2018年11月26日

ワインの誘惑と街道歩き

連休二日目は甲州街道の方を攻めてみました。
前回甲斐大和駅に至る部分は省略しましたが、ちょっと面白いので今回紹介。

防護シェード諏訪神社
駅近くの諏訪神社はちょっといわく付き。
結構有名な話ですがここの本殿裏の御神木がやっかいでむやみに触ると祟られるそうな。
なので間伐とか論外で線路を守る為に防護シェードに覆われてます。
「本当かいな?」とは思いつつ不心得者ではないのでここは普通にお参りして今回のコースに向かいます。

昔道昔道2
国道に出て行くのもいいのですが、せっかくなので昔の道を通って行きます。
昔は日川で文化的に分かれていたそうで、大和村と鶴瀬村を川を渡らずに行き来出来た道がこれ。
甲州街道ではないけど昔道ですね。

日川
一応市道扱いみたいですけど、一部の地元の人しか使わないせいか転落防止とか特にないので結構高い所を通ってるから怖いw
これだけ切り立ってるとそら文化的に隔絶されるわな。

鶴瀬宿石灯籠
さてスタート地点鶴瀬宿には9時に到着。
前回気が付かなかったですが、石灯籠の裏側には「石尊大権現」の文字が。やっぱりあの山にあった石尊大権現も鎮守社だったのね。

国道歩き観音トンネル
今回の区間はほとんどが自動車道路歩き&基本下りなのでかなり気楽です。
その分コース的な期待はしていなかったのですが、結構面白い所もありました。
右の写真の観音トンネルはちょっとしたトンネルなのですが江戸の昔は当然無くて上を越えます。
観音堂があるおかげで今も右手の所に登り口があって道が残ってます。
ちなみに左の歩道に行っても面白いのですが今回は主旨が違うのでパス。

弁天堂へ乗り越え
登って降りるだけなので大して高低差は無いですが、とにかく急なので結構怖い(特に下り
足を滑らせないように下って行きます。

旧道へ細道歩き
反対側に来るとちょうど国道の下をくぐる手前で合流してますが合流せずにそのまま旧道を下って行きます。
この辺りの集落歩いてるとよくもまぁこんな場所に家を建てたなぁ、と感心するくらい崖に貼り付くように家が建ってます。
そんな雰囲気がちょっと面白かったですね。

勝沼へ
再び国道歩きに戻りましたが徐々に甲府盆地と八ヶ岳が見えてくるのが良かったです。
高速道路を走っていても感じますがとても気持ちが良い。
好天だったのもあるかもしれませんが。
勝沼に入る手前で国道と分かれて旧国道の県道の方へ向かいます。

柏尾橋より
それと何気に柏尾橋からのこの景色は良かったですね。
ここは平行に江戸橋、明治橋、大正橋の脚台が残っているのが面白い。

雀宮神社入口雀宮神社
10時過ぎに勝沼宿に到着。
ここの鎮守社は雀宮神社ですが丘の上に慎ましく祀られてました。
説明板を見たら元はもっと町中の中学校の所にあった大きいな神社だったらしい。
へー。
残念ながら無人。

勝沼宿ぶどう畑
勝沼はもう少しぶどう畑なイメージなのかと思ったら、表から見えなくて道沿いはぶどう直売所で裏に広大なぶどう畑といった感じでした。
畑の中を歩く区間は無くてちょっと残念だったかな。
地元ワイン直売所が結構あって荷物になるから寄らなかったけど後ろ髪引かれるわ〜あせあせ(飛び散る汗)

栗原宿大宮五所神社
続く栗原宿には11時に到着。
ここは宿場町としての雰囲気はほとんど残って無くて唯一大きな大宮五所神社があるくらい。
でもここも無人でした。

笛吹川沿い細道
次の石和にかけては県道を外れて歩くことが多くなります。
笛吹川沿いを歩いたり、路地裏みたいな細道を歩いたりと結構変化に富んでました。
特に旧街道の表記は無いので分かりづらいですがなんとなく雰囲気はありました。

石和宿八幡宮
石和宿には12時半に到着。
かつての本陣跡が高速バスの停留所前にありました。
バス乗り場覚えたw
鎮守の八幡宮は社務所もしっかりあって「御朱印」の文字もあったのに無人。
特別な時しかいないのかなぁ……唯一御朱印貰えそうな所だったのですが。

ということで今回はここまでの歩きです。

石和橋かんぽの湯
せっかくなので石和の町を少し散策しつつ食事をして温泉してきました。
特に今回お世話になった温泉いい気分(温泉)は「かんぽの湯」だったんですが、時間帯が良かったようで終始でかいお風呂に一人きり。
良かった〜るんるん

石和温泉駅特急かいじ
さすがに石和まで来ると各駅停車は辛いので帰りは特急利用になりました。
使える駅で助かる。
「かいじ」だったけど車両が新型だった。
前の車両より乗り心地が良いねグッド(上向き矢印)

ということで甲州街道旅も無事甲州まで来ましたがこれからの時季で諏訪まで行けるのかexclamation&question

今回の歩行マップ
歩行マップ
タグ:甲州街道
posted by うしさん at 23:41| Comment(0) | 街道歩き

2018年11月11日

紅葉狩りの街道歩き

前回『関東ふれあいのみち』で全く紅葉が楽しめなかったので今回は標高の高い所に行こうかと思い、体よく甲州街道歩きが佳境だったので行ってみることにしました。

笹子駅国道歩き
笹子駅から8時半に出発。
ぱっと見紅葉も期待出来そう。

黒野田宿里山風景
歩いてすぐに黒野田宿に到着。
笹子峠手前最後の宿場ですがこの区間めっちゃ近い。

交差点稲村神社
ここの鎮守社はもう少し先なのでそのまま直進。
比較的分かりやすい交差点を曲がって少し入ったところにある稲村神社へ。
手水所はしっかり水が出ているし比較的大きな神社でしたがやはり無人……残念。

旧国道へ短絡路
もはや渓流となった笹子川を渡って国道は大きくUターン。
ここで甲州街道は旧国道の方に向かいますが、微妙にずれててなんか田舎道を短絡します。
歩けるところは出来るだけ旧道が基本ですけど、たまにいいんかいなって所を歩かされて、それが新鮮でもあります。

分岐路旧街道
そのまま舗装道を行ければ楽なんですが意外と逸れる旧街道。
またすぐに山道へ。
意外とこんな奥まで大月からのバス路線が伸びてました。
新田行きとなってたけどこの辺りなのね。

山道舗装道
山道もそう長く続くわけでは無く再度舗装道路に上がってしばらくは楽な歩きが続きます。

古橋紅葉
しかし年季の入った道なので橋も少しくたびれてますね。
欄干を見たら昭和10年製でした。
昭和33年まで現役の国道だったらしいですが細い。
流通の主体が鉄道の時代だからこんなもんなんですかね。
車もほとんど通らず綺麗な紅葉も楽しめました。

旧街道入口旧街道2
坂を登っている途中で分岐していよいよ旧街道ルートへ。
とはいえ観光用にある程度整備されているみたいで歩きにくいことは無いです。
しかしこの道、地理院地図に無いんですよね。
あれ、どういう基準なんだろう。

矢立の杉矢立の杉2
9時45分に「矢立の杉」到着。
周囲に比べてやたらと太い杉の木がありましたが中は空洞らしい。
ここまではいわゆる観光自然歩道。

山道
急に道が悪くなり急な坂になります。
ちょっと落ち葉で道が分かりづらい部分もありましたが、基本的に尾根歩きなので迷うことはありませんでした。
歩けるだけマシですかね。

笹子トンネルへ笹子トンネル
旧国道と合流後、少し歩いて10時に笹子トンネルに到着。
トンネルの右側に峠越えの歩道が続いているのでそちらに入り込みます。
ここが結構急というか足下が砂礫状なのでちょっと登りにくかった。
このあたりの地質みたいです。

笹子峠笹子峠2
笹子峠自体はトンネルから目と鼻の先なので拍子抜けしました。
車で来たらめっちゃ楽かもw
ただし結構な急登なので、靴だけは登山靴推奨。

甲府方面お昼ご飯
景色があまり良くなかったので更に上の尾根まで登って珍しくおにぎり。
上からこれから下る方向が見えると「いよいよ甲州かぁ」などとしみじみ思ってみたり。
歩くと苦労した分そう感じるんですかね。

笹子峠下り笹子トンネル出口
さて反対側は意外となだらかで拍子抜けですが、街道の主旨から言ったら元はこういう道なんでしょうね。
トンネルの出口を横目に少し先まで行って道路は横断して再び山に入ります。

甲州街道甲州街道2
さらに旧国道のカーブに接してまた離れますが、このカーブからは案内も増えて一般的な街道歩きのコースのようです。
相変わらず落ち葉の季節は分かりづらいですが、こっちは道もはっきりしてるので安心して歩けます。
それでも十二分に山道なので安易な歩きは止めた方が無難ですかね。

甲州街道出口
そこそこ下って来ると旧国道に出てここからは舗装道歩きになりました。
本当は沢沿いに街道は続くのですが道が失われていてさすがに危ない。
今歩ける道を基本にしてるのでここは無理せず楽させて頂きました。

山並み駒飼宿
下って来ると視界が開けて駒飼宿に11時45分到着。
青空の気持ちよさと峠を抜けて宿場に着いた感覚の気持ちよさに江戸の旅人気分w
この区間長いから「やっと着いたー」って感じ。

諏訪神社
甲州街道から分岐して少し歩く&下りますがここの鎮守社諏訪神社にお参り。

甲州街道3甲州街道4
再び戻っていい感じに甲州街道を下っていきます。
こういう雰囲気結構好き。

合流点
そして現代の甲州街道に12時過ぎに合流です。
いやぁ、最大の難所を越えましたよ?

立合橋鶴瀬宿
今回の終着点は鶴瀬宿としたのでもう少し歩きます。
微妙にずれた旧道の橋を渡ると鶴瀬宿に着きました。
交差点から5分ほどなんですけどねw

石灯籠
さて今回困ったのがこの鶴瀬の鎮守社が事前に分からなかったこと。
多分近代以降は甲斐大和駅近くの諏訪神社なんでしょうけど江戸の昔は違う村だしねぇ。
現地の宿場街の案内には天神様が出ていてそこかな?と思いそちらも一応お参りしてきましたが、ふと石灯籠を見上げたら……
秋葉大権現の文字が。
そんなんあったか?
いや、1件だけ心当たりはありますが……まさかね。

たまたま近くを通った地元の人に石灯籠の由来と秋葉様の在処を伺ってみると、この石灯籠は駒飼宿から鶴瀬宿の方向が分かるように灯してたとのこと。
谷間の宿らしいエピソード、はともかく「やっぱりあそこか……」
事前の調べでも気が付いてたけど遠いしまさかねとは思ったんですが……ということで最後の最後に200mほど山登りです。
しかもガチ山です。

勝手踏切水路
入口に行くには線路を横断する必要があり、一応地元の人向けっぽくフェンスの切れ目で渡れるようにはなってるのですがやはり気が引ける。
仕方ないので枯れた用水路を使ってくぐり抜けました(律儀だね
最近の電車は静かだからトンネル内を走ってても音が聞こえないし見えないし(マジで

最初登り口が分からず尾根まで送電線の点検巡視路を使って上ったんですが、帰りに正規の参拝路が分かったのでそちらを紹介。
水路をくぐるとコンクリートの山肌に沿って戻ってくる必要がありますが安全性を考えたらそっちの方がいいかもね。
もしくはトンネルの入口まで行って縦に巻くか。
後で見たら近くに送電線巡視路と同じ階段が作られてました。

参道入口鳥居
線路を渡ると石階段があって最初の鳥居がありますがその先は未整備の完全な山道(急登)です。

尾根筋
幸い神社の位置は分かってるので後は地形を見ながらGPSで自分を見失わないように尾根の上をひたすら登ると。
最後の取り付きは崩れてて岩登り以上に気を遣いました。

秋葉様?
多分これが秋葉様ですかね、良く分かりませんが。
既にご神体は無くなってます。

本社前鳥居石尊宮
さらに上に登るとこちらが石尊宮だそうで。
鳥居も倒木に遮られてえらいことになってます。
秋葉様とは本来別物なのでどういう位置づけだったのか分かりませんが村の鎮守ということで……こっちもご神体はもう無いっぽいけど結構綺麗ないわれの案内があったので意外と現役なのかも。
線路のせいで人の往来と文化の断絶とを感じます。
いずれにしても来るだけで一苦労な場所だわ。

この後甲斐大和駅まで歩いて帰ってきたのですが、長くなったのでそちらの話は次回も歩くのでその時に紹介しようかと。
街道歩きがまさかの山登り。
疲れたw

今回の歩行マップ
歩行マップ
タグ:甲州街道
posted by うしさん at 20:33| Comment(0) | 街道歩き

2018年09月11日

雨ニモ負ケズ

北関東が雨予報だったのでまだ曇り予報で大丈夫そうな山梨方面をチョイス。
甲州街道の続きを歩く事にしました。

豊田駅猿橋駅
甲府方面の中央線の電車は高尾から出ることが多いのですが、今回は車庫から出る電車なので豊田始発です。
八王子手前からなので確実に席が確保出来て良い。
電車に乗って前回の終了の地、猿橋駅に9時到着です。

今回基本的に国道20号歩きになるのでかなり気楽ですが、ちょこちょこ道がそれるので街道らしさが味わえるか楽しみです。

分岐旧道
ということで猿橋を出てすぐに旧道へ。
田舎の細道といった雰囲気ですね。

駒橋発電所駒橋発電所2
歩いてすぐに水力発電所がありました。
駒橋発電所だそうですが、送水管とか更新前の古い遺構も残っていてこの辺りの歴史の古さを感じます。
後で調べたら明治40年製だそうな

旧甲州街道2第五甲州街道踏切
で、その発電所の所の細道。
実はこれが甲州街道です。
地元の便利道みたいな感じですが、その先にある中央線の踏切は紛う方なき甲州街道踏切。
ちゃんと命名されてるのはある意味すごいな。

駒橋宿厄王大権現
その先すぐ、9時20分に駒橋宿に到着です。
えらい近いでです。
鎮守社と思われる厄王大権現にお参り。
例祭間近ということで町の皆さんが清掃と準備をされていました。
普段は無人のところが神主さんいそうだったけど皆さんお忙しそうだったので御朱印は遠慮してちょっと遠慮がちにお参りしました。

参道分岐三嶋神社入口
次はいよいよ大月へ。
駒橋宿からは近いのですがその前に三嶋神社に寄り道。
大月の総鎮守ですが旧街道との分岐点からそのまま国道20号を歩くと有ります。
方向的に今の甲州街道は三嶋神社への表参道を利用したものなんですかね。

三嶋神社 三嶋神社御朱印
ということで今回唯一社務所に人がいる神社です。
調べてみると大月近辺って三嶋神社が結構あるのでやっぱりこの辺りの総鎮守社なんでしょうね。
無事御朱印を頂く事が出来ました。

大月駅富士急行線
再び街道に戻って裏通りっぽい道を抜けて行くと10時過ぎに大月駅に到着。
甲州街道は駅前広場を横切るように通っているので本来駅はスルーですが思わず撮り鉄してしまったw
富士急行はなんだかんだで元気よね。

木村屋あんドーナツ
旧宿場町は駅を過ぎた辺りになりますが、そちらに向かう途中でなかなか味のあるお店を発見。
こういうお店は大好きなので思わず立ち寄ってこれまた小洒落てない裸のアンドーナツを購入。
行動食としても美味ぴかぴか(新しい)
あと2,3個買っとけば良かった。
お世辞抜きで美味しかったのですが、ここの店主がまたいい味出してましたw
話し好きな方にはオススメ。

桂川花咲宿
大月を出てすぐに桂川を渡って花咲宿へ。
昔はこの川まで降りて渡ったんでしょうけど今は大分上の方に橋が架かってます。
宿場っぽい風景に妙に馴染んだガストと藍屋がミスマッチ。

稲村神社稲村神社2
こちらの稲村神社でも秋の例祭の準備に追われていました。
拝殿の写真を撮ろうとしたらえらい気を遣われてしまった。
お邪魔してすみません……

雨雲雨
次の初狩宿まで一里ほど。
山道も無いので歩くだけなんですが山の方を見ると「ありゃ雨降ってるなぁ」と思ったら一気に雨降ってきました。
最悪……雨降らないというからこっちに来たのに…天気予報の嘘つきバッド(下向き矢印)
山用のレイン持ってきて助かったわ。

真木橋
ところでこの区間、二回笹子川を渡るんですが当然昔の街道が急流の川を渡る訳も無く、この真木橋の手前から線路の向こう側に崖沿いの道があったらしいです。
今は途中が崩れてしまい失われているので、関東ふれいの道みたいに道無き道を行くのもそれはそれで楽しいですが、街道歩きの軽装ですし普通に道が在るところだけを歩きました。

対岸へ採石場前
しばらく行くと対岸に渡れる大きな橋があるのでこれを渡って採石場の入口手前に続きの道が現れます。
これと反対側にも道は残っているのですが、中央線の保守用の道で線路鉄橋の手前までしか無いし天気が悪くて足場も良くないので行きませんでした。

細道ちょっとした分岐
とはいえ続きの道も大概なもので雨が辛い。
最初は舗装もされていたのですが、最後は未舗装道に。
それでも山道よりはマシですが。
ちなみに右の写真の部分は左に登ってすぐに真っ直ぐの道に降りてくるのが正解(細かいw)

第七甲州街道踏切国道合流
今回一番の難所w を過ぎて旧街道の証明第七甲州街道踏切を渡って再び国道まで戻ってきました。
ちなみに第六は無かったけど多分不明区間にあったんだと推察するけどどうなんだろ。
この頃には雨もほぼ止んで歩きやすくなりました。
ヤレヤレ。

初狩駅入口交差点旧初狩駅
初狩には11時50分到着。
初狩宿は比較的大きな宿場町だったようで上宿、下宿含めると結構長い。
丁度中間辺りの初狩駅入り口交差点に不自然に広くなった何も無い場所がありますが、ここが旧初狩駅(スイッチバック式)です。
貨物用に現役なのでこんな感じになっていますが、電車用は勾配の途中にあるので普通は気付かないかも。
姥捨駅みたいに観光用に復活させたら逆に人が来そうな気もしますがそしたら地元の利用者にはいい迷惑ですね。
両国駅みたいに臨時ホーム扱いにしたらどうなんだろ?

高岩四所神社参道高岩四所神社
さてその旧駅跡から高台の方に登ると高岩四所神社があります。
雨のせいで急な石段が結構怖かったw
由緒はありそうな感じですがちょっと寂しい。

中央線中央線2
この後は国道歩きが続きます。
お天気も回復してレイン装備で逆に暑いあせあせ(飛び散る汗)
しかし中央線も凄い所走ってますね。
途中くぐった橋の隣に旧線跡が見えましたが昔の方がなんかしゃれます。
最近は駅もそうだけど機能一辺倒でつまらん。

白野宿
最後の立ち寄り地白野宿もなかなか味のある場所でした。
子神社の入口にヤマザキショップがあったので店先でお昼ご飯。
正直外食出来るお店が無くてどうしようかと思いましたが助かりました。

子神社子神社より
子神社は少し高台にあるので今まで歩いて来た方向を眺める事が出来ました。
感慨深い。

旧道再び国道へ
しばらく旧道歩きが続きますが、またまた線路に寸断されている箇所があってアンダーをくぐって国道に戻ります。

阿弥陀海道宿入口
笹子川を渡るといよいよ笹子の町になります。
宿場としては阿弥陀海道宿なんですが、昔阿弥陀堂があったかららしい。

船橋山神社へ船橋山神社
そのせいか鎮守社的なお社は無いのですが、探したら高台に小さな社、船橋山神社があったのでそちらにお参りしました。
一見単なる小屋に見えますが山裾側を向いていて、そちらから覗くとお社があります。
水源地なのでそういう意味合いのお社らしいです。
他にも近くに4社ほど合祀されていました。

みどりや笹子餅
笹子の駅に向かう途中で名物の笹子餅を買ってきました。
名前だけ知っていて買うのは初めてでしたがなかなか美味しゅうございました。
5個入りはここだけの販売でそれが昔からのものらしい。
そっちはお土産にあげてしまったので写真は10個入り。

笹子駅笹子駅2
ということで今回は笹子の駅まで。
ここも元はスイッチバック駅でしたが今は坂の途中にあって駅のホームが坂になってます。

笹子駅3
ちなみに元駅が在った場所との位置関係。
元駅は保線用の引き込み線として残ってます。
スイッチバックだった時代は停車時間が長かったから笹子餅なんでしょうね。
中央線て、昔行った奥羽線の板谷峠連続スイッチバックみたいだったんだろうなぁ。
あっちも今は無くなりましたが。

今回歩いた区間が結構あったので長くなりました。
写真枚数も50枚!
文章は短いからまあいいかw

9月、10月の連休は北アルプス予定なので近場はしばらくお休みです。
合間で趣味的な雑談を書くかもしれません。
しかし趣味が両極端な奴なので読む人は困惑しますなw

今回の歩行マップ
歩行マップ
タグ:甲州街道
posted by うしさん at 23:39| Comment(0) | 街道歩き