2023年01月14日

伊勢路を使って瀧原宮へ

今年も伊勢神宮の参拝ついでに熊野古道を歩いて来ました。
昨年は栃原まで歩いたのですが、今回は伊勢神宮の別宮である瀧原宮まで歩きました。

栃原駅岡島屋
スタートの栃原には岡島屋さんがあるのですが、ネット予約が出来なかったので松阪市内のホテルに泊まって早朝移動です(何回か日中に電話してもつながらなかったので)
まだ7時半だけど紀勢本線って本数が少なすぎ。
次の列車が2時間半後じゃ使えない。

スタート古道分岐
町を出て続く細道が熊野古道。
こんな感じかなぁ、と思って歩いていたら山道への誘い。
マップ的には左への分岐なのですが……

入口出口
くぐるような橋もないのでどういう構造かと思ったら想定外の構造でした。
トンネルなのか排水口なのか。
夏場は虫がいそうで嫌な道だわw
中腰歩きで移動です。
線路があって古道に入れないから苦肉の措置なんでしょうね。

山道
この区間は古道というよりは単なる山道ですな。
今回あまりない未舗装区間です。

山道終了車道
山道を出たらここからは車道歩きです。
こんな感じの細道ならまだ趣もあるのですが。

旧道分岐
今の熊野街道に沿って歩くのかと思いましたが、意外と旧道が残ってます。

古道分岐眼鏡橋下
左の道が旧街道でさらに左の林に入るのが古道。
ちょうど猿木坂眼鏡橋のところですが、眼鏡橋の方が明治以降に作られた道だそうです。
当然江戸時代は沢ごとにアップダウン。

山道2旧道
基本的に古道と旧街道は別物のようで、車道に出たり山道に入ったり。
いつもの街道歩きよりは変化があって面白いです。
町が売りにしているのか、道案内も豊富なのでありがたいですね。

定峠下り
定峠を越えて下三瀬へ。
下りきったところから三瀬の渡しの方は、国道整備の関係で本来の古道は失われているっぽいです。
明治期以降の街道は、三瀬の渡しに向かわずぐるりと迂回して宮川を橋で渡っています。

三瀬の渡し入口三瀬の渡し
三瀬の渡しへ降りる元の道は腰掛け岩の方向にあったと思いますが、今は護岸の脇を降りていきます。
ちょっと趣はないですね。

三瀬の渡し赤福
三瀬の渡し場に着いたところで、前日に買った赤福で腹ごしらえ。
茶屋の休憩的な雰囲気でのちょっと気持ち良かったです。

長ケ大橋対岸
宮川を渡ることが出来ないので橋があるところまで迂回しないといけません。
旧国道をいくのもいいですが、少しだけ歩行距離が短い長ケ大橋経由で歩きました。
それでも4キロほど、丸1時間かかりました。
正面に見えるのが先ほどまで居た対岸です。

多岐原神社
対岸のすぐそばにあるのが多岐原神社。
内宮の摂社ですが、公共交通手段の不便さでは一番でしょうね。
伊勢市内ならレンタサイクルもあるのですが。

三瀬坂峠入口三瀬坂峠へ
三瀬の渡しの反対側からすぐのところに三瀬坂峠の入口があります。
ここからまた山歩きですね。
標高差は小さいので軽い上り坂です。

山道3三瀬坂峠
誰もいないのかと思いましたが、すれ違う人もいたりして、やっぱりこういう古道っぽい場所は歩く人もいるんですね。
12時半に峠に到着です。

瀧原宮入口
峠から下ってきて少し歩いたら、13時半に瀧原宮に到着。
初めて伊勢神宮に行って以来、別宮、摂社、末社を巡っていますが、離れたこの場所が最後になります。

瀧原宮長由介神社
瀧原宮に参拝して、一番最後は長由介神社で全宮詣でが完了。
長かった。

数年掛けて巡った伊勢神宮巡りですが、一般的な神社のイメージと違うのが興味深かったです。
まず賽銭箱がない所が多い。
あくまで神様は本宮ってことなんですかね?

次回からは純粋に熊野古道歩きかな。
伊勢路を全区間歩く人は多くないと思いますが、遠隔地なので歩ききれるかは不明ですが、気長に歩いていきたいと思います。

<今回の歩行マップ>
歩行マップ
タグ:伊勢路
posted by うしさん at 13:50| 街道歩き

2023年01月09日

今年も伊勢神宮に行ってきた

毎年伊勢神宮に新年参拝していますが、今年も行くことが出来ました。

外宮内宮
まあ外宮と内宮を参拝するのは恒例ですね。
特別信心深いという訳ではないのですが、雰囲気が好きなんですよね。

おかげ横丁
コロナ禍で去年は比較的空いていましたが、今年は完全に復活した感じです。
基本屋外なのでそこまで気にせず歩いてますが、マスクマンは必須。
今年は時間に余裕があるのでおかげ横町辺りも歩いてきました。

赤福赤福店内
伊勢といえば赤福ですね。
コロナ禍の影響は当然まだあって入店制限されてました。
早めに行ったおかげで入れましたが、おかげで座敷を広く使えて良かったかな?

毎回伊勢神宮の別宮や摂社、末社を巡礼しているのですが、今回は伊勢と鳥羽の間にある社に行ってきました。
以前鳥羽近辺は回ったのですが、ちょうど中間にあって外れている粟皇子神社が残ってました。
内宮から鳥羽行きのバスに乗れば行けるので意外と便利ではある。

ホテル神社へ
実はこの神社はホテルの敷地を越えていかないとたどり着けません。
海岸線を歩いて行けば行けるような記述も見られますが、その海岸もプライベートビーチなので本当はダメなんですよ。
フロントにお断りすれば許可は頂けるので、案内に従って歩いて行きます。

粟皇子神社池の浦
ということでバス停から歩いて20分ほどで到着。
最初フロントに人が居なくて困ったけどw
しかしプライベートビーチってすごいな。

漁港へ海岸線
私有地を通らないで行く方法って本当にないのか帰りに少しだけ調査。
漁港から崖に沿っていけるのかと覗いてみたらご覧の通り。
登山で岩稜帯を歩いてる人なら多分行けるw
縮尺分かりづらいですが、この護岸は人の背丈くらいです。
自分は行けたけど、一般的には無理ですな。

といことで、残る社は瀧原宮のみ。
熊野古道の途中、大紀町にあるので今回も熊野古道を歩きました。
翌日の街道歩きは次回に。
posted by うしさん at 22:47| 日記

2023年01月01日

山歴を振り返る(2021)

明けましておめでとうございます。
二年前の山行きを振り返ると、なんとなくその年の楽しみ方が見えてくる。
今年も行ければいいなぁ。

武甲山歩行マップ
2021年の山行き初めは3月27日。
以前二子山には行ったのですが、その時に先にある武川岳に興味を持って登ってみました。
武甲山が綺麗に見える稜線が特徴的でした。

那須朝日岳歩行マップ
続いては4月3日の那須朝日だけ。
知り合いが登山に興味を持っていたので連れて行ったのがこれ。
まだ雪が残っていたのに驚いた様子でした。
一般的にはそうなんだろうね。

西穂高岳歩行マップ
続いてGW。
那須に続いて知り合いを雪の世界にお連れしました。
吹雪もあったりと、5月に大雪に逢うとは思ってもいなかったようです。
自分も雪の北アルプス行きたい病だったので丁度良かったです。

230101_07.jpg230101_08.jpg
関東ふれあいの道が大雨で普通のため先に進めず、山成分が相当に不足中。
5月15日に東秩父の官ノ倉山に行きました。
道の駅ついでに散歩がてら歩いたのですが、コースとしては本格的すぎましたね。

大滝山歩行マップ
7月に入って22日からの連休を使って本格的に北アルプス。
パノラマ銀座側の徳本峠から蝶ヶ岳まで歩けば、霞沢岳から唐沢岳まですべての稜線を歩いたことになるので早めに計画しました。
コロナ禍の関係で予約が取りづらかったのですが、なんとか実現しました。
途中の大滝山荘も初めてですね。
大滝山に登り着くまでは樹林帯なのがほぼ修行でした。

蓮華岳歩行マップ
8月8日からの連休は未踏峰の稜線、針ノ木峠から蓮華岳を抜けて七倉岳までを歩きました。
本当は2020年に計画したコースだったんですが、コロナ禍で針ノ木小屋が営業してなかったんですよね。
このコースは裏銀座からの続きの部分となります。
白いコマクサが印象的でした。
蓮華岳は山頂に広がるコマクサが有名だそうです。

小持山230101_14.jpg
8月は28日にもうひと山行きました。
「秩父ってちゃんと登ってないなぁ」と武甲山と連なる大持山、小持山を歩いてみました。
本当は横瀬からタクシー予定だったんですが、タクシーがいなくて歩かされたから、当初予定は秩父湖側への下山でしたが歩ききれませんでした。
そのうち再挑戦しようかな。

奥穂高岳歩行マップ
9月11日からの連休は定番の穂高岳。
毎度のことですが、重太郎新道から行くのが自分のスタイル。
穂高神社の年間御朱印を集めて奥穂高岳登頂者だけがいただける御朱印狙いです。
やっぱり晴天の秋山はいいですね。

薬師岳歩行マップ
さらに9月23日から薬師岳から五色ヶ原への縦走を敢行。
以前黒部五郎岳から槍ヶ岳へ抜けるコースを歩いたので、その反対側です。
天候悪化で五色ヶ原から室堂まで歩けなかったのが心残り。
いつか残りの区間も歩くexclamation

燕岳歩行マップ
さらに10月23日から最後の北アルプスへ行きました。
秋の北アルプス案内を兼ねて知り合いを連れて燕岳だったんですが、雪が降って思わず雪山でした。

景信山歩行マップ
関東ふれあいの道を復活させて山区間に入ったので普通の登山は少なめでしたが、12月4日に高尾山を景信山まで縦走しました。
これも付き添いみたいなものです。

2020年は春から秋まで結構行きましたね。
ソロ登山だけじゃなく、複数人で登ったのがこの年の特徴かもしれません。
今年は関東ふれあいの道も終わるので山成分増えるかも。
posted by うしさん at 17:54| その他