。
現役で何よりです。

次回は葉鍵アレンジで買い始めたあの方の初期CDを紹介予定。
posted by うしさん at 22:36| Comment(0) | 音楽CD
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。