2019年08月09日

ある意味、転機となったCD

同人音楽ネタが続きます。

今回はM.Sさんところの『LYRICAL@MUSIK』というサークルの作品です。
今は自身の個人サークルで活動されてますが、2000年代初期はユニゾンレーベル的なコンピレーションCDを作るサークルとして活動されてました。

Entrance in Trance
この『Entrance in Trance』はその1枚目でいいのかな?
特にテーマの決まった曲でなく、参加者も現在も同人で活動されている方、プロになった方、引退された方などなど実に多彩です。
1999年の頒布なので大分前なんですが、頒布初当時はまだ知らなくて手に入れたのは大分後になります。

ユニゾンつながりですが『LYRICAL@MUSIK』のCDを買い始めたのは遅くて、2001年頃からになります。過去作を買いそびれていて少しずつ買い足していったのですが、このCDを買おうと思ったころには既に頒布していませんでした。
いつか再版するかと待っていたけど一向にその気配が無い。
ある時(M3だったかな?)M.Sさんご本人に再版の意向を伺ったら、データはあるし作ってくれるとのこと(R版はこういう柔軟性がいいわね。)
ただ、ジャケットのデータが無いので後日郵送してくれるということで住所を交換してお願いしました。

それ以来、個人的なお付き合いで今に至るとw
ユニゾンの面々とお知り合いになったのもここがスタートですしねぇ。
そういう意味で実に思い出深いCDです。

昔の同人イベントは、結構そういうアバウトさが魅力でした。
だからショップで買える今でも現地に赴いて買う理由の一つなんですが、個人的に巡回するサークルが増えすぎてちょっと話す機会が減ったかも。
posted by うしさん at 22:55| Comment(0) | 音楽CD

2019年08月07日

欲しかったから作ってもらった

今回も『PULSENOTES』ネタ。

2001年にCDを出して以来(2002年に同人ゲーBGMがありますが)音沙汰の無かったYET11さんが,久しぶりに出したCDがこれ。

101-M/S
「ジサツのための101の方法」というカルトなゲームと、BGMは完成してたものの企画段階で幻となった『末期少女病』というゲームのサウンドトラックです。

まあ、前者はゲームCDで聴けるものの、後者はどうしようもなかったんですよね。
たまたま、YET11さんとお会いする機会があって、その時に「出して、出して」と念仏のように唱え続けたら実現したCDなので、個人的に思い出深いw
ジャケットの方もイメージから螺旋回廊の南風先生だったんですが、かなり自分の趣味を反映させてCDを作って頂いたという……罪作りよね。

後で、VAからもサントラが出てますが、あちらは版権モノでこちらがオリジナルだと自負してますダッシュ(走り出すさま)
出来の良さは折り紙付きなんですが、最近調べたらプレミアついてるのね。
ちなみに自分も1枚しか持ってないので、大切に保管中。
posted by うしさん at 23:49| Comment(0) | 音楽CD

2019年08月05日

めいふぁーそふとのおんがくしゅう

最近一生懸命に同人音楽CDを整理してるんですが、遅々として進まない。
バックアップとライブララリー化とデータベース更新を同時進行してるからだろうなぁ。

それは置いといて『PULSENOTES』の2回目。
前回はプロデュース作品でしたが、こちらはYET11さんの作曲作品。

190805_01.jpg
メイファーソフト時代のゲームBGMだそうですが、この時代のゲームは存じ上げませんので音楽集として購入してます。
ジャケがみきぽん先生なのがすごいよねぇ。

音楽の方は実にYET11さんらしい。
ONEの音楽を聞き慣れた耳には実に嬉しいCDなんですが、あまり知られていない部類になるのだろうか。
個人的にこの時代の音が好きなのでONEの音楽が好きな人にはオススメの1枚だったりします。
posted by うしさん at 22:04| Comment(0) | 音楽CD