2019年09月18日

扇状に歩いて来た

9月の連休は当然山ですが、今回はどこに行こうかなと色々と検討した結果、登り口と降り口を同じ場所に出来る扇沢を起点に歩くことにしました。

さすが三連休ですねぇ。
いつも通り夜中に来たのに扇沢駅直近の無料駐車場は既に満車。
大分離れた場所に空いていた駐車スペースに止めることが出来ましたが、逆にお帰りに便利な場所だった。
ラッキー。

扇沢駅針ノ木登山口
ということで6時に扇沢駅に向かったら、黒部アルペンルートに行く人で既に人混みが……すげぇ
トロリーバス改め、電気バスの切符購入列を尻目に、関西電力の作業道路脇の針ノ木登山口へ。
事前調べでは静かなコースだと聞いてたけど、なんか結構人がいるぞ?

作業道路登山道
序盤は作業道路を歩いたり森林帯を歩いたり。
上りも緩やかでなんとなく大丈夫かいなって感じ。
最終的には結構登るんですよねぇ。

登山道2大沢小屋
1時間ほどで大沢小屋に到着。
既に営業を終了している大沢小屋。
本当に夏場だけの営業なのね。

針ノ木沢雪渓
本来だったら残雪期の雪渓歩きがメインなんでしょうが、さすがに9月となると見る影も無い針ノ木沢。
ここから本格的な急登になるので暑い〜あせあせ(飛び散る汗)
少しだけ雪も残ってましたが、もう上は歩けませんな。

針ノ木沢2針ノ木峠へ
振り返ってみると結構な急登でしたね。
そして最後のひと登りがキツかった。
ゴールが見えてるのになかなか着かないタイプの山登りは不得意だわ。

針ノ木小屋針ノ木峠より
10時に針ノ木小屋に到着。
初日はここまでだったからもっとゆっくりでも良かったけど、下でゆっくりしてても仕方ないので上で景色を堪能する事にしました。
景色絶景。
以前歩いた船窪岳から七倉山が真っ正面に……あの時は疲れた…
この日は槍穂、富士山まで見えて最高。

針木岳へ針木岳へ2
翌日は6時スタートで、一路針木岳へ。

立山・剱岳
7時に一発目、針ノ木岳に登頂。
後立山連峰から見る立山は初めてでしたが、感動するくらい綺麗な景色でした。
蝶ヶ岳から見る穂高岳みたいなものですかね。
こちら側から見る立山、剱岳は一番ですねぇ。

稜線
そして今回歩く稜線の山々。
ちょっと見えすぎるのもアレですが、まあなんとかなるでしょう。

スバリ岳立山・剱岳・黒部湖
今回、稜線を歩いてる間ずっと立山と剱岳を横目に歩いていたので本当に飽きがきませんでした。
針ノ木岳からの景色も見事でしたが、一番綺麗に見えたのがスバリ岳からの景色。
こちらの方が標高は低いんですけどね。
ちょうどいい感じで黒部湖と黒部アルペンルートのロープウェイが見えて良かった。
微妙にダム本体も見えてるけどちょっと分かりづらい。

赤沢岳より鳴沢岳
この後、赤沢岳と鳴沢岳と縦走したけど、やっぱり遅くなるとガスが出てきて見晴らしはイマイチ。
その代わり味のある風景に出会えたりするからまんざらでもない。
さすがに完全にガスに包まれると残念状態ですが。

オコジョさん
その代わりと言ってはなんですが、鳴沢岳ではオコジョを見かけました。
すぐに逃げるかと思ったら、結構近場をウロチョロしてて面白かった。
以前にも一度見かけたことあるけど、表銀座を縦走した時だったかな。
あの時はスマホだったのでカメラの解像度を低解像度だったけど、今回はバッチリ。

新越山荘
13時に新越山荘に到着。
人によっては一日目でここまで来る人もいるみたいですが、あの景色をじっくり眺めないのは勿体ない。
そういう意味で2泊3日でもこの山小屋の存在は実に有り難い。
でも一足早く営業終了するのね。
9月最終週を待たずに今期終了だそうです。
やっぱりマイナーコースなのかなぁ、こんなにいいコースなのに。

岩小屋沢岳
主だった山は2日目で歩いたので、3日目はほぼ下るだけ。
ですが、最後に登った岩小屋沢岳もなかなかの景色でした。
でも前半の景色が凄すぎたね。

種池山荘へ
アップダウンは少ないものの意外と際どい所も歩かされて、注意は必要なものの実に楽しい歩きでした。

下山道下山道2
さすが種池山荘からの柏原新道は爺ヶ岳へのメジャーな登山道だけあってよく整備されていました。
また登るときに通るんだろうけどね。
時間はあっても次回以降の楽しみに、前半の蓮華岳も後半の爺ヶ岳もスルーです。

下山口
かなり余裕を持って9時半に無事扇沢に下山しました。

当初の天気予報では、ここまで好天予報ではなかったのですが、結果として三日間ともお天気に恵まれて実に楽しい歩きでした。
こういう天気だと本当に来た甲斐があります。
今週末も三連休だけど、こちらはちょっとお天気無理そうなのでどうしたものか。
もう少し様子見して決めたいと思います。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 01:02| Comment(0) |

2019年09月03日

ロングバケーション(後半)

夏休みの山行き後半。

黒部五郎小屋から1日かけてどうしようかといったところなんですが、双六小屋までだと近いんですよね。
前回裏銀座を縦走したときは、三俣山荘から槍ヶ岳まで歩いたものの結構バテたのでちょっと無理して歩きたくない。
ついでに三俣蓮華岳の山バッジを買い損ねたので期待してたら、黒部五郎小屋に無かったので本来宿泊予定だった三俣山荘に寄り道してから双六小屋向かうということで、再度計画変更しました。

登り分岐
5時20分に登り始めて途中までは三俣蓮華岳直登のコースと一緒なのですが、結構登らされる。
分岐するとほぼ水平移動なので気分的には遠回り感は少ないかな。

残雪三俣山荘
途中、まだ残雪がありました。
山マップにも遅くまであるとありましが、8月下旬まで残ってるのね。
7時過ぎに無事三俣山荘に到着しました。

三俣蓮華岳へ三俣蓮華岳へ2
そして再度登り返しで、三俣蓮華岳はガスの中。
前回の縦走の時もガスで何も見えなかったんですよね。
もう少しで晴れそうな感じなんですが。

三俣蓮華岳
8時半過ぎに2,841mの三俣蓮華岳山頂に到着。
真っ白……

槍ヶ岳方面
しかし5分後にガス取れた〜〜〜ぴかぴか(新しい)
時間に余裕があるから少し待つ気でいたけど、まさかこんなに早く晴れてくれるとはexclamation

黒部五郎岳方面鷲羽岳方面
四方八方完全に晴れました。
まさかここまで晴れると思ってなかったので小一時間山頂ではしゃいでました。

双六岳へ
続けて双六岳へ移動。
この区間は起伏も少ないし、こんなに楽しい歩きは久しぶり。
ガスが出てないとこんな景色だったんですねー

双六岳
10時40分に双六岳到着。
完全な快晴から少し雲が出てきましたが、眺めは十分。
楽しいっす。

双六岳2双六岳3
双六岳と言ったらやっぱりこの景色よねぇ。
槍ヶ岳に向かって歩く感じだけど、穂先は残念ながら隠れてしまいました。
綺麗な槍ヶ岳は難しい。

双六小屋へ双六小屋
12時に双六小屋に到着。
しかし、楽な行程と油断しすぎたのか水分補給不足で体調不良に。
夕飯時に食欲なくて、「ああ、これ高山病気味だわ」と分かったので、なんとか完食して横になりつつこまめに補水してました。

最悪体調が悪かったら新穂高に下山できるので、半分筋肉疲れもあるので、体調不良か単なる疲れか一晩中もんもんとしてました。

夜明け山映え
翌日は槍ヶ岳までゆっくり行きたかったので、朝食をお弁当にして5時の早立ち。
お天気はこの日も最高です。
荷物を背負ったら体調は大丈夫そうなので槍ヶ岳を敢行。
水分補給は大事よね。

西鎌尾根朝食
樅沢岳に登ったところで、西鎌尾根の景色の良さそうな所にあたりをつけて、現地に着いた時点で朝食。
雲一つ無いお天気が素晴らしい。

千丈乗越槍ヶ岳へ
千丈乗越からが長いんだよねぇ。
この長さに3000m峰の高さを実感します。

槍ヶ岳穂先へ
連日の歩きで足が疲れてるせいかかなりゆっくり登って、10時半にやっとのことで槍ヶ岳山荘に到着。
現金なもので、荷物を下ろしたら穂先に登りたくなる奴。
まあ、ここに来る人は皆そうだろうけどw

槍ヶ岳山頂西鎌尾根
11時無事3,180mの槍ヶ岳穂先を踏破。
ここまで来たのは2回目ですが、やっぱり空いてないとここには来たくないなぁ。
行列なして山に登るのは趣味じゃないので。
今回はそこそこ空いていて堪能出来ました。

ヒュッテ大槍ヒュッテ大槍2
槍ヶ岳でのお泊まりはやっぱり飯ウマなヒュッテ大槍っすな。
東鎌尾根側に入りますが、翌日帰るにも少し近くなるしということでのチョイスです。

槍沢槍沢2
最終日は槍沢を下るだけでしたが、いつもの穂高、涸沢経由に比べてやっぱり長い……
今まではキレット越えしてたので、実は槍沢を下るのは初めてなんですよ。

槍沢ロッジ横尾へ
槍沢ロッジももっと近いのかと思ったら結構離れていて、槍沢から槍ヶ岳は自分には向かないや。
やっぱり新穂高から鏡平かな。
当分は登りたいと思わないだろうけど。
とりあえず上高地には13時に到着、やっぱり長かったです……

今年は長い夏休みが取れて良かった
次回、これだけの縦走が出来る日がいつくるか分からないけど、いい機会にいい天気で歩けました。
最初に大雨くらったけど。
自分でも結構多趣味な気がするけど無理の無い範囲で次回もやっていきましょう。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 00:34| Comment(0) |

2019年09月01日

ロングバケーション(前半)

今年は珍しく、長期間の夏休みが取れたので、普段行けないような所へ行こうかと計画しました。
当然山っすな。
以前から行きたかった秘境中の秘境、高天原温泉でも行ってみようかと、早々に計画して宿や切符も手配したんですけどね……

北陸新幹線ホテル
折立から入山するため、登山バスに間に合うようにと前日に富山入り。
北陸新幹線は長野から先を初めて乗りましたが、早くて便利よね。
会社終わってからその日のうちに富山まで行けてしまうんだから。
翌日のバスが6時なので、駅隣接の富山地鉄ホテルにご宿泊です。

富山駅前登山バス
翌日は折立行きの登山バスへ。
朝起きたらお天気良くない……時期のずれた平日だけあってバスは空いてるし、静かな歩きが楽しめそうと気持ちを切り替える。
まあ、雨歩きは覚悟してたけどね。

バスが途中まで行ったところで、有峰林道が大雨で通行止めになって待機状態。
昼ぐらいまでに行ければ太郎平小屋にたどり着けるしと思って、開通待ちでバスの中で5時間。
結局、日没まで通行止めが決まってバスは引き返し運休となりました。
えぇ〜あせあせ(飛び散る汗)

いきなり出鼻をくじかれて宿の手配やら、翌日の同じばすの予約やら。
運転手さん曰く翌日は予約満席だったそうですが、こんなお天気に見切りをつけたのかキャンセルが出ていて助かりました。
一応翌日は不安定ながらも曇り予報だそうで、それに期待します。

ホテルに入って天気予報をみたら不安定な天気が続きそうとのこと。
さすがに沢筋のルートは危ないなと思って、計画を作り直して稜線ルートに変更。
最終日の槍ヶ岳と上高地からの足は確保済みなので、それに合わせてルートを作り直しました。

富山城跡寿司
とりあえず初日は、富山市内観光と富山グルメの日となりましたw
富山市内は小雨程度なんですけどねぇ……

折立登山口
仕切り直し。
翌日は曇天模様ながら、雨も無くて無事折立に入りました。
バス停のすぐ奥が登山口なんですね。
前日からのリトライ組と運転士さんが顔馴染み状態で、健闘をたたえ合うw
みんな仲良くなってて吊り橋効果ってやつ?
8時半登山開始。

登山道登山道2
登り始めて思いましたが、大雨の中を無理しないで良かった。
強制的に未練を断ち切られたおかげで、雨もレイン装備もなく歩けるんだから有り難い。

登山道3登山道4
折立から登るのは初めてなのでコース感は無かったのですが、最初に急登があるくらいで非常に歩きやすいルートですね。
それと見晴らしが良いのもマル。

登山道5登山道6
水平距離はそれなりにありましたが、上に登ってからの歩きなので非常に楽しい。
以前は現地入りが大変だったのが難点でしたが、新幹線のおかげでこちらから入るのもいいのかもしれない。

太郎平小屋太郎平小屋2
12時に太郎平小屋に到着。
本来は更に先の薬師沢まで行くはずだったんですが、お天気と日程を考慮して稜線歩きに変更したのでここまでです。
登山バスは混んでたものの、皆さん薬師岳や薬師沢に向かうためか、太郎平小屋に泊まる人は少なめ。
お天気も回復して沢筋行けば良かったかなぁ、と思いつつ広々と小屋に泊まることが出来ました。

薬師岳
薬師岳が綺麗で、そのうちここを越えて室堂に向かうルートも歩いてみたいかも。

黒部五郎岳展望
黒部五郎岳に向かうのですが、中央奥の山が黒部五郎岳と気が付かなかったw
こう見るとそこそこ距離がありますね。
なかなか景色の良い所でした。

稜線歩き北ノ俣岳へ
3日目(実質2日目)は5時半に登山開始。
引き続き歩きやすいコース。
朝方のガスが出ましたが、レインを使うほどでもなく普通に歩けました。

北ノ俣
7時に標高2,662m、北ノ俣に到着。
残念ながら景色無し。
前回裏銀座歩いた時もガスにやられたし、こっち系はついてないのかなぁ。

黒部五郎岳へ黒部五郎岳へ2
などと、思いながら歩いてる最中、7時半前にはガスが取れ始めて景色が開けました。
おぉ、すげー。

黒部五郎岳へ3黒部五郎岳山頂
10時に標高2,840mの黒部五郎岳に到着。
歩きやすいコースとはいえ、結構距離があるので疲れた。
お天気回復したとはいえ、槍ヶ岳方面はガスいっぱいでそこまでは見通せませんでした。
それでも十分に見晴らしの良い。

黒部五郎岳よりカール
コースとしては裏銀座からも外れるので、ほんと静かでいい所です。
普通に連休で来たらもっと混んでるのかもしれないけど、それでも表銀座にくらべれば空いてます。

稜線コース
ところで黒部五郎岳の山頂は、通常のコースから少し外れるので皆さん空荷なんですが、自分はフル装備で持ち上げ。
カールコースも良さそうだけど、こちらの稜線コースを歩きます。
破線コースなのでちょっと現地確認してからにしようかと思ったけど、普通の岩稜帯そうなので行きます。

稜線コースカールコース
稜線コースは普通に危ない程度なので、岩稜歩きに慣れた人なら大丈夫な感じ。
個人的には登りより下りで使いたい。
上からカールコースを歩いてる人達が見えるのも面白いですね。
カールコースも稜線から一気に下るので、逆向きは面倒くさそう。

黒部五郎小屋へ黒部五郎小屋
稜線自体より、最後に小屋まで下る道が大変でした。
沢と道が一緒なのでゴロゴロ非常に歩きづらい。
黒部五郎小屋に着いたときは、「やっと着いた」という安心感が大きかった。
ということで12時過ぎに無事小屋に到着です。

190822_34.jpg
お昼ご飯でラーメンを頂いたのですが、ラーメンに味噌汁がついてきたのは初めての体験ですw

さて、長い山行きだったので、続きは後半にして一旦〆。
前半の歩きは初日の雨は例外として、雨こそ降らなかったですが、ちょっとガス気味ですっきりしませんでした。
それでも完全視界不良よりはマシなので、それなりに楽しく歩けたような気がします。
やっぱり稜線歩きが好きだわ。
最奥地の黒部五郎小屋は電波が無いのでやること無いです。
12時から寝るか本を読むくらいしか……俗世間からシャットアウトには最適な場所かなw

後半に続く。
posted by うしさん at 12:07| Comment(0) |