2019年06月05日

逸品アレンジ

GMLで色々なコンポーザーやアレンジャーのサイトを巡ることが多くなりましたが、その中でダントツにツボったのがLittle WIng
今は商業向けの名義になっていますが、当時は同人活動のサークルでした。

CROSS
アレンジネタがホワルバだったので余計ですかね。
音楽的に一番好きなんですよ、ホワルバ。
なので今聴いても好きなアレンジCDの一つになります。

なんだかんだで、自分の好きな作品から入る訳ですが、GMLつながりのサークルの中では一番長いつきあいで、サークル名義は変わりましたが今も寄らせてもらってます。
商業系サントラも買ってるのでMANYOさん関係のCDだけで60枚以上あるな……
posted by うしさん at 23:42| Comment(0) | 音楽CD

2019年05月16日

図書館から拡がる世界

前回GMLのCDを紹介したわけですが、GMLはネット不自由民にとっては非常に有り難い情報源でした。
なので、そこで紹介された曲の中で気に入ったアレンジャーを聴いて回ったりするわけですが、CD頒布自体の敷居が低くなってくると各個人がサークルとしてCDを頒布し始めました。
それをM3やコミケで追いかけるというサイクルが生まれたわけですが、とにかく初期のCD情報追っかけ時代の貴重な情報源として使わせてもらいました。

当然趣味的指向もあるので、同じGMLのCDでもより影響を強く受けたCDもあって、今回紹介するのはそうした1枚です。

-Leaf-
ということでアレンジ集の中でもリーフ特集として出された「BEST SOUND of GameMusicLibrary Special -Leaf-」です。
まんま自分の趣味趣向ですね。
リアルこみパで発行されたものらしいですが、ちょっと記憶に無い……

このCDにはアレンジャーとして、まにょっ(MANYO)さんやヨーグルトさん、yanさんと後にプロとして活躍される方が参加していて、これに限らずGMLのCDではそういう方が非常に多くいました。
なので、MANYOさんなんか未だにイベントでお伺いしてますし、この頃に知ったサークルは今も多く追いかけています。
とにかく音楽同人に与えた影響は本当に大きいサークルだったんだなぁ、と今更ながら思いますが、自身バイタリティーのあった時代だから余計なんでしょうね。
posted by うしさん at 23:30| Comment(0) | 音楽CD

2019年05月05日

図書館

自分が同人音楽を聴き始めた系譜の一方はユニゾンでしたが、もう一方は系譜は図書館になります。
知る人ぞ知るサークルですね。

今でいうと、まとめ情報サイトのはしりみたいなものですかね。
通信速度がアレな時代ですから、mp3で試聴なんて荷が重い作業だったし、CDでデータが手に入るのは助かりました。
MIDIデータもハードが音源が無いと聴けなかったんですよねぇ。

GML Vol.1
これは音楽CDとしてまとめたもので、ネットで聴いていた音源が高音質で聴けたのは非常に有り難かったです。
当時の同人を反映してアレンジ中心ですが、ここに参加しているサークルで気に入ったものを追いかけるという形が出来上がりました。
今も継続して追いかけているサークルもあるので、自分の中では影響を受けたサークルの一つだと言えます。
posted by うしさん at 21:46| Comment(0) | 音楽CD