2018年12月06日

アレンジから興味を持った例

SJV-SCの初期CDとしてもう一枚ご紹介。

True Love Story
3枚目のCDはリーフアレンジから一転してコンシューマゲームの『トゥルーラブストーリー』アレンジになりました。
ゲームの方は知ってたけどが音楽の方は全くチェックしていなかったので初めてこのCDで聴くことになりました。
同人に関しては結構そういうパターン多いですね。
逆輸入的に同人で知って本体のサントラを買ったパターンあったので、そういう意味では一定の普及効果はあったような気がしますが、著作権が厳しくなった今ではちょっと無理がありますけどね。

さて肝心のCDはリーフアレンジから外れて最初は興味半分といった感じだったんですが聴いてみたら意外と良かったという。
いやぁ、この頃のOdeakeSさんの音だなーっと。
身も蓋もないですねぇ。
そのうち暇が出来たらゲームもやってみようかと思ってましたが仕事が忙しくなって今に至る……
posted by うしさん at 21:43| Comment(0) | 音楽CD

2018年11月21日

これもちょっとレア?

『Libre』を紹介したらこちらも、ということで『繊妍』です。
製作名義はSJV-SCではありませんが中身はしっかりSJV-SCです。

繊妍
「To Heart」のヒロインの一人琴音をイメージして製作されてるので、このCDもリーフ物といえますが曲自体はオリジナルなのでイメージサントラというジャンルですね。
C56の頒布となってますがそうだったかな?(記憶曖昧)
CD-R作品なのでその時しか頒布されておらず、その時に手に入れないと入手困難な代物のひとつですね。

当時はこれに限らずプレス頒布はまだ少数派だったので、情報も無くて実際に頒布イベントに赴かないと何が出てるか分からないし手に入れられない物が多くて苦労しました。
その点今はネットや同人流通もしっかりしていてちょっとしたサークルの作品なら苦労が少なくて助かる、と改めて思います。
posted by うしさん at 23:50| Comment(0) | 音楽CD

2018年11月19日

ちょっとレアな物

今のところ2000年前後に買ったSJV-SCのCDをちょっとした想い出語りも含めて紹介していますが今回はちょっとレアな一品。

Libre
自分も詳細は知らないのですがこの『Libre』は一般には頒布されなかったそうです。
名刺的なご挨拶CDと聞いた事がありますが真相は良く分かりません。
なぜ伝聞形式なのかというと自分も当時手に入れておらず、後々存在を知って中古市場で手に入れたものなので……
相当にレアらしく手に入れるまでに10年くらいかかりました(気が長い話だねぇw

実はこのCDには2度お目に掛かってまして最初にヤフオクで発見。
今のシステムと違ってジャストインタイムで終了するので見事に競り負けましたw
いやー、昔のヤフオクはスリリングだったわ。
再びお目に掛かるまで数年を要する訳ですが、あの時落とし損ねたのは8曲バージョンで今手元に有るのは10曲バージョン。
ということでこのCD実は2種類あるんですね。

内容の方はリーフ関連だけでなくサクラ大戦とかも入っていて、CD-Rなので特にテーマが決まっている訳で無くよろずアレンジ集といった感じでになっています。
一期一会を学んだ貴重なCDかな?
posted by うしさん at 00:51| Comment(0) | 音楽CD