2022年01月17日

熊野古道(伊勢路)で栃原まで

今回は伊勢神宮に行ったついでに熊野参詣道(熊野古道)の伊勢路を歩いてきました。

西国から熊野の後に伊勢神宮を訪れる人、逆に東国から伊勢の後に熊野三山を訪れるための道だったようですが、自分は東国人なので伊勢から熊野かな。
街道としては伊勢本街道の一部と熊野街道をつなげたような感じでしょうか?
以前伊勢本街道の先端、古市参宮街道を内宮から外宮まで歩いたのですが、今回はその先を熊野に向かって歩いてみることにしました。
いずれは熊野に着くのかなぁ……

外宮前道標
外宮前からスタートですが朝8時だと人がいませんね。
外宮すぐの所に道標がありました。
えっexclamation&question
結構歩く人いるのかな?

筋向橋
筋向橋、ここは四日市から来る伊勢街道と伊勢本街道の合流地点。
昔は橋が架かっていたらしいですが、今は欄干だけ。
ここから左に折れて伊勢本街道を歩きますが、左手に昔の川の名残も見えたりしました。
以前伊勢市内の末社巡りしたときに通りましたな。

宮川へ宮川河川敷
宮川への土手に当たるところで歩道がなくなるので、階段を上へ。
そのあと土手沿いに行くのではなく下におります。
昔は渡し船があったそうなので、渡し場(柳の渡し)へ向かうのが正規ルートということになりますが、当然途中で途切れるので迂回で度会橋に向かいます。

宮川解説板
土合橋を渡って反対側に抜けると旧街道っぽい細道に変わります。
昔の渡し場の解説板なんかもありました。
伊勢街道の渡しは下流の桜の渡しなんだそうな。

街並み郊外へ
渡し場付近の街並みを過ぎるといよいよ郊外って感じですね。
このままどんどん進んでいきます。

武者隠し
玉城町に入って城下町らしさが出てきました。
路の右側が微妙にギザギザになってますが、これは昔の武者隠しの跡だそうです。
要は隠れ場所ね。

道標分岐点
玉城町の中を微妙に折れ曲がりながら歩いてここが熊野街道の起点。
熊野古道の伊勢路としては伊勢からなんだろうけど、街道としてはここが起点らしいです。
伊勢本街道自体は大和の方に向かうらしい。
さすがに歴史のある場所だけあって、古い街道が多いのね。

参宮線県道
参宮線を渡って県道に出たらしばらくは県道歩き。
歩道がしっかりしてるのが助かる。

東外城田神社東外城田神社御朱印
途中、いっぱい鳥居が並んでいる東外城田神社に寄り道しました。
少し郊外でしたが、登りが立っていたので社務所を期待したら宮司さんがいらっしゃいました。
無事御朱印を頂きました。
伊勢から歩いて来たと言ったら驚いていたけど、あまり御朱印で街道歩きの人っていないのかな?

分岐仏様
県道と別れて細道へ。
こうなると俄然テンションが上がります。
ちょうどこの場所に仏様が安置されていて、熊野巡礼の安全を祈る場所との解説。
そんなところもあるんですね。
歩かないと気がつきません。

分岐2
再び道が分かれて、真っ直ぐは和歌山山街道、左が熊野街道。
案内がしっかりしていて助かるけど、古い案内がそのまま残ってるのなんとも。

西外城田神社
峠の入口でもう一ヵ所寄り道、西外城田神社。
こちらは残念ながら無人でした。

女鬼峠入口案内板
最後の集落を抜けるといよいよ女鬼峠。
ここからは熊野古道を売りにしたハイキングコースのようで、案内がめちゃ綺麗w

轍跡切り通し
山道を想像していたのですが、全然そんなことなくて林道レベルの緩やかさですね。
その昔荷車で越えたくらいの道らしく、岩についた轍の跡なんてものもありました。
轍で付いた跡というより、滑って傾かないように溝を彫った気がするけど。
峠を登り切った所は切り通しになってました。
この切り通しを迂回してさらに登るコースに展望台なるものがある模様。
一応そちらにも行ってみました

展望台より
展望台からはこれから降りていく谷を見渡すことが出来ました。
反対側に降りると、切り通しの反対側に出ます。
20mくらいしか移動してないので切り通しを元に戻って本来の道を改めて通過しました。
律儀だね……
この景色を見ながら小休止のお昼ご飯をしましたが、これが最後に効いてくるとは……

下山道下山口
この程度の勾配だから本当に歩きやすい。
ということでそんな時間もかからず下山しました。

県道古道
あとは県道を歩いたり、沿って残ってる旧道を歩いたりを繰り返しながら進みます。
最後は熊野街道の方ではなく、熊野古道の方を使って栃原に出ました。
街道に比べて山沿いのコースなので最後の最後でちょっと疲れた。

馬鹿曲がり
最後に栃原駅近くの馬鹿曲がりに出たのですが、完全に計算を誤って着いたのが14時22分。
栃原を列車が出たのが13時55分。
高台の休憩時間分乗り遅れた。
いや、元々30分くらい勘違いしていたのもあるんですが……
次の列車が17時過ぎ、松阪に向かうバスでも16時40分過ぎ。
この冬空に詰んだ……w

川添神社川添神社御朱印
仕方ないので元々時間があったら寄るつもりだった川添神社に寄ってきました。
ちょっと変わった神社で、参道が下ってから再び登る構造なんですね。
社務所は無人でしたが、宮司さんの連絡先があったので電話したら来てくれるとのこと。
宮司さんともお話しましたが、下って登るのは全国的にも珍しいそうです。
無事御朱印も頂きました。

まあ、後はやることもないので狭い町中を見物して回ってました。
さすがに16時を過ぎると日が暮れてきて寒かったですがw
昔の旅籠が現役で残ってるのがちょっと意外でした。
次回は泊まってみようかな。

帰りはバスでしたが、列車の方が断然安いし松阪に着く時刻もさして変わらなかったのですが、如何せん寒くて一刻も早く乗りたかった。
歩き疲れたのと、寒さに耐えた自分にご褒美を与えるために松阪牛ステーキ250gをペロリ。
全てが帳消しになりましたw
次回伊勢に来たときはこの続きを行きたいですが、とりあえずは瀧原宮まではいかないと。

<今回の歩行マップ>
歩行マップ
タグ:伊勢路
posted by うしさん at 00:36| 街道歩き

2022年01月10日

歩き初め

ちょっと日が経ってしまいましたが今年の歩き初めの記録。
正月から山というのもお休みにならないので、今年は街道歩きから始めて見ました。

保土ヶ谷駅保土ヶ谷祝本陣跡
とういうことで東海道です。
以前鎌倉街道に逸れてしまったので止まっていた保土ケ谷からですが、去年の5月以来ですね。
8時15分に歩き始め。

国道1号旧道へ
郊外に出たので基本的に国道1号歩きなんですが、所々一昔前の国道にタイムスリップ。
昔の道だとちょっと嬉しかったりする。

権太坂入口権太坂
この日は箱根駅伝の復路の日だったのですが、駅伝でよく聞く権太坂。
こちらがオリジナル。
そんなに長くはないですがそこそこの急坂でした。

細道
意外と近郊でもこんな細道になるんですね。
というか、住宅地ではあるけど元を正せば十分に山だからねぇ。

品濃一里塚細道
アップダウンの途中にあった品濃一里塚。
両側にでかでかと小山が残っているのは珍しい。
最初、谷間かと思いました。
それだけ昔の道のサイズということなんでしょうが、本当に細いですね。

品濃坂
そして品濃坂は環状2号線に完全に削り取られてましたw
東海道が歩道橋になってる……

220103_11.jpg
秋葉大橋の脇にある細道を抜けて国道1号に合流。
国道から外れた区間が長くて結構楽しめました。

跨線橋戸塚宿
10時半に戸塚宿に到着。
さすがに宿場町の面影がほぼ無いですね。
駅直近の踏切は廃止になってましたが跨線橋があるのでルートとしては歩くことが出来ました。
昔の中心部より駅の反対側が栄えてるのはどこも同じね。

富塚八幡宮富塚八幡宮御朱印
毎度の宿場町の神社立ち寄り。
戸塚は中心から少し外れた富塚八幡宮です。
お正月だからか分かりませんが人がいっぱい。
普段はどうか知りませんが、この日は御朱印を頂くことが出来ました。

合流国道1号
しばらく歩いてバイパスと合流。
残念ながらまだ箱根駅伝が通過してなかった……
反対車線だから観客は少なくて普通に歩けたのが不幸中の幸い。

分岐歩道
しばらく歩いて再び旧道に。
この旧道は県道ながら歩道が完全分離されてます。
街中ということではないのによく整備されてます。

諏訪神社諏訪神社御朱印
藤沢宿に入る直前で見つけた諏訪神社。
藤沢宿って遊行寺の方が大きそうだけど、その向かい側のこの神社に寄ってみました。
鎮守社っていう定義自体がお寺中心の街には向かないかもしれませんが。

交流館藤沢宿
この後、坂を下って藤沢宿に到着です。
入口のところにある藤沢宿交流館。
なんか昔の高札場みたいな感じですが、歴史的施設ではなく単なる観光施設でした。
小田急の藤沢本町駅付近が元の藤沢の町なので、比較的古い家も残っていました。

白旗神社白旗神社御朱印
町に入ってから、八王子道側に入ったところにある白旗神社も見に行きました。
こっちの神社の方が大きいのね。
一宿一社を基本で歩いてるのですが、こちらの方が大きいのでこちらでも御朱印を頂くことにしました。
お正月のためこちらも人がいっぱいです。

二宿分なのでそんなにないかと思いましたが、意外と長い歩きとなりました。
全体的に今の国道から外れた区間の多い歩きでした。
やっぱり裏道っぽい細い道が好きですね。
なんとなく暮らしや風土を感じることが出来ます。
ここから先は本格的に郊外になるので、文化がどう変わっていくのか楽しみです。

今回の歩行マップ
歩行マップ
タグ:東海道
posted by うしさん at 22:19| 街道歩き

2021年05月30日

いざ鎌倉

今回は街道歩きの番外編です。

東海道を歩き始めて、江戸期以前の街道である鎌倉街道の資料もいくつか拝見しました。
全貌は不確かながら、東海道から分岐して鎌倉に至る部分は結構はっきりしているんですね。
いずれ坂東三十三ヵ所巡りもしてみたいと思っていたので、その1番札所である杉本寺がこの街道沿いにあります。
そんなわけで、いつか始めるであろう計画の下準備としてそこまで歩いておこうというのが今回の趣旨です。

初電車内
それはいいけど、夕方にちょっと用事があったので朝一番の電車で出掛けることにしました。
4時半の京浜東北線で東京駅から横須賀線の初電です。
がら空き。
こういうとき自宅が都内だと楽ですね。

保土ケ谷駅分岐点
5時半に保土ケ谷駅に到着。
前回歩いた東海道の終点手間、駅近くの問屋場跡の看板の所に鎌倉街道との分岐点があります。
元の道は失われていてこの辺りが一番近いということらしいです。

街道入口坂道
踏切を渡って、国道(現東海道)を渡ると実質的なスタート地点ですかね。
台地に向かって登って行きます。
しかしこんな台地にびっしりと住宅が建っていて、通勤だと駅からの道程が重そう。

台地首都高
登り切ったら田園風景……とならないのが横浜らしい都市風景。
どこまでも住宅地です。
しばらくいくと首都高速を渡りますが、階段の歩道が元々の旧道だそうな。

大岡方面下り坂
今度は南太田に向かってがっつり下っていきます。
こうやって見るとかなり登らされたんだなぁ、っと。
このあたりは普通の道が続きます。

鎌倉街道旧道分岐
今の鎌倉街道にぶつかった所で弘明寺までは大通り歩きです。
横浜国立大学を過ぎた所で旧道と別れますが、一般的な旧道って感じです。

笹下釜利谷道路旧道へ
上大岡で今の街道と再度交わりますが、ここはクロスする感じでそのまま進みます。
大岡を過ぎて現行の鎌倉街道と別れますが、今度は笹下釜利谷道路が旧街道です。
様相が変わるのが新川橋の交差点から。
旧街道は笹下川を渡らないように作られているので、今の自動車道路と別れて生活道路である細道に変わります。
そういえば、この辺りの路線バスって京急ではなく江ノ電なんですね。

細道細道2
ということで台地と川との間の細道歩きなんですが、台地の斜面にまで住宅がいっぱい。
すごいな横浜。

根岸線台地へ
再び笹下釜利谷道路に合流した後、根岸線のガードをくぐって環状3号線を過ぎた所でまたまた分岐。
笹下川を渡らないように歩いて行きますが、ここからは台地に登って金沢に向かいます。
相変わらず台地の上も住宅でいっぱいなんですけどね。

住宅街公園脇
台地に登り切って彼方まで見える住宅街の図。
すごいですね。
とはいえ公園があって樹木も多いせいか、途中で道を渡るリスを見かけました。
なんだかんだで自然が残っているのがこの辺りということでしょうか?

公園入口園内ハイキングコース
しばらく歩いた後に最後に緑道公園に入ります。
正直普通の公園だと思っていたのですが、本格的な自然公園でした。
街中にある公園ですが道が完全な山道。
ある意味鎌倉街道が元の姿で残っている的な雰囲気。
正しいルートかどうかは知りませんが。

210529_23.jpg切り通し
想定外の楽しいルートでしたが、切り通しとかやっぱり旧街道の名残りなのかな?
解説板によれば金沢は昔はもっと湾が入り込んでいたそうです。
金沢八景の由来はその時代の物なので、今見える景色は埋め立て地に広がる街ですね。

下山口
下った入口には六国峠入口の看板が建ってました。
昔は台地じゃなくて普通に山だったんでしょうね。
いきなり街の真ん中ですが、近くにこんなコースがあってちょっと羨ましい。

突き当たり記念碑
街中歩きで金沢文庫駅をすぎて海に突き当たった所で金沢八景駅の方へ。
途中、明治憲法起草の地とかいう記念碑が建ってました。
なんかこの辺りで考えたらしい。

210529_28.jpg瀬戸神社御朱印
途中、瀬戸神社という大きな神社があったので寄り道しました。
今回宿場町想定とか無いので単純に気まぐれです。
何かのご縁でしょう。
御朱印帳に頂けました。

環状4号線切り通し入口
金沢八景からは環状4号線が旧鎌倉街道になります。
鎌倉とのメインアクセス道路になるので、車の通りも多くてのんびり歩ける雰囲気ではないです。
しばらく歩いて行くと歩道の反対側に小さく朝夷奈切通の看板がありました。
押しボタン式の信号機もあるし、前段でちょっとした旧道もあるので見落とすことは無いと思います。

通行止め看板登り
入っていったら「この先鎌倉へは抜けられません」の通行止めの看板が……マジですか…
まあ、初めてだしどんな所かとりあえず行けるところまで行ってみようと登っていきました。
観光地らしく下草もなく歩きやすい道ですね。

通行止め峠部
熊野神社の直前で通行止めになっていたのですが、先に人がいたので奥まで行ったのか尋ねると鎌倉側から来たとのこと。
50mほど先で通行止めになってたけど、特に崩れたりしてないし熊野神社を見に来たそうな。
ってことは道はふさがってないのね。
どうやら、この峠部分の両脇が崩れやすいから通行止めらしい。
一般観光道としてはそうなんだろうけど、登山道としては普通以下じゃないですか?
引き返す理由もないのでそのまま通り過ぎましたが、行政的には何かあったときに責任がとれないってことなんでしょうね。

朝夷奈切通朝夷奈切通2
鎌倉側の方が切り通しの雰囲気はありますね。
水が湧いてるのもなんとなく山っぽい。
足下が滑るので要注意ですが。

金沢街道鎌倉へ
山道を抜けて金沢街道へ。
ここから鎌倉までは車道の下り歩きなので気楽です。
途中に坂東三十三ヵ所の杉本寺がありますが、今回はスルー。
まだその時では無いw

鶴岡八幡宮裏手境内
ほぼほぼ休み無く歩いて11時前に鶴岡八幡宮の裏口に到着しました。
普通はこちらから入る人はいないよな。

鶴岡八幡宮鶴岡八幡宮御朱印
子供の頃何度も来ている神社ですが、御朱印集めを始めてから来るのは初めてですね。
やはり手書きの御朱印は受け付けておらず書き置きでした。
その代わりちょっとだけ紙が良いw

この後鎌倉観光をしても良かったのですが、この時間で結構な人出なので、混雑は嫌なので駅まで歩いて真っ直ぐ帰りました。
しかし早起きすると、半日で結構歩けるものですね。

御朱印関係は非常事態宣言が終わらないとままならなそうなので、御府内八十八カ所は休止中。
関東ふれあいのみちも千葉県のコースが通行止めで休止中。
歩きネタは街道歩きぐらいなので、東海道の続きでも歩こうかなぁ。
それか山でも行くしかないか……梅雨だしどうしよう。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 13:38| 街道歩き