2019年09月04日

ラーメン三昧(連絡道(栃木県No.36-1))

本来連絡道は歩く必要ないのですが、せっかくなので歩きます。
今回は短いルートですが、バスの便がないので前回と同じ朝一番の現地入りです。

黒田原駅黒田原駅2
ということで黒田原駅です。
味がある田舎駅ですが、那須町の玄関口としてもったいない。

芦野仲町遊行庵
コースのスタートは「遊行庵」なんですが、一番近いバス停が芦野仲町なので、一部前のコースと被るけど少し歩きます。
こんな遠くですが、8時40分にスタートです。
早いねぇ……

街道歩き旧奥州街道
国道歩きですがさすが旧奥州街道、道端に石仏やら碑文やらがあってなかなか趣深い。
一部国道と分かれて歩くと味があります。

自販機
歩いている最中にとある自動販売機を発見。
一見現役っぽいけどどうなんだろう?

白河の関へ白河の関へ2
さて、途中からは国道を離れて白河の関の方に向かうのでますます田舎道。
それほど急な所もないので、快調な歩き。

峠下り道
峠を越えて下っていけばすぐ白河の関。
前回の峠道よりよほど楽な道ですわ。

白河の関やたべ
11時前に白河の関に到着。
ここで本当に栃木コースがゴールです。

そして前回食べることが出来なかったラーメン屋さん。
バスの時間は11時半だけど丁度開店直前だったので食していこうかと。
結構な人気店だったようで、開店前に集まる集まる。
東京と違うのは、行列してまでって感じではないとこですかね。

白河ラーメン
こちらのラーメン、自分が初めて白河ラーメンを食べた時の味を思い出す。
今は無い黒磯駅近くの店だったけど、そこはとら食堂の直系弟子のお店だったそうで、その味に近い。
懐かしい味でした(個人的に

バスバス車内
さてお帰りに前回と同じ福島交通のバス。
相変わらず自分一人。
過疎路線とはいえ、ちょっと心配だわ。

190831_17.jpg190831_18.jpg
今回は途中下車してもう一軒。
こちらも結構有名なお店らしいですが白河ラーメン。
この日2杯目w
こちらはあっさり風味(比較)

結局、歩きより白河ラーメングルメ旅だったらしいw

JRバス新白河駅
直近のJRバス停に乗り換えて新白河駅へ。
なぜか乗り換えた方が安く駅に行けるという、地方の不思議。

〆がラーメン旅でしたが、栃木県コースを無事歩ききることが出来ました。
日光の連絡道が一番サバイバルだったなぁ。
次は茨城県のコースですが、さてどうなることやら。


---【参考メモ】---
<秋葉原からの足電車
秋葉原
4:50 山手線(内回り) 4:54
上野
5:10 宇都宮線(宇都宮行) 6:51
宇都宮
6:59 宇都宮線(黒磯行) 7:49
黒磯
7:54 東北線(新白河行) 8:03
黒田原⇒黒田原駅
8:10 関東自動車伊王野線(伊王野(上町)行) 8:21
芦野仲町

<帰りのお風呂いい気分(温泉)
新白河行きのバスで、昭和町で下車すると500m程離れた国道4号線沿いに「癒の刻」というクアハウスがあります。このバス停には1時間に1本程度あるので立ち寄り後も利用可能です。
今回はJRバスに乗り換えたので寄りませんでした。

<山バッジ>
今回はありません。

<今回の歩行マップ>
歩行マップ
posted by うしさん at 00:10| Comment(0) | 首都圏自然歩道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。