2018年11月11日

紅葉狩りの街道歩き

前回『関東ふれあいのみち』で全く紅葉が楽しめなかったので今回は標高の高い所に行こうかと思い、体よく甲州街道歩きが佳境だったので行ってみることにしました。

笹子駅国道歩き
笹子駅から8時半に出発。
ぱっと見紅葉も期待出来そう。

黒野田宿里山風景
歩いてすぐに黒野田宿に到着。
笹子峠手前最後の宿場ですがこの区間めっちゃ近い。

交差点稲村神社
ここの鎮守社はもう少し先なのでそのまま直進。
比較的分かりやすい交差点を曲がって少し入ったところにある稲村神社へ。
手水所はしっかり水が出ているし比較的大きな神社でしたがやはり無人……残念。

旧国道へ短絡路
もはや渓流となった笹子川を渡って国道は大きくUターン。
ここで甲州街道は旧国道の方に向かいますが微妙にずれててなんか田舎道を短絡します。
歩けるところは出来るだけ旧道が基本ですけどたまにいいんかいなって所を歩かされて、それが新鮮でもあります。

分岐路旧街道
そのまま舗装道を行ければ楽なんですが意外と逸れる旧街道。
またすぐに山道へ。
意外とこんな奥まで大月からのバス路線が伸びてました。
新田行きとなってたけどこの辺りなのね。

山道舗装道
山道もそう長く続くわけでは無く再度舗装道路に上がってしばらくは楽な歩きが続きます。

古橋紅葉
しかし年季の入った道なので橋も少しくたびれてますね。
欄干を見たら昭和10年製でした。
昭和33年まで現役の国道だったらしいですが細い。
流通の主体が鉄道に時代だからこんなもんなんですかね。
車もほとんど通らず綺麗な紅葉も楽しめました。

旧街道入口旧街道2
坂を登っている途中で分岐していよいよ旧街道ルートへ。
とはいえ観光用にある程度整備されているみたいで歩きにくいことは無いです。
しかしこの道、地理院地図に無いんですよね。
あれ、どういう基準なんだろう。

矢立の杉矢立の杉2
9時45分に「矢立の杉」到着。
周囲に比べてやたらと太い杉の木がありましたが中は空洞らしい。
ここまではいわゆる観光自然歩道。

山道
急に道が悪くなり急な坂になります。
ちょっと落ち葉で道が分かりづらい部分もありましたが、基本的に尾根歩きなので迷うことはありませんでした。
歩けるだけマシですかね。

笹子トンネルへ笹子トンネル
旧国道と合流後、少し歩いて10時に笹子トンネルに到着。
トンネルの右側に峠越えの歩道が続いているのでそちらに入り込みます。
ここが結構急というか足下が砂礫状なのでちょっと登りにくかった。
このあたりの地質みたいです。

笹子峠笹子峠2
笹子峠自体はトンネルから目と鼻の先なので拍子抜けしました。
車で来たらめっちゃ楽かもw
ただし結構な急登なので靴だけは登山靴推奨。

甲府方面お昼ご飯
景色があまり良くなかったので更に上の尾根まで登って珍しくおにぎり。
上からこれから下る方向が見えると「いよいよ甲州かぁ」などとしみじみ思ってみたり。
歩くと苦労した分そう感じるんですかね。

笹子峠下り笹子トンネル出口
さて反対側は意外となだらかで拍子抜けですが、街道の主旨から言ったら元はこういう道なんでしょうね。
トンネルの出口を横目に少し先まで行って道路は横断して再び山に入ります。

甲州街道甲州街道2
さらに旧国道のカーブに接してまた離れますが、このカーブからは案内も増えて一般的な街道歩きのコースのようです。
相変わらず落ち葉の季節は分かりづらいですがこっちは道もはっきりしてるので安心して歩けます。
それでも十二分に山道なので安易な歩きは止めた方が無難ですかね。

甲州街道出口
そこそこ下って来ると旧国道に出てここからは舗装道歩きになりました。
本当は沢沿いに街道は続くのですが道が失われていてさすがに危ない。
今歩ける道を基本にしてるのでここは無理せず楽させて頂きました。

山並み駒飼宿
下って来ると視界が開けて駒飼宿に11時45分到着。
青空の気持ちよさと峠を抜けて宿場に着いた感覚の気持ちよさに江戸の旅人気分w
この区間長いから「やっと着いたー」って感じ。

諏訪神社
甲州街道から分岐して少し歩く&下りますがここの鎮守社諏訪神社にお参り。

甲州街道3甲州街道4
再び戻っていい感じに甲州街道を下っていきます。
こういう雰囲気結構好き。

合流点
そして現代の甲州街道に12時過ぎに合流です。
いやぁ、最大の難所を越えましたよ?

立合橋鶴瀬宿
今回の終着点は鶴瀬宿としたのでもう少し歩きます。
微妙にずれた旧道の橋を渡ると鶴瀬宿に着きました。
交差点から5分ほどなんですけどねw

石灯籠
さて今回困ったのがこの鶴瀬の鎮守社が事前に分からなかったこと。
多分近代以降は甲斐大和駅近くの諏訪神社なんでしょうけど江戸の昔は違う村だしねぇ。
現地の宿場街の案内には天神様が出ていてそこかな?と思いそちらも一応お参りしてきましたが、ふと石灯籠を見上げたら……
秋葉大権現の文字が。
そんなんあったか?
いや、1件だけ心当たりはありますが……まさかね。

たまたま近くを通った地元の人に石灯籠の由来と秋葉様の在処を伺ってみると、この石灯籠は駒飼宿から鶴瀬宿の方向が分かるように灯してたとのこと。
谷間の宿らしいエピソード、はともかく「やっぱりあそこか……」
事前の調べでも気が付いてたけど遠いしまさかねとは思ったんですが……ということで最後の最後に200mほど山登りです。
しかもガチ山です。

勝手踏切水路
入口に行くには線路を横断する必要があり、一応地元の人向けっぽくフェンスの切れ目で渡れるようにはなってるのですがやはり気が引ける。
仕方ないので枯れた用水路を使ってくぐり抜けました(律儀だね
最近の電車は静かだからトンネル内を走ってても音が聞こえないし見えないし(マジで

最初登り口が分からず尾根まで送電線の点検巡視路を使って上ったんですが、帰りに正規の参拝路が分かったのでそちらを紹介。
水路をくぐるとコンクリートの山肌に沿って戻ってくる必要がありますが安全性を考えたらそっちの方がいいかもね。
もしくはトンネルの入口まで行って縦に巻くか。
後で見たら近くに送電線巡視路と同じ階段が作られてました。

参道入口鳥居
線路を渡ると石階段があって最初の鳥居がありますがその先は未整備の完全な山道(急登)です。

尾根筋
幸い神社の位置は分かってるので後は地形を見ながらGPSで自分を見失わないように尾根の上をひたすら登ると。
最後の取り付きは崩れてて岩登り以上に気を遣いました。

秋葉様?
多分これが秋葉様ですかね、良く分かりませんが。
既にご神体は無くなってます。

本社前鳥居石尊宮
さらに上に登るとこちらが石尊宮だそうで。
鳥居も倒木に遮られてえらいことになってます。
秋葉様とは本来別物なのでどういう位置づけだったのか分かりませんが村の鎮守ということで……こっちもご神体はもう無いっぽいけど結構綺麗ないわれの案内があったので意外と現役なのかも。
線路のせいで人の往来と文化の断絶とを感じます。
いずれにしても来るだけで一苦労な場所だわ。

この後甲斐大和駅まで歩いて帰ってきたのですが、長くなったのでそちらの話は次回も歩くのでその時に紹介しようかと。
街道歩きがまさかの山登り。
疲れたw

今回の歩行マップ
歩行マップ
タグ:甲州街道
posted by うしさん at 20:33| Comment(0) | 街道歩き

2018年11月04日

意外と歩きやすいコース(松風のみち+かかしの里・ぶどうのみち(栃木県No.9&10))

自分の山シーズン(北アルプス限定)が終わってしまったので「関東ふれあいのみち」を再開しました。
しかし本当に今年の初秋は雨に祟られたなぁ。
本格的な秋シーズンになって晴天続きで何よりです。

田沼駅田沼駅前
今回は田沼駅から。
既に何度か来ているのである程度地理は分かっていますが、電車を降りて重大な事実が発覚。
GPSの電池持ってくるの忘れた……たらーっ(汗)
指導標通りに歩いて行けばなんとかなるんだけど当てにならない部分もあるし困った。
「町中を抜ける前にコンビニがあればいいんだけど」
7時50分とりあえずコースを歩き始めます。

石標コンビニ
踏切を渡って真っ直ぐ行く道が今回のルートですが、途中の交差点でこんなものを見つけました。
目的地は結構大きな神社なのね。
幸いこの交差点の脇にセブンイレブンを発見ぴかぴか(新しい)
助かったぁ〜exclamation
山用GPSは普通の電池だから交換可能なのがいいわね。

唐沢山へ鳥居
落ち着いたところで改めてスタート。
目的地は意外と近くて正面に見える山の上にある模様。
山といっても本当に里山程度なので15分もあれば登れそうな感じ。
気楽気楽〜るんるん
登り口に鳥居があってここから真っ直ぐ参道があるのかと思ったら無くて、すぐ右に曲がって道路そのままでした。
昔は鳥居をくぐって山裾に沿った細道だったんでしょうね。

分岐山道へ
そのまま舗装道路を歩かされるのかと思ったら途中で山道に分岐しました、イイゾー。
ということで山道へ。
神社自体が車で行ける所なのであくまで散策を楽しむコースなんでしょう。

山道入口
もう少しあっさりしてるのかと思いましたが山っぽさを結構堪能出来る道でした。
8時半に神社入り口に到着。
元は唐沢山城跡だそうで神社自体お城のお宮が元だそうで。
今では本丸跡が本殿になってるので強者どもが夢の跡といったところでしょうか。

足利方面岩舟方面
入口手前にちょっとした展望地への分岐があったので登ってきました。
なかなか良い眺め。
左が前回まで歩いて来た足利方面、右がこれから向かう岩舟方面。

境内拝殿
元が山城ということもあるのでしょうが境内が意外と大きい。
なかなか立派。
そして階段もいっぱい。
昔の地域性でしょうか、糸の卸商の大きな寄贈灯籠が印象的でした。

猫唐沢山神社御朱印
あと特徴的なのは猫が多いこと。
野良かと思ったらそうではなくここの神社の特徴の一つみたいです。
やたらと人懐っこい猫がウロウロしてます。
猫好きには天国かもw
そして御朱印はいくつか種類があって猫があしらわれてます、招き猫〜
せっかくなので見開きタイプを頂いてきました。

山道2山道3
ここから先は本当の山歩き。
よく整備されていて歩きやすいんですが途中すれ違ったのは数人だけでした。
紅葉前とはいえ少ないのはやはり終点からの足の便が極端に悪いせいだろうか。

稜線村檜神社へ
途中見えた見晴らしから歩いて来た稜線が見えたのですが一番左の山辺りからぐるっと歩いて来た感じ。
そこまでアップダウンも無いので歩きやすいんですけど、こうやってみると良く歩いたなと。
最後に一気に下って村檜神社の境内に降りていきます。

村檜神社村檜神社2
ということで10時半に村檜神社にと着しました。
この神社、規模といい建物の立派さや由緒といいとても大きな神社なんですが何故か無人。
まあ場所が場所ですから人が来ないんでしょうけどなんとも勿体ない。
廃れた感じは無いので例祭なんかは大規模なのかもしれませんが無人なので御朱印なし。
ちなみにここが最初のコースの終点になります。

バス停
ここから帰るにはバスなんですが最寄りのバス停の時刻表がこれだからいかんともし難い。
栃木駅行きが一日2本……あ、でも10時57分のバスに乗れたなw
まあ逆向きでも岩舟駅に出られるので合わせれば5本あるので何とかなるのか。
でも公共交通機関で来ようって人は稀だろうなぁ。

体力的に無理だったらここからバスで帰ろうと思ってましたが、アルプス三昧で体力は維持されてた模様。
次のコースへと続行します。

田舎道東北道
しばらく田舎道を歩いて高速道路をくぐります。
北関東道だと思ったら東北道だった。
そういえば岩舟過ぎてたわ。
いよいよ東北道越えかぁ……感慨深い。

田園風景田園風景2
両側を山に囲まれた細長い盆地のような場所ですが広がる田園風景が非常に印象的な場所でした。
こういところだから高速道路が通ったのかもしれませんが新しい高速道路に比べて比較的風景に溶け込んでるかな?

羽田地区桜峠へ
小さな峠を越えて羽田地区へ。
この谷の奥まったところから関東平野側に抜けるのが桜峠ということで意外に昔は重要なルートだったみたいですね。

林道入口峠道
峠道自体は結構奥の方まで車が入れる林道になっているので、純粋に人しか登れない部分は300mほど。
その場所も歩きやすいので後半の歩きとしては助かりました。

峠より昼食
無事12時前に桜峠到着。
この日はお天気は良いし峠には結構人が居てマイナールートが多かったので久々に普通の場所に来た感じw
峠からその先の馬不入山や晃石山行くルートのようです。
この後時間があったので寄り道しようかと思ったらNo.25がまんまそのルートなのね。
そして予定通り景色を見ながら昼食として最近出来たコメダパン。

林間集落道
この後、清水寺、大中寺と巡って大平下駅に向かうのですが、道がごちゃごちゃしてました。
案内は充実しているので迷う事はないのですが、枝道の多い林間を右に左にと歩いたり集落の細道を歩いたりと飽きの来ない道でした。

大平下駅大平下駅2
終点の大平下駅には14時前に到着。
距離が長かった割に比較的早く終点に付きました。
やはり上下差が比較的少なかったのと秋で涼しい(これ重要)のが勝因だろうかw

きりふりきりふり車内
この後両毛線で一旦栃木駅に出て東武線で帰ってきましたが、いつも通り特急に乗ったらレアな「きりふり」でした。
このところ東武特急にお世話になってるので一度くらいは乗ってみたいと思ってたけど乗れたからもういいや。
だってリクライニングしないんだもん……

今回は久しぶりの『関東ふれあいの道』でしたがやっぱり秋はいいですね。
涼しくて歩きやすいし天候の心配がいらない。
唯一の欠点は日が短いことでしょうか。
せっかくの秋なので色々出掛けながらまた駒を進めて行きたいと思います。
続きを読む
posted by うしさん at 17:13| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2018年10月28日

P/ECEのUSBドライバーが欲しい……

久しぶりの動画ネタです。
「そんな物作ってないでHPをさっさと更新しろ」と怒られそうですが、緩いページなので許して。

さて今回は単独のゲームとしては販売されていませんが『おでかけマルチ』です。
かつてAQUAPLUSから発売されたハード『P/ECE』用のゲームなんですが、当時のPSポケットやDCビジュアルメモリみたいにゲーム本体と連携して遊ぶ物でした。
なのでパソコンにインストールするのですが、意外と知られていませんがハードの初回ロットにはゲーム用のCD-ROMが同梱されていてダウンロード版と異なりオープニング、エンディング動画が入っていました。
その後の普及版はダウンロード配布だったので入っていないんですよね。

P/ECE自体が古いハードなのでPC接続用のドライバーが更新されておらず、今のパソコンで遊ぶのは困難なんですが、動画だけは単純にAVIなのでそのまま素材として使わせて貰いました。
本当はプレイもしたかったのですがWindows10 64bitではドライバーに難がありすぎて……
以前有志が64bitドライバー作ってたけどどうなんだろう。

さて肝心の動画の方ですが、フォーマットが640×480の30fpsなので普通に編集ソフトにぶち込みます。
メーカーロゴの部分だけはプログラムなのでそこだけ画面キャプチャーしてますが、そのためにVMWare上のWindows98にゲームをインストールしましたw
データリンクしなければインストール自体は出来るので良かった。
音源だけは相変わらずCDから持ってきてますが、ショートバージョンなのでフルの音源からカットてフェードアウト処理してます。

おでかけマルチ
後は繋げるだけなので特に特別な事はやってなくて、いつも通りHD化処理だけ通してmp4で再エンコードしてます。

当時はまさかゲームメーカーがハードを出すとは思いもしませんでしたが、それだけ野心的なことが出来る時代だったんでしょうね。
最近はどこもかしこも安パイばかりで消費者の一方的なわがままとして言うとつまらないな、と。
業界に限らず世の中驚くようなネタが無いのは寂しい限りです。
posted by うしさん at 17:10| Comment(0) | 趣味