2017年03月11日

山歴を振り返る(2014)

2014年に入って1,2月は自粛。
真冬はさすがに寒いです。

茶臼岳山頂より歩行マップ
3月16日に雪山に行きたくなってまだ冬山な茶臼岳に行きました。
せっかくだから日の出も見ようと朝の3時から登山開始。
大丸温泉からなのでちょっと遠い。
真っ暗闇の中登る雪山は歩き慣れた道だから出来る芸当ですがかなり重症ですねw
さすがに山頂は氷点下8度。
朝日に映える雪山の美しさに目を奪われてしまいました。

雲取山歩行マップ
4月はお休みしてGWの5月3日には泊まりで行けるコースということで雲取山に行きました。
まだまだ春山は寒いというイメージで行ったら想定以上に暑くて脱水症状に。
標高は茶臼岳とそう変わらないんですよね。
足が痙攣するし遭難するわけにもいかずゆっくりゆっくり山小屋に向かって夕方近くに着くという今までで一番危なっかしい山行きでした。

5月18日はまたまた茶臼岳。
5月の雪がどのくらいあるか興味があって行ったんですが、15時に登り始めるという余裕で既に庭と化してます。

日光白根山歩行マップ
やはり梅雨時は行く機会が取れなくて7月に入って今度は矛先を日光へ。
ということで7月12日は日光白根山に登りました。
足的にバリエーションを加えるために山地図をあーだこーだと見始めたのがこの頃でしょうか。
標高差1000メートル、歩行距離が10キロ程度は難なくこなしてます。
次の週の前哨戦ではあるのですが。

大天井岳から槍ヶ岳歩行マップ
満を持して7月18日に表銀座デビュー。
とはいえまだ縦走はそれ程自信もないので日程的にかなり余裕を持たせて、3泊4日で燕岳から常念岳まで歩きました。
今考えると過剰なくらい慎重ですねw
雨こそ降らないものの二日目の夕方にして槍ヶ岳が見えた時は感動でした。
そして大天井岳から伸びる東鎌尾根を見て「次回はあっちに向かう!」と次なる目標を立てたのでした。

8月は例によってイベントで……ええ。

三本鎗岳歩行マップ
9月7日にトレーニングがてら三本鎗岳へ。
朝起きて天気が良かったら「行くか」くらいのノリです。
もうこのくらいなら休憩無しで行くようになりました。
それとこの回からカメラがコンデジからミラーレスに変わりました。
山行くといいカメラが欲しくなるというのは本当ですね。

ブロッケン現象歩行マップ
9月13日にこの年2回目の北アルプスへ。
北上して白馬岳の大雪渓を体験。
秋なのでそれ程残っていませんでしたが、それでも大きな雪渓があって「これがかの有名な!」という感じでした。
この時山よりもついでに寄った杓子岳で初めてブロッケン現象を体験。
すげーすげーとはしゃいでました。

槍ヶ岳歩行マップ
まだまだ北アルプスは終わらない。
9月20日には再度表銀座に入り今度はついに槍ヶ岳へ。
目標を二ヶ月後に叶えてしまいましたw
足が絶好調だったので初日に西岳まで行くという、我ながらよくやる。
おかげで二日目に槍ヶ岳の穂先に下山者が去って登山者が来る前という絶妙の時間に着いたため、がら空きの穂先という貴重な体験をすることが出来ました。
槍ヶ岳独占って凄いわ……
更に大キレットを通ってパノラマコースも堪能して上高地に降りるという贅沢三昧を全日程好天の三泊四日でした。
今までで最高の山歩きだったと思います。

あのケーキ歩行マップ
翌週の9月28日は珍しく友人と高尾山。
山友ではないので山頂メシが目的でしたがさりげなくネタに走ってますw
それでも小仏城山から相模湖まで下りるコースを取るところが素人いじめですね。

天覧山より歩行マップ
10月19日には山と言っていいのか……飯能の天覧山へ。
某アニメの影響ですがその後しっかり多峯主山まで押さえてます。
この回自体は大したことないのですが、この後関東ふれあいの道に続くきっかけとなりました。

三つ峠歩行マップ
続いて11月8日には三つ峠へ。
これも某アニメの影響ですが、正直オフシーズンに行く山が無くなっててきっかけを探してた時期でもあります。
そういう意味で丁度良かったのかもしれません。
自分のレベルに合わせて十分な歩行距離を取っちゃうのが一般の人とは違うところでしょうかw

鷲ヶ峰より歩行マップ
またまた影響で11月23日には霧ヶ峰に。
行ったことが無い場所だったのでいい機会となりました。
現地の駐車場で寝てたら緊急地震速報と震度5に見舞われたのは良い思い出ですw
誰もいない車山の日の出が気持ちよかったです。
さすがに朝は寒かったですが冬枯れの霧ヶ峰も楽しかった思い出。

十二分にあちこち行ったので12月はどこも行かずでしたが足が筋肉痛と無縁になったのは強い。
総括すると完全に北アルプスにのめり込んだ感がある年でした。
posted by うしさん at 22:31| Comment(0) | その他

2017年03月09日

山歴を振り返る(2013)

年が改まって2013年こそは穂高に行くぞと月一登山が定番化。
目指すは秋のシルバーウィーク!

八溝山歩行マップ
1月20日に安全な雪山歩行が出来る場所を探して八溝山へ。
ここは無雪期は山頂まで車で行けるので車道へエスケープ出来るのが強み。
ということで行きましたが結構雪深かったのでいい運動になったのを覚えてます。
まだ冬の本格登山には興味なくて運動がてらの低山メインなので冬装備は無勉強状態。
この時、スノーシューの人を見かけて「ああいう装備もあるのか」と学んだ次第。
本当に現場学習ばっかりな奴ですね。

陣馬山歩行マップ
2月10日は再び高尾山へ。
さすがに体力、技術も向上したので稲荷山経由で高尾山から陣馬山まで足を延ばし藤野まで全て歩くコース。
初めての奥高尾でしたが高尾山の奥深さを知りました。
直近で雪も降ったのですが、雪山の慣れもあってなんとなく技術の向上を感じられたりもしました。

中岳からの下り歩行マップ
3月17日は残雪残る高原山(釈迦ヶ岳)
一般的なコースでなく西平岳経由にしたのは距離を稼がないとトレーニングにならなくなってきたからですが、大分体力ついてきたんですね。
安心のためのアイゼンもこの回から導入しましたが、稜線縦走で無理して下った崖の戻りが雪で登れず木の枝にしがみついて必死によじ登った思い出。
後先考えずに安易に歩いちゃいけないとお勉強になりました。

黒滝山歩行マップ
4月21日は挫折した黒滝山へ再挑戦。
暖かい日が続いて春山の雰囲気だったのに直前に冬型で降雪があったため、完全に雪山登山となりました。
しかも当日も雪が降ってるし……
積雪は前回より多いものの冬山装備が充実したおかげで奥まで行けましたが、この回も途中で挫折しましたw
不案内な山で雪山は無理ですね。

黒滝山山頂から歩行マップ
5月はイベントが多くて……6月9日に三度黒滝山へ。
今度こそ完遂するべく4時過ぎに入山。
ルートも熟れたせいか、地図にないショートカット出来る短絡コースを使いました。
そのせいか雪が無い分順調に登って8時過ぎに山頂に着いてしまうという。
無雪期ならかなり標高差1,000m程度のコースもこなせるようになってきたという感じでした。

茶臼岳山頂歩行マップ
7月7日は足の仕上がり成果を確認すべく、また茶臼岳へ。
ちょうど初めて登った1年後くらいになります。
すっかり足が出来上がってて登山口から山頂まで1時間かからなくなりました。
一所懸命登ってたのが嘘みたいです。

冠着山から善光寺平歩行マップ
7月30日には出張のついでに冠着山(姥捨山)という仕事なのか遊びなのかw
スイッチバックで有名な姥捨駅を使いたかったので電車を使いましたが登山口が遠かった。
それと長野とはいえ暑かったw
帰りに1時間に1本の電車に乗り遅れそうになって時間に追われる山登りはこりごりだと感じた回。

磐梯山頂から猪苗代湖歩行マップ
自信がついてきたので、8月25日に北アルプスを目指そうと西穂高岳を計画してましたが天気が悪そうで断念。
代わりに会津磐梯山に登りました。
さすがに真夏の磐梯山は暑い……
冬山は平気なのに夏はバテて自分は寒冷地仕様だと実感。
きついコースは秋だなぁ、と自己分析したりしてました。
この時一緒に行った山登りの先達から「あんた十分に健脚だよ」と言われて「まだまだ体力も技術も無い!」と不信だった自分に自信を持つことが出来たのがこの登山でした。

鹿の湯歩行マップ
さすがに磐梯山だけではトレーニングにならないので翌日の8月26日に那須朝日岳まだ軽くピストン。
12時には下山して鹿の湯に入ってる始末w

10峰から独標歩行マップ
9月14日に計画してた西穂高岳を敢行。
奥穂高岳の前哨戦として1泊で焼岳経由の西穂高岳で体力と技量試しに行きました。
ところが台風接近で二日目は早めの下山を余儀なくされて主峰は行けず。
それでも降りる技量と気力が分岐点と思われた独標から先が難なく行けることが確認出来たので、これなら重太郎新道も大丈夫だろうと自信を持つことが出来ました。
この時は下山時が大雨でレインスーツはあったけど、まだ登山用のじゃなくてアウトドアに毛が生えたような装備でした。
ストックや靴など常用装備を少しずつ充実してた時期なのでそういうのが後回しになってましたね。
しかしこの後も西穂高岳はお天気に恵まれないのは何故だろう。

前穂高岳から奥穂高岳歩行マップ
シルバーウィークで岳沢小屋に予約してたものの、お天気リスクに自信が無かったので天気予報とにらめっこで先送りにして10月12日と相成りました。
穂高岳には思い入れがあって、穂高神社本社、奥院、嶺宮の三社参りするつもりで9月中に日帰りで穂高神社に詣でてて御守をもらってきてました。
奥院に詣でてからの岳沢小屋だったので時間的にも丁度いい感じでしたね。
しかしその日の夜に穂高が初冠雪。
雨より難易度が上がって悩んだものの様子見で重太郎新道へ入りました。
登りだったおかげでそれほど苦労が無かったのと好天で雪解けが進んだので無事吊り尾根から前穂高岳と奥穂高岳へと登頂しました。
吊り尾根歩きの最中ずっと見える上高地に感動しっぱなしでしたね。
体力的に余裕は無かったですが時間はあったし休憩を入れつつ行けたのが良かったのかな。
今思うと息が上がってこの時も軽い高山病だったみたい。
山頂に着いた時の感激は今でも忘れられません。
ということで初涸沢は下山でしたw
(マップの赤色は2日目 桃色は3日目

大願達成してしまったのですが、すっかり北アルプス好きなってしまい次回は縦走をするべく基礎体力を維持するための山登りが続く。

朝日岳から茶臼岳歩行マップ
ということでペース維持で11月16日に再度朝日岳へ。
雪が降り始めていて那須の雪景色にもちょっと興味が出てきました。
穂高に登った時に雪があったのもある意味影響したかも。

釈迦ヶ岳歩行マップ
この年の締めは12月14日の釈迦ヶ岳です。
すっかり雪山行く気になってます。
しかも雪景色の日の出を見るために4時前から登り始めるとか山病が悪化してますね。

3000メートル級の本格登山も達成して技量と気力のバランスが取れた年だったかと思います。
posted by うしさん at 22:10| Comment(0) | その他

2017年03月07日

山歴を振り返る(2012)

山歴の続き。
明けて2012年も目標への準備が続く。

高ボッチ山歩行マップ
真冬は危ないと思いましたが、登山道ではなく林道歩きなら大丈夫だろうと1月14日に塩嶺峠近くの高ボッチ山に行く事にしました。
真冬の山も興味あったし。
全区間林道歩きなので危険性は無いので山歩きという感じでは無かったのですが、新雪歩きと氷点下10度を下回る冬の美しさが際立つ歩きでした。
興味の無かった冬山が好きになったのはこの経験が元かもしれませんねぇ。

この後はさすがに気温低下でアウトドアは厳しくなったのと、生活環境の変化などもあってしばらく行けなかったのですが足腰作り兼ねてを夏に山登りを再開しました。

茶臼岳歩行マップ
まずは7月1日に手ごろな那須茶臼岳へ。
素人的には茶臼岳って敷居が高いイメージだったんですが調べてみると意外と初心者向けで峠の茶屋駐車場からは高尾山程度の山なんですね。
それでも半年間のブランクは痛かった(筋肉的にw

茶臼岳から日の出歩行マップ
8月26日に二回目の那須へ。
この時はご来光を見たくなったのとトレーニングのために距離を長くしたので朝4時前に登り始めて山頂で日の出を見ました。
この時夜間装備とGPSデビューです。
その足で隣の朝日岳、更に奥の三本鎗岳まで行き、大峠から三斗小屋温泉を廻ってくるコース。
昔なら三本鎗岳なんてめちゃくちゃ遠くて行けないと思ってたけど行ったら近かったw
いやぁ、進歩だねぇ。
でも後半は辛かった。
道が荒れるてるうえ、暑くて水分切れに見舞われて三斗小屋温泉で水をがぶ飲み。
(最近の登山マップからはルートが消えてます)
体力もいっぱいいっぱいになって峰の茶屋に戻ってきた時はヘロヘロでした。
水分補給用のグッズが加わったのがこの後ですw

常念岳から穂高岳歩行マップ
長距離歩行も耐えたしある程度足腰にも自信が持てるようになったので、9月29日に山小屋泊で念願の北アルプス初挑戦(焼岳はノーカン)
今考えると段階踏む順番を間違えてますが常念岳に一ノ沢から入りました。
安曇野からででんと見える常念岳は象徴的に見えたんですよね。
登山届も初めて書いた(オイ
標高差1,500mと空気の薄さを実感した山登りでした。
常念乗越まではなんとか登れたんですが、山頂まではご高齢のベテランに抜かれるくらい数歩歩いて一休みを繰り返して死ぬ思いでした。
夕飯は食欲なくてあれ軽い高山病ですね。
いやぁ、素人だわ。
初めての山小屋では勝手が分からず山の名前も知らないので周りの話題にもついていけずでしたが、小屋のご主人が色々話をしてくれて山小屋の良さを実感した山小屋デビューでした。
山小屋好きなのはこの経験からじゃないでしょうか。

この反省で穂高岳に行くには足腰が弱いとの判断と個人的に岳沢から登りたい願望があったので技術の向上するまで我慢の子です。
筋力維持には月1回は山に行かないと無理と悟りどこかしら行くように心掛け始めたものの、秋はイベントだ旅行だで行くことが出来ず。
だからってトレーニングって嫌いなんですよ、実践は好きなんだけど……運動部に入らなかった理由の大半がこれ。

当時の冬装備歩行マップ
結局再開したのは登れることを知った那須塩原の駅前に大きく見える黒滝山の12月9日。
既に雪景色でしたがGPSのおかげでコースロストの心配は無くなったのが強みとなりました。
この頃はまだ冬山装備が無くてホームセンターで買った昭和30年代みたいな農作業用の足首スパッツで登ってました。
稜線雪山の厳しさを知ったのがこの回で、目的地まで行けずに途中断念して引き返しました。

この年はとにかく反省と体力づくりの決意の年でした。
あんまり登れなかったね。
posted by うしさん at 21:57| Comment(0) | その他