2020年03月13日

どこまでも霞ヶ浦(水の恵みを知るみち(茨城県No.17))

日が経ってしまいましたが先日、前回に引き続き霞ヶ浦の湖畔を「関東ふれあいのみち」で歩きました。
雨が降るかもという予報だったんですが、全区間平地の舗装道歩きだし、レイン装備を持って行ってきました。

新屋敷バス停
「明るい曇りだから大丈夫かなぁ」と思ってたら、現地のバス停でいきなり小雨。
ついてない……8時過ぎにスタートです。

霞ヶ浦へサイクリングロード
早速霞ヶ浦の湖畔、サイクリングロードへ。
ご覧のお天気なので自転車も皆無……と言いたいところだけど、ちらほらいました。
他人のことは言えないけど、好きだねぇ。

清明川水路
基本的に霞ヶ浦沿いに歩くんですが、所々流れ込む川に橋はありません。
そのため、いちいち迂回して橋を渡らないと行けないのが面倒。
左の清明川なんかはあきらめがつくけど、右の水路なんて板きれ一枚架けてあれば渡れますよ。
それを遙か向こうまで渡りに行かないといけないのがねw
まあ、これもルートなので仕方ない。

水神宮
水神様もいっぱいありました。
集落ごとにある感じですが、これは一際大きいもの。
やっぱり霞ヶ浦は水の恵みなんですね。

菜の花
景色自体は、ずっと左手に水を見ながらの歩きで変化は乏しいんですが、時折こんな景色もあったりで、それほど飽きはきませんでした。
風が強かったので、気温はそこそこ高いもののちょっと寒かった……

公園展望台展望台より
途中にあった公園の展望台からは、土浦の街並みや筑波の山並みが見えました。
結構歩いたねぇ
こんな時季だからか、誰もいませんでしたが。

大カーブ合流もどき
雨も最初だけで普通に歩けましたが、本当に霞ヶ浦って大きいですね。
ぐるっと曲がって自動車道路と合流。
かと思ったら微妙に合流しないw
この時点でもう2時間半以上歩いてます。

のぼり水産加工場
ちょうど道路の向こうに「うな重バーガー」なるのぼりを見つけました。
ちょっと気になるウナギ好きぴかぴか(新しい)
食べ物屋さんというよりは、水産加工場で直販していました。
こういうところ大好き。

うなぎバーガー
ライスバーガーのウナギ版ですね。
頼むと電子レンジで温めてくれるので食べ歩きが出来ます。
お店が無いコースなのでこういうのは有り難い。
ついでなのでつくだ煮も買ってきました。

霞ヶ浦霞ヶ浦2
風のためか結構波立っていて、内海のような感じになってます。
とにかくこんな感じの景色が延々と続きます。

湖岸コーヒー
せっかくなので、少し下に降りていつものコーヒーもやってきました。
もう少し晴れてると気持ち良さそうなんですが、まあこれはこれでよし。
この場所は入り込んだ所なので水面が凪いでます。

奥の橋へ未舗装
そしてゴール手前の最後の川渡り。
手前の橋は後から出来たようで、コースとしてはさらに奥の橋を渡る指定。
サイクリングロードから外れるせいか、未舗装の場面もありました。
こだわらなければ普通に手前を渡ればいいんですけどね。

ゴールへゴール
13時過ぎに無事ゴール地点の古渡入口に到着しました。
この場所に桜東バスのバス停はあるのですが、16時過ぎまでバスがないので近場のブルーバスのバス停まで移動します。

食堂バス停
こちらの交差点にあるお蕎麦屋さん……だと思うのですが、田舎らしい食堂でご飯を食べつつ時間合わせしてバスで江戸崎まで出ました。
実は最初、交差点を真っ直ぐの桜東バスのバス停を見て「予定のバスが無い!」と困惑したのですが、ブルーバス用に同じ名前のバス停が左折方向にあったという次第。
事前確認を間違ったかと思ってびっくりしましたわ。
田舎でもこういう場所あるのね。
普通場所を合わせるんだけど。

江戸崎駅待合室
江戸崎からは土浦行きのJRバスなんですが、バス停なのに駅っすよ、駅exclamation×2
国鉄時代はバスが基幹交通だった所にこういうのありましたが、今でもあるんだねぇ。
待合室も含めてなかなか魅惑的なバス停でした。

シャッター街
乗り換えの時間になんか消費しようかと思ったら、店はシャッターだった。
苦しい現実。
まだ1時間1本のバス路線が残ってるだけマシなんでしょうけどね。

さて、茨城県のコースも次回が最後。
引き続き霞ヶ浦歩きが続きます(まだ続くよ……)
予定が色々入っているので、多分4月の第1週あたりかな。
【参考メモ】
posted by うしさん at 00:50| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2020年03月01日

霞ヶ浦歩き(予科練ゆかりのみち(茨城県No.16))

週末ライブが中止になってしまったので、予定外の外出です。
急遽なので準備のいらないいつものコースですな。

常磐線
そんなわけで土浦までお出かけですが、電車空いてる。
時間なのか昨今のご時世なのか。

スタート地点スタート地点2
今回のスタート地点は土浦駅から近いので、お帰りのバスに合わせです。
10時前にスタート。

匂橋匂橋2
初っ端に桜川に架かる匂橋渡りますが、ここは人道橋なんですね。
昔は車も通れたようで、所々に人が待避する場所があるのが時代を感じます。

河川敷堤防
渡った後は、河川敷歩き。
道路や線路と交差するので最初は下の歩道を歩きますが、しばらくすると道がなくなるので堤防道路歩きに変わります。
堤防の道はサイクリングロードにも指定されているようで、結構な頻度で自転車が通ります。
専用道という訳ではなく車も通るので結構気を遣います。

水門水門2
霞ヶ浦の入口に堤防道路に信号がついた変な水門がありました。
不思議に思ってよく見たら跳ね上げ橋になってるのね。
霞ヶ浦管理事務所の船が出入りするようです。

堤防道路水鳥
やっぱり霞ヶ浦は大きいですね。
今回はその一端の部分歩きですが、それでも結構な距離があります。
そして風が強くて寒い……
この日は比較的気温が高めでしたが、水鳥も大人しくしてました。

車道へオランダ水車
霞ヶ浦総合公園のところでここからは車道歩きに変わります。
歩道が公園と一体化してるので今ひとつどこを歩いて良いのやら。
この公園の特徴はこのオランダ風車ですかね。
霞ヶ浦の水質浄化装置のポンプだそうな。

突き当たり花室川
花室川に突き当たったところで一旦国道の方に出ます。
対岸は自衛隊の駐屯地なので抜けられませんね。

バス停
国道はバス路線ですが、なんとも物騒なバス停がw
単に自衛隊の教練所があるだけみたいですけどね。

平和記念館入口平和記念館
自衛隊の敷地沿いに歩いて行くと予科練平和記念館があります。
昔の予科練の資料館のようですが、いきなり見える回天の実物大模型がなんとも不気味です。
時間があれば見学したかったんですが、今回ぎりぎりにスケジュールしてしまったことを後悔。
裏手には零戦の実物大模型もあるそうです。
自然歩道とは関係ないので、機会があったらまた来ましょう。

湖岸道路湖岸道路2
後は延々と湖岸歩きなので景色はいいのですが、変化がないのが少し残念。
曇天だったのでちょっと荒涼とした雰囲気の歩きになってしまいました。
その代わり静かなあるきでした。

集落へ集落内
最後は湖から少し離れた集落内の歩き。
しかし大きなお宅が多いね。
何かお店がないかなぁ、と探してみたけど何も無かった。
まっすぐ帰るしかないのね。

終点バス停
12時半にゴールに到着。
バス停のちょっと手前に案内板がありました。
近場に自販機があるのだけは助かります。

JRバス
13時のバスで土浦駅に戻りました。
白河で寄り道して以来のJRバスですな。
日中のバスなのでがら空きかと思ったら結構乗ってました。

なんとなく目処が付いてきて、年度内には茨城県のコースを終わらせられそう。
天気が良ければですが。
次回はちょっと距離が長いですが、湖岸歩きなので気楽に行きましょう。
【参考メモ】
posted by うしさん at 15:47| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2020年02月22日

立川ではない(学園都市のみち(茨城県No.15))

今回はお天気次第ということで、午後から回復なので遅めに出掛けることにしました。
都心は家を出る時点で日が出てたからもう少し早くても良かったかな。
今回も『関東ふれあいのみち』です。

下大島バス停田土部駅跡
足代としてはつくば駅からつくバスの方が安いのだけれど、今回歩くのがほぼバスルートと同じなのでなんか空しい。
そんな訳で土浦駅から行きます。
前回の帰りに乗ったのは下妻駅からのパープルバスでしたが、今回は筑波山口行きの直営の関東鉄道バス。
終点まで行くと、前に乗り換えたあそこに行くわけです。
とりあえず10時半に現地到着。
ちなみにつくバスのバス停は場所がちょっと違うので注意。

連絡道つくば市へ
最初はルートではなく連絡道なのでただの県道歩き。
桜川を渡って土浦市からつくば市に入ります。

スタート地点案内板
11時半、スタート地点の交差点に到着しました。
スタート地点のはずなんだけど、小さな案内板があるのみ。
あれぇ?
不思議に思いつつもとりあえずスタート。

ルート筑波大学入り口
さすが計画都市。
筑波大学の敷地に沿ってま〜〜〜〜すぐ進んでいきます。
でも歩道を歩けるとはいえ、車の通りが多くてあまり楽しくない……
歩いてると結構「学園」の名前が付いた看板を見かけます。
学園都市というと個人的にはあの町なんですけどねw

交差点四阿へ
本当に筑波大学を回り込むように歩くので延々と似たような景色が続きますが、ようやくこの交差点で離れます。
いきなり歩道が無くなり最初どう歩くのか分からなかったのですが、交差点にあった指導看板によると、渡って向かい側の休憩所まで登ると歩道が続くらしい。

案内板
登ったら案内板があったよ。
ルートに入って30分ほど歩いてるんですけどねぇ。
よく分からないコースだ。

コース2
道路に沿ってるんだけど、歩道は別道になってるのね。
さすが学園都市。
桜並木になっていて季節に歩くと良さそうですが、暖かいとはいえまだ2月。
何もありません。

歩道入口歩道
指示に従って歩いて行くと、この場所から目抜き通りのような大きな歩道を歩きます。
公園じゃなくてこれだけ大きな歩道なのがすごい。
看板によると、ロボットの実験地区にもなっているようで、さすつく。

展望台エキスポセンター
12時15分にエキスポセンターに到着。
なんかで見たことあると思ったら万博の会場でしたか。
客が来なかった方の。

しかしこの日はポケモンGOのイベントデーだったようで、俯き加減にスマホを持った人が大勢徘徊してて、なんかラクーンシティを歩いてるようでした。
都心部だとそれ以外の人も多くて気にならないんだけどねぇ。

つくば駅土浦へ
ほど近いTXつくば駅は何回か使ってるけど、こうやって俯瞰で見るとちょっと新鮮。
地下駅のせいで駅っぽくないですね。
駅を過ぎるとすぐに車道に降りて土浦方面に向かいます。

原風景
つくば市もちょっと中心を外れるとこんな風景。
元々はこんな感じだったんでしょうね。
人工的に作られた学園都市、あらためてすごいよなぁ。

昼食昼食2
さて、今回街中歩きなのでお昼はつくば駅周辺予定だったのですが、つくば駅を抜けたら店が……
どこでもいいから次に見つけた店に入ろうと入ったのがこちら。
つくばで懐石料理を食べる事になるとは思わなかったけど、ランチでリーズナブルだし美味しかった。
地元では人気の店だったっぽい。
普通は飛び込みで入るのは難しいみたいで運が良かった。

常磐道
ついに常磐道と交差。
東北道を過ぎたとき以来の節目っぽくてなんか感動。

筑波山
かつて歩いた筑波山やその連なりも遙か彼方。
しみじみ〜

飛行機
土浦上空ってやたらと飛行機が多い。
この日の風向きもあるんでしょうが、成田便と羽田便の飛行機が一緒に低空で飛んでるのを見て「大丈夫なのかなぁ」なんて感じで見てました。
茨城空港も近いし意外と空って過密なのね。

土手歩き桜並木
ずっと車道歩きが続きましたが、最後に桜川沿いの土手歩き。
ここはずっと桜並木が続いていて、春は良さそうなところ。
当然今回は残念ですが……しかも午後からのものすごい風あせあせ(飛び散る汗)
そういえば今年の花見はどうしよう。

ゴールゴール2
市街地近くの土手途中の橋が今回のゴール、15時半に到着。
次回はここから始まります。
ここから土浦駅までは徒歩圏内なので帰りは本当に気楽です。

土浦駅特急ときわ
土浦駅まで歩いて今回は特急ときわで帰ってきました。
平坦で時間が読めたので、今回は事前に切符を手配済み。
帰りにちょっとだけ遅れましたが特急は快適でした。

茨城コースもいよいよ大詰め。
次回からは霞ヶ浦を巡るコースに入ります。
千葉県のコースは昨年の台風でダメダメっぽいですが、とりあえず茨城県は済ましてしまいましょう。
しばらく週末に用事が入るので次回は3月中旬以降かなぁ。
【参考メモ】
posted by うしさん at 22:15| Comment(0) | 首都圏自然歩道