2019年06月21日

イメージサントラというジャンル

LittleWingさんのCDを振り返ってますが、3番目は飛び越えて4枚目のアルバム。

遠い約束
当時人気だったコミック「最終兵器彼女」のイメージアルバムです。
同人関係はアレンジを中心に買っていたので、オリジナル系はあまり目を向けていなかったのですが、イメージアルバムもいいなぁと感じた1枚です。
多分自分の音楽的な嗜好が合っていたのも大きいと思うのですが、ということでアレンジャーによりけりだよな、と。

これ以降LittleWing自体がアレンジ主体からオリジナル主体へシフトしていくのですが、そのまま買い続けたのはやっぱり好みが合ったからなんでしょうね。
posted by うしさん at 20:10| Comment(0) | 音楽CD

2019年06月15日

そういえばKanon20周年でしたね

MANYOさんのアレンジは当時から好きで、Keyでアレンジャー参加された時はテンション上がりましたw
と、好きなサークルの2枚目CDは葉系に続いて鍵系ときました。
Little Wing のCD紹介2回目です。

190615_01.jpg
KanonのアレンジCD『かののね』です。
自分の好きな系統が連続できて、しかもアレンジレベルが高いものだから完全の落とされました。
2000年の夏コミC62かぁ……そんな昔になるのね…
Kanonオンリーかというとそうでもなくて、ONEアレンジも入っているのでお得。

あの頃のKanonからAIRに続くアレンジブームは凄かった。
元ネタがネタだけに聴かせる系のアレンジが多かったのがこの頃のアレンジの特徴かも。
アレンジって元曲ありきな部分もあるけど、Little Wingのアレンジは単独で聴いてもBGMとして楽しく聴けるのがまた良い。
今年はKanon発売20周年ということで、一時期よりは値段もこなれて手に入りやすくなっているので、聴いてみるのも良いかもしれません。
posted by うしさん at 00:31| Comment(0) | 音楽CD

2019年06月08日

GMLのKeyスペシャル2題

Little Wing の紹介を進める前にちょっと戻って再びGML。
GMLはまとめCDの中でもやはりこれは紹介しておかないと。
ということで、Leaf特集のCDは紹介しましたが、こちらはKey特集が2つ。
KanonとAIRでそれぞれ出ています。

Kanon AIRness
これをだけでもKeyが同人音楽に落とした影響の大きさが分かりますな。
自分は基本的にインスト好きなので、このころのCDが好きなんですが、AIRアレンジの『AIRness』にはボーカル曲アレンジが入っていて、ボーカルは茶太さんなんですよね。
後々のKeyとの関わりを考えると面白い。
逆に自分的にはKey関連に茶太さんが出てきた時は、感慨深いものがありました。

ちなみに茶太さんを知ったのもGMLつながりなので、自分の同人音楽ライフはかなりGMLに影響受けたってことでしょうか。
posted by うしさん at 23:50| Comment(0) | 音楽CD