2023年10月17日

箱根からの下り

前の週にガチ登山をしたので今回は軽めに……いや、中くらいで。
前回の歩きでは箱根に登りましたが、今回は下りです。

箱根の関所芦ノ湖と富士山
前回バスの都合で省略した箱根の関所の見学から。
通るだけなら無料なんですが、今回は見学なので有料コース。

旧道へさらに旧道へ
戻ってさっそく東海道歩きですが、道路を歩き始めてすぐに旧道への分岐。
さらに本当の旧道には行っていきます。
下調べの段階では結構車道沿いにある感じだったので、遊歩道的な感じかと思ったらそうでもなかったですね。

旧街道旧街道2
舗装はされてませんが、歩道としてはしっかり整備されてます。
でもこの辺りは街道の名残というよりまんま整備された感じですね。

箱根峠へ箱根峠
一旦車道に出て軽く外れたところが箱根峠の旧道。
今は箱根峠の交差点は別の所にありますが、わざわざ見に来るほどの場所では無いですな。

通行止め被災地
少し車道を下ったところで再度旧街道に入るはずなんですが……通行止め…
令和元年の台風被害がまだ直っていないとか、ここは観光地じゃないのかexclamation&question
反対側まで遠回りしたら覗けそうな感じだったので少しだけお邪魔。
道の敷石があちこちで流されてる〜
奥の方はもっと流されていたけど、復旧工事すらしてないみたいね。
南無。

旧街道3展望所分岐
下の接待茶屋から旧道歩行再開。
綺麗な山道歩きですね。
少し入った所で展望所への分岐案内があったのでちょっとだけ寄り道することにしました。
ほんのちょっと登るだけなので苦は無いです。

展望所より
三島市街を一望出来る展望所ということで期待して行ったら期待以上の展望地でした。
めっちゃ眺めが良い。
でもこれからあそこまで降りるのよねぇ。

石道石道2
戻って東海道を下っていきます。
石が敷いてあって舗装なんだろうけど、岩感が微妙に歩きにくい。
普段登山道の岩場を歩いてるから個人的には大丈夫だけど、歩き慣れないと疲れそう。

旧道へ再現道
何度か車道に出たり入ったりですが、この辺りは昔の道を再現したそうです。
常に整備されてた訳じゃないだろうから、こういう状態って本当に初期だけなんだろうね。
それともマメに整備されてたのかな?

お蕎麦屋さんお蕎麦
山中城の公園の所にお蕎麦屋さんを発見。
そこそこ歩いてお腹も空いたので寄り道しました。
昔みたいに茶屋に寄ってひと休みな気分ですわ。
お蕎麦美味しかったぴかぴか(新しい)

吊り橋
途中に吊り橋もあったのでちょっと気になったけど、明らかな観光施設。
そういえば日本一長い人道吊り橋が三島にあるって聞いた事あるわ。
さすがに有料ではアレなのでスルーしました。

集落歩き富士山
中腹あたりからは人家も増えてくるので昔の雰囲気から生活道路の感じ。
街道たるもの本領発揮。
遮るものが減ったおかげで富士山への景色が綺麗に見えました。

並木道下り道
下の方に下ってくると東海道でお馴染みの並木も現れてきました。
本来の道は車道なんですが、歩道は整備されててそこは観光道かな。
平地になったのかと思ったら、まだまだ下る場面もあったりして、やっぱり箱根からの下りは山下りなんですねぇ。

東海道線街中歩き
東海道線の踏切を渡ってついに街中へ。
もうこの辺りまでくると普通の道です。

231014_27.jpg231014_28.jpg
13時過ぎに三嶋大社に到着。
ほぼ三島宿の中心にあるので今回のゴールになります。
三嶋大社は以前一宮巡りでお邪魔したことがありますが、今回は宿場町の神社としての再訪です。
コロナも終わったおかげで直筆で御朱印をいただくことが出来ました。

今回は1区感だけですが距離的には15キロ近くあるので下りとはいえ歩くのは結構かかりました。
登りだと更に面倒くさそうだけど、小田原からの登りよりは緩やかな感じがします。
次回以降は気楽な平地歩きになるので、海沿いだから海の幸を堪能しながら歩くのが楽しみです。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 22:15| 街道歩き

2023年07月30日

真夏に歩くものじゃない

今回は東海道歩きの続き。
山に行くには暑いし、街道歩きだったらそこまで急登じゃないし歩きやすいかなと。
結局この考えが間違っていたんですけどね。

スタート小田原宿
スタートは小田原宿。
前回終わったこの交差点からスタートです。
8時前ですが、既に日が当たると暑いあせあせ(飛び散る汗)

線路旧道分岐
最初は国道1号に沿っての歩き。
線路をくぐっていよいよ箱根方面に向かいますが、新幹線をくぐる手間で国道から旧道に入ります。

旧道旧道2
でもこの区間はそんなに長くなくて、すぐに国道に合流します。
今回も湯本までは旧道と新道が付いたり離れたりってって感じですかね。

二子山
遙か向こうに二子山が見えますが、今回向かう芦ノ湖はあの山の向こうになります。
いやぁ、遠いけど標高差はそこまでないのでこの時点では結構気楽です。

分岐旧道3
この踏切で再び分岐。
旧道側は良い感じに田舎っぽくなってきました。

230730_10.jpg三枚橋
国道とは湯本の手前でお別れで、ここからは県道732号線の方になります。
後で案内板を見て知ったのですが、鎌倉時代の古道は湯本から山の稜線を登るみちだったそうです。
今見てもハイキングコースとしてルートは残ってますね。
江戸時代に山道を整備して開かれたのが旧東海道なんだそうな。
だから今の国道の方が古道に近い所を通っているんですよね。
不思議なものです。

県道石畳
基本的に県道をそのまま登って行くのが旧東海道。
県道なので歩道がほぼないけど、車の通りは結構多い。
旧道好きなドライバーが多いのだろうか?
湯本地区には江戸街道の雰囲気はほとんど無いですが、ほんの少しだけ昔の石畳が残っていました。
温泉街から近いので、観光用に残ってる感じです。

県道2鎖雲寺
午前中は日陰に入ればそこまで暑さは気にならない程度。
さすがに登ってるので大汗かいてますが、普通に夏の暑さです。
それでも身体に熱が籠もる訳で、途中の鎖雲寺前の湧き水には助けられました。
湧き水で顔を洗って、入口の石段に腰掛けてひと休み。
この付近の街道歩きは想定されていないようで、休憩場所が全く無くて休憩のタイミングが難しかった。

稲荷神社旧道入口
稲荷神社の大きな鳥居の先から旧道の山道が始まります。
正確には旧道を活用した自然探究道のようです。
旧東海道は関東大震災とその後の地震で崩れた所が多いそうで、所々昔の遺構は残っていますが、ハイキングコースとして再建したものらしい。

石道江戸石道
ほぼほぼ昔の道に沿っているし、石の道も雰囲気を合わせて作ってあるので違和感ないんですけどね。
ちなみにこの区間は元の石道と書いてありました。
しかし人工的な石の道は歩きづらい。
土砂流出防止が目的なんだろうけど、足が安定しないから疲れる。

江戸街道入口江戸街道
県道をショートカットする感じで道が続いていたりするんですが、この辺りから車道を歩く機会は少なくなります。
そのせいか、ここから先は結構観光用にきちんと整備されています。
車道に出ることがあっても、その区間だけ歩道が付いていたりして車を気にする必要がありません。
普通は下ってくるんだろうねぇ。
何人かすれ違いました。

畑宿入口畑宿本陣跡
途中、県道に出たら建物が多くてバス停に本陣跡なんてあるから「???」ってなったんですが、畑宿って地名は間の宿だったんですね。
宿場町とはなっていませんが、険しい箱根らしく補助的な宿場があったみたい。
知りませんでした。
で、なんでこんなところにあるのかということを、この後思い知らされます。

架道橋箱根新道
面白かったのがここですね。
箱根新道を渡るために作られた架けられた歩道橋らしきもの。
昔の山道を橋の上に残ってます。
やっぱり史跡扱いだからなのだろうか?

階段階段2
そしてこの後階段祭り。
県道がつづら折りになっている箇所なので、昔の東海道もそんな感じだったんでしょうけど、車道建設で壊されたのか歩道はほぼ直登します。
炎天下の階段がつらい……

江戸街道2
急登が終わると後は落ち着いた登り。
普通の坂ですが、自分にとっては息が整うくらいなので楽になりました。

甘酒茶屋かき氷
12時前に甘酒茶屋に到着。
かき氷の旗に完全に吸い寄せられました。
汗が一気に引いて生き返りました。
甘酒茶屋は途中に跡地がいくつかありましたが、登りの街道沿いに何軒かあったみたいです。
今はこの一軒だけですが、良い雰囲気ですね。

登り終わり
ここが最高地点みたいで、ここからは芦ノ湖に向けて下っていきます。
展望があったら良かったんですが、残念ながらありませんでした。
江戸の昔は芦ノ湖が見えたようで、「ついた〜exclamation×2」ってなったみたいです。

船着き場前芦ノ湖
13時前に無事芦ノ湖に到着しました。
遊覧船の船着き場の前に出るんですね。
ン十年ぶりの芦ノ湖来訪ですw
とりあえずお昼ご飯をいただきました。

箱根神社御朱印
箱根宿に行くには左手なんですが、ちょっと寄り道で右手へ。
宿場に寄るときは神社にお参りということで、今回は箱根神社です。
箱根神社って大きいんですね。
御朱印を頂きました。

東海道
さて、戻って芦ノ湖沿いにもう少し東海道を歩きます。
起伏の無い落ち着いた道が嬉しい。

関所跡入口関所跡
少し行くと観光用に作られた関所跡があります。
復元した関所にチケット売り場があったので、「リアル関所かよ4」と突っ込みを入れたくなりましたが、通り抜けるだけなら無料だそうです。
両脇に再現された建物を見学するのは有料だそうで。
バスの時間もあったので無料で通り過ぎましたが、「後から写真撮れないじゃんたらーっ(汗)」と自分に突っ込みを入れました。
でも風景撮影だけのために500円払うのもなぁ……
次回は下りだし見学してみようかな。

箱根宿バス停
元の宿場町付近はなんか寂しい感じ。
郵便局辺りが本陣跡らしいですが、そういう案内もなくて観光地的には遊覧船乗り場付近なんですかね。
バス停には14時過ぎに到着。
同じ箱根湯本行きでもルートがあるので少し迷いましたが、とりあえず空いてる方に乗りました。
始発なので安定の席確保でしたが、遊覧船乗り場からは大量に乗ってきて満員。
それでも途中で降りる人が多くて、宿泊者が多いんですね。
外国人が多かったし。

難所の箱根は攻略したので、東海道歩きも後は気楽。
甲州街道に比べれば交通の便もいいし、涼しくなってから(これ重要)続きを歩こう。

今回の歩行マップ
歩行マップ
タグ:東海道
posted by うしさん at 21:32| 街道歩き

2023年01月14日

伊勢路を使って瀧原宮へ

今年も伊勢神宮の参拝ついでに熊野古道を歩いて来ました。
昨年は栃原まで歩いたのですが、今回は伊勢神宮の別宮である瀧原宮まで歩きました。

栃原駅岡島屋
スタートの栃原には岡島屋さんがあるのですが、ネット予約が出来なかったので松阪市内のホテルに泊まって早朝移動です(何回か日中に電話してもつながらなかったので)
まだ7時半だけど紀勢本線って本数が少なすぎ。
次の列車が2時間半後じゃ使えない。

スタート古道分岐
町を出て続く細道が熊野古道。
こんな感じかなぁ、と思って歩いていたら山道への誘い。
マップ的には左への分岐なのですが……

入口出口
くぐるような橋もないのでどういう構造かと思ったら想定外の構造でした。
トンネルなのか排水口なのか。
夏場は虫がいそうで嫌な道だわw
中腰歩きで移動です。
線路があって古道に入れないから苦肉の措置なんでしょうね。

山道
この区間は古道というよりは単なる山道ですな。
今回あまりない未舗装区間です。

山道終了車道
山道を出たらここからは車道歩きです。
こんな感じの細道ならまだ趣もあるのですが。

旧道分岐
今の熊野街道に沿って歩くのかと思いましたが、意外と旧道が残ってます。

古道分岐眼鏡橋下
左の道が旧街道でさらに左の林に入るのが古道。
ちょうど猿木坂眼鏡橋のところですが、眼鏡橋の方が明治以降に作られた道だそうです。
当然江戸時代は沢ごとにアップダウン。

山道2旧道
基本的に古道と旧街道は別物のようで、車道に出たり山道に入ったり。
いつもの街道歩きよりは変化があって面白いです。
町が売りにしているのか、道案内も豊富なのでありがたいですね。

定峠下り
定峠を越えて下三瀬へ。
下りきったところから三瀬の渡しの方は、国道整備の関係で本来の古道は失われているっぽいです。
明治期以降の街道は、三瀬の渡しに向かわずぐるりと迂回して宮川を橋で渡っています。

三瀬の渡し入口三瀬の渡し
三瀬の渡しへ降りる元の道は腰掛け岩の方向にあったと思いますが、今は護岸の脇を降りていきます。
ちょっと趣はないですね。

三瀬の渡し赤福
三瀬の渡し場に着いたところで、前日に買った赤福で腹ごしらえ。
茶屋の休憩的な雰囲気でのちょっと気持ち良かったです。

長ケ大橋対岸
宮川を渡ることが出来ないので橋があるところまで迂回しないといけません。
旧国道をいくのもいいですが、少しだけ歩行距離が短い長ケ大橋経由で歩きました。
それでも4キロほど、丸1時間かかりました。
正面に見えるのが先ほどまで居た対岸です。

多岐原神社
対岸のすぐそばにあるのが多岐原神社。
内宮の摂社ですが、公共交通手段の不便さでは一番でしょうね。
伊勢市内ならレンタサイクルもあるのですが。

三瀬坂峠入口三瀬坂峠へ
三瀬の渡しの反対側からすぐのところに三瀬坂峠の入口があります。
ここからまた山歩きですね。
標高差は小さいので軽い上り坂です。

山道3三瀬坂峠
誰もいないのかと思いましたが、すれ違う人もいたりして、やっぱりこういう古道っぽい場所は歩く人もいるんですね。
12時半に峠に到着です。

瀧原宮入口
峠から下ってきて少し歩いたら、13時半に瀧原宮に到着。
初めて伊勢神宮に行って以来、別宮、摂社、末社を巡っていますが、離れたこの場所が最後になります。

瀧原宮長由介神社
瀧原宮に参拝して、一番最後は長由介神社で全宮詣でが完了。
長かった。

数年掛けて巡った伊勢神宮巡りですが、一般的な神社のイメージと違うのが興味深かったです。
まず賽銭箱がない所が多い。
あくまで神様は本宮ってことなんですかね?

次回からは純粋に熊野古道歩きかな。
伊勢路を全区間歩く人は多くないと思いますが、遠隔地なので歩ききれるかは不明ですが、気長に歩いていきたいと思います。

<今回の歩行マップ>
歩行マップ
タグ:伊勢路
posted by うしさん at 13:50| 街道歩き