2020年11月23日

軽く一歩き(城跡をたずねるみち(千葉県No.29))

サブルートの割にちょっと中途半端な距離だなぁ。
などと思いつつ前回と同じ時間にお出かけ。

東金線成東駅
前回は成東駅まで総武線ルートで行ったんですが、よくよく考えたら東金線経由の電車の方が、乗り換えも便利で10分ほど早く着くという。
ということで東金線です。
前回は佐倉駅で追い抜かれた特急電車より速く着くのね。
今回は9時前にスタートです。

踏切分岐点
踏切を渡って少しだけNo.6コースを戻りますが、毘沙門天の所で分岐。
実質ここからがスタートですね。

田舎歩き田舎歩き2
前半は特段特徴のないので、田舎の風景を楽しみつつ移動。

未舗装道高台
舗装道路だけかと思ったら未舗装道路もありました。
少し登らされますが、周辺の高台との地形の差を感じるには丁度良い感じでしょうか。
また下の道まで降りていくんですけどね。

反対側から帰路
先ほどまで歩いた台地を反対側から見るとご覧の通り。
今回は盆地状の所をぐるりと巡るような感じで歩きます。
ちょっと退屈気味。

両総用水
途中、不自然な場所だと思ったらまた両総用水の渡りでした。
それと分かる所を渡るのはこれが最後かな?

総武線
ぐるっと回ってきて再度総武線の踏切渡り。
最初に渡った踏切と駅を挟んで反対側の踏切を渡っただけなので、本当にぐるりと一回りしてきただけですね。

作田川入口
成東城跡は作田川を渡った先の高台。
高台の麓の水路に沿ってしばらく歩きますが、意外な所で城跡への入口がありました。
なんか人の家の裏山に登る感じですな。

山道本丸跡
山道を登って本丸跡へ。
愛宕神社がありますが、土塁などもあって山城の雰囲気がよく残っていました。

眺望紅葉
少し離れた場所が広場と四阿がありましたが、この日は地元の老人会が球技中。
一昔前に公園を占拠して子供が遊べない状況が再現されてました。
やるなとも言えないし難しいねぇ。
ちなみにここからの見晴らしは今ひとつでした(下藪が……
少しだけ紅葉も見られました。

住宅地裏手
一見自然豊かな城址公園ですが、他の部分は宅地開発が進んでいて残念な感じ。
元は山歩きのコースだったんですかねぇ。
反対側は良い感じに田舎風景が見渡せるのですが。

裏道終点
最後は大通りから裏のの旧道を歩いて、前回途中にあった終点へ。
ちょうど蓮池の所ですが、指導標によると東池というらしい。
手前のため池の名前かな?
ということで11時過ぎに終点です。

バス停高速バス
蓮池のほとりで休憩して、帰りは近くのバス停に移動しました。
千葉県のHPでは求名駅まで歩くようになってますが、こちらの方が近いし乗り換えも無いので楽です。
前回帰ってきた時と同じ高速バスですが、こういう途中のバス停って場所がはっきりしないのが面倒ですね。
普通は地元の人しか使わないからなんでしょうが、大学の寮が近いためか若い人も数人乗ってきました。
コロナが早く治まるといいねぇ。

次回はまた本ルートに戻ります。
千葉県のサブルートは前半だけなので、後は東京湾を目指して房総半島を横断するのだけれど、先に行くほど交通機関が面倒なのは今までと一緒ですな。
冬場の房総半島は癒やしなので今冬中に歩いてしまいましょう。
【参考メモ】
posted by うしさん at 12:31| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2020年11月15日

意外と田舎歩き(伊藤左千夫のみち(千葉県No.7))

先週から再開しましたが、さっそく今回も行ってきました。
千葉県のHPを見たら台風関係の通行止めも少しずつ回復しているのね。
次のコースも行けそう。

成東駅分岐点
今回は成東駅からの9時スタートで、前回の道を少し逆行することになるのですが、微妙にコースが違う。
この交差点を右に曲がるんだけど、もう少し先の道に入ると単純になるんですけどね。
なんでだろう?
大通りで分かりやすいからな?(今さら)

指導標
さらに大通りを離れる地点には次回のコース指導標も建ってる。
指定はこっちではないはずなんだけど、よく分からないなぁ。

ルートへ田園歩き
再度踏切を渡って広々とした風景の歩き。
刈り取りが終わって少し荒涼とした風景ですが、こういうのが結構好き。


民俗資料館伊藤左千夫生家
途中、このコースの名前の元になっている伊藤左千夫の生家がありました。
野菊の墓の作者だそうで……読んだことないけど。
作家の生家にどれだけの価値があるのか知らんけど、有料じゃ見る気も起きないないので通過。
保存の関係で仕方ないんだろうけどねぇ。

食虫植物群落地
続けて訪れた食虫植物群落地。
こんな季節だから人もいないんだろうけど、さらに追い打ち。
整備中で入れませんでした。
作業中の方が入るなら開けてくれると行ってくれたけど、目的はそっちじゃ無いので丁重にお断りして風景写真を撮っただけw

右折未舗装道
さて、この後は求名駅までは田園風景の中を主に歩くのですが、県のマップと現地の案内に不一致があるのがここ。
県の地図だと曲がった後はずっと直進なんですが、現地の指導標は畑の中を曲がって未舗装の農道を歩くように指示されてます。
現地に行けばしっかり案内されるので迷うことは無いと思いますが。

未舗装道
しかしルート上に未舗装の道があるとは思いませんでした。
雰囲気的に舗装道ばかりかなぁ、と。
未舗装なのに電柱が建ってると、田舎の原風景っぽい。

距離標距離標2
今回のルートでよく分からないのがこれ。
実はルートの終点が求名駅になってるんですよね。
そして求名駅を過ぎた区間では始点が求名駅になってます。
元は別ルートとして作られたんでしょうか?
昔の文献を見ても一つのルートになってるから計画段階ですかね。

踏切求名駅
そんな訳でルート的には踏切を直進していけばいいんですが、一旦求名駅まで行くようにルート設定されてます。
何なんだろう。

合流地点
さて踏切を渡ってしばらく行った先から平地に別れを告げて山の方には行っていきます。
まあ、山といっても里山程度ですけど。
この場所はNo.29コースの終点にもなっていて、枝コースの合流地点ですね。

蓮池
少し入ったところにある蓮池は、花の時季に来れば良さそうな所でした。
枯れた蓮池はなんか汚いw

両総用水用水路橋
再び両総用水と交わってしばらく用水沿いに歩くと、用水の鉄橋がありました。
なんか絵になる風景。

用水路橋2
橋の先で再び上を越えたので、水が流れてるのかと思ったらパイプラインでした。
なんかつまらん。

妙宣寺妙宣寺2
途中にあった妙宣寺。
大きくて立派だったので立ち寄ったけど、境内が駐車場になってるのはちょっと萎え。
観光地じゃないから余計なお世話なんだろうけどさ。

農業大学へキャンパス沿い
今度は台地に登って行って農業大学のキャンパス沿いの道(キャンパス内なのかな?)
販売日には収穫した野菜を販売してるみたいだけど、この日は休止日。
徒歩だから買っても持ち帰りがアレだけど。

下り
登った分下る。
裏手なので細道です。
起伏に富んだ道が続きます。

稲荷神社参道
下ったところで稲荷神社があったので「書き置きの御朱印あるかなぁ?」と行ってみました。
そうしたら、めっさ登らされた。
後で調べたら裏手は大学側からはほぼ水平で来られた模様。
下った分、また登った訳ねw
残念ながら御朱印はなし。
トイレがあったので借りたからお賽銭でもと思ったけど、賽銭箱が見当たらずお金も置いてこられなかった。
賽銭箱が無いって不思議な神社だ。

岩川池コーヒー
最終盤、岩川池の畔に良い感じの四阿があったので、お昼も過ぎたしコーヒーブレイク。
水草が多くて鴨が自然な感じで騒いでるのが逆に良い感じでした。

看板歩道
池を過ぎてから知ったのですが、この辺りは自然体験の森なんですね。
そのおかげで、大分歩道の道がよくなります。

見晴台東金市街
後の祭りですが、見晴台もあったならこちらで休憩すれば良かった。
こっちはそこそこ人が来るので落ち着かないかもしれませんが。

八鶴湖東金駅
公園から下って八鶴湖へ。
そこから10分ほどで終点の東金駅に到着しました。
このまま電車でも良かったんですが、乗り換え多いのよね。
座ってのんびり帰りたい。

バス停
ということで帰りは高速バスにしました。
八鶴湖出口の交差点にバス停があるのでそこまで戻れば乗れるので便利。
湖で暇つぶし出来るしね。
ほぼ1時間に1本東京行きがあるのが有り難い。

お天気が良かったから山に行っても良かったんですが、ここのところ仕事の方が多忙で早起きして登山口に行くのが辛い。
多分来週も関東ふれあいのみちかな。
次回は距離が短い枝道があるのでそちらをこなす感じですが、距離が中途半端で嫌だなぁ。
【参考メモ】
posted by うしさん at 14:02| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2020年11月03日

こちらも再開(埴輪と遊ぶみち+山武杉のみち(千葉県No.5&6))

ようやく休みになったのでこちらも再開しました。
本当に久しぶりですね。
8月のクソ暑い中、連絡道を歩いて以来ですか……

今回のルートは、一部通行止めの区間があるということで復旧を待つ意味合いもあったんですが、一向に直す気配がないので行くことにしました。
まだ民間の被害が終わってないから無理なんだろうなぁ。

岩本町駅
今回は珍しく岩本町駅からのスタート。
関東ふれあいのみちとしては高尾方面を歩いた時以来ですか。

東日本橋駅成田空港行き
東日本橋から浅草線に乗り換えて直通の成田空港へ。
羽田空港行きと成田空港行きがあるところが、浅草線らしい。
羽田方面は旅行者らしき人が結構居ましたが、成田はやっぱり空いてるわね。

バス停スタート地点
羽田空港から空港シャトルバスに乗り換えて芝山町の文化センター前で下車。
ほど近い役場前が今回のスタート地点になります。
ということで8時20分のスタート。

飛行機
朝から結構着陸便があるなと思ったらFedExだから貨物便でした。
まだまだ国内線くらいだろうしね。

ルート芝山仁王尊へ
今回のルートも自然感ないかなぁ、と思いつつとりあえず歩く。
道はさすがに田舎っぽいところが増えてきて、なんとなく良さげな感じ。

芝山仁王尊芝山仁王尊2
最初の立ち寄り芝山仁王尊は思ったより大きなお寺でした。
三重塔まであって、意外な規模。
朝早いこともあって人はいませんでしたが、普段はどんな感じなんだろう?

田舎道石標
芝山仁王尊を抜けるといっきに田舎道に入りました。
こういう道は大好き。
久しぶりにこれも見つけました。
千葉県は無いのかと思ってた。

芝山仁王尊3
少し離れたところかの方が、芝山仁王尊の威容が分かります。
目立つなぁ。

アンダー林間ルート
さて、今回の問題地点。
このアンダーをくぐった先のルートは倒木で通行止めということなのですが、適当な迂回ルートも紹介されていなし、絶対入るなよ的な感じでもなかったのでそのまま進む。
まあ、倒木なんて山じゃ普通だし、なんとかなるっしょ。

倒木指導標
腰くらいのところに倒木が邪魔してますが、とりあえず普通に乗り越えられるかくぐれました。
このあたりは……
林間にある指導標がもの哀しい。

荒れ道殿塚・姫塚古墳
古墳直前の区間は人がほとんど入らないのかかなり荒れちゃってますね。
藪漕ぎってほどじゃないから普通に歩けるんだけど、GPSがないと方向を失いそうです。
とりあえず歩き抜けました。

林間歩き田園歩き
後は林間と田園風景の歩きです。
普通の道路が多いかと思ってましたが、舗装はされているものの、田舎道が多くて意外と楽しめました。

圏央道
途中、圏央道をくぐりました。
高尾山以来?
おぉぴかぴか(新しい)

ゴール自販機
10時半に最初のコースのゴールに到着。
続けて次のコースに入ります。
すぐ近くで貴重な水分補給所を発見。
ありがたや〜
塩にたばこと切手という専売の看板が懐かしい店構えでしたが、店自体はやってないのかな?

変更ルート新ルート
さて、今回直前にルートの変更が行われたそうで、指導標もマップも新ルートが案内されていました。
従来はここを直進なんですが、左折で細道にはいります。
一応従来の道も歩けなくはないようですが、住居前と農作業道を抜けるルートがよろしくなかったんですかね。
個人的には新ルートの方が味があるような気がしますが、はてさて。

指導標
旧来の指導標も微妙に角度を変えて新ルートに向かうようになってました。
元は左の細道方向。

細道へさらに細道
富士フイルムの工場前の道から細身にへ、その奥をさらに細い道へ。
この辺りの道の変化はなんとなく楽しい。

空間
山林を抜けた先に開ける空間が人の営みの歴史を感じる瞬間。
人間ってこうやって平地を切り開いてきたんだなぁ。

両総用水両総用水2
行き着いた先にある、不自然な土手のような高台は両総用水だそうで、地下水路なので見えませんが、ところどころそれっぽい施設がありました。

山林へ山道
最後に山林を抜けたのですが、いい道だな、おい。
イノシシの罠とかあって、ちょっとだけ警戒。

平野部へ
ということで無事山を抜け、だだっ広い平野部へと出てきました。
この真っ平ら感、なんか久しぶり。

町歩き成東駅
街中に入って13時過ぎに無事、成東駅に到着しました。
このまま帰っても良かったのですが、せっかくなので駅前で遅めの昼食。
今回はお店が開いていて助かった。

特急
小一時間で特急電車が来るのが分かっていたので、お帰りは特急「しおさい」で東京に戻りました。
こんな機会でもないと乗る縁がないし。
なかなか快適でした。

正直今回の歩きはそれほど期待していなかったのですが、予想外に自然豊かな歩きでした。
舗装道が多めではあるのですが、山道もしっかりあって、心のリハビリが出来た気がします。
これから寒くなるとコース稼ぎが捗りそうです。
また暇なときを見つけて次のコースを攻めたいと思います。
【参考メモ】
posted by うしさん at 15:37| Comment(0) | 首都圏自然歩道