2022年06月19日

梅雨の晴れ間で(大磯・高麗山のみち(神奈川県No.7))

今週末は山には行ったけど山登り成分が少なかったので、短いコースなので関東ふれあいの道の続きに行ってきました。
ずっと海だった神奈川県コースに山成分が復活です。
ついでに坂東三十三箇所の続きも少しだけ……

西海岸バス停スタート地点
今回は前回の終点西海岸バス停から。
比較的本数があるので行くときは助かります。
いきなりですが、コース地図を忘れました……GPSに転送したはずなのに出来てなかった。
なんとなく道は覚えてるけど、9時前凄く不安なスタートです。

花水川工事中
しかし今回のコースは今までと違って案内がしっかりしている。
助かったわ。
まずは花水川の橋を渡り土手歩き……のはずが、工事中でいきなり通行止め。
聞いてない。
歩けないのは土手だけなので、とりあえず大きく迂回して反対側から行けるところまでは歩きました。
我ながら律儀だね。

東海道線アンダークロス
東海道線にぶつかって少し離れたアンダーを抜ける。

東海道交差点高来神社入り口
今までからは想像も出来ないくらい充実した指導標に導かれていくと、東海道との交差点に出ます。
バイパスがあるので東海道もこの辺りまでくると県道レベルの作りね。
さて坂東三十三箇所巡りはここからは東海道を歩くので、併せ歩きはここまでです。
ここから先は純粋に関東ふれあいの道。
ところでここの高来(たかく)神社ですが、山の名前は高麗山なのでそういうことなんですかね?

高来神社高来神社御朱印
コースは神社の境内を抜けるようになっているので、神社にお参り。
境内にいた宮司さんにお声を掛けたら御朱印を頂けるとのことでしたので、頂きました。
なんかこう偶然に頂ける御朱印は格別ですね。

分岐点女坂
登山コースは拝殿の奥に男坂、女坂の分岐があります。
ふれあいの道としては女坂が指定されているのでそちらから。
普通の山道ですね。
そこそこ整備されていますが、所々階段が洗われて段差がデカい。

高麗山ベンチ
15分ほどで高麗山山頂に到着、早いな。
気温が高いので結構汗だくです。
奥にあるのが奥宮かな?
展望皆無ですがベンチもあるので水分補給です。

尾根歩き八俵山
ここから先は尾根歩きなので楽々。
お隣の八俵山まで5分ほど(近いよ)
道も整備されていてアップダウンもないので市民の山って感じでしょうか。

紫陽花
途中に咲いてる紫陽花がとても綺麗でした。
里山らしく、あちらこちらに枝道があるのですが、指導標に従って普通に歩いていれば大丈夫でした。
マップがないとこんなに不安になる奴。

テレビ塔湘南平
最後にテレビ塔の脇を登り直して湘南平に到着です。
広くて気持ちが良いところ。
でも車で来られる所なんだよねw

山側海側
こんな景色をお手軽に楽しめる地元の人がちょっと羨ましい。
山の景色と海の景色をこんな形で見られるんですね。
しかもレストラン完備。
いいなぁ。

下山道勝手口
小一時間お昼を楽しんだり、景色を楽しんだりでゆっくりしましたが下ります。
こちら側は山頂が無い側の登山道なので人は少ない。
下った所にあった里山らしい勝手口。
これ家の裏口じゃなくて裏口から登ってきた登山道に付けられたもの。
山肌が私有地なんですね。

松並木距離標
山を下って住宅地を抜けた所で再び東海道。
この辺りは松並木がよく残っている区間みたいです。
久しぶりにこれも見つけました。

細道へ細道
ルートは東海道ではなく、海岸側のバイパス脇のサイクリング道を歩きます。
とりあえず細道を抜ける。

サイクリング道分岐
あとはずっとサイクリング道歩きです。
景色はそれなりにいいんだけど、車の通りが多くてうるさい。
単に移動している気分ですね。
最後は不動川を渡る手前で川沿いを内陸側へ。
コースはここで本当に海とお別れですね。
後は山のみのコース。
ちなみに右手のだだっ広い敷地が吉田元首相の邸宅だそうです。

邸宅庭園
庭先だけは無料で見学出来るのでちょって見てきました。
大磯って伊藤博文に始まり政界の大物が何故か好んで済む場所。
それだけ良い場所ってことなんでしょうね。

城山公園前バス停
さてコースはこの邸宅を反対側に回り込む形の城山公園を抜けた場所にバス停があります。
今回は次のコースのスタートまで移動するのでさらに移動。

連絡道不動川沿い
城山公園をぐるりと回る感じに歩いて東海道線を再びくぐります。
あとは不動川沿いにずっと歩いて行くだけ。
結構自然な感じでした。
「東海道線にこんな景色あったかな?」と思ったけど、普段通ってる線路と反対の貨物線側なので見えないのね。

月京バス停
12時40分に次回スタート地点の月京バス停に到着。
事前に調べたバス時刻と違うと思ったら、交差点の向こうに別路線のバス停があったのね。
交差点を通り過ぎるバスを見て思わず「うっexclamation&question
こっちも15分後に来るからいいやと待ちました(田舎慣れ)
結局二宮駅に出たのですが、大磯とどちらに出ても時間は変わらないし運賃も変わらないのでその時の気分ですなw

さて、次回以降はいよいよ山道主体になってきます。
暑いからどうしようかといったところ。
ヒルは嫌だぞ。
さすがにまだそこまで山奥ではないかw
【参考メモ】
posted by うしさん at 18:43| 首都圏自然歩道

2022年05月28日

烏帽子岩が遠くに見える(湘南海岸・砂浜のみち(神奈川県No.6))

先週は富士山に行ったので今週はいつものコース。
山もいいけど気軽に行けないのがね。
関東ふれあいの道と坂東三十三箇所の掛け持ちで、今回は片瀬スタートの湘南歩きです。

藤沢駅湘南モノレール
簡単に行くなら藤沢からの小田急なのですが、あえて湘南モノレールを選択してみました。
何年ぶりに乗ったんだろ。
下手な遊園地アトラクションより面白いよね。

湘南江の島駅から湘南江の島駅
ビルの最上階が駅だけど、一見駅には見えない駅ビル。
昔もこんなだったかなぁ?

片瀬江ノ島駅海の家
さて、関東ふれあいの道のコースの方は片瀬江ノ島駅前から。
鵠沼海岸は目下海の家を建築中。

鵠沼海岸鵠沼橋
一応ルートは車道歩きの指定なのですが、あまりにもつまらないので海側を歩きますよ。
所定ルートだと鵠沼橋まではつまらないですね。

サイクリングロード辻堂海岸
鵠沼橋を渡ると海岸側のサイクリングロードを歩くことになります。
とはいえこのサイクリングロード砂が凄い。
それでも定期的にメンテナンスされているのか、路面は比較的砂が少なく歩きやすいのはありがたい。
辻堂海岸、茅ヶ崎海岸とこの風景が続くのですが、五月の陽射しが心地よく、飽きがこなかったのは初夏の海といった感じだったからでしょうか。

烏帽子岩サザンC
「烏帽子岩が遠くに見える〜」とまんまな感想。
茅ヶ崎海岸では茅ヶ崎サザンCなるオブジェがありました。
すごいな。

柳島海岸柳島海岸2
柳島で海岸歩きも終了。
終始海を見ていたので気分爽快ぴかぴか(新しい)
寄り道で柳島の人口護岸を歩いていたら前常念の岩場を思い出しました。
まあ、あっちはこんな綺麗に並んでいませんけどね。

終点解説板
柳島海岸を出るとコースゴールがありました。
10時半に到着。
しかしこのコースは一本道のためか、いつものコースらしい案内が少なくて、単に歩いただけって終わってしまった。

湘南大橋
続けて湘南大橋を渡って次のコースまでの連絡道。
車道歩きでつまらんなー。

海岸道海岸歩道
と思ったけど、地図上にはないですが引き続き海岸沿いに道が続いてました。
しかもこちらはサイクリングロードとして未整備の昔ながらの海岸道。
ある意味こちらの方が自然歩道よねw
連絡道の方が満足度が高いのは関東ふれあいの道にはままあること。

海岸歩き花水川
人工造成したもののようですが、自然な感じの砂道なので足にきます。
長く続いた海岸歩きも花水川に到達してここまで。
いよいよ内陸側に入ります。
「さらば海exclamation」ではないのだけどね。

国道へ国道出口
バス停は花水川に沿った少し離れた場所ですが、11時5分という微妙な時刻。
バスの時刻まで15分しかないよあせあせ(飛び散る汗)

西海岸バス停
少々早歩きとなりつつ、まあ間に合わなかったらどこかでご飯にすればいいやと意外と気楽。
このバス停毎時0分と20分なんですよね。
他の場所のバス路線と合わせて共通区間は20分ごとみたいですが、変に寄っていて使いづらい。
で、20分発に向かって歩いてる訳で、乗り遅れたら40分待ちよw

平塚駅
結局は間に合ったんですけど、駅前に地元系のご飯処が無かった……駅前のコメダになりました。

次回は久しぶりの山登りルートですよ。
低山だけどね。
ヒルがいる山は嫌なのでどこまで冬前に歩くかねぇ。
【参考メモ】
posted by うしさん at 17:40| 首都圏自然歩道

2022年04月20日

坂東三十三ヵ所巡りとの合わせ技(稲村ヶ崎・磯づたいのみち(神奈川県No.5))

やっと関東ふれあいの道の続きが歩けます。
今回はちょっとイレギュラーの歩きです。

逗子駅交差点
スタートは逗子駅から。
連絡道の途中の途中をここで区切っていたので続きです。
次のコースは鎌倉。

踏切
今回は続き歩きなのですが、もう一つ目的があります。
坂東三十三ヵ所の続き歩き。
二番目札所の戻りから逗子駅に向かう時に通ったのがこの踏切向こう。
一応その場所まで寄り道して、こちらも続きがスタートです。

県道上り坂
さて、神奈川県の連絡道はルートが特に示されていないので自分で決めて歩くのですが、せっかくなので名越切通を越えていくことにしました。
そんなわけで住宅地の中を登る。
しかし激しく急な坂ですが、よくもまあこんな場所に。

切通入口名越切通
住宅地の片隅に史跡でもある古道がひょっこり現れます。
住宅地が近すぎて山越え感が著しく薄いのですが、まあ近所の裏山程度の感じですかね。

まんだら堂やぐら群
途中にまんだら堂やぐら群という史跡があるのですが、非公開なのね。
まあ見たかった訳じゃないけど。

下り鎌倉側
鎌倉側に抜けて下っていくと横須賀線のトンネルの上辺りにでました。
住宅が迫っている地形とは思えないほど山奥感。
昔の鎌倉を垣間見た感じです。

踏切踏切内の花壇
下ってきて横須賀線の踏切を渡ったのですが、ここで衝撃的な風景。
踏切内の上下線が離れているとはいえ、花壇とベンチがある……どういうことexclamation&question
まんま踏切の中なので、センサーがあるのに休憩スペースって理解できない。

安養院安養院の御朱印
踏切を渡った先の道を、あとはずっと市街地に向かって歩くだけ。
なんですが、今回は寄り道前提の歩きなので道を外れて坂東三十三ヵ所三番札所の安養院。
鎌倉のお寺ですね、中に入るだけで200円取られます。
御朱印自体合わせるとなんだかなぁって感じ。

スタート地点由比ヶ浜
寄り道しつつも由比ヶ浜に到着。
ここからやっと本コースになります。
長い連絡道だった。
しかしサーファー多いな。

長谷寺へ
さて、今回のコースは湘南の海岸線を歩くコース。
海岸を少し歩いたところで早速寄り道。
坂東三十三ヵ所四番札所の長谷寺です。

長谷寺長谷寺御朱印
聞いた名前と思ったら名刹で有名な長谷寺そのものでした。
もう少しすれば紫陽花が綺麗だったのですが、まあ新緑も良い感じです。
しかし御朱印を貰うために入場料をがっつり取られるのは辛い。
鎌倉のお寺はここで最後だから仕方ない。
とりあえず今回の目的の御朱印は完了です。
再び戻って稲村ヶ崎に向かいます。

江ノ電鎌倉高校前駅
稲村ヶ崎から七里ヶ浜の海岸線はいいですが、車の渋滞はなんとからなないものか。
まあ、これも名物といえば名物ですが。
江ノ電を下から眺めるのは初めてです。
お馴染みの鎌倉高校前駅も初めて。

小動神社小動神社御朱印
歩いてる途中で神社を発見。
由緒案内とか出ていたので立ち寄ってみました。
宮司さんのお宅が社務所を兼ねていたので訪ねてみると、御朱印を頂けるとのこと。
想定外の場所でゲット。

江ノ島へ
終点の片瀬江の島の直前で大きく寄り道。
江の島です。

江の島大橋江の島
丁度お昼時だったので、食事でも楽しもうかと寄ったのですが人がいっぱい。
コロナの影響も大分減ったのかな?

江島神社江島神社御朱印
人が多かったので今回は島の奥までは行かずに神社だけ寄ってきました。
江島神社ですが、弁財天の方が有名?
御朱印なので、一応神社の方でお参り。
今の御朱印帳がもうすぐ終わるので、ここで新調することにしました。

昼食
せっかくなので海鮮を楽しんできました。
うまし。

駅へ片瀬江ノ島駅
そして片瀬江ノ島駅に13時半到着。
噂には聞いていたけど本当に竜宮城ね。
【参考メモ】
posted by うしさん at 00:05| 首都圏自然歩道