2018年07月18日

上高地から近くて遠い山

夏です、三連休です。
当然出掛けました、山exclamation×2
例によって北アルプスですが今回はちょっと趣向が異なります。
夏山は混んでるしねぇ。
マイナーな所かつ行ってみたかった所ということで表銀座の最南端霞沢岳です。

今回はただ登るだけじゃなくて以前から行ってみたかった上高地への古道「徳本峠」を越えてみることにしました。
問題は徳本峠小屋まで標準タイムで7時間かかるのよね。
計画当初、深夜バスを取り損ねて車だとどこに止めるか……沢渡だとスタートが8時過ぎるし困った(夏だと夕立が怖い)
島々付近で時間駐車場が無いか探してたら休日は安曇支所に置けるらしい。
役所に電話したら閉庁中なら駐車して良いそうな(あくまで一報を入れて許可を貰った場合)

安曇支所徳本峠入口
ということで無事島々から5時半スタートです。
上高地まで20キロとありますが途中の徳本峠までだと15キロになります。
それでも長いわね。

林道林道2
島々谷を沢沿いに登っていきますが、途中に発電所があってその上流の二俣には取水口があるのでそこまではきちんとした林道が整備されています。
途中土砂が流入している場所もありましたが……

山道山道2
二俣からは南沢に入ってひたすら沢沿いの山道歩きに変わりました。
特に歩きにくい訳じゃないですが谷が深くて午前中はとにかく暗い。
そして沢が近くてものすごく涼しい(これは助かる)
道程は長いですが飽きの来ないコースでした。

岩魚留小屋岩魚留小屋2
9時に岩魚留小屋に到着。
こんな奥地の小屋にお客が来るのか?と思ってましたがハイシーズンでもこの通り営業してませんでした。
手は入っているようなので現役ではあるようです。

沢越えちから水
岩魚留小屋からはコースが一変します。
それまでは比較的なだらかなんですが一転して登りがキツい。
丁度気温も上がり始めて暑い〜
最後のつづら折りの入口にあった「ちから水」で本当に生き返りましたグッド(上向き矢印)

峠へ徳本峠
樹木の向こうに青空が見えてくるといよいよ到着って感じがします。
更に登って11時40分に無事徳本峠に到着しました。
もう少し開けていれば感動もひとしおだったんでしょうけど森林限界を超えていない 2,100m だから仕方ないですね。

徳本峠小屋プレート
ここに立ってる徳本峠小屋は半分立て替えられてますが手前の部分が創建時の山小屋そのままなんだそうな。
登録有形文化財なのね……

旧館屋根上
普段は宿泊出来ませんがこの日は多客なので宿泊場所として開放されていました。
外から直結なのがなかなかユニーク。
というか昔の小屋ってこんな感じなのかな?
右の写真は新館の窓から見たところ。
石の重しがそれっぽくて趣のある小屋ですな。

この後、前日の寝不足と登山疲れで夕食時以外死んでましたw
布団一枚が保障される小屋で快適でした眠い(睡眠)

登山道ジャンクションピーク
二日目は朝食を済ませて6時に出立。
とりあえず小一時間で着いた途中のジャンクションピークまでは普通の山でした。
序盤は北アルプスらしさの欠片もないコース。

お花畑K1ピークへ
150mほど下って再度登り返し。
ここからはなんとなく高山っぽくなってきます。
しかしここからの登りが急登だし日差し直だしで吹き出す汗〜。
つくづく夏山が向かない奴だと思いますわ。
まあでも、常念岳や大天井岳の登りに比べればマシに見える。
これでピストンでなければね〜

K1ピーク180714_22.jpg
9時にK1ピークに到着。
ここからの風景が一番良かった気がします。
今回の目的だった吊り尾根を正面から眺めるのには最高のポジション。
正面に鎮座する六百山が無ければさぞや素晴らしい風景でしたでしょうに……

霞沢源流霞沢岳へ
とりあえず頂を極めましょうということで駒を進めてK2へ。
森林限界を超えた歩きは険しくても楽しいっす。
途中霞沢の源流がよく見えました。
スタートから水量が凄いのね。

霞沢岳山頂焼岳方面
9時50分に霞沢岳山頂に到着。
山頂からは焼岳方面が綺麗でした。
初めて焼岳に登った時はこの山を見てたのね(感慨ひとしお
そして日差しが暑かった……しかし無事登り切った満足感とあのアップダウンを戻るのかと思うとなんとも。
まあ、基本下りだし大きな登り返しもジャンクションピーク手前の緩い登りだけだからいいか、と開き直る。

この日は小屋に戻るだけだったし山頂でお弁当食べてK1とK2に長居しながら15時前に戻ってきました。
しかし往復で6〜7時間かかるので結構キツいコースですよね。
あの穂高を見たくて勢いで行きましたがw

下山道下山道2
三日目も6時過ぎには出立。
上高地側に下りましたが、島々側と違ってえらく道が良いな。
こちらは近いしね。

下山口明神岳
かつての上高地に入る道ですが、いつも徳沢から歩いてくる同じ場所なのに風景が神々しく見えるのは気のせいだろうか?
ということで7時には無事下山しました。

お後はいつも通り穂高神社の奥の院にお参りして河童橋から帰ってきた訳ですが、いつもと違って新島々行きのバスじゃないと帰れないのが難点。
山帰りで午前のバスでもいっぱいなんですね。

しかし今回歩いて改めて思いましたが夏山は不得意。
身体が思うように動かず息が上がってしまいます。
お盆はどこも混んでるし次回の本格登山はやはり9月か?

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 00:06| Comment(0) |

2018年05月07日

GWのお決まり

ここ数年はゴールデンウィークの北アルプスが定番化していて今年も行ってきました。
天気予報では後半の連休はお天気良くないということでしたが、まあ燕岳なら何度も行ってる慣れた道なので装備万端でお出掛けです。

登山口稜線
いつもの中房登山口から合戦尾根へ。
登り初めの7時頃は雨模様でした。
回復予報とはいいつつもレイン装備での山登りは面倒くさいですね。
尾根上に出る頃には雨も止んで曇り空。
積雪量は少ないということでしたが合戦小屋より上はそれなりの雪で雪山歩きを堪能するには充分でした。

燕岳方面槍ヶ岳方面
午後には天候も回復したので綺麗な景色に出逢うことが出来ましたグッド(上向き矢印)
これが無ければ登った甲斐が無いですもんねぇ。
しかし風が強いからとこの時山頂に行かなかったのは失敗だった……

酒盛り柏餅
景色に満足したので定番の酒盛り。
山上で生ビールを飲める幸せ。
ちなみに夕飯でデザートに柏餅が出て更に幸せ(お安い奴

二日目雪
二日目は雪模様。
風も強くなって困りもの。

燕岳より山荘方面燕岳より北燕岳方面
三日目はもっと悪化しそうなので雪が舞う中を山頂まで行ってきました。
風が強くて寒かったですが、それに見合うだけの素晴らしい景色が見られました。
快晴の景色もいいけどこういうのもいいですね。

酒盛り part.2
夜は酒盛り2回目。
五一ワインとチョコでポリフェノール祭。
標高が高いのでよく酔えます。

三日目猛吹雪
三日目は猛吹雪……バッド(下向き矢印)
まあお昼近くまで待てば天候回復は確実だったんですが下山後に何も出来なくなるので雪中行軍しました。
この状況は尾根を降りるまでだし。
それでも死ぬほど風が強く寒い歩きでした。
厳冬装備持って行って正解だったわ。

雪中下山道
ということで雪歩きは楽しかったのですが登山に比べて新雪が積もった分、表層の雪に滑って滑落しないように歩くのが結構大変でした。
しかし昔に比べて我ながら雪歩きも慣れた感じがしますわ。

とにかく今年の初北アルプスは変化に富んだ景色を楽しむ事が出来ました。
ある意味去年の北穂高岳より激しかったかも。
まああっちはかなり危機的な歩きでしたが。

次回は7月の連休だと思いますが何処に行くかちょっと思案中。
7月だと裏は残雪が多いし、行きたい餓鬼岳も白沢口からのコースは雪が残ってそうだしどうしたものか。
もう少しそれまでに考えよう。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 21:02| Comment(0) |

2017年10月14日

難易度最高峰、そして始まりの山へ(3日目)

3日目です。

夜景剱御前小舎
普段だと下山するだけの最終日なのですが今回は目的があるので4時に起床して再び登山開始。
小屋を出たら富山市内の夜景がとても綺麗でした。

日の出前
5時15分にちょっと早すぎましたが別山に到着。
見渡す限りでは上層の雲は無くて日の出に期待が持てます。
しかし早く来すぎたw
寒い〜

日の出朝焼け
5時50分に日の出〜晴れ
太陽が顔を出す一瞬の姿がほんの数秒で終わるくらいはっきりした日の出でした。
紅く染まる山肌も綺麗なり。
凄いわーぴかぴか(新しい)

立山方面
日の出を見たら早々に移動開始。
ということで最終日は立山を縦走して下ります。
真っ直ぐ室堂下りじゃ面白くないしねぇ。
まずは真砂岳へ。

室堂方面真砂岳へ
この日は富山方面の雲もとれてまた違った景色を堪能しつつ縦走。
さすがに三日目で足が疲れ気味なので登りは少なめですがスローペースで進行中。

真砂岳
6時半に真砂岳に到着。
まあ、近いですし。
そんなにキツくないはずのに登りが辛かった。
やっぱり足が疲れてるのね。

立山へ
そしていよいよ大本営立山へ。
真砂岳からほとんど下らずに行けるのが助かるけど標高差分登らねばいけないのが……

剱岳方面富士ノ折立から室堂
7時に富士ノ折立に到着。
振り返ると続く稜線が良く分かりますね。
角度が変わった室堂方面も面白い。

大汝山大汝山から雄山
そして7時20分に立山最高峰大汝山に到着。
向こうに見えるのが雄山の社。
以前に立山に来た時はこっちが山頂だと知らず雄山で引き返してしまったんですよね。
念願の頂に達することが出来ました。

雄山からは見えないのですが、大汝山からだと角度的に黒部湖も見えました。
雄山から15分ほどのほぼ稜線歩きなので一ノ越から来た時は登り忘れる愚は犯さないようにw
後悔を払拭するのに何年かかったんだろう……ヨカッタヨカッタどんっ(衝撃)

雄山雄山から室堂
続いて雄山へ移動。
雄山神社から見る室堂は好きだわ。
良い眺め。
8時前だし人も少なくていいですわぁ。
でもこの時間でも子供連れの方がいてすごい。

雄山から一ノ越
小屋で用意して貰った朝食のお弁当を食べてから、そそくさとお馴染みのコースを下ります。
もう少しゆっくりしたかったんですが、帰らないといけないのが辛い。

一ノ越山荘
8時50分に一ノ越山荘へ到着。
初めての本格登山をしたきっかけの場所(その時のブログ
あの時の無謀さ加減は今考えると非常に恥ずかしいw
下から見上げると山頂が近くに見えるんだよねぇ。

そして実のところ今回はここが目的のスタート地点。
前回の涸沢が紅葉見るには早すぎたので黒部の紅葉を堪能して帰ろうかと思いましてここまで来た次第。
立山は半分ついでですわ。

御山谷御山谷2
ということで通常の室堂には下らず一ノ越の反対側へ下るコース。
せっかくの紅葉シーズンですからね、堪能して帰ります。
小屋の人に道の状況を聞いたらそれなりに下る人もいるらしいですが、見える範疇には人影は無し。
かなり静かな山歩きが楽しめそうです。

東一ノ越からダンボ平
新一ノ越まで行くとタンボ平の紅葉と黒部湖が実に素晴らしい。
ロープウェイの標高差分まるまる下ることになるので結構長いですが、これだけ素晴らしい紅葉を堪能出来るなら全然苦になりません。
下りだし。

タンボ平から東一ノ越立山ロープウェイ
人が少ない分、本当に山を楽しめる良いコース。
若干道が細いのは人通りの少なさでしょうか?
まあ山道に慣れてればそれなりに目印もあるのでルートをロストすることもなく普通に歩けます。
しかし標高差も相まってコントラストがとてもいいですね。
ロープウェイを下から見上げるシチュエーションも良い。

昔はロープウェイの上側の駅にも行けたようですが、道が崩落して今は黒部平駅まで下らないといけません。
その分体力と時間を消費するのでご利用は計画的に。

黒部ダム下の廊下
帰りの時間の都合もあるので黒部湖までは下らず黒部平駅からはケーブルカーで下りましたが、帰りの電車の都合で一般的な観光は出来ませんでした。
黒部ダムは相変わらずの人出でしたが昔来た時と違うのはアジア系の観光客かなり増えた気がしますね。
ダムから見える下の廊下はいつか歩きたい。
今年は雪が多かったようで、この時は下の廊下はまだ開通していないそうな。
日電歩道と併せて今歩きたい道No.1です。

七倉荘
今回お帰りのお風呂をどうするか悩んだのですが、扇沢ってお風呂が無いんですよね。
普通は大町温泉に寄り道なんでしょうけどバスで途中下車になるのがちょっと面倒。
なので信濃大町駅まで行って駅近くの七倉荘で日帰り風呂としゃれ込みました。
ここは七倉山荘の系列なので登山者に優しく素泊まりOKな旅館。
日帰りお風呂もやってて500円で入れるのが有り難い。

信濃大町駅あずさ
ということで信濃大町からは一日1本の新宿直通あずさで帰ってきました。
じつのところこの電車に乗る為に結構時間がシビアな行動でした。
立山縦走+タンボ平下りで15時5分の電車に合わせるのは結構辛い。
4時起きはあずさのため〜るんるん

無事あずさに乗って帰途につきましたが、1日目はともかく2,3日目は本当に最高の歩きでした。
念願の剱岳と立山縦走を同時にこなしてこれ以上に無い秋山歩きを堪能して現実に戻るのが辛かったw
充実感は歴代1位かもしれません。

さて、さすがにこれからは冬山モードになるので北アルプスお終いですが里山はこれから。
来年のためにまた貯金するとして、今後はふれあいの道と多摩、秩父歩きかな。
また天気が良ければ出かけたいと思います。

そういえば秋葉原のニッピンが閉店とか。
地味に利用していただけに残念バッド(下向き矢印)

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 16:56| Comment(0) |