2022年03月28日

まだまだコロナで残念

週末天気が悪い予報だったので、遠出はせずに軽く近場を歩こうかと久しぶりに御府内八十八カ所を歩くことにしました。
マンボウも終わったし通常営業かなぁっと。

交差点地下通路
前回は次に向かうついでということで、六本木駅まで歩いたので、その続きです。
そしていきなり迷う。
道の向こう側に渡りたいのだけれど……信号はあれど横断歩道がない。
どうやら六本木の駅構内を向こう側の出口から出るのが正解っぽいですが、「前回のルートの続きに駅構内はない!」という頑な新年の元、交差点にある地下通路を歩きましたw

裏通り
渡った先で裏道へ。
こういう細い道大好きです。

東京ミッドタウン檜町公園
東京ミッドタウンの裏手って公園になってるんですね。
地形的には谷底で昔は使い道の無い沼地って感じ。
いまはおしゃれな緑地帯。

路地裏赤坂
少し奥に入ると昔ながらの景色が残ってますね。
赤坂界隈を歩くのは久しぶりですが、こんな感じだったか?

赤坂見附ウェンディーズ
赤坂見附でウェンディーズを発見。
つい寄ってしまうミーハー。

外堀首都高新宿線
長野に行くときに何度も通っている首都高新宿線。
三宅坂JCの手前って微妙に外堀の石垣を避けて作られてるんですね。
史跡だから壊すわけにもいかないんだろうけど。
ゆっくり歩くと色々見えてくる。

旧北白川邸
途中にあった旧北白川邸。
裏手の超高層ビルがミスマッチな風景だなぁって感じ。
時代だから仕方がないけどね。

靖国神社へ靖国神社
靖国神社に出たので境内を抜けてきました。
ちょうど桜の季節ですが、その割には人が少なめですかね。

築土神社築土神社御朱印
ふと見つけた築土神社。
ビルの奥に社殿があるという不思議構造。
東京の神社は宮司さんがいることが多くて助かります。
書き置きですが無事御朱印を頂きました。
由緒書きによれば太田道灌の江戸城築城まつわる神社らしいです。
歴史があるのね。

日本橋川
日本橋川を渡って駿河台方面へ。
既に自分が何処を歩いているのかよく分かっていませんw

音楽学校発祥の地明治大学構内
音楽学校発祥の地とかいう石碑が建っている路地を入って行くと階段がありました。
公的には道路ではなく、明治大学の私道みたいですね。
見かけ上は本当にただの道です。
階段を登ると駿河台ですね。

御茶ノ水駅前御茶ノ水駅
ここまでくると見知った風景。
お茶の水橋を渡って更に湯島方面に向かいます。
しかしいつの間にか御茶ノ水駅が近代的な立体構造に変わっていました。
あの狭い場所によく作ったな。

聖橋国道17号
更に聖橋を抜けて国道17号を渡って湯島に入ります。
今回のゴールはこっちなんですよ。

妻恋神社妻恋神社御朱印
ゴール直前に1件神社を発見。
妻恋神社です。
こちらでも御朱印をいただけました。

霊雲寺
そして今回目的の28番札所の霊雲寺。
都内とは思えないでかいお寺でした。
しかし肝心の御府内八十八カ所の御朱印がコロナ禍でしていませんでした。
以前にもありましたけど、神社に比べてお寺って保守的なんですかね。
紙で配付出来るから対応してもらいたいのですが。

ということで最後の最後で歩き疲れ状態。
ここでの御朱印が頂けるようになったらまた再開しましょう。
いつになるのやら……

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 21:46| 散歩道

2022年02月27日

板東三十三箇所はじめました

タイトル通りこの前の祝日に坂東三十三ヵ所歩きを始めました。
「御府内八十八ヵ所の後に歩こうかなぁ」くらいの感じだったのですが、関東ふれあいの道の神奈川県コースを見ていたら被る部分あるので、ついで歩きをしてみようかと。
今までも札所は通ったのですが、鎌倉は一番札所の杉本寺があるんですよ。

以前保土ケ谷から鎌倉街道を歩いた際に、杉本寺の前も通ったんですよね。
いつでも始められる状態ではあったのですが、いよいよって感じです。

杉本寺リス
そんなわけで鎌倉の杉本寺まで来ました。
初っ端は以前歩いたので今回はバス使用です。
お寺が多いためか緑豊かな鎌倉。
リスがお出迎え。

杉本寺2杉本寺御朱印
古いお堂は茅葺き屋根なんですが、改築してもそれを維持しているから価値があるってものなのでしょう。。
御朱印が欲しかっただけなのですが、拝観料をとられました。
やっぱり鎌倉だね。
1番札所なので御朱印帳もたくさんの種類が売ってました。

鎌倉街道入口
さて巡礼には決まった道はないのですが、昔から常用されている道というものはあるようです。
さすが鎌倉、巡礼古道というものが残っていて今回はそこを歩いて行きます。
鎌倉街道を保土ケ谷方向に少しだけ歩きます。
一見単なる住宅地。
報国寺の案内で行くと分かりやすい。

報国寺竹林
巡礼とは関係ないのですが、せっかく鎌倉なのでそれっぽい所を観光。
報国寺は竹林が有名っぽいです。
当然拝観料は取られるのですが、なんか鎌倉なので慣れた……
地方だと自然は普通の風景なんだけどねぇ。
人工的な美しさ?

古道入口古道入口2
住宅地内のちょっとした細道が巡礼古道の入口。
小さく案内も出ているのですが、それほど観光道化はされていないようです。
地図を片手に探したから見つかりました。

登り口巡礼古道
宅地化が進んだせいか、半分登り口が潰れているんですけど……
裏山が崩れたとかなったら自治体の責任になるから仕方ないんだろうけどね。
史跡指定もないしこんなものかね。
巡礼古道といいつつも単なる山道です。
熊野古道、あれの整備具合は異常。

石仏石版
とはいえ、ところどころ見かける石仏や石板はさすが巡礼古道といった感じですね。
しかし鎌倉で山要素満載な道を歩くことになるとは思いませんでした。
登山靴でよかった。

谷側終点
一見山奥のような雰囲気ですが、谷下の道沿いは住宅地です。
道を使っても同じ所に行けるんですけどね。
あえてコチラを歩くのが良い。
本来はこの山道のまま2番札所まで行けてみたいですが、台地が宅地開発されて突然終わる古道。

住宅地住宅地2
ハイランドという名の住宅地を抜けて逗子駅方面に下っていきます。
このあたりはもう自然の感じは全くないですね。
仕方ないですが。

岩殿寺へ岩殿寺
一度台地を下ってから正面に迂回して2番札所の岩殿寺へ。
門前には33カ所全てのお寺が示されていました。
ここをお参りすれば巡礼したのと同じ効果っていうあれかな?

お堂奥の院
参道を登った先にある建物が奥の院かと思ったらその裏に洞穴になってる奥の院がありました。
だから岩殿なのね、納得。
こちらのお寺も受付はありませんが、拝観料100円の収受箱が。
鎌倉だわバッド(下向き矢印)

奥の院から岩殿寺御朱印
奥の院は高台にあるので逗子の海が見えました。
やっぱり海が近いね。
御朱印帳には予め書き込む場所が設定されています。
鎌倉から少し離れているので観光客も少なく静かな場所でしたが、無事御朱印を頂くことが出来ました。

大通り
今回はここまで、後は逗子駅に向かいます。
駅に向かうためのこの道、実はいずれあるく関東ふれあいの道の連絡道になります。
そしてこの道は三番札所に向かう道でもあります。
つまり、同じ道を歩くのが面倒だからまとめて歩けるようにしてしまおうというのが今回の目的。

単に飽きっぽいんですよ。
同じ道は出来るだけ歩きたくないんです。
次回は再び関東ふれあいの道に戻るかと思います。

そしてそろそろ春山の準備をしないと。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 12:23| 散歩道

2021年10月16日

復活、札所巡り

本当に久しぶりに都内を歩いて来ました。
ということで御府内八十八カ所なんですが、前回2月でしたね。

コロナ禍で終着点だった来福寺さんは檀家以外立ち入り禁止とのことだったので、ずっと控えていたのですが、とりあえず宣言も解除されたので電話してみたら書き置きが置いてあるので大丈夫とのこと。
「それじゃ行きますか」ということで行ってきました。

山門来福寺
前回引き換えした山門には、相変わらず「檀家以外立ち入り禁止」の看板が立っていますが、事前に了解は得ているので心置きなく入ります。

御朱印来福寺御朱印
寺務所の方が檀家さんだけに制限されているだけで、普通にお参りは出来るので大丈夫でした。
賽銭箱横に御朱印が置いてあるので、賽銭箱にお金を入れて頂いていきます。
「御府内八十八カ所」以外に「多摩川八十八カ所」「東海三十三観音」も置いてあって、色々な巡礼コースがあるのね。
ちゃんと御府内八十八カ所御朱印帳用の紙もありました。
ありがたや。

初っ端御朱印を頂きましたが、今回は27番札所まで歩きます。
場所は六本木ですが、あの辺りお寺多いよね。
やっぱり昔は山だったからかね。

スタート大井町駅
最初は大崎の方に向かいますが、真っ直ぐ歩いて行くと大井町駅。
立会川から近いのね。

細道線路
ちょうど坂を登った所にある駅舎の横を入って行きます。
線路沿いに道があったのね、知りませんでした。
東海道線とか乗ってるとちょうど土手上なので気がつかないわな。
店もあって賑わってますが、すぐに閑静な細道になります。
左手に東海道線と京浜東北線、それに山手線の二階建ての車庫が見える。
向こうに見える高層ビル辺りが大崎ですね。

突き当たり目黒川
目黒川に突き当たったところで川沿いを大崎側に移動。
東海道線をくぐるとすぐに新幹線と横須賀線、山手線の見知った橋が見えてきました。
見知った景色に巡りあるとちょっと嬉しい。

橋脚
山手線の下をくぐったときにちょっと違和感。
橋脚が不自然なんですよね。
ちょっと考えて納得。
新幹線を作ったときにずらしたのね。

御殿山211016_13.jpg
さて、大通りは行かずに御殿山に登ります。
地図で見ると地方と違って起伏が分かりづらいから最短コースで考えたけど、改めて東京って台地が多いわ。
大通りを抜けて更に高輪、白金方面へ。
名だたる高級住宅街を抜けていくので、アウトドアの格好が一層怪しく見えるw
幸い職質なく一般人と認識してもらえた模様。

新古川橋絶江坂
国道1号に出たところでしばらく歩きましたが、再び裏道を抜けて首都高2号線下の新古川橋を渡って更に絶江坂へ。
改めて東京を歩くといろんなところがあって面白い。
電車で移動も便利だけど、近場を色々知るのも良いですね。

六本木へ正光院入口
六本木に近付いてやたらと警察官と警察車両が多いと思ったら中国大使館が近かったのね。
ゴールの27番札所正光院が直近なので、写真撮影してて怪しまれないかちょっと緊張してしまった。
別に悪いことをしてる訳じゃ無いけど、格好が逸般人なアウトドア野郎なので浮いてるし。

正光院正光院御朱印
街中のお寺なので、敷居が高いかと思ったらそんなこと無かった。
やっぱりお寺はお寺。
御朱印も無事頂けました。

次回は六本木を抜けて湯島までなので、六本木駅まで歩いてゴールとしました。
その方が楽だしね。

桜田神社桜田神社御朱印
で、六本木駅に向かう途中に神社を発見。
この歩きでは神社があったら御朱印を貰うことにしてるので寄り道。
桜田神社だそうです。
こういうひっそり佇んでる系の神社は大好きです。
六本木ヒルズの目の前なのにね。

歩いてみて、マスクをしている以外は普通の東京って感じですね。
以前の状況が異常なだけなので、なんとなく平穏さを感じます。
また気が向いたら歩いてみようと思いますが、関東ふれあいのみちの方も再開したいので、歩く日々は続く。

次回は山予定。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 22:58| 散歩道