2018年09月16日

思わず御朱印旅(マンサクの花咲くみち(栃木県No.8))

この三連休は北アルプスの稜線を歩いてるはずだったのになぜこうなったバッド(下向き矢印)
まあ、お天気ですから仕方ないです。
無理して遭難しても迷惑だし。

さて連休中はお天気が悪い予報だったので基本的に自宅で大人しくしているつもりだったのですが、曇天ながらも降水確率が低かったので日帰り一発ということでいつもの「関東ふれあいのみち」をこなしておくことにしました。
高い山に行ってもガスで見えなければ意味が無いのでおあつらえ向き。

足利駅足利駅2
今回のスタートはJR足利駅なので両毛線で現地入り。
東武利用の方が早いし安いんですけど、こんな時くらいしかこの駅使うことも無いだろうからあえてJRです。
しかし曇り予報だったのにいいお天気晴れ
これなら男体山でも行けば良かったなぁ。
とりあえず8時にスタートです。

足利学校入口鑁阿寺参道
足利学校、鑁阿寺と織姫神社手前までは前回のコースを逆走する形になります。
なので観光の目玉は素通りです。
朝早いにも関わらずもう観光客がいました。
三連休だから滞在型なのかな?

映画館
コースとは関係無いのですが、ふと横道を見たら「劇場通り」の文字と昭和っぽい建物がチラリと見えたので近寄ってみると味がある建物が。
まさに昭和な映画館。
前回の銭湯からほど近い場所で既に閉館しているのでいつ解体されるか分かりませんが足利すごいな。

交差点交差点2
さて前回はこの交差点を左から来ましたが今回はここから右に行きます。
道の左手に用水路があるのですが、この水路に沿ってずっと歩くようです。

歩行路歩行路2
歩くに従って道の様子は色々変わりましたがずっと続く用水路。
ちなみ右の写真の道は前々回バスが無くて行道山から駅まで歩いた時の道でした。
何の因果か既にコースを歩いてたw

土手道へ土手道
新興住宅地を抜ける道が長々と続きますが、川の土手に出てようやく町が終わります。
いきなり自然いっぱい。
季節的に彼岸花があちこちで咲いてました。
既に9時過ぎだから1時間以上町中を歩かされたのね。

足利インター樺崎神社入口
田舎道を抜けるといきなり大きな道に出ます。
ちょうど北関東道の足利インターの所で栃木県のマップは北関東道が出来る前のものなのでここから先すこしごちゃごちゃします。
基本的に昔の道も残ってるし案内もしっかりしてるので迷う事は無いです。

樺崎神社神池樺崎神社
9時50分やたらだだっ広くて閑散とした樺崎神社に到着。
神社前の池もなんか物足りない感。
解説板によると昔は鑁阿寺の奥の院だとか色々あったそうで、栄枯盛衰という言葉がぴったりかも。

樺崎神社本殿 樺崎神社御朱印
本殿横の御神木が立派なのがかなり印象的でしたがやはり規模の割に質素なのが寂しい。
何人か人がいたのでまた例祭関係の人かな?と思ったら御朱印目当ての神主さん待ちの人達でした。
こんな所で御朱印待ちとは……
土日だけ授与しているらしく丁度社務所が開いたので御朱印を頂くことが出来ました。

田舎道塩坂峠へ
引き続き北関東道を横目に見ながら昔ながらの趣のある道を歩いて行きますが、最後に塩坂峠に向かう為に高速道路の下をくぐります。

林道山道分岐
峠道は最初林道っぽい道から始まるのでこのままかと思ったら途中から普通の山道に変わりました。
とはいえ標高差100m程度の峠なのでかなり緩やで歩きやすかったです。
もっとも真夏だったら死んでたと思いますがw

ベンチ場ベンチ場2
10時40分に塩坂峠のベンチ場に到着。
峠の一番高いところはもう少し先なんですが、一番の難所を登り切ったここが実質的な峠といった感じでしょうか。
ここでちょっと休憩。
比較的涼しかったのでコーヒーを淹れるセットを持ってこなかったことを少し悔やみました。

塩の井戸キノコ
峠の一番高いところから分岐して少し登ると塩の井戸があります。
塩坂峠の名前の由来だそうで、水が湧いていて弘法大師が飲むと塩辛かったとかなんとか。
本当かいな?
今は塩水どころか石枠だけで水も何もありませんでした。
ところで雨が降った直後だったからかやたらと茸が生えてました。
写真だと分かりづらいですが、握りこぶし2個分くらいの大きさ(デカい)

下山口北関東道
峠を下ると北関東道のトンネル出口のところに降りました。
山道なのに高速道路の上というのがちょっと新鮮。

下山道林道出口
再び北関東道を横に見ながら下っていくと11時15分に人里に降りてきました。
高速道路脇に熊野神社があってその参道を兼ねているみたいです。

田舎道2彼岸花
後はひたすら歩くのみ。
しかし本当にあちこちで彼岸花が咲いてます。

出流原弁天池出流原弁天池2
11時40分にゴールの出流原弁天池に到着。
結構人がいてびっくりしましたがそんなに有名なのか……
人里にしては確かに綺麗なんですが、この手の水の綺麗さは見慣れてるのでちょと感動薄。

湧釜神社 湧釜神社御朱印
池のほとりに湧釜神社がありますが、ここの御朱印は池の脇の売店で頂けるとあったので書き置きを頂いてきました。

磯山弁財天弁天堂より
もう一カ所、弁財天にも寄ってきました。
こちらはえらく高い所まで登らされましたが景色は良かったです。

休憩所へ三峰神社休憩所
三峰神社休憩所の案内があったので神社があるのかと更に上に登ると小さなお社と東屋がありました。
しかしこちらは見晴らし皆無で登り損。

とりあえず一通り事を済ませたので後は次のコーススタートの田沼駅まで歩くだけです。
道すがら目に付いた佐野ラーメンのお店に寄り道しつつマップ上指示されてる国道を歩きました。
さすが国道だけあって歩道がしっかりしていて助かりました。

一瓶塚稲荷神社一瓶塚稲荷神社御朱印
田沼駅のすぐ手前に一瓶塚稲荷神社があったのえこちらにも寄り道。
こちらは全くの予定外だったんですが見つけてしまったからには寄らざるを得ない。
ということでこちらでも御朱印を頂けました。
なんと今回三箇所も頂けてびっくり。

田沼駅
14時16分に田沼駅に到着。
最後の予定外寄り道したので12分の電車を乗り過ごした……
次の電車一時間後……えー。
まあ、バスに比べれば有り難いです。
バスへの乗り換え拠点だったので田沼駅は初めてではありませんが歩いて来るとやっとここまで来たかって感じがします。

さて次回は10月以降。
今度こそ北アルプスが待っているー。
【参考メモ】
posted by うしさん at 22:00| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2018年08月25日

風呂付きコース(歴史のまちを望むみち(栃木県No.7))

暑いの嫌だとか言いながら出掛けてる大嘘つき。
前回余らせたのが心残りで行ってしまいました。
でも気温がね、水分2リッター持参です。

行道山バス停浄因寺入口
時間合わせで今回はバス。
行道山線は普通のバスなのね。
同じあしバスだけどこっちは観光バス会社の運行でした。
というか前回足利市駅前で名草線の後ろに止まってたバスがそれでした。
バス停から登って浄因寺参道まできましたが既に暑い。
さすがに人いないかと思ったら同じトレッキング姿の方が。
暑いのに変わり者(お互いに)

浄因寺清心亭
長い階段を登って9時10分に浄因寺に到着。
右の写真の清心亭が特徴的なお寺ですが残念ながら立ち入り禁止で近くには行けません。
たまに一般公開するみたいですが晩秋以降の葉の無い時期だと景色が良さそうです。
ということでこの境内がスタート地点なのでここから登り始めです。

スタート高台より
最初どこから登り始めるのか良く分からなかったのですが、本堂の裏の階段に登山者向けの注意書きがあったのでここがスタートだと分かりました。
地理院地図とも若干ずれていて分かりづらい。
スタート地点にいつもの指導標無いのはいかがなものかw
少し登ると清心亭が反対側の眼下に見えました。

分岐寝釈迦
10分ほど登ると分岐からすぐの所に寝釈迦様がありました。
足尾の時の寝釈迦のイメージがあったのでもっと大きいかと思ってたら通常サイズでしたw

見晴らし
ここには他にも石仏がいっぱいあって平地の方を見守るよう建立されてます。
ちょうど次回登る辺りも見えますな。

行道山山頂行道山より
更に登って9時50分に行道山の山頂に到着。
今回の最高峰ですが441mしかないんですよね。
それでも東屋も有るし景色も良くて赤城山麓と足尾の山々が見渡すことが出来ました。
こうやって見渡すと感慨深いです。
出来れば最高峰でお昼にしたいところですがさすがに10時前ではね。

尾根歩き下り
基本下りなので気楽な歩きなのですが、それなりにアップダウンもあって気温が高めなのが気になります。
本当に標高低いし酷暑で有名な館林、太田近辺となればヤバさが増します。
出来るだけゆっくり歩いてるのですがちょっと動くと汗が……

毘沙門天入口見晴らし広場
10時半に毘沙門天の上まで来ましたが、ここは降りずに先にある見晴らし広場に立ち寄ることにしました。
ここから先は大分先までご飯ポイントが無いのでここで済ませてしまおうという魂胆です。
誰も居ないだろうと思ったら人がいっぱい。
はて?

ドローン昼食
なんでも伐採した山の植林調査でドローン撮影しているんだとか。
皆さんあーだこーだお仕事中に自分は究極の炭水化物定食カップラーメン&おにぎり。
30分くらいゆっくりして汗も引きましたがだんだん上がる気温が不安。

毘沙門天鐘楼
立派な毘沙門天にお参りしつつすぐ脇にあった鐘楼に梵鐘一打百円の文字が。
せっかくなのでゴーン。

山道へ山道
毘沙門天を出てからは車道歩きですが、すぐに山道に入ります。
ここから両崖山までの区間は結構アップダウンがありますが普通ならそれほどキツくないはず……

北関東自動車道
赤城山に入る前に関越道を越えて以来の高速道路、北関東道越え。
たまに通るけどこんな所だったのね。

階段
基本下りなんですが下って登り返してまた下る感じ。
こんな長い階段にクラクラ。
お昼近くなってさすがにアップダウンの「アップ」がキツくなってきました。
体力的には問題無いけど汗が止まらず給水しつつの歩きが続きます。
しかし水分にも限界が……

御嶽神社両崖山山頂
12時過ぎに両崖山に到着。
ここは山城足利城の跡なんですね。
とりあえず後は本当に下るだけだからほっとしました。
持ち合わせの水分も心許ないのでさっさと下ります。

下山道見晴台
しかし甘かった。
降り口が南面なせいか日陰が無い晴れ……これは地獄。
普段だったらこんな岩場の下りとかテンション上がるんですが、もうゲンナリです。
展望台も暑いだけーあせあせ(飛び散る汗)
こんな中でも登ってくる人いるんだから物好きよね。

休憩所コーラ!
やっとこさ降りてきて自販機を発見exclamation×2
この日最高のコーラを飲みましたグッド(上向き矢印)

織姫神社織姫神社拝殿から
13時40分に織姫神社まで降りてきました。
名前にあやかってか縁結びの神社らしいです。
キャラグッズの織姫がいい感じだったゾw
高台にあるいい感じの神社ですが日差しは勘弁w
木陰が少ないんだもん……

織姫神社御朱印
とはいえ久しぶりの社務所が開いてる神社です。
御朱印を頂きました。
速攻その場で書いてくれましたが達筆!
七夕に来ると特別な御朱印らしいですが、その辺りにこだわりは無いので有り難や。

神社の高台から降りた後は足利の史跡巡りコースになるのですが、その前に今回のメインイベント。
コース上(これ重要)にある銭湯『花の湯』さんですいい気分(温泉)

花の湯花の湯2
今回山で大汗上等だったので着替えを持参しました。
まだ歩くので意味は無いかもしれないけど山歩きの鬱陶し汗は流したいexclamation(日焼け止めもあってベタベタ)
ということで14時開店なので早すぎないように歩いて来ましたがきっかり14時だったw
しかし栃木県の銭湯350円なのね、安い。
しかも雰囲気最高ですぴかぴか(新しい)
番台の女将さんが親切でせっかく石鹸をお借りしたのに洗い場に置きっ放しで返し忘れたバッド(下向き矢印)
もうね、暑さで思考がめっちゃ鈍ってました故……ごめんなさい。

180825_36.jpg
牛乳完備な所もポイント高い(今回珈琲牛乳ですが)
昭和銭湯に有るものは一通りある感じでした。
現役なのが凄いなぁ。

街並み
周囲の街並みと合わせるとこれまたレトロ。
足利侮り難し。

鑁阿寺足利学校
それと指定コースの鑁阿寺と足利学校も見てきました(いい加減だなぁw)
まあ、こっちはそのうち機会を設けてちゃんと見学しようかと。

保存車両足利駅
コースの終点はJRの足利駅。
SLじゃなくて電気機関車が保存展示してあるのは珍しい。
なんか特別な機関車なのかな?

バス
ちょうどバスが来たので東武の駅に移動して東武線で帰ってきました。
バス代払ってもJRより安いのよね。
で、このバス後で調べたら前回乗ろうとしてた行道山15時発のバスだった。
なんという奇遇たらーっ(汗)
【参考メモ】
posted by うしさん at 22:29| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2018年08月19日

蜘蛛と戯れる(山なみのみち(栃木県No.6))

前回暑いのやだなぁ、とか言っておきながらちょこっと涼しくなると出掛けちゃう奴。
最高気温が30度を下回る涼しさ(←既に感覚がおかしい)に誘われて『関東ふれあいのみち』の続きです。

入名草バス停名草入口
予定では今回2コース攻める予定だったので現地バス停には8時40分の到着です。
ここからしばらくは前回歩いたところを戻る行程なのでちょっと気分も乗らない。

スタート地点コース分岐
前回は降りてきましたが鳥居前からが正式コース。
9時にスタートです。
涼しさも手伝って明るい日差しが非常に気持ち良い。
厳島神社に向かう途中に今回の行道山方面への分岐がありますが、一応名草の巨石群も含めて今回のコースなので前回歩きましたがもう一回登りました(我ながら律儀)

神社前名草の巨石群へ
前回は登山道と神社道を半々歩いた感じでしたが、一応この区間はピストンになるので案内のある神社脇登山道を使って名草の巨石群まで向かい帰りは神社裏に出る沢道を使う事にしました。
多分案内がある方が正式ルート?

名草の巨石群神社道へ
9時20分に名草の巨石群に到着。
見学は済ませてるので写真だけ撮って右手の沢沿いの神社道で引き返します。

神社道弁天堂
神社道を下ってくるとこんな感じで弁天堂の脇に出てきます。
ルート的にはどうか知りませんが本来の巨石群への道はこっちなんでしょうね。

分岐点行道山へ
さて今回は単にこなし仕事なのでとっとと分岐点に戻り仕切り直しのスタートです。
ここ数回歩いて来た道に比べて明らかによく整備された道。
地元ではハイキングコースとして位置づけられているようで『関東ふれあいのみち』の表記の他に『ハイキングコース』の看板が結構ありました。

登り尾根歩き
最初はそこそこ登らされるんですが、登り切ってしまえば明るい尾根歩きなので森林浴が良い感じです。
葉の無い晩秋か早春の方が景色も見えて良さそうです。

見晴らし見晴らし2
何カ所か見晴らしの取れるポイントはありましたが、前半だけでほとんどは木に覆われた尾根歩きになります。
休憩用のベンチなんかもほとんどが前半に集中していてハイキングコースとしては逆向きなのかもしれませんね。
お昼ご飯を食べるのに後半に見晴らしポイントが欲しかったんですが……

スパイダーロードスパイダーロード2
と良さそうな感想を並べてますが、このコース低山なせいか夏場は人がほとんど来ないっぽい。
この日も結局終点まですれ違う人皆無。
それだけならいいんですが、おかげでスパイダーロードと化していて道を遮るように蜘蛛の巣があっちこっちにあって鬱陶しい。
ストック持ってたから裁ち切りながら歩きましたが油断すると一見何も無いところで行く手を遮るようなに何かが顔に当たるわ、ストックも糸でベットリになるわで最悪です。
参ったね。

藤坂峠多分開通記念碑
そういえば藤坂峠で車道を横断するんですが、ここにある開通記念碑が踏破証明写真のポイントのはずなんですが草に覆われて写真に撮れないぞ(オイたらーっ(汗)
栃木県が認定してくれるだろうか?

さて後は取り立てて紹介するような景色もなく山の中をアップダウンを繰り返しつつ淡々とした歩きなのですが、涼しくなったとはいえまだ30度近い気温。
加えてこの日はちょっと寝不足眠い(睡眠)で脚がどうも重い。
ついには軽い痙攣でこれは体調不良からくる熱中症の兆しあせあせ(飛び散る汗)

下り林道出口
確か行道山線のバスが13時台にあったはず(電波がないので記憶便り)
大きな負担を掛けなければ大丈夫なので、次のコースは諦めてバスで帰る計画に変更。
なのでお昼休憩をカットしてそのまま歩き続けて12時に山道から林道へと出ました。
後は600m歩いて終点の浄因寺に到着です。

浄因寺入口浄因寺山門
しかしなんで浄因寺がコースの分岐点なんだろう……このお寺参道の階段が長くて辛いっす。
終わるにしても次回の開始にしても無駄にこの参道分歩かされるのは納得いかんw
ちなみに法事なんかの時は階段横の2台のモノレールが稼働するらしい(みかん畑なんかにあるアレ)
何も無いこの日は当然休止中バッド(下向き矢印)
ということで本堂の所まで行きましたが特に『関東ふれあいのみち』の看板は無くて区切りっぽさも無い……

バス停へ
まあ、バスに間に合わせる為にお寺からそこそこ離れたバス停まで歩いて行った訳ですが、バス停に着いて13時台のバスなんて存在しないことに気が付く始末。
そうだよ、だからこのコースだけの計画立てた時見晴らしの良いと所でゆっくりお昼ご飯しようと思ってたんだっけ……ショックどんっ(衝撃)
バス停に着いたのが12時半で次のバスが15時……足利駅まで歩くか…何かの時刻と勘違いしたわ。

里の風景
ということでバス停の写真を撮り忘れるくらい絶望にうちひしがれながら足利駅へ。
幸い垂直方向に登る負担さえかからなければ脚の方は全く問題無いし次のコース歩く分くらいの体力は余ってるので、2時間以上炎天下で待つ苦痛を考えたら歩く方を選択しました。

とりあえず14時過ぎに東武足利市駅に着いて早めに帰宅する事が出来ました。
そもそも歩行計画書を自宅に忘れたのが運の尽きだわね。
ちなみに5キロくらいと見積もって歩いた駅までの区間は6.5キロでした。
ということで次回はまたあの参道の階段を登るのか面倒だなぁ。
この涼しさが続くようだったらまた来週かな?
【参考メモ】
posted by うしさん at 17:52| Comment(0) | 首都圏自然歩道