2019年01月29日

山を振り返る(2017)

2年前の自分の山歴整理を今年も。
ということで2017年の総括です。
やはり「関東ふれあいのみち」がアウトドアの中心になっているので、それ以外だとそれ程行ってないですねぇ。

武甲山から秩父市歩行マップ
最初の山行きはは2月4日。
秩父の武甲山でした。
前述の「関東ふれあいのみち」が群馬県コースに入ったので埼玉県内の気になる山を登る形で行きました。
武甲山自体興味があったんですけどね。
採石で絶壁になっているおかげで眺望は素晴らしいの一言でしたが、ちょっと可哀想な山でしたね。

大岳山山頂より歩行マップ
続いて行ったのが3月19日の大岳山。
こちらも奥多摩地方を歩いた時に気になっていた山ということで行きました。
春先にもかかわらず人が多かったのが印象的でした。
やっぱり奥多摩は人気です。

北穂高岳登山中歩行マップ
しばらく間が空いてその次はGW。
既に恒例のとなってる北アルプスの雪山に戯れに四泊五日で行った北穂高岳。
それまで比較的安全な燕岳だったんですが、雪山もある程度慣れたので北穂高岳となりました。
正味は二泊三日なんだけど標高三千メートルで日がな一日を雪山を見ながらくつろぐ贅沢がたまりませんでした。
山頂の絶景も素晴らしかったけど、登ってる途中の景色もまた素晴らしかった。
今見るとこの急斜面を良く登るわw

荒船山歩行マップ
6月10日にはまたも「関東ふれあいのみち」のコースから外れて気になった山の荒船山。
遠方からもその形が特徴的だったし名前は知っていたのですが、この機会にと登りました。
山頂から覗き込みたくなるこの絶壁は本当に吸い込まれるようでした。
落ちる人がいるのも分かる。

唐沢岳より高瀬ダム歩行マップ
さて夏山シーズンに入り、7月の三連休は当然北アルプス。
表銀座を全て行ってやろうとマイナーだけど玄人健脚向けのコース餓鬼岳と唐沢岳に向かいました。
長い玄人向けのコースでしたが人が少なくて本当に自然一杯なところでした。
最北端の唐沢岳に到着して見た高瀬ダムには感激しましたが、後に反対側から眺めることになるとはねぇ……

大菩薩嶺歩行マップ
ちょっとどこに行こうか目的意識を失っていた時に大魔法峠を見て行く気になった大菩薩嶺w
動機がなんだかなぁって感じですが、名前は有名なので行ってみたかったのは事実。
結構簡単な山で拍子抜けでしたが、あえて長いコースをとったため歩きがいは有りました。
7月28日に行きましたがちょっと天気が悪かったのが残念でした。

8月は例によってイベントの為お休みです。

唐沢コースマップ
普段は単独が基本なんですが、誰か巻き込みたくて友人を連れて行ったのが9月22日の涸沢。
紅葉にはちょっと早かったのが残念でしたが、高所恐怖症の友人があそこまでよく行ったわね。
行ければ奥穂高岳まで登りたかったんですが、やっぱりダメでした(そらそうだw
この時初めてテント泊をして、がちキャンもいいなぁっと。
ゆるキャンも悪くない気がしてきたので今年はしたいかも。

剱岳より歩行マップ
秋は天候不順で行きたいところに行けずにうずうずしてましたが、北アルプスのシーズンギリギリ最後についに剱岳に足を延ばしました。
10月7日から現地入りしたので本当に小屋が閉まる直前でした。
初日の麓まではお天気最悪でしたが翌日以降が最高の天気でこれ以上に無い素晴らしい山行きでした。
剱岳から立山に縦走して黒部ダムへ下るという贅沢コース。
険しかった分、登り切った時の達成感が凄くて、絶景ということもあってこの時は本当に降りたくなかった。

一応普通に登山したのはここまでなんですが、「関東ふれあいのみち」では群馬県コースということもあって榛名山、赤城山も登っていてなんだかんだで結構充実した山ライフででしたね。
技量も上がって昔に比べて行きたいところに行くという感じになってますが、いかんせん長期の休みじゃ無いと行けないところばかりが残っていていかんともし難い。
今年も有休は無理そうなのでカレンダーの三連休を狙って色々行きたいかな。
シーズンは混むのが難点ですが。
とりあえず2月の連休はどうしよう……冬山だけど。
posted by うしさん at 01:00| Comment(0) | その他

2018年05月08日

山歴を振り返る(2016年)

2年前の山行きならどういう位置づけだったか振り返られるだろうと前回の振り返りから一年以上経ったので、今回は2016年を振り返ってみます。
総集編みたいなものですね。

燕岳より大天井岳 歩行マップ
この年はオフシーズンの歩きが完全に「関東ふれあいのみち」に軸足が移ってしまったので全然登山に行ってません。
しかしブログにしていないものの、実はゴールデンウィークに二年連続で燕岳に行ってます。
雪深い北アルプスを期待して行ったもののこの年は記録的な少雪でしたがそれでも充分に景色は雪山。
アルプスを眺めてのビールが格別でした。

蝶ヶ岳から穂高岳 歩行マップ
次に登ったのが7月の再びの北アルプス表銀座。
それまではフルで歩いたことが無かったのですが3連休で中房登山口から上高地徳沢まで歩きました。
蝶ヶ岳から見た穂高は最高とは聞いていましたが確かに最高でした。
涸沢がどれだけ標高が高いかも良く分かりました。

岳沢 歩行マップ
次が9月で奥穂高岳だから本当に関東ふれあいのみちと北アルプスしか行ってないなw
ということで最難関コース奥穂高〜西穂高を歩こうと思って行ったのですが悪天候のため断念しました。
それでも雨の中重太郎新道経由で下山するあたりが往生際が悪いですね。

北沢峠
9月にはもう一箇所仙丈ヶ岳の北沢峠登山口までは行ったのですが、こちらは登り始める段階で大雨で登山そのものを断念しました。
この年の秋は雨に祟られた感じがします。

岳沢より上高地 歩行マップ
諦めきれずにそのまま上高地に移動して岳沢小屋まで登って泊まって山気分だけ味わってきた想い出。

西穂独標から上高地 歩行マップ
シーズンの終わり11月に友人を連れて西穂高岳へ。
当日に初冠雪という不幸?もありましたが、独標まで行ってきました。
紅葉と雪のコントラストが素晴らしかったです。
しかし本当に普通の山は北アルプスしか行っていないなw

両神山より 歩行マップ
あまり登りたい山というのが無くなっていて「関東ふれあいのみち」がメインになった年でしたが、そのふれあいのみちで秩父まで行ったので、両神山を攻略したくなり別日に登りに行きました。
百名山ということもあってちょっと興味が湧いたわけですが、行った結果は素晴らしい天候に恵まれて大満足の山登りでこの年を締めくくることが出来ました。

2016年を振り返ると「関東ふれあいのみち」攻略が楽しくてあまり山に行かなかったかな?という気がします。
posted by うしさん at 21:42| Comment(0) | その他

2017年03月20日

山歴を振り返る(2015)

2015年は2月からの開始。

茶臼岳歩行マップ
前年の3月に雪山登山で勝手を知ったのでこの年は厳冬期の2月7日に茶臼岳に行きました。
当然冬山装備も充実。
グローブやフルフェイスの頭巾なども導入されました(どこに行くのかw
6時から登り始めてゴッサムでしたが氷の世界を堪能しました。
勢いで剣が峰を越えて朝日岳にも行ったのは余程厳冬期の雪山が気に入ったようです。

高尾山からの夜景歩行マップ
2月21日には今度はまた行き慣れた高尾山へ。
しかし6号路を登り始めたのが16時半過ぎ。
夜景でも撮影しようかと登りました。
当然ケーブルカーは終わるのでわざわざ真っ暗闇の稲荷山コースを下るという。
行方不明者の捜索に来た警察官に職務質問されるという貴重な体験もしましたw

吹き上がる雲歩行マップ
3月4日は雪の残る三本鎗岳へ。
那須は厳冬期に来てるのでもう何も怖くないw
吹き下ろす雲が山肌を駆け上がるという不思議風景が感動的でした。

大下り歩行マップ
4月は一旦お休みして5月4日から連泊で北アルプス燕岳へ。
燕岳単独はこの時が初めてですが、雪の北アルプス初挑戦でした。
雪山歩きも慣れたのでそれが自信に繋がって行く気になったんですかね。
合戦尾根を登り切った時の感動は凄かった!
中日にこの景色を見ながらの昼寝が一番の贅沢でした。

流石山から茶臼岳歩行マップ
6月13日は宿泊したいと思ってた那須の三斗小屋温泉を絡めて那須の集大成的な歩きをしてきました。
いつもの登山口ではなく温泉神社から入るという力の入れよう。
南月山や大峠の更に向こう流石山まで行ったのはこの時が初めてでした。

西穂高岳から歩行マップ
7月18日には何度か行って叶わなかった西穂高岳の主峰へチャレンジ。
奥穂高岳や槍ヶ岳より難しい部分があると知ったのは両山を登った後ですが、念願叶って到達しました。
でも西穂高とお天気の相性が悪い。
晴天で登りたかったですが、夏場はこんなもんですかね。

谷川岳歩行マップ
まだまだ行きます。
7月25日には某アニメに感化された集大成、谷川岳へw
谷川岳って凄い激しいイメージがあったんですが普通に登るだけならそんなでも無かった。
大雨でロープウェイが運休だったので行った(普通は逆w)のですが、予想通り山小屋が空いてて良かった。
子供の頃からの憧れトンネル駅の土合駅も体験出来ましたし満足。

筑波山歩行マップ
8月23日は近場でまだ行った事の無かった筑波山。
子供の頃の遠足でロープウェイを使って登った事はありますが、どんなところだったかも不確かだったのですがやっと理解しましたw
少しガスってたのが残念ですね。

大高山歩行マップ
8月29日には以前天覧山に行った時に知った飯能アルプスに挑戦しようと雨模様でしたが行きました。
雨と暑さで想定以上に体力を奪われた上、道を間違えて遭難しかけるという体たらく。
GPSを持って行くのを忘れたのが最大の敗因ですね。
迷った部分のルートは地形から推測です。

三つ峠歩行マップ
9月12日には友人を引き連れて2回目の三つ峠山。
ちょっとした足慣らしのついでだったんですが、慣れない人を案内するのはやっぱり大変だと思いました。

鷲羽岳から槍ヶ岳歩行マップ
そして満を持して9月19日、この年しかないと決め込んで乗り込んだ北アルプス裏銀座!
ガスが出た以外はほぼ全日程好天に恵まれました。
ブナ立て尾根から登って重太郎新道へ下る。
最高の贅沢でした。

さて色々行き過ぎて北アルプスも余韻に浸る状態だし、近場も枯れてきた時期に新しく攻めるのも何だし、ということでネタを探してました。
そしたら例の飯能アルプスは首都圏自然歩道というのに入っているらしい事を知り「それじゃ順番に攻めてみようか」ということで足慣らし関係は「関東ふれあいの道」にシフトしたのがこの時期です。
ほぼ毎週行ってましたね。

茶臼岳から裾野歩行マップ
山の方はというと、紅葉を見に行こうと11月3日にまたまた茶臼岳へ。
残念ながら一足遅く紅葉が終わった時期でしたが、麓の紅葉が上から眺めて綺麗でした。

陣馬山から富士山歩行マップ
その後は「関東ふれあいの道」にシフトしてましたが12月20日に単独で陣馬山へ行ってます。
この時は買い忘れた山バッジを求めに行っただけだったようなw
暇ですね。

子の権現から飯能市街歩行マップ
涼しくなって(というか冬ですが)12月27日に飯能アルプスにリベンジしました。
装備は万全、完全山装備で今度こそ天覧山から子の権現まで歩ききりました。
普通は逆向きで下る方で歩くみたいですが、やっぱりゴールは山だよね。

2015年はかなり濃密に山に行ってますね。
北アルプスが一つの区切りに達したのがこの年の最も大きなエピソードな気がします。
posted by うしさん at 18:29| Comment(0) | その他