2014年05月14日

昔から変わらぬ物

パイオニアが片面256GMの大容量ディスクの技術を発表したそうで(リンク参照
しかも技術的に簡単に互換性を確保したまま実現出来るってのが凄いっすな。
「うーん、1クール1枚に入るね」と思った直後、「どうせ2話しか入らないけどw」
と自己ツッコミ。

思えば一番最初に買ったβのビデオテープも2話だったような……(βの方が画質良かったんだよ、S-VHS出るまでw
その後買ったLDは4話収録だったけど、DVDになったら何故か原点回帰。
エンコのビットレートを上げてよりよい画質とか体裁のいいこと言ってたけど「資金回収のバランスが良いんだろうなぁ」と大人の事情に付き合ってたのがその頃。
で、物理的スペースの関係で単巻をほとんど買わなくなったのもこの頃。

Blu-rayになって少しは改善するかなー、と思ってたけどやっぱり変わらなかったね。
伝統の2話収録が守られてる現状を見るに、そこが物理メディアとしてのペイラインなんでしょう。

んで、今後4Kだ8Kだと容量が増えるのかも知れないけど伝統の2話は続く様な気がする。
というか、それ以前に物理メディアによる流通自体が終わりそうな気もしますが。

玉子1パック100円並にどうでもいい話。
posted by うしさん at 22:26| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。