2019年08月07日

欲しかったから作ってもらった

今回も『PULSENOTES』ネタ。

2001年にCDを出して以来(2002年に同人ゲーBGMがありますが)音沙汰の無かったYET11さんが,久しぶりに出したCDがこれ。

101-M/S
「ジサツのための101の方法」というカルトなゲームと、BGMは完成してたものの企画段階で幻となった『末期少女病』というゲームのサウンドトラックです。

まあ、前者はゲームCDで聴けるものの、後者はどうしようもなかったんですよね。
たまたま、YET11さんとお会いする機会があって、その時に「出して、出して」と念仏のように唱え続けたら実現したCDなので、個人的に思い出深いw
ジャケットの方もイメージから螺旋回廊の南風先生だったんですが、かなり自分の趣味を反映させてCDを作って頂いたという……罪作りよね。

後で、VAからもサントラが出てますが、あちらは版権モノでこちらがオリジナルだと自負してますダッシュ(走り出すさま)
出来の良さは折り紙付きなんですが、最近調べたらプレミアついてるのね。
ちなみに自分も1枚しか持ってないので、大切に保管中。
posted by うしさん at 23:49| Comment(0) | 音楽CD
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。