2018年07月01日

道無き道を行く(巨石と杉並木のみち(栃木県No.5 その1))

梅雨明けですね。
短期間で山シーズンが帰ってきました。

さて今回は以前に調べをした厄介コース『巨石と杉並木のみち』です。
公式には連絡コースなのでコースが公開されていませんが、そもそもコースは計画されただけで施設されなかったようです。
なので計画図を元にそれらしい所を歩くということになります。
距離も長いので一日で歩ききれないのが難点で、特に今回はスタートが遅くなるのでお話にならず途中分割することにしました。
今回はその1回目です。
それともう一つ厄介なのが、行きも帰りもバスがデマンド運行で自由が効かないこと。
さすがに運行を申し込んでおいて乗れなかったという訳にはいかないので行きはともかく帰りは現地で申し込むことにしました。

日光線新鹿沼駅
バスの都合上いつもよりゆっくりめ時間の電車。
この電車に会うと東武日光線という感じがします。
昔は浅草まで来てたんですけどね、今は南栗橋で運用分離されてます。
かなりレアな急行で鹿沼まで向かいました。

リーバス旧粟野町役場前
さて前回の終着点であった上粕尾の発光路に向かいます。
残念ながら直通バスは夕方までありません……とりあえず口粟野までは定期バス利用です。
でもマイクロバスなのね、前回は無駄に大きかったのに。
待合所があるので乗り換えは旧役場バス停を利用するのが便利。

デマンドバス
運行予約したデマンドバスは始発便が10時なのでこれが足かせですね。
まあ運行してくれるだけ有り難いですが。
発光路には10時半に到着しました。

発光路林道入口
栃木県のコースマップを見ると前回のコースを逆戻りして峠道へ行く感じで連絡道の一部が見て取れますが、計画コースだと発光路から真っ直ぐ峠に向かって登って行きます。
幸い治山、林業用の林道が整備されているのでそこを歩いて行きます。
木材の積み出す関係でかなり整備された道が続きます。

林道尾根分岐
ただしやっかいなのが林業用なのでやたらと枝道が多いことでしょうか。
特に案内も無いので間違えないように注意が必要ですが、GPS地図を見ながら目指すべき尾根に続いている道はわかったので間違える事はありませんでした。
ただし、右の写真の場所から地理院地図と違ってきます。
地理院地図では正面に見える尾根へと登って行きます、それらしき尾根への取り付きの方向の道が二本ありますがどちらも途中まで登って途切れてしまいます。
その後尾根に登って尾根歩きしても良かったんですが、林道も尾根に辿り着くことは知っていたのでここは無理せず左の緩やかな林道をそのまま進みました。

林道3見晴らし
伐採が進んだ場所まで登ると視界が開けて林業用の道が縦横無尽に作られているのが良く分かります。
しかし良く登ったね。
この日周辺の平地は37度。
標高が高いのでそこまで酷くはないものの暑さでかなりバテ気味になりました。
こまめに休憩を取りながら登ってます。

急登尾根上
滑り止めでしょうか、コンクリート舗装に変わって登りが更にキツくなります。
この最後の登りは本当にバテました。
11時40分に登り切って少し広くなったところに辿り着きました。
ここから先は反対側の谷筋の林業用道とし伸びてるので、いよいよ道を外れて尾根を登ります。

尾根入口ロープ
上の道に出るにはここが最短ルートになるので地元の人も使うのか入口の段差にロープが付いてました。
ロープを使うほどではないのですが目印としては分かりやすい。

林間草地
山に踏み込むと意外と踏み跡があって獣道っぽくなってました。
残ってる足跡から察するに人と野生動物半々くらいって感じw
ちなみに今回、鹿と猿に会いましたが熊に出会わなかったのは幸いでした。
最近は熊鈴だけでなく熊スプレーを持参してます。

送電線東電杭
ちょうど送電線の下辺りは木が無くて青空が綺麗で小休止。
東京電力の杭が打ってあったのでこの尾根は管理地で何かに使ってるのかもしれませんね。

林道へゴミ
10分ほどで上の林道が見えてきました。
距離としては大したことなかったんでしょうけどやっぱり道無き道は不安になります。
最後はゴミの山を越えて道に出ました。
不法投棄酷いな。

出口林道
ちょうどミラーの後ろ側に出ます。
この道自体通常は通行止めで草が生えてますがすぐに峠越えの道に出ました。

舗装道
栃木県のマップの通りの連絡道だとこの道を登ってくることになります。
それよりもかなり距離、時間共にショート出来るので本来ルートは意外とオススメなのかもしれない。
迷わなければ……GPS必須かも。

下り道下り道2
後は舗装道路を下るだけなのでかなり気楽になりましたが、暑くて水分を節約しながらの歩きになったのはちょっと失敗でした。
標高差無いからとちょっと油断してました。

木浦原
13時40分に木浦原の集落まで降りてきました。
標高がかなり下がったのと時間的な要素も加わって激暑い。
しかし自販機があるところまで辛抱なのです。

木浦原バス停
ちなみにここまで来て携帯の電波が入るようになったのと15時のバスに乗れる目途が立ったので電話してデマンドバスの運行を予約しました。
残り1時間、次回のスタート地点の渡戸バス停まで歩きます。

里道旧道
人里の道なので歩きやすいのはいいですが(途中旧道をあえて歩く物好きな歩きもしましたがw)とにかく暑い。
脇にある沢の水が恨めしいくらい喉がカラカラです。

お蕎麦屋さん
ここのお蕎麦屋さんは15時のバスに乗れなかったら17時までの時間調整で寄ろうかと思ってたのですが残念ながらパス。
設置されてた自販機だけお世話になりました。
本当にここで生き返りました。

お天気お店
この日は夕立予報も出ていたので空を気にしながらの歩き。
ちょっと怪しい雲も出ましたが幸い最後までお天気でした。
右の写真のお店はそそられるものがありましたが、アイスを買おうかとアイスボックス覗いたら魚の切り身が入っててアイスが無かった(残念

あきやま学寮前
今回分割地点として次回の最寄り「渡戸」にしましたが、正直一つ手前の「あきやま学寮前」にすれば良かったと後悔しました。
こっちだと庵はあるし、自販機もあってバス待ちがかなり楽だったんですよね。
予約してしまったのが「渡戸」なのでここで時間調整をして進みました。

渡戸バス停
15時に渡戸バス停に到着しました。
バスは19分なので炎天下での待ちが辛い。
せめて木陰でもあれば良かったんですが仕方がない。

葛生駅東武佐野線
お帰りは東武佐野線の葛生駅から。
構内がやたら広いのはその昔石灰の積み出し駅の名残ですがなんとものんびりした駅でした。

電車
しかし屋根の有るところで待ってたら屋根の無い所が停止位置なのね。
不思議な駅でした。

とりあえず連絡道ながら長くルートも良く分からない道でしたが一番の難関と思われた前半の峠越えを無事終えました。
後は結構普通の道なので大丈夫だと思いますが暑いのだけは勘弁だし次回どうしよう……
【参考メモ】
posted by うしさん at 16:44| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2018年06月10日

ダブルヘッダーは長い(高原と牧場のみち+湿原とせせらぎのみち(栃木県No.3&4))

梅雨入りして小休止かと思ってたら週末お天気予報なので急遽出掛けることにしました。
今回の「関東ふれあいのみち」コースはとにかく長い。

日光線鹿沼駅
前回終わった古峯神社に向かうのに一番バスに乗りたかったのですが、東武だと接続が綱渡り……
仕方ないので日光に向かうのに珍しくJR利用です。
初めて日光線に乗りました。
しゃれた感じにしてるのににじみ出る通勤電車感。
まあ元京葉線だしね。

バス車内古峯神社バス停
前回帰りに乗ったのと同じ田舎バス。
この路線はこの車両がデフォらしい。
鹿沼駅からは自分一人が乗車。
新鹿沼駅でトレッキング風味を一人拾って、途中のバス停で更に一人(巫女さんかな?)
皆さん古峯神社までの乗車だったけどこんなものよね。
8時半に今回のコースをスタート。

古峰ヶ原古峰ヶ原2
9時半に古峰ヶ原に到着。
さすがに朝早いせいか前回来た時は駐車スペースが車がいっぱいだったけど空いてて良い感じ。
ここが実質スタートでコースに入ります。

一の鳥居登山道
コースには行ってすぐに一の鳥居?
山頂に何かあるのかな。
とりあえず山道とはいえなだらな道程。

二の鳥居
しばらく歩くと二の鳥居……はて。
やっぱり山頂に何かあるのね。

三枚石三枚石2
10時過ぎに三枚石の所まで来てやっと納得。
金剛山瑞峯寺の奥院が三枚石の所にありました。
古峯神社の手前に確かにあったお寺ですね。
大きなお寺だったけど御朱印は神社限定にしてるのでスルーしてました。
しかし鳥居とは神仏習合まんまね。

金剛水入口金剛水
場所を離れてすぐに金剛水なる看板が。
湧き水でも飲めるのかと行ってみたら涸れとるがな。
まあ地形的に雨が降った後に周辺の水が集まって湧くところなのかな?
湧いててもちょっと飲むのは厳しいかも。

方賽山方賽山より
三枚石から方賽山へ抜けるとそこから牧場が広がり一気に展望が広がりました。
写真と反対側に電波塔があって若干無粋なんですが良い景色でした。

方賽山からの下り前日光ハイランドロッジへ
一気に下って前日光ハイランドロッジへ。
牧場を迂回するように下っていくのでちょっと遠回り。

振り返り方賽山
振り返るとなんとなく歩いて来たところが見えました。

前日光ハイランドロッジ昼食
11時に前日光ハイランドに到着。
今回お昼ご飯はここで食べるつもりだったので用意してこなかったけど11時で上手い具合に営業開始時間でした。
お蕎麦がおいしい。

ここで「高原と牧場のみち」は終了なんですが、交通機関が無くて帰るに帰れません。
ということで今回は次の「湿原とせせらぎのみち」を進んでバス停まで出る事にします。

井戸湿原へサブルート
コースマップを見る限りは右の平坦な整備された道がルートっぽいですが、平行して遊歩道が整備されてるのでせっかくなのでそっちを歩くことにしました。
無駄にアップダウンがあるけど山っぽくてこちの方が好き。
この後ルートは横根山に登るためマップ上も山道に入ります。

湿原荘跡より井戸湿原
横根山を越えてから湿原荘跡経由で下って井戸湿原へ。
場所によっては単なる湿地帯な所もあるのであまり期待していなかったのですが本当に湿原でした。
歩いていて気持ちが良い。

ところで湿原に入る手前に標識あったのですがちょっと分かりづらかったです。
「関東ふれあいのみち」の表記があるのが「湿原周回コース」なんですが、実はこれ湿原を通らずに迂回短絡するコース。
そもそもマップと方角が違うから気が付いたけどせっかく来たのに見ずしてどうするよ……

分岐標識五段の瀧
湿原を横断したところでまた分岐標識が。
帰りのバスの都合もあって今回は時間が余り気味だったので片道0.4kmなら近いし五段の瀧を見に行きました。
時間を掛けて行ったわりにはちょっと残念な感じ。

象の鼻方賽山方面
12時40分に象の鼻に到着。
絶好の展望地で素晴らしい景色でした。
この日歩いて来た方向を一望。

皇海山方面男体山方面
見渡すと遠くにこれまで歩いて来た赤城山、庚申山、その奥に皇海山。
男体山と女峰山、錫ヶ岳、日光白根山と日光の山々が一望出来ました。
曇りでガスがかかっているのも覚悟していたけど、いやぁ良い景色でした。

歩道下山道
時間つぶしに13時半までいましたが、陽が傾くのも嫌なので早めに下って時間をつぶすことにしました。
ロッジに続く整備された道を少し戻ったとこで林道へ下る登山道の分岐がありましたがここまで歩いてきた遊歩道とは明らかにレベルが違う。

下山道2下山道3
こっちは純粋に登山道なんでしょうね。
整備はされてますがお世辞にも歩きやすいとは言えません。
苔生した様子なんかほとんど腐海っすな。

下山口林道
結構ゆっくり下ったつもりでしたが14時前に林道の登山口まで下山しました。
ここから先結構長い林道歩き。

林道2不動滝入口
途中不動滝がありましたがもう少し観光地っぽいかと思ったら単に看板があるだけ。
木の右側に入る道があるんですが見えます?
現地で見ても最初分かりませんでした。

滝への道不動滝
整備されていない分天然っぽくて良かった。
そのかわり足を滑らせると沢に転落するので要注意。

発光路180609_42.jpg
途中山の神ドライブインで休憩(二食目の蕎麦w)を取りつつ16時半に終点の発光路に到着。
(あそこのご主人の蕎麦談義は勉強になったけど不足した塩分とエネルギーを補給したかっただけの者には上品な食べ方はどうでもよかったり……いや、でも勉強にはなりました)
結構時間潰したつもりだったんですがバスまで一時間半。
ぎりぎりになるよりはマシか……

今回のコースの最大の難点は発光路からの交通機関。
一日3本、7時13分の次が17時48分という凶悪ダイヤ。
厳密に言うと日中はデマンドバスがあるんですが午後便は13時半の1本しか頼めないので意味が無い。
結局定期運行のこのバスに合わせて歩いたという次第。

路線バス
しかし来たバスはちょっと意外でした。
過疎地向けの小型バスかと思ったらフルサイズ。
一線を引いた車両なんだろうけど無駄に大きくて田舎道には大きすぎよね。

さて今回は距離、時間とも長くて2コースの一気消化は大変でした。
長いコースで前後のバスが少ないので時間合わせが辛いですね。
文章も長くなりました。
次回はもっと問題だ。
【参考メモ】
posted by うしさん at 17:49| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2018年06月03日

分水嶺を越えて(修験行者のみち(栃木県No.2))

もうすぐ梅雨入り。
晴れの週末も最後になりそうなのでやっぱり出掛ける関東ふれあいの道。
栃木県コースに入ったものの足尾地区は渡良瀬川水系なので今一つ新鮮味に欠けてたのですが今回はいよいよ思川水系に移動します。

わたらせ渓谷鉄道通洞駅
ということでわたらせ渓谷鉄道利用も今回が最後。
のんびりしていて悪くはなかったですが移動手段としては勘弁願いたい。
6時に自宅を出たのに10時半にスタートです。

町並みヤマザキショップ
通洞駅近辺は足尾地区の中心らしいので今回はスタート地点で買い物が出来るのが助かります。
さすがにヤマザキショップがあると思わなかったので食材系は事前準備してしまった。
出来れば地元で消費したかったのですが。

遠景
今回はあの峠を越えていきます。
山登りに比べればかなり楽ですな。

足尾橋ルート
今回の実質スタート場所足尾橋を越えて峠道へ。
舗装道だけど結構凄い道だな。

合流県道
と思ったらすぐに整備された道に出ました。
自動車道はバイパスが出来てたのね。
どうりで放置状態な訳だ。

分岐点林道
しばらく歩いて11時に県道とお別れ。
県道は粕尾峠の方に向かいますがルートは都沢に沿って登って行きます。
それでも舗装されてるのでかなり歩きやすい。

林道2林道3
この橋を渡ると舗装道も終わりますが整備された未舗装道なので特に問題無くペースも順調。
道に沿ってずっと電柱があるのでインフラ維持の道として使われているみたいですね。

合流点再分岐点
12時に粕尾峠からぐるっと回ってきた県道と合流。
この合流点が分水嶺となるのでいよいよ鹿沼市側に入ります。
県道をほんの少し歩いて再び分岐。
今度は完全に歩道になりました。

深山巴の宿
入ってすぐの所で深山巴の宿に到着。
観光案内には大きく出ていた割に誰もいない……

深山巴の宿2深山巴の宿3
日光の霊山信仰発祥の地らしいですが、その割に静かですね。
やっぱり山の奥過ぎて来る人が少ないのだろうか、などと思いつつゆっくりお参りしてきました。
今は古峯神社の御祓所になっているらしいので普通は神社の方に行くんでしょうね。

古峰ヶ原古峰ヶ原2
少し歩くと視界が広がり古峰ヶ原高原に出てました。
山の景色と違って自然を感じる景色といった感じ。

古峰ヶ原ヒュッテ昼食
ここの古峰ヶ原ヒュッテが休憩におあつらえ向きなのでお昼にしました。
今回は大したコースでなかったので軽めに団子とコーヒー。
ほとんどおやつですなw

さてここまで歩いて12時15分。
思ったのですが栃木県のマップを元に作ったタイムスケジュールが12時半予定。
15分しか縮んでないのですが、舗装道とはいえ普通の人が平地を歩くより速いくらいで上がってきたはずなのにおかしい。
庚申山の時も山マップの時間とのズレを感じたのですが、もしかしたらルートマップで時間設定してる人は余程の健脚か机上で実状を考慮せずに理論時間を算出している人なんじゃなかろうか?
あまり栃木県のマップでスケジュール作らない方が良いかも。
※後日確認したら時間計算を間違ってて45分ほど短縮してました。
寄り道も考えたら距離的にそんなもんですかね。


下り林道下り林道2
さて15分ほどの休憩で古峯神社に下ります。
登りと違ってかなり荒れた道に変わりましたが、今ある道路が出来る前に使ってた元の林道をそのままコースにしてあるようです。
しかし全く整備されていないようで崩壊も進んで車が入るのは無理ですね(実際車両進入禁止ですが)
崩壊した場所とかを避けて別に迂回路が整備されてたりして全く同じということではないです。
地理院地図は元の林道そのままが表記されてるのでルートのズレが結構ありましたが案内は充実してるので困る事はありませんでした。

下山道古峯神社入口
最後は今の道に合流してそのまま下り古峯神社へ一本道でした。
13時半に無事古峯神社に到着しました。
次回古峰ヶ原ヒュッテの分岐まで下った道を登るので考えるとちょっと憂鬱。

古峯神社御朱印列
さてせっかくなので古峯神社で御朱印を頂いて行こうと神社に立ち寄りましたが、この神社は御朱印で有名だそうで御朱印を貰うだけでえらい行列が。
これ御朱印帳を受付に出すだけでの行列です。
受付に出すのに30分ほどかかるとは。
受付に着いて14時半のバスに間に合うかと思ったら書き終わるまで1時間ほど待ちだそうで……
先に知ってれば並ばなかったのに30分が無駄になるので次のバスにしました。
おかげで色々見学出来ましたがやれやれです。

古峯神社御朱印
2ページに渡る御朱印の種類は30程あるそうで今回はお任せなので1時間で済みましたが、人気のある複雑なデザインは数ヶ月待ちだそうな。
既に御朱印の主旨から逸脱したコレクターズアイテムねw

バス停バス
さて1時間ほど予定時間が押しましたがバスが比較的多い路線で助かりました。
ここで今風の低床バスだったら興ざめですが古風な田舎路線タイプのバス。
神社の性格上お年寄りも多いのでいずれ置き換わりそうですが、今回はこれ。
ちなみに個人的に温泉バスと呼んでるのは扉が後ろに寄っただけでなく左右2列シートなタイプ。
今回は1+2列なので田舎バス。

リバティ会津
最後に新鹿沼駅から特急で戻りましたがずっとお世話になってた「特急りょうもう」から最新型の「リバティ会津」へ。
やっぱり新型は乗り心地が違う。
観光地から来るせいかちょっと混んでるのが難点かも。

さて多分梅雨入りするのでしばらくは車主体か近場の御朱印歩きかなぁ。
7月は本格山とその前に山開きの穂高神社詣しないと。
【参考メモ】
posted by うしさん at 20:10| Comment(0) | 首都圏自然歩道