2023年11月26日

善福寺川歩き

自分の行動記録遅れ気味。

歩くネタ&KAWAカード集めを兼ねての歩き。
今回の善福寺川は以前にカードを貰っているので純粋に趣味の歩きです。
神田川の支流ですが、妙正寺川とルートは違えど同じような所に水源があります。
あの辺り、地質的に水が湧くところなんでしょうね。

中野富士見町駅神田川
スタートは丸ノ内線の中野富士見町駅。
駅前にあるのは神田川なので、以前歩いたところですね。
今回目的の場所まで少しだけ神田川沿いの歩き。

合流点距離標
丸ノ内線の車庫を横目に少し移動すると善福寺川との合流点。
ここから水源に向かって歩いて行きます。
丁度この場所に水源からの距離が表示されていました。
ちょっとした散歩程度の距離ですね。

川沿い川沿い2
意外と流量の多い道を歩いて行くとすぐに環状七号線に着きます。
雲一つ無い天気なので歩いていて気持ちが良い。
佼成学園付近は建物がないの気持ち良かった。

調節池川沿い3
以前訪れた環状七号線の調節池を過ぎて川沿いの道も生活道路から歩行路へ。
善福寺川は比較的い市街地から離れているせいか、公園的要素が強い気がします。
緑が結構残っている感じ。

和田堀公園
建設中の和田堀公園調節池。
工事中なのでこの区間は要迂回でしたが、そのうちIKEカードが作られるのだろうか。

和田堀第六調節池付近善福寺川調節池付近
この付近は調節池が多くて、それだけ低地帯に住宅が多いってことなんでしょう。
川沿いは公園兼調節池といったところでしょうか。
普段はいいところなんでしょうが、ひと雨くれば笑えない地域ですな。

大宮八幡宮へ大宮八幡宮
途中神社を見かけたので寄り道。
以前調節池巡りの時に寄ったんですが、すっかり忘れてました。
9時前と早すぎて御朱印をいただけませんでしたが、帰ってきて調べたら以前に頂いてましたね。
ただ、川から直接上がれるこのルートは知りませんでした。
比較的新しい入口みたいです。

裏道裏道2
荻窪に近付いてくると、徐々に市街地。
川沿いの道も本当に裏道扱いですが、こういう味のある道は個人的に好きです。

中央線中央線2
中央線をくぐって北側へ。
この部分だけ高架橋が高いのは川沿いだけ低いってことなんでしょうね。
建物がびっしりなので気が付きづらいですが、分かりやすいです。
つまりアスファルトに覆われた周囲から、一気に雨水が流れ込むということですね。
嫌だわ……バッド(下向き矢印)

井荻小学校付近井荻小学校付近2
井荻小学校のあるこの区間、川の両側に学校設備があるので道が無くなります。
神田川の時にもあったんですが、公共設備のこういう土地利用されてて面白いですね。
元から土地の無い中での苦肉の策なんでしょうけど。

川沿い4川沿い5
水源に近付いて一気に水量が減る善福寺川。
この辺りは川底からも水が湧いているのかもしれないですね。

善福寺川起点善福寺池
善福寺川から善福寺池へ。
ここが水源となりますが、多分に漏れず公園です。
西東京が住宅地として人気なのは当然ですな。

園内流路上池
公園内の渓流を抜けて上流の池へ。
この水路だけの繋がりではないと思うけど、これはこれで雰囲気重視よね。

源泉
公園の最奥地。
源泉……を再現したものらしいです。
今は周囲が住宅だらけでこうはならないんでしょうね。

ということで善福寺川を全区間歩きましたが、今までの中で一番緑豊かな歩きだったと思います。
神田川水系でIKEカードがあるのはこれだけなので、次回は隅田川の支流かな。
それはそれで長そうだ。
posted by うしさん at 12:30| 散歩道

2023年11月19日

猪鍋目当て

奥秩父縦走路、前半からの続き。
テント場をあぶれて避難小屋に逃げましたが、テント張りの手間が省けたのと景色が良い場所なのが良かったですね。
窓の無い屋内だから景色は無かったけどw
気温がそこまで下がらなかったので、小屋にあった薪ストーブは使わずじまい。
個人的には使ってみたかったw

朝焼け避難小屋
朝焼けの景色は良かった。
朝のキリッと引き締まった空気が好きです。
日の出方向に破風山があるのでご来光はありませんでしたが、これだけでも見る価値あり。
同宿の皆さんは日の出目当てか朝早くから出立していました。
自分はご飯を食べてから7時前に出ました。

急登木賊山方向
破風山はそこそこ急登。
この日は雁坂小屋までだから、前日に歩いてしまった分で行程が短い。
かなり早く着きそうな気配です。
良い感じで登ったところで振り返り。
下の避難小屋と木賊山、その奥の甲武信岳の位置関係が分かります。
中腹トラバースだったけど、前日は参ったね。

破風山
7時半に破風山登頂。
周囲の稜線は景色がいいのに、山頂が残念系っていうのが今ひとつ人気が出ない理由でしょうねぇ。
そういえばこの山、破不山とも表記するようです。
小屋の登録証や付近の指導標は破不山になってました。
武州表記と甲州表記?

稜線より稜線
山頂を離れると良い景色なんですが、途中感が強すぎて適当な休み所が無いのが問題。
でも稜線で眺めが良いというのはいいですね。
若木で徐々に育っているようなので、この景色もあと10年くらいかねぇ。

雁坂嶺下り
9時に雁坂嶺に到着。
小屋に早く着きすぎるのもどうかと思ったのですが、暇を潰す適当な場所も無かったので真っ直ぐ来てしまいました。
ここからはゆるゆると下るだけなので、実質力仕事は終わりですな。
休んだとはいえ、テント装備で足が重いから助かる。

雁坂峠へ雁坂峠
雁坂峠には9時半過ぎに着きました。
さすがにこのまま小屋に行ったら早いからとゆっくりしてましたが、テント場を確保してからまた登ってくればいいやと30分ほどで雁坂小屋に向かいました。
小屋はここから少し下るんですよねぇ。

小屋へ雁坂小屋
意外と急な下りを下って雁坂小屋に到着です。
いつかはここに着たいと思っていたので、念願叶っての小屋ですが、山梨県側から入る事になるとは思わなかったw
大分早く着いたのですが、テント場なので問題なく受け付け完了。

トイレテント
有名なトイレを通ってテント場へ。
早く着いたおかげで良い場所を確保出来ました。
石の少ない土の地面、コレ大事。

稜線
13時からイベントなのですが、それまで時間があるのでビール片手にちょっと移動。
翌日は小屋から反対側の雁峠に向かうので、丁度歩かない稜線区間を散歩がてら歩いて来ました。
翌日登る道から稜線に出て、雁坂峠に向かいます。
すぐかと思ったら結構距離があったのでちょっと後悔しましたw

雁坂峠からビール
後は時間までビールを飲みながら紅葉を楽しんでいましたぴかぴか(新しい)
こういう静かな時間がいいですねぇ。
酔って小屋に戻るのは要注意ですが、やはり良い景色で飲みたいexclamation

雁坂小屋2猪汁
13時前に小屋に戻って猪鍋の日。
コレ目当てで計画したわけではないのですが、たまたま猪鍋をやるというので、二日目の泊まりがここになるように右回りルートにした次第。
豚肉と違って固めで味のあるお肉が本当に美味しい(ビールまた飲んでる)
脂身も癖がないのがいいです。
ジビエ料理では「普通の肉の方が美味い」と感じる事が多いけれど、これに関しては断然こっちの方が美味しい。

後は夕飯を食べて寝るだけ。
笠取山以来のテント泊でしたが、気温が比較的高めだったので快適でした。
前回の経験を活かして装備を選択したのも一因ですが。

稜線へ水晶山
最終日は下るだけではつまらないので少し回り道です。
前日もビール片手に歩きましたが、稜線に出るまでが結構長い。
基本的には標高を下げていくコースなので、稜線に出てしまえば大きく登る事も無いので、水晶山はぬるっと着いた感じ。

古札山古札山より
今回景色は良いものの山頂が残念なパターンばかりでしたが、この古札山は山頂からの景色が良かったです。
縦走路途上の山なので来づらいのかもしれませんが、休息をとるには最高の場所でした。
ちょっとお天気下り坂で雲が出てしまった残念でしたが。

雁峠へ雁峠から
いくつかピークを越えて最後の雁峠に下る坂がエグかった。
いや、つづら折りなので坂自体はそうでもないんですが、先が見えてるのになかなか降りられないという苦行。
前回これを下から見て「登りたくねー」って思ったんですよねw
雁峠の時点で10時だからかなり余裕の構え。

沢林道跡
峠まで下ってしまえばあとは本当に下るだけの行程。
下り始めたすぐのところから始まる沢沿いを延々と歩いて行きます。
途中から林道っぽくなるんですが、完全に廃道らしく沢を通す土管やら道とおぼしき残骸やらで、荒れてました。
歩く分にはそこそこ水平が取れてるので歩きやすいんですけどね。
それとも必要になったら直すのかな?

林道紅葉
元林道だけあってこういうところは歩きやすい。
しかしもう少し綺麗な紅葉があるかと思ったけど、こっちはダメですね。
紅葉の有名地はやっぱり植生によるところも大きいですね。

ゲート国道
最後は普通の林道を歩いた感じでしたが、登山口のゲートを見ると私有地なんですね。
登山はOKだけど、大会的なものはダメとのことで、普通登山に解放してくれてるだけでも感謝。
下りきって10時に国道に出ましたが、道の駅までがちと遠い。
素直に雁坂峠から下ればよかったか……
正直この移動のための歩きが一番苦痛だったかも。
微妙に登ってるのがまたいやらしい。

20分ほど歩いて道の駅に到着しました。
車が落ち葉で埋もれていたのは苦笑しましたが、その紅葉を目当てに来たので文句は言えません。
荷物が重くなるけど、体力的な余裕をみて計画すればテントでの山行きもいいですね。
厳冬期装備も去年買ってしまったので、今年も雪の少ない秩父あたりに入りたいかも。

珍しくある11月の飛び石連休は4連休予定。
山に行きたい気持ちはあるのものの、今の時点で無計画なので普通の旅行に落ち着く見込み。
普通の週末にロードハイクで行くのも良いかもしれない。
少し考えよう。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 14:19|

2023年11月18日

紅葉狩り

大分過ぎてしまいましたが、11月三連休に紅葉狩りに行ってきました。
丁度見頃だったので行きましたが、激混み予想だったので早朝到着で夜の中央道を移動。

道の駅みとみ西沢渓谷入口
西沢渓谷は毎年紅葉目当てで多くの人が集まる場所ですが、早朝5時前に着いてこの時間なら空いているかと思いきや夜を明かす車でいっぱいでした。
キャンピングカーで泊まってる人もいて、道の駅がオートキャンプ場状態たらーっ(汗)

山映え紅葉
最初は西沢渓谷の歩きです。
早朝のおかげで人は少ないものの、それでも多くの人が散策していました。
日の出に合わせの6時半て行動を始めましたが、朝日に映える紅葉が見事で朝早く来るのも分かる気がします。

登山口登山道
今回向かうのは甲武信岳なのでこの日は登るだけ。
奥秩父は前回の笠取山に続いての来訪ですが、歩き慣れていないので余裕を持った計画です。

登山道2登山道3
もう少し紅葉を楽しめる歩きを期待していたのですが、残念ながら登山道周辺は綺麗な紅葉が無いですね。
日当たりの良い斜面付近は良い感じなんですけどねぇ。
おかげで道が明るいから助かるけど。

合流点甲武信岳を臨む
9時過ぎに谷ルートとの合流地点に到着。
今回もテント泊装備なので荷物が重い。
時間は余裕があるので気にしてませんが、足への負担が辛いわ。

中腹域倒木
極端な急登はないものの、地味に上りが長い。
まあ、標高差を考えれば当然なんですが、荷物が多い分辛さ倍増。
「登っていればいつかは着く〜るんるん」って感じで歩いてますが稜線歩きと違って風景が無いから充実感がない。
森林限界を超えるようなやまではないので、仕方ないんですけどね。
それと意外と倒木が多かった。

休憩地広瀬湖方面
黙々と歩いて11時過ぎに岩場の見晴らし場に着きました。
登り口にあった広瀬湖が遥か下。
この日は富士山もよく見えて、こういう景色に会えると疲れが取れます。
西沢渓谷を上から眺めた感じですが、紅葉も綺麗でした。
もう少しきちんと調整して撮影すれば良かった。

木賊山甲武信岳へ
12時に木賊山に登頂して、甲武信岳に向かいます。
13時には甲武信岳に着けるペースなのでかなり余裕モード。
テント場に荷物をデポして行けるしね。

甲武信小屋
12時半前に甲武信小屋に到着。
日が短い季節だけど余裕の時間だったんですが、ここでトラブル
なんとテント場は予約でいっぱいとのこと。
「16時まで待って貰って空いてたら張れるけど、無かったら下山することになります。」
16時で日が翳るこの季節に待ってから下山とか、遭難推奨されてしまったw
日が暮れてから行動しろとかヤバいでしょ。

巻き道破風山へ
事前にHP見たけどテント場予約とか案内無かったんだよね。
後で調べたらQAにひっそりと書いてありました。
なんだかね……
結局一時間ほどの比較的近い所に避難小屋があるので、そちらに移動することにしました。
甲武信岳は方向が逆になるのでピストンする気にもなれず、今回はパスしました。
とりあえず早く荷物を降ろしたい……バッド(下向き矢印)

稜線枯れ木
こうなると心配になのが翌日の雁坂小屋のテント場。
同じ目に遭ったら逃げ場無いぞ?
連絡したくても電波ないし……
移動途中でメールの受信音がしたので見たら微かに電波あり。
稜線で電波を拾いやすい場所だったらしく、ここで電話をしたら繋がり予約はないとのこと。
安心して一夜を明かせる。
しかしこの辺りなんで立木が枯れてるのやら。

避難小屋避難小屋2
13時半過ぎに破風山の避難小屋に到着。
さすがにこの時間では一番乗りでした。
小屋はいいんだけど、窓が開かないので扉を閉めると暗いのが難点かな。
テントを張らないで済む分、楽だけど水場が無いのが難点。
指導標によると一応20分ほど下るとあるらしいけど、道もないし戻るのが辛いので、甲武信小屋で補水した2リッターで賄う。

景色
テント場なんかより景色は断然上なのでこれはこれで良かった。

トラブルも一つの楽しみとして、一日目が終了。
結局小屋には4人ほどの利用者があり、孤独な暗闇は回避しました。
後半へ続く。
posted by うしさん at 17:35|