2019年10月20日

ぐるぐる回る(焼物とお稲荷さんへのみち(茨城県No.4))

いつもは土曜日ですが今回は日曜日歩き。
翌日に気を遣ってだったけど、よくよく考えると3000mから下ってきた翌日に仕事してるし、それに比べたら大したことないわな。

さて今回もスタートの石寺までの移動が難ですが、水戸からのバスは見限って笠間から行くことにしました。

友部駅
なので水戸まで行かずに友部で水戸線に乗り換え。
妙にだだっ広い駅。

笠間駅日動美術館入口バス停
笠間駅から歩いても良かったんですが、せっかくバス路線があるのでとりあえず日動美術館入口まで移動。
しかし駅前って本当に町の外れなのね、何も無い。
笠間稲荷近くが一番賑やかでした。
まあ、後で来るのでそちらは後回し。
9時半にスタートです。

笠間郊外石寺へ
笠間の町を抜けて前回歩いた県道の笠間側から石寺へ。
気持ち上ってるくらいなので苦はないです。
前回より近いしw

石寺石寺2
10時半にコーススタート地点の石寺に到着。
前回から少し草刈りされた? 看板がみえるようになってる。

田舎道
最初は田舎道歩きから。
前回のコースの延長みたいな感じなので、さして面白味はないですがとりあえず淡々と。

旧道分岐指導標
さて、今回コースをどうしようかと悩んだのがここ。
茨城県のコース説明だとコース通行止めなので迂回するように案内されてたけど、現地に行ったら指導標自体が迂回案内になってる……コース変更って訳ではないのね。
ならば本来コースに行くしかあるまい(オイ

ちなみに茨城県のコース案内って他と違って地図形式なんですよねぇ。
次の曲がる道まで案内されてたりするんだけど、逆順で来ると全く案内が無い状態に陥るという。
親切なんだか、不親切なんだか……

旧道旧道2
旧コースの何が通行止めなんだかはっきりしないんだけど、多分整備されてないからくらいみたい。
倒木とか損壊もないし、通行止めの表記さえない。
ちなみに地元人にとっても近道らしく、最近草刈りされた模様。
歩くには全く支障がなかったです。
多分夏場は草むしてるのかな?

出口ゲート
結局反対の入口ゲートが閉まっているくらいでした。
どうやら茨城県が整備する気ないだけのようです。

細道へ細道
少し歩くと再度細道に。
特別何かあるわけでないので、今のところ面白味に欠ける。

大豆畑お昼ご飯
少し下ったところで急に開けて田舎の風景。
よく見たら大豆畑っぽい。
なんとなく黄葉っぽくて綺麗なのでここでお昼ご飯にしました。
この後は街中に入るから、ここくらいしかないかなぁっと。

田舎道2市街へ
この田舎道をしばらく歩くと国道に出ました。
ここから先が笠間の市街ですね。

中心地笠間稲荷
笠間の中心まできて笠間稲荷へ。
なんか菊まつりが始まったばかりのようで、賑わってました。
普段から賑やかな町なのかは不明ですが、お店の数も多くてちょっと寄り道したい気分。
ここは我慢。

菊笠間稲荷御朱印
社務所に御朱印帳を預けて菊まつりの見学。
あまり時間を潰すわけにもいかないので5分ほどで退散。
白河以来の御朱印。

落石倒木
今回の自然歩き本番、笠間城跡へ。
すごい落石があったけど、由緒によると鎌倉時代のものらしい。
それとすごい倒木。
こちらは先の台風でのものらしい。
通行止めの表示出てたけど、まあ回り込めば普通に歩けるので。
ここまで歩いて撤退はないわ。

石碑佐志能神社へ
茨城県のHPでは笠間城天主の石碑の先は通行止めとされてましたが、一番上まで普通に行けました。
なんだかな。
ただし石段が普通に山登りなので、ちゃんとした靴で登らないと降りるときに怪我するわ。
せっかくなので山頂の佐志能神社で景色を見ながらお茶してきました。

さて、ここからが面倒臭くて、なんかお城跡の周囲をぐるぐる回るようにコースが設定されてます。
しかも一筆書き出来ないという意味不明さ。
無視してもいいんですが、指定してある以上歩くexclamation×2

短絡路林道
登ってきた道を少し下るとトンネルをくぐる道が右手下に見えるんですが、そのちょっと先に普通に獣道っぽい下れるところがあるのでそこを下ります。
なんか本当に道か?って感じですが。
あとはただの舗装された林道歩きなんですが、景色が良いわけでもなく、自然いっぱいの登山道ってわけでもなく、ただ舗装された山道を黙々とあるく苦行。
何をさせたいんだろう……

参拝道
再び城跡まで戻って今度は普通の山道を下ります。
こっちは山っぽくていいな。
これが本来、佐志能神社に向かう参拝道みたいです。
いずれにしても案内が全くないので、GPSが無いと辛いわ。
じっくり地図を見れば分かると思うけど、自分の位置がはっきりしないので不安になるかも。

交差点解説板
来た道の笠間稲荷前を抜けて再度入口の交差点へ。
ここを真っ直ぐ行くのが次のコースへの連絡道なんだけど、なんでコースの途中に連絡道なんだろう。
しかも旧タイプの解説板まで設置されてるし。
本来の終点ってここかと思ったら、この解説板でも笠間駅が終点になってるのね。
ますます分からん。

笠間駅
帰りに栄養補給しつつ14時50分に笠間駅に帰着。
14時59分の電車に間に合った。
次1時間後だしね。

前回より歩く距離は短かったけどなんか疲れたわ。
やっぱり城跡の無駄さの気疲れかw

次回は連絡道からの結構なロングだなぁ。
メンドクサ。
【参考メモ】
posted by うしさん at 21:27| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2019年10月05日

まさかの真岡鉄道(伝説の山と僧兵ゆかりのみち(茨城県No.3))

今回のコースは正直どうしようかと迷いました。
スタート地点に行くバスの到着時刻が13時半。
ゴール地点からの帰りの終バスが14時半。
1時間で6.7kmを歩けとか笑えない……

とりあえず明るいうちがいいので、スタート地点まで歩くことにしたのですが、石塚車庫から県道を歩いて13キロほど。
峠越えのルートだと12キロほど、うーん。
どっちにしようかと地図を見てたら、「茂木駅からも同じくらいじゃね?」
計測してみたら11キロほど。
しかも駅に着くのも少しだけ早い。

真岡鉄道茂木駅
ということで茨城県コースなのにスタートが茂木駅ですたらーっ(汗)
8時15分にスタート。

茂木高校前県道
極力歩く距離を短くする為に地図上で最短コースを選択。
途中までは茂木高校の通学路だったようで、高校生に混ざって歩くアウトドア装備w
交通量の多い県道も歩きましたが歩道がしっかりあったので助かりました。

ツインリンクもてぎ
やたらとエンジン音が聞こえると思ったら、そういやツインリンクの近くでしたね。

県道分岐町道
ツインリンクを過ぎた辺りで県道から細い地域の町道へ。

林道分岐林道
さらに林道へ。
計画してた道が予想外に細かった。

林道2林道3
最初は集落の抜け道的な道路なのかと思ったら、この荒れっぷりは完全に違いますなw
しかし峠を抜けた先は谷間に広がる稲穂が綺麗でした。
まだコースに入ってないのに結構楽しいぞ。

県道合流スタート地点
再び県道に合流してしばらく歩くと、10時10分ようやくスタート地点に到着。
計画では11時15分予定だったので1時間も早く着いたよ。
今回結構スケジュールがタイトなのよ。
お店前の自販機で水分補給と予備を買い込んで、ようやく今回のコースをスタートです。

コース案内コース分岐
塩子支所前バス停の反対側にコース案内がありました。
少し歩くとコースに向かう細道に分岐します。
でも指導標が小さくて分かりづらい。
あれって、コースが分かってないと気が付かないぞ? 歩道の反対側だし。

田舎道山道
今回のコースは全区間舗装道路なので装備も普通です。
しかし、スタート地点までの歩きが結構充実してたので、単なる林間歩きはつまらん……

山道2山道3
車なんて全然来ない細道なのにところどころ2車線になってたり、でもあまりに少ない交通量に半分埋もれてたりでよくわからん道だなぁ。

休憩所ゴールへ
最終盤の七会公民館前に休憩所があったけど、全然景色無いし、トイレも簡易トイレ……
スルーして徳蔵寺に向かうが吉。
しかし、このコースはゴールしてからチェックポイントがあるとか意味不明。

徳蔵寺入口徳蔵寺
ゴールを過ぎてしばらく歩くと11時40分に真のゴール徳蔵寺に到着。
予定より1時間半早く着いたぞ!
今回早く着くこと前提で帰りの交通事情が計画されてるので、この時点でなんとかなった。

徳蔵寺2
ところで、ここには休憩できる四阿と温水便座付きのトイレがあるのでオススメ。
時間的余裕が見えたのでこちらでお昼休憩としました。
食べ歩きが出来るように用意が軽食だったので、あんまりゆっくりしなかったけど。

連絡道へ連絡道
さて、ここからは次コースまでの連絡道です。
時間があるので歩きます。

旧道へ旧道
笠間に向かう交差点の脇に、さくらトンネルが出来る前の旧道の入口があるのでそちらを歩くことにしました。
コース設定時はトンネル無かったしね。
旧道は林業用に現役のようで、普通に車も走れますが、景色があるわけでなく通る車は皆無ですな。
そんなに標高差はないので結構あっさり峠越えしました。

石寺
12時50分、次回スタート地点の石寺に到着。
山越え考慮で時間設定したので逆に時間が余りましたw

さくらトンネル下真端バス停
帰りは峠手前のバス停から帰るので、来た道を戻ります。
さすがにもう一度峠を越えるのは面倒くさいので、帰りはトンネルを利用しました。
しかしバス停到着13時半、バスの時刻は14時36分(終バス)
ギリギリの時間設定のつもりが、逆に早過ぎた……時間調整できる適当な休憩場所が無いのが悪いんじゃ。

結局もう一度峠の途中まで登って木陰で涼んでました……
実は石寺から笠間市街に抜けても良かったんですが、距離があるのと次回の歩きの楽しみが無くなるので、こちらからの帰りにしたんですけどね。
乗り換えの石塚車庫で1時間待ちが苦痛ですが……ホント交通過疎地は嫌だわ。

次回ここから始めると14時26分着なのよね。
無理exclamation
ということで次回は笠間側から入ります。
なので、やっとこの不便なバス路線を使わずに済みます。

とりあえず疲れた。
【参考メモ】
posted by うしさん at 23:05| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2019年09月29日

バスの都合で1コース(杉並木の美しいみち(茨城県No.2))

ちょっと涼しくなって助かります。
今回も『関東ふれあいのみち』の続きです。

御前山バス停登山口
スタート地点は非常に有り難い、バス停直近の登山口。
でもねぇ、今回お帰りのバスの方が問題なんですよ。
幸い、徒歩時分から逆算したら現地に行く最初の便が丁度良いことが分かったので普通に9時50分スタートです。

登山道
前半は前回コースの逆走なのでサクッと移動。
途中すれ違う人なんかもいて、やっぱり涼しくなったのね。
おかげで蜘蛛の巣の心配が無いのが良いw

きのこきのこ2
相変わらずキノコが目に付きました。
結構ほじくり返した跡があったので、地元の人とかが茸狩りしてるのかもしれません。
当然これは食えないわね。

分岐点下山道
ここからが今回の新規コース。
前回は正面の青少年旅行村の方から来たので、今回は左手の西登山口に降りていきます。
距離は1キロ無いのね。

西登山口林道
10時20分、あっさり下山。
早いなぁ。
ここからは林道歩きになります。

舗装道未舗装道
またいつのも車道歩きかと思ったら、今回はちょっと違いました。
前半こそ普通の道路でしたが、途中からだんだん怪しくなって、最後は未舗装の林道に。
車が通れるくらいなのは相変わらずですが、いつもとちがって静かな歩きでした。
コース名にあるだけに、杉の並木道が見事でした。

こまねぎ峠こまねぎ峠2
山から下ったのに林道をだらだら登ってる感じだったのですが、再び車道に出たらこまねぎ峠に出ました。
三方向から登ってくる峠なんですかね。

県道境界標
後は狭い狭い県道歩き。
途中に自衛隊の演習場があって、道の境界線が防衛庁(現防衛省)だったのが物珍しいくらいで、とりたてて面白い場所はありませんでした。

参道境内
終盤にチェックポイントの仏國寺。
整備されてるのでそれほど苦ではありませんが、なが〜い階段を上らされる。
境内に、ちょっとしたお休み処があったので、ここで休憩をさせてもらいました。
今回のコース、適当な休憩スポットがなくてね……もう終盤ですが。

バス停元小学校
13時15分に終点の塩子支所前バス停に到着。
途中の指導標には「七会村塩子小学校前バス停」となってたので、小学校の廃校で名称が変わったようです。
ついでに村も合併で城里町に。
すぐ裏手に元小学校が残ってました。

時間的にも体力的にも次のコースに行けるのですが、いかんせんお帰りの足が確保出来ません。
なので、今回はここまでです。

ライフスポット
バスまで少し時間があったので、近くの交差点にあるお店に行ってみると、店内真っ暗……。
定休日かと思いましたが、地方にありがちなので一応扉に手を掛けると開いてました。
店内に入ると奥から店の方が出てきて応対してくれました。
普通は地元の人しか使わないだろうからねぇ。
おかげさまでアイスと水分が補給できました。

時刻表バス
さて、お帰りは土日は2便しかない貴重なバスでお帰り。
13時52分が終バスなので、乗り過ごすと偉いことになる。
今回のコースにうまくマッチしたので使えたけど、次回は……
当然乗客は自分だけでした。

石塚車庫バス停
一旦石塚車庫バス停まで行って乗り換え来るとき使った路線に乗り換えなんですが、結構離れた場所に降ろされました。
地方なのに都会の交差点みたいなバス停の配置なのね。
しかも接続が悪くて40分以上待たされるのにベンチも無い。
仕方ないので近所のローソンに行ったらイートインが無い。
反対側になったコインランドリーの待ちテーブルで珈琲しながら、ボーっとしてる野郎独りバッド(下向き矢印)

つくづく利用者なんていないから投資する無駄、という姿勢が見えるけど、群馬県や日光地域はマイカー圏だけどそんなことなかったけどな。
この茂木の施策もアレだったので、消極的交通施策はこの辺りの考え方なのかもしれない。

高速バス
帰りはそのまま水戸駅まで戻っても良かったのですが、いい時間に高速バスがあったので手前のバス停で下車。
おかげでかなり交通費を安くすることが出来ました。

さて、問題は次回。
今回のバスを使うと現地着が13時半。
そして次回の終点のバスの終バスが14時半。
1時間で歩ける訳も無くどうしろと?
作戦を練らないと。
【参考メモ】
posted by うしさん at 15:34| Comment(0) | 首都圏自然歩道