2018年03月25日

群馬県コース完歩!(寝釈迦のみち(群馬県No.30))

関東ふれあいのみち、群馬県コースのオーラス。
先日雪が降ったっぽいのでどうしようかと悩んだんですが、山岳部も含めて晴天予報だったのでアイゼン持参で行くことにしました。

フリー切符
今回は沢入駅までなのでフリー切符の方がお得。
ということでフリー切符を買ったのですが、桐生駅の券売機なので味も素っ気も無いです。

沢入駅沢入駅2
9時前に沢入駅に到着。
秋葉原を出たのが5時前なので現地まで4時間かかったよ……疲れた

里道
前回来た時は足尾方面に歩きましたが今回は反対方向に少し戻ります。
国道にすぐ出る車道ではなくて細い里道がルートになっているのでそちらを歩行。
途中自販機を確認して帰りの水分補給箇所も万全。
駅近くに自販機無いのよね。

林道林道2
さて、国道を越えるといよいよ登り道。
今回のコースは全長で20km、標高差で1,000mなんですが、山慣れしてないと辛いよねぇ。
ふれあいの道とは如何に?
すぐの集落を抜けると林道なので車が来ることも無く歩きやすいですが結構な勾配でした。

分岐点分岐点2
9時40分に塔ノ沢方面と折場口方面の分岐に到着。
ここから円形コースなのどちらから行ってもいいんですが、舗装された林道の方が登るには楽だろうということで折場口登山口から入る事にしました。
この判断が正解だったことを後で知る事になるわけですが……

上空上り坂
林道をぐんぐん登ってるわけですが上空には送電線が。
インフラ凄いな。
林業もそうですが、送電線のメンテナンスの為に林道が整備されていることを考えると電力会社には感謝ですな。
しかし舗装道とはいえ登りがキツいっす。

振り返り遠景
ということで最終的に見上げてた送電線の上まで登ってしまうのでこの辺りの爽快感が山登りの醍醐味。
標高も1,000mを越えると景色も開けてくるので心なしか足も軽くなりますね。
辛いけどw

折場口登山口折場口登山口2
休憩無しで歩き続けて11時に折場口登山口に到着。
(このまま進むと前回歩いた大滝の道に出る事を後から知りました)
燃料切れなのでここで小休止。
心配された雪もほとんどなくて快調に登ってこれました。
ここから山に入るので実質スタートですね。
車が一台もないので登山者はいないっぽい。

登山道登山道2
登山道に入ると雪がちらほら。
特に気になる程では無いのですが、坂道なので足を取られないように要注意。

尾根歩き尾根歩き2
少し登ると開けた場所に出ました。
景色いいわー。
白い筋状に雪が残ってるのが登山道なんですが見た目以上に歩きづらかった。

赤城山方面
振り返ると赤城山が。
あそこから歩いて来たのよねぇ。

尾根上雪道
登り切ったら雪がたくさん。
アイゼンの出番はないですが完全に雪山に変わりました。
一気に風景が変わった気がします。

雪原雪原2
白い世界……
尾根歩きは迷いようもないですがこうなるといよいよ道が分からない。
GPSと赤テープのおかげで迷いはしませんでしたがガスってたら危ないよね。

展望台昼食
12時に無事展望台に到着しました。
誰もいないし展望台の上でお昼ご飯。
久しぶりにご飯もので「ひじきご飯」と「大人の蒲焼」
CHABARAで適当にみつくろったら、そそるネーミングの缶詰を見つけたものでw

ご飯とコーヒーで小一時間休みましたがいよいよ塔ノ沢へ下山exclamation

賽の河原
と、その前に賽の河原を見学。
雪が多くて今ひとつ良く分かりませんが岩がいっぱいってことなのだろうか。

雪斜面
さて今度こそ下山ですが……雪で全く道が見えない。
写真はある程度コースが確定した後ですが、下り初めは一面雪の急斜面だし何処がコースやら全く分からず困りました。
地形と地図を見比べた上でGPSもほぼズレがなかったのでコースがあるだろう場所は分かったのですが、単なる雪の急斜面を下る時は滑落に気をつけながら一歩一歩というGWの北アルプスの予習をさせて頂きました。
これ上りだったら目的地も見えずルートが取れないのでかなりキツかったかなぁ。
谷筋だとGPSもズレるし。

下山道下山道2
沢沿いに歩けばいいので道迷いの危険性はなかったのですが、道の取り付けが結構シビアな所が多くて沢に落ちないように高巻きしたりと苦労しました。
とりあえず凍結はなかったのでアイゼンは使わなかったけど、雪の量が減って道が見え始めた時は本当にほっとしました。それと赤テープは心強かった。
安心感が半端なく本当に助けられました。

寝釈迦相輪塔
13時40分に寝釈迦に到着。
賽の河原からなんだかんだでほぼ標準タイムで歩ききりました。
ヤレヤレです。
奥にある相輪塔も見に行きましたがやっぱり雪の季節に来る場所じゃないですね。
人がいないのでゆっくり見られたのは良かったです。

下山道3下山道4
寝釈迦から先は雪もほとんど無くなったので普通の沢筋の山歩きでしたが、岩が結構ごつごつのコースで一般の人はちょっと辛いかも。
いずれにしてもコース選択としては今回の判断で良かったみたい。

塔ノ沢登山口合流点
14時40分に塔ノ沢登山口まで下りましたがこちらも登山者は当然おらず。
結局時季としては早すぎなんですよね。
熊が起きる前に歩いてしまいたかったので無理しましたがあそこまで雪が多いとは思わなかった。
更に10分ほど歩いて無事分岐点まで戻りました。
ここまで来れば後は来た道なので気楽です。

沢入駅3沢入駅4
15時半前に無事沢入駅に戻りました。
登山計画では16時10分頃の到着だったんですが、早めに着いたのでぎりぎりでしたが1本前の列車に乗れました。
15時31分を逃すと次は16時50分。
この差は大きい。
そういえば沢入駅構内の道を歩いた際気が付いたのですが、駅のポイントって今では珍しいスプリングポイントなんですね。
間近で見たのは初めてかも。

まあ、なんとか群馬県コースを3月中に終わらせる事が出来ました。
群馬県に入ったのが2016年の6月だったから1年10ヶ月ほどかかりましたが、連絡道も含めれば400kmほどを歩いたことになります。
次回からは栃木県のコースに入りますが日光も熊が多そうだから嫌だなぁ。
とはいえ今回より雪も多い場所になるので4月中旬以降ですかね。
暫く休憩して甲州街道か普通にどこかの山に行く感じかな。
【参考メモ】
posted by うしさん at 18:06| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2018年03月18日

潮来の二社参り

一日休みは安近短。
車でどこかへ出掛けようかと思ったのですが高速道路代、ガソリン代を考えたら各停で乗り鉄をと画策。
ルート検索をかけたら高速バスが引っかかって時間も料金もほぼ一緒だったのでバス利用にしてみました。
最近の電車は通勤型ばっかで遠出に使う気になれないわ。

東京駅高速バス
高速バスというと新宿バスタなイメージですが東京駅からも結構出てます。
今回は鹿島神宮までですが予約無しでSuicaも使えるので気軽にお出かけ。

鹿島神宮駅
鹿島神宮駅には9時に到着しましたが、駅で帰りの電車を調べたら9時半の次は11時半。
少なっexclamation
そういえば大洗鹿島線の始発駅でしたね。

駅前の観光案内所でマップを貰ったけど鹿島神宮以外に見るところ無い……正確には徒歩で行ける範疇に無いだけなんですが…
かといって鹿島神宮往復だと小一時間で済んでしまいそうなのでとりあえず一の鳥居(西)に向かいました。

歩道?
初めての地ゆえ国道51号を歩いて行ったのですが歩道が途中で無くなる。
どうやら脇の未舗装地帯を歩けということらしいw
まあ、地元の人はわざわざ自動車向けのバイパス道なんか歩かないんだろうね。

一の鳥居一の鳥居2
20分ほどで一の鳥居に到着。
東西南北あったそうですが水運華やかし頃の表はこっちみたいですね。
建立当時は鹿島灘の方かな、多分。

参道参道2
鳥居から鹿島神宮に続く道は古道っぽい。
ちょっとした散策には丁度良い歩きでした。

大鳥居拝殿
10時10分に鹿島神宮拝殿に到着。
でかいっすな。
拝殿の直前に鳥居があるのが面白い。

奥院へ奥院
少し離れた奥院は森林感たっぷりな歩き。

御手洗池
一番奥は御手洗池ですが、ここで売ってるみたらし団子美味しかった。

鹿島神宮御朱印鹿島神宮御朱印2
今回も当然頂きました。
ここは御朱印が2種類あるんですね。

鹿島線北浦
ゆっくりしたせいか意外と時間が無くなりましたが駅に戻って鹿島線で香取へ移動。
途中で見た北浦がだだっ広い。
もう少し天気が良ければ良かったのですが。

香取神宮参道
香取駅は香取神宮から離れているので徒歩移動。
駅から歩いて30分程で香取神宮に着きましたが、駅からだと旧参道側に出るようです。
そこで一度表参道を下ってから再度登り返しました。
石灯籠が特徴的な参道です。

拝殿香取神宮御朱印
時間帯が昼近くなったので結構な人出。
御朱印も頂きました。

近場ということで鹿島神宮とセットで訪れる人も多そうですが、実際神社同士の関係も深そうです。
要石は鹿島神宮が凹形ですが、香取神宮は凸形です。
両社とも勅祭社ですが勅使は毎回ではなく交互に来るそうな。

神社前
さて帰りはまた駅に戻るつもりだったんですが神社前のお店で時間を潰しながら歩いてたら東京行きの高速バスのバス停を発見。
鉾田行きのバスが通ってるんですね。
全然予定していなかったんですがJRの駅まで2キロくらい歩くので1時間ほどバスを待って帰ってきました。
行き帰りバスでしたがうまく使うと便利ですね。
鹿島神宮を後にした方がバスの本数も多いし始発なので便利だったかも。

ということで1日休みで外出しましたがそれなりに充実した一日でした。
posted by うしさん at 19:27| Comment(0) | 日記

2018年03月10日

バスが無い……(大滝へのみち(群馬県No.29))

今月も行きます! 関東ふれあいの道。
本ルートから外れた残り2コースですが今回は比較的短い方。

小中駅吊り橋
前回寄り道した小中駅から9時50分スタート。
今回はスタート、ゴールが一緒のピストンコース。
コース自体のスタート地点はずっと離れた場所なんですが、例によってそこに行くまでは歩くの図。

バス時刻表
ちなみに帰りはバスを使いたいところですが……
途中のバス停の時刻表。
駅行きが7時で現地行きが19時の一往復って……バス路線の存在価値あるのかいな。
そもそも今回全く使えない。
なのでコーススタート地点まで4キロほど歩きます(帰りもね)

集落風景道路
本来のスタート地点まではとりあえず普通の道。
しかし今回いくつか集落があるのに携帯の電波が届かないという電波過疎地域でした。
まだあるのね。

最終集落追付橋バス停
集落をいくつか抜けていくに従って徐々に狭くなる道の先に最後の集落と本来スタート地点のバス停に10時40分到着。
ここからが本番で〜す。

スタート地点むれ杉
それとスタート地点にむれ杉とかいうのが目印でありましたが、何のことかと思ったらまんま群れた杉だった。
群れて育つとこうなるらしい。
使い道が無いから普通は伐採されてしまうので古木は珍しいんだそうな。
へー。

風景林道
道は完全に林道モードなのでちょっと落石が多かったりしますが、景色はそこそこいいし舗装道なので快適な歩きが続きます。
というか今回途中に語ること何も無いぞw

隧道入口隧道内
大滝入口手前にトンネルがありました。
入口は立派でしたが中は素掘り感たっぷりなトンネルでした。
岩盤なんだろうけどちょっとドキドキ。

駐車場大滝への道
11時20分に大滝入口に到着。
想定より1時間ほど早く着きました。
道が良かったし坂もそれほど急じゃなかったからかね。
目的地の滝はひとつ尾根を越えるっぽいので少し登る。

トンネル袈裟かけ橋
登り切ったところにシェルターっぽい小さなトンネルがあってそこをくぐると「袈裟かけ橋」というのが在るんですがこれまた不思議な光景が。

袈裟かけ橋下から見た図
階段の吊り橋って初めてです。
高度感もあるので高所がダメな人は怖いだろうなぁw

旧コース
元は上の岩場を越えてくるコースだったみたいですが、老朽化で付け替えたみたいです。
あっちはあっちで怖そうだ。

大滝大滝と袈裟かけ橋
ということで大滝です。
樹木が微妙に生えててベストポジションが取りづらい。
旧道の方に少し入り込むと袈裟かけ橋と合わせで撮影出来ました。
途中のこの辺りまでは撮影ポジションとして開放しているようです。

食材ラーメン
誰も来ないしこのポジションでお昼ご飯にしました。
本当に久しぶりの袋麺です。
茶臼岳に登ってた頃以来だろうか……小泉さんが美味そうに食ってたからw
それと野菜の持ち込みは冬期限定ですが、今回はゆで卵も付けた(豪華exclamation×2

なんか今回は歩きよりもラーメンしたかった欲の方が大きかった気がしますが、何かしら楽しみを持つ事は良い事だぴかぴか(新しい)

帰り
12時半に現地を撤収して元来た道を戻りましたが、同じ道でも下りは視界が開けたりして違う景色が見えました。
たまにはピストンも良いな。
それと山の上の方はまだ雪がのこってるので次のコースは少し間を置かないと。
次回は本当の山登りだし。

杉花粉
それと下る時はやたらと視界が黄色く霞んでると思ったら気温が上昇して杉花粉が飛びまくってたのね。
写真では分かりづらいですが黄色く霞んでるのが全部花粉です。
風が吹くと山から黄色い帯状の何かが舞い出すのが見えて花粉症の人は大変だなぁっと。

小中駅2
14時に再び小中駅に戻ってきました。
最初の予定だと15時40分の列車予定だったんですが、大分予定が繰り上がって14時6分の列車に乗れちゃいました。

水沼駅水沼温泉センター
なのでお帰りは水沼駅で途中下車して温泉に入ってきました。
車内で切符を買ったら途中下車OKらしく相老までの切符でいいそうな。
知らなかった。
確認はしなかったけど普通にワンマンだったらどうなんだろう?

さて、群馬県コースも残すところあと一つ。
雪山でもいいんだけどコンディションが中途半端だと足下がぬかるむのが嫌。
3月下旬なら大丈夫かな?
なんとか3月中の群馬県コースを終了出来そうです。
【参考メモ】
posted by うしさん at 22:02| Comment(0) | 首都圏自然歩道