2023年01月21日

事前確認不十分でバリエーションコース(山里から津久井湖へのみち(神奈川県No.13))

先週寝坊していけなかったのので、今回は準備万端行ってきました。

岩本町駅橋本駅
小田急線から脱出して今回は橋本です。
乗換無しで行ける幸せ、関東ふれあいの道を歩き始めた頃以来の京王線です。

串川橋バス停韮尾根バス停
電車は一本なんですが、バスは乗り換えです。
串川橋から半原行きに乗り換えて韮尾根に8時半過ぎに到着。
さあ歩きますよ。

分岐点
途中までは前回のルートの最終部分を逆向きに歩行。
ここから直進して今回のコース、雨乞山に向かいます。

未舗装道廃屋
また舗装された林道かと思いきや未舗装道路。
でもなんとなく車も通れるような感じで「営林用かな?」と思ったら住宅があった。
なんという……既に廃屋でしたけど。

西側東側
廃屋から先は完全に山道に変わりました。
尾根の西側から東側に出ると明るくなりました。
やっぱり陽が低いと薄暗いですね。

雨乞山
緩やかな登りが続いて歩きやすい。
息も続くし助かるわぁ。
スタートから30分ほどで雨乞山を登頂しました。
景色無し。

下山道下山口
緩やかに山中を下りながら進んで行くと、なんとなく下山口っぽい所に着きました。

林道出口
林道っぽい道に出たので、更に横切って下っていくのかと思ったら、右の林道方向へ行けとの指示。
若干登ってるのでまだ続くのかぁ、なんて思って登っていったらいきなり住宅地に出ました。
さすが相模原。
谷底と山の上が開発されて、中腹が未開の地ってやつですね。
まさか登ったら平地に出るとは想定外の展開でしたよ。

明日原平井
しばらく上の明日原地区を歩いて、再び下って下の平井地区へ。
串川を渡って再び反対側の山中へと入っていきます。
とはいえ、やっぱり住宅が多いですね。

県道
丁度この辺りが来るときにバスで通ったところですね。
酒蔵の新酒が気になりましたが、荷物が多くなるのでスルー。

県道バイパス
県道のバイパスをくぐる辺りもちょっとした高台登りですが、この辺りは住宅も多いので山歩き気分はほぼ皆無。

城山入口登山道
再び山道に入るのは城山の手前。
ちょっと分かりづらくて見落とすところでした。
実は手前にある公園の園内道と登山道が隣接しているので、ここから入る必要は無いのですが、伝統的な登山道はこっちということなんでしょう。

合流点十字路
公園道と合流する所から城山へ本格的に入ります。
尾根に登った所が十字路で、尾根道に行くのが終点へのルート。
しかしこのルート、城山山頂まで行くことを指定しているので一旦山頂に向かいます。
指定が無くても、せっかくだから行くんだけどね。

城山山頂津久井湖
10時40分過ぎに城山山頂に到着。
山頂は山城跡なので広々としています。
津久井湖側が展望になっていて、これから向かう山とその奥に高尾山が……感慨深いぴかぴか(新しい)
ついにここまで来たかぁ。
一番最初のコースはあの稜線から津久井湖を見たんだっけ。
次回の最終コースであそこを越えていきます。

市街地
反対側に行く狼煙台跡の展望所。
こちら側からは市街地が見えます。
高尾山から見る八王子市街の景色に近いかな。

通行止め
さて、津久井湖側に降りていくこうと歩き始めて、途中まで行ったら通行止めになってる……(また台風19号かexclamation×2
事前の調べをしっかりしていかなかったので方針が決まらず困った。
迂回は出来るけど山裾を半周するコースらしい。
以前もありましたが、通行止めの道も歩ける範囲は歩くことにしているので、今回もとりあえず崩落箇所までは歩くことにしました。

崩落地点斜面状態
崩落箇所に辿り着くまで結構下ることになりました(帰りがメンドイ)
で、問題の崩落地点。
崩落のおかげで見晴らしが良くなってますが、法面が崩れて水平部分がないだけで、土の斜面状態でした。
転んだら滑り落ちそうではありますが、このくらいの場所は普通に歩く人なので、戻るより楽そうだから越えてしまった(バリエーション的ルートを歩かない人は真似してはいけません)
管理事務所の人、スミマセン。

岩場反対側
一番山らしい箇所を歩けないのはもったいない。
簡易で水平切るだけでもいいから早く復旧すればいいのに。
無事反対側に出ましたが、反対側から来た人に不思議な顔をされてしまった(そりゃそうだ)
半周するルートがこの道ですね。

下山口
津久井湖側の登山出口。
公園地になっているので軽いアウトドア気分で歩いている人も結構見かけました。

お蕎麦屋お昼ご飯
公園の駐車場脇にお蕎麦屋さんがあったので、天気もいいので外で津久井湖を見ながら頂きました。
今回お昼で下山するの分かってたからお昼ご飯持ってこなかったんですよ。

城山ダムへ城山ダム
ゴールは城山ダムを渡った先なので、休憩後に移動。
せっかくなのでダムの展望所にも登ってきました。
ちょっとした高台程度ですけどね。

津久井湖記念館側城山高校前バス停
津久井湖記念館にも寄ってダムカードのもらいつつ(ついに始めてしまった)、終点となる城山高校前バス停に13時前に到着。
このバス停は1時間に4本あるので、時刻合わせをせずに帰れるのが良い。

といいうことで、山要素はそこそこ(一部バリエーションあり)でそれなりに充実した歩きでした。
次回はついに最終コースです。
天気が良ければ来週には行きたいかな。
【参考メモ】
posted by うしさん at 19:14| 首都圏自然歩道

2023年01月20日

伊勢神宮全巡り

今年は伊勢神宮の全宮巡りを完結させたわけですが、せっかくなので思い出し記録。

特にこだわりは無かったのですが、観光気分で出掛けた2017年。
この年は初心者なので、外宮、内宮をモデルコースに通りに歩いて、それぞれの敷地内にあるお宮をお参りしました。
最初の巡礼が外宮で、
正宮 豊受大神宮」→「別宮 多賀宮」→「所管社 下御井神社」→「別宮 土宮」→「別宮 風宮」→「所管社 四至神」→「摂社 度会国御神社」→「末社 大津神社
という順番。
残念ながら「所管社 御酒殿神」「所管社 上御井神社」は禁域にあるため参拝出来ません。
外宮

次に内宮に移動して
所轄社 瀧祭神」→「正宮 皇大神宮」→「所轄社 御稲御倉」→「別宮 荒祭宮」→「所轄社 由貴御倉」→「所管社 御酒殿神」→「所轄社 四至神」→「別宮 風日祈宮」→「所轄社 大山祇神社」→「所轄社 子安神社
という順番。
こちらも「所轄社 興玉神」「所轄社 宮比神」「屋乃波比伎神」は禁域にあるため参拝出来ません。
内宮

この時は外にある別宮にも寄りました。
伊勢市駅まで戻るついでで歩きました。
内宮別宮 月讀宮」と境内に鎮座する「内宮別宮 月讀荒御魂宮」「内宮別宮 伊佐奈岐宮」「内宮別宮 伊佐奈弥宮」「内宮末社 葭原神社
さらに移動して
内宮別宮 倭姫宮
駅を通り過ぎてついでで
外宮別宮 月夜見宮」と境内に鎮座する「外宮摂社 高河原神社
2017年

この年は伊勢市内観光で別宮も訪れたという感じではあるのですが、これがきっかけで翌年から巡礼が始まります。

2018年の伊勢神宮は外宮参拝の後に、外周にある社があるらしいので徒歩で参拝しました。
外宮摂社 度会大国玉比賣神社」更に奥の「外宮末社 伊我理神社」と同座する「外宮末社 井中神社」、外周をさらに進んで「外宮摂社 山末神社
2018年外宮外周

内宮に移動して神楽奉納した後に古市街道を歩いて電車で上之郷に移動。
内宮別宮 伊雑宮」と、少し離れた「伊雑宮所管社 佐美長神社」と同座する「伊雑宮所管社 佐美長御前神社」に参拝して、この年はここまで。
これで別宮は瀧原宮だけになったのですが、せっかくなので全部の宮を参拝してみようかな、と。
2018年伊雑宮

2019年は本格的に巡拝しようと、参拝ルートを事前計画。外宮を参拝後に、外宮前の観光案内所で自転車をレンタルして内宮へ移動。参拝後に宇治橋正面から巡拝開始。
内宮摂社 大水神社」「内宮末社 川相神社」「内宮末社 熊淵神社」→「内宮所轄社 饗土橋姫神社」→「内宮摂社 津長神社」「内宮末社 新川神社」「内宮末社 石井神社」→「内宮摂社 宇治山田神社」「内宮末社 那自賣神社」→「内宮別宮 月讀宮」「内宮別宮 月讀荒御魂宮」「内宮別宮 伊佐奈岐宮」「内宮別宮 伊佐奈弥宮」「内宮末社 葭原神社」→「内宮摂社 大土御祖神社」「内宮末社 宇治乃奴鬼神社」→「内宮摂社 国津御祖神社」「内宮末社 葦立弖神社」→「内宮摂社 朝熊神社」「内宮摂社 朝熊御前神社」→「内宮末社 鏡宮神社」→「内宮末社 加努弥神社」→「外宮摂社 田上大水神社」「外宮摂社 田上大水御前神社」→「外宮摂社 志等美神社」「外宮摂社 大河内神社」「外宮末社 打懸神社」→「内宮摂社 川原神社」→「外宮摂社 草奈伎神社」「外宮摂社 大間国生神社」→「外宮摂社 清野井庭神社」→「外宮摂社 宇須乃野神社」「外宮末社 県神社」→「外宮別宮 月夜見宮」「外宮摂社 高河原神社
まで自転車でよくやる。この時川原神社の先、園相神社に行かなかったのは失敗でした。月讀宮と月夜見宮は通り道だったので再訪です。
2019年1日目

翌日も自転車を借りて二見興玉神社に寄りつつの伊勢市内を巡拝です。
内宮摂社 江神社」→「内宮摂社 神前神社」「内宮末社 許母利神社」「内宮末社 荒前神社」→「内宮摂社 堅田神社」→「内宮所轄社 御塩殿神社」→「外宮摂社 御食神社」→「外宮末社 志宝屋神社」→「外宮摂社 河原神社」「外宮末社 毛理神社」→「外宮摂社 河原淵神社
前日に比べれば少ないですが走行距離はすごい。
2019年2日目

2020年の伊勢神宮は初日から玉城方面を巡拝しました。例によって自転車を借りて大移動です。
内宮末社 小社神社」→「内宮摂社 奈良波良神社」→「内宮末社 鴨下神社」→「内宮摂社 鴨神社」→「内宮末社 津布良神社」→「内宮末社 田乃家神社」→「内宮摂社 田乃家神社」「内宮摂社 田乃家御前神社」→「内宮摂社 朽羅神社」→「内宮摂社 御船神社」「内宮末社 牟弥乃神社」→「内宮摂社 蚊野神社」「内宮摂社 蚊野御前神社」→「内宮摂社 棒原神社」→「内宮摂社 坂手国生神社」→「内宮摂社 狭田国生神社」→「内宮摂社 湯田神社」→「外宮摂社 小俣神社」→「内宮摂社 園相神社
一日でよく巡拝しました。レンタルサイクルの返却時間との闘いでしたw
2020年1日目

伊勢市内から近い所は終わったので、二日目は外宮、内宮を参拝した後にバスを使って移動して、「内宮摂社 久具都比賣神社」だけ参拝しました。帰りのバスがなくて比較的本数の多いバス停まで歩かされましたが……
2020年2日目

2021年はコロナの関係で参拝見送り。
2022年は鳥羽、松阪にある社を巡拝しました。初日に外宮と内宮を参拝後にバスで鳥羽へ移動して伊射波神社を参拝しつつ「外宮末社 赤崎神社」に参拝。
2022年1日目

二日目は熊野古道の伊勢路を栃原まで歩いてから松阪に移動。
三日目にレンタルサイクルで「内宮所轄社 神服織機殿神社」→「内宮所轄社 神麻続機殿神社」と巡拝。
2022年2日目

2023年に残る社を巡拝すべく、初日に外宮と内宮を参拝後にバスで移動し、二見から少し離れていて行けなかった「内宮摂社 粟皇子神社」を参拝。
2023年1日目

二日目に熊野古道の伊勢路を栃原から瀧原宮まで歩いて、途中にある「内宮摂社 多岐原神社」に参拝し、歩いて最後の「内宮別宮 瀧原宮」「内宮別宮 瀧原竝宮」「瀧原宮所轄社 若宮神社」「瀧原宮所轄社 長由介神社」「瀧原宮所轄社 川島神社」を参拝して全ての巡拝が終わりました。
2023年2日目

いやぁ、長かった。
年に1回しかいかない中での参拝だったので時間がかかりましたが、目的意識を持って伊勢神宮を見られたのは良かったと思います。
御朱印などは別宮でないと頂けませんが、お百度参りに近いかも感覚かもしれません。
他に同じようなことをする人がいるのか分かりませんが、普通はレンタカーなんでしょうね。
ただ意外と細い田舎道が多くて車を駐車出来ない場所が多いです。
ということでやはり二輪車がオススメです。
posted by うしさん at 22:47| 散歩道

2023年01月15日

地味にカード集めを始めてみたり

世の中色々な無料系カードが配布されていますね。
ダムカードとかマンホールカードとか。
お天気が悪いときとか簡単に出掛ける良いきっかけになるので、関東のダムカードとかどうかな?と関連Webページを見ていたらIKEカードなるものがありました。
池(IKE)ですが、普通のいけじゃなくて貯水池や調整池をカード化した物らしい。
なんとマニアックな。
今のところ東京都だけのものなので集めやすい。

今週末は天気が良くないので……嘘です、寝坊して目的の山歩きに行けなかったので、近場のお出かけで見学に行ってきましたw
ダムと違って意外と市街地にあるので、例によって極力公共交通機関を利用します。
今回訪れたのは「黒目橋調整池」です

東久留米駅
最寄りが西武池袋線の東久留米駅。
人生全くご縁がなかった駅です。

一番の最寄りは西武バスの神山大橋バス停ですが、近いので歩きました。
どうせバス停から歩くし。

黒目川緑道
黒目川を渡る手前で川沿いの緑道を下流方向に歩いて行きますが、多分これが一番分かりやすい。

取水口下谷公園
で、駅から15分ほどで到着しました。
都市型調整池なので地下貯水池です。
目立つのは取水口くらいで上は公園になってました。

黒目橋調整池
で、実際の地下はこんな感じになっているらしい……見ることはできませんが。
このカード、すぐ近くにある東京ドームスポーツセンター東久留米で配布してました。
休日もやってるから助かるわね。
だから今回行ったんだけど。

軽いお出かけ程度で行けるので、春に向けて天気が悪い日に出かけることになりそうです。
御府内八十八か所がコロナでお寺の巡拝拒否で滞っているので、別ネタ探した結果です。
しばらくは楽しめそうです。

<今回の歩行マップ>
歩行マップ
タグ:IKEカード
posted by うしさん at 18:38| 散歩道