2019年06月02日

皇海山は遠かったから鋸山

1年前に「関東ふれあいのみち」の一環で、庚申山に行った時はそのまま帰ってきましたが、後で調べたらその先のコースがなかなかワイルドで面白そう。
そのうち行こうかと思ってましたが、日が長くて天候も安定しているこの時季を狙って行ってきました。
夏の暑いのは死ねそうですし。

国民宿舎かじか荘登山口
前回はわたらせ渓谷鉄道の原向から歩いて来ましたが、今回は登山目的なので車で国民宿舎かじか荘まで来ました。
やっぱり車だと楽だわw
さすがに日帰りは無理なので2泊覚悟で初日は庚申山荘までの移動です。
そんな訳でスタートは12時半過ぎ。
早く行っても電気も電波も無い山荘だからやること無いのよ。

一の鳥居庚申山荘
実質的な登山口の一の鳥居に13時40分到着。
普通ならこの時間から登山って無いけど、山荘までなので安心です。
しかし雨予報もあるのでちょっと心配だし急いで登ります。
山荘には15時前に到着しました。

ここまでも見所はあるんだけど、それは前回見たから省略。
しかしこの山荘、素泊まりだけど2050円で布団で寝られるから非常に有り難いです。

前回今回
そういえば、前回(左)は例祭の時に来たから開いていた祭壇が、今回(右)は鍵を掛けて閉じてました。
やっぱりあの時だけだったのね。
貴重な体験でした。

朝焼け庚申山
翌日は明るくなった4時半にスタート。
朝焼けを楽しみつつ5時半に庚申山頂に着きました。
今回、ここがスタートで長いですから早いに越したことは無い。

皇海山
今回の目的地、鋸山と皇海山。
途中がえらく困難らしいのでこちらから行くのは上級者向け。

鋸山へ尾根歩き
ということで一旦尾根に降りますが、いきなり急下り。
足下滑るから注意。
降りれば気ままな尾根歩き。

尾根歩き2
まあ所々足を踏み外すと怖い場所もあるんですけどね。

下り鋸山より
一番テンションが上がったのはここですかねぇ。
下るのに鎖が頼り。
足を掛ける岩が無いのがキツい。
右の写真は鋸山からこの崖を撮ったもの。
丁度降りてる人がいるけど分かるかな?
ほぼ垂直です。

崖歩き梯子登り
降りたら登る。
こちらもなかなかワイルド。
岩場歩きに慣れてればそこまで高度感は無いけど、岩質の関係で濡れてると相当怖そう。

鋸山山頂鋸山より
とりあえず水分補給が効かないロングロードなので、汗をかかないように休み休み進んで鋸山に7時半に到着しました。
おかげでペットボトル半分で済んだw

さて、ここから来て皇海山まで行くと後1時間半の行程。
帰りの時間も考えるとくつろぎタイム無しで行動しないと帰りのコースタイムがキツい。
ここから先、皇海山の山頂含めて見晴らし皆無という情報。
「報われない山だなぁ」と百名山を気にしない自分にとっては鋸山の山頂が居心地良すぎ。
魅力を感じないので疲れた足で行く気力も萎えたし……

ということで、皇海山は行かずに鋸山の山頂で独り絶景を楽しむ御飯&山珈琲タイムとしました。
荷物の都合上カップヌードルだったけど、珈琲はいつも通り豆を現地でミル挽き。
最高でしたぴかぴか(新しい)
2時間ほどゆっくりくつろぐことが出来ました。
人がいなくて最高グッド(上向き矢印)

皇海山分岐
お帰りはせっかくなのでもう一つのコース、六林班峠のコースで帰ることしました。
さらば!皇海山。
さて、こっちもなかなか難アリのコースだとは伺っていましたが…

尾根笹藪
道に迷う人多数といういわく付きのコースですが、なるほどね。
確かに道が見えないw
足下を見ると何となく踏み跡があるのだけれど、獣道と大差なくて正しい道なのか確信が持てないのがねぇ。

目印目印2
基本的に笹藪の所は尾根なので降りなければ遭難はしないけど、その他の場所も日が当たる場所は熊笹で道が分かりづらい所が多かったです。
リボンや目印を見落とさなければ大丈夫だけど、数も多くないので「本当にルートか?」とGPSを見ながら歩いてました。
GPSがあるという安心感から自分は大丈夫だったけど、無いとかなり不安に陥るコースであることは確かですね。

崩落コース
それといくつもの沢を越えるので意外と崖や斜面歩きが多いのも特徴かと。
結構崩落した箇所も多くて起伏がない割に気が抜けないというのが辛い。
右の写真も真っ直ぐに道が続いてるんだけど、道幅が片足分くらいしかなくてほぼ斜面で歩きづらい。
そしてとにかくコースが長い……迂回ルートだから仕方ないんだけどね。
行きも帰りも難コースというのは事前情報通りでした。
沢水がある分、帰りはこっちの方が補水の面ではいいのかも。

看板指導標
六林班コースの終盤、この看板が見えたら小屋まで30分ほど。
地図上でもなだらかな場所に出たのでやっと緊張から解放されました。
そして見知ったこの指導標に出合った時は「無事帰った〜」って感じでした、真面目に。

天下見晴より
迷わなかった分(迷い前提のスケジュールw)、時間もあったので天下見晴に寄り道しました。
前回来た時は景色だけでしたが、今回は「行きがあの尾根で、帰りが中腹を地形に沿って歩いたのね」と自分の歩いたルートを再認識するという作業。
よくやったわ。

庚申山荘2
ということで庚申山荘には13時に到着しました。
順調に歩いて4時間とか嫌なコースだw
最悪日の入りまでに帰り着けばと思ってたので二泊目も覚悟でしたが、早く着いたので下山することにしました。

15時にはかじか荘に着いたのでお風呂を頂き、自販機で水分補給。
下山後の炭酸は最高です。

今回皇海山には行きませんでしたが、行くだけなら簡単な別コースもあるけどわざわざ行きたいとも思えないのがなんとも。
目的であった稜線の難コースは歩いたのでもういいかな。
鋸山はいい山だったexclamation
そろそろ梅雨入りなので、天気予報を眺めながら日帰りで適当な山でも行ってみようかと思います。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 23:53| Comment(0) |

2019年05月26日

日の長さに助けられ( 温泉と絵本の丘を訪ねるみち+昔をしのぶ古墳のみち(栃木県No.31-1&32))

GWから北アルプス、神田祭、休日出勤と続いたので、久しぶりの『関東ふれあいのみち』です。
しかしですね、相変わらず交通事情が最悪でお昼スタートにならざるを得なません。

とりあえず今回は氏家からのバスにしました。
烏山経由に比べてちょっとお高くなるのですが、5月1日にバスの時刻が改正になったおかげで、東京からの電車を遅くすることが可能になりました。
改正前はどっちも同じだったんですよね。
現地に着くのもほぼほぼ変わらない時刻だし。

宇都宮線氏家駅
ということで宇都宮から氏家駅までは、元京葉線の電車です。
東京の方だともう見かけない電車になりましたが、都落ちで使われてます。
でも、まだ武蔵野線で東京駅来てたかw

バス停重複区間
スタートはまたまた『道の駅ばとう』ですが、前回歩いた周遊コースを少しだけ逆走します。
12時前にスタート。

交差点田舎道
ということで、ここまでは一緒ですが今回はこの交差点を真っ直ぐ行きます。
なかなか田舎っぽい感じのスタートです。

馬頭温泉方面入口旧道分岐
しかしすぐに普通の道路に出てしまって残念。
今回、馬頭温泉への道ですからね。
ところで、公開されてるマップは制定当時のものみたいで、道を高規格にしたため何カ所か現状と異なりました。
右の写真も単に迂回する形になるのですが、直進の細い道が指定路です。
以前は細い道みたいな感じだったんでしょうね。
道が残っている以上は、マップ通り(制定道)に沿って歩きます(こだわりw
ちなみに入口の道路も先に旧道があるのですが、こちらは制定当時に開通済みなのでこれは新道で正しい。

馬頭温泉へ
温泉地への道だけあってなかなか高規格道路。
景色もなかなかです。

旧道分岐点旧道2
ちなみにこの場所も旧道が指定なんですが、こちらは通行困難。
一応反対側から少し歩けるので覗いてきましたが、取り付き部分は崖で無理〜

馬頭温泉
元々はこの1コースだけで歩いてなかがわ水遊園から帰るしかないかと思ってたので、ここでお風呂に入って時間つぶし……のはずだったんですが、今回2コース連続させるのでスルー。
ほぼ中間点なのでこの暑さじゃ入っても意味ないけど。

旧道2
このコース、旧道ハンターになってますなw
ここは分かりやすいですね。
崖沿いなのでそのうち通行禁止になるかもだけど。

大田原市へ那珂川
大田原市に入って水遊園大橋を渡るとゴール間近。
しかし、今回景色的な見所少ないっすな。

なかがわ水遊園へなかがわ水遊園
13時半になかがわ水遊園に到着。
最初のコースはここがゴール。

案内板
今一つエリアが広すぎて正式なゴールが分かりづらいですが、駐車場脇のトイレ前に『関東ふれあいのみち』の案内板があったので一応そこなのだろうか……

時間も無いので、ベンチでサラリーマンの昼食よろしく軽くパン食。
ここまで自販機が充実してたので水分補給には事欠かなかったですが、ここで次のコースへのペットボトル1本補充したのが生命線になるとはね。

分岐点
水遊園を出てすぐにある交差点で左が31-1、右が32。
ということで右に行きます。

旧道分岐3
すぐにまた分岐があるんだけど、道の作りの道なりだと左、地形的な道なりだと真っ直ぐ。
悩みますが、地図上で見ると左っぽい。
指導標ないのでちょっと不安ですが。

田舎道2旧道路遺構
いい感じの田舎道を進むと、なんかマップの道が存在しない。
右の写真の用水路方向に昔の道の遺構が残ってるので、どうやら農地改良で道の付け替えが行われたっぽい。
なので先程の真っ直ぐがその付け替え道路みたいです。
ああ、だから指導標無かったのね。
戻らずとも元のルートに復帰出来たので良かったけど。

上侍塚古墳下侍塚古墳
この辺り古墳が多い地区なのね。
ここに限らず栃木県て古墳が多いですが、見かけは単なる丘なので観光的には微妙だわな。

古墳群を過ぎるとあとは普通の道路歩きなので、特に見るところは無し。
自然歩道というよりは連絡道よね、この追加コース。
せっかく周囲に山があるのに平地歩きが続く。

笠石神社笠石神社御朱印
途中にあった笠石神社があったので立ち寄ってみたら、御朱印を頂けるっぽい。
ということで御朱印頂きました。
結構由緒ある神社で学術的にも重要な石碑とかあって貴重な場所っぽいですが、上野三碑と一緒で見てもまた見たくなるものでなし。

線路跡
ルート上、少しだけやたら真っ直ぐに伸びる道路を歩きましたが、寄り道した神主さんによると、昔の東野交通の鉄道線跡らしい、へー。
西那須野から黒羽まであったのは知ってたけど、調べたら戦前に廃止された区間なのね。
しかし田舎で日陰がない分、暑いあせあせ(飛び散る汗)
喉渇いて水分補給したいけど自販機が無いので全部飲む訳にはいかぬ。

ルート那須神社
ひたすら歩いて終点の道の駅那須与一の郷に向かうわけですが、道の駅直前にある那須神社にも寄り道です。
こちらでも御朱印貰えるみたいですが、残念ながら神主さんがお留守でした。
まあ、ここは次回来ることになるし、その時もう一度寄ってみよう。

道の駅那須与一の郷
17時前に道の駅那須与一の郷に到着。
標準タイムだと19時予定だったので大分早く着きました。
とはいっても17時50分がバスのタイムリミットだったので、1時間は短縮しないといけなかったんですけどね。
とりあえず無事に着きましたが、道の駅の営業時間が17時までなので使えない場所だw
喉カラカラなので、自販機でペットボトル2本飲み。
帰りは大田原市営バスで那須塩原駅に出て新幹線で帰ってきました。

日が長かったおかげで時間を気にせず歩けたので良かった。
最悪少し離れたバス停まで歩けば結構遅くまでバスあるし。
なかがわ水遊園終点だと16時半リミットなので本当に使えない。

ということで次回はまた道の駅ばとうで脇コースを歩かないと。
コスパ悪いけど仕方ない。
【参考メモ】
posted by うしさん at 12:49| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2019年05月16日

図書館から拡がる世界

前回GMLのCDを紹介したわけですが、GMLはネット不自由民にとっては非常に有り難い情報源でした。
なので、そこで紹介された曲の中で気に入ったアレンジャーを聴いて回ったりするわけですが、CD頒布自体の敷居が低くなってくると各個人がサークルとしてCDを頒布し始めました。
それをM3やコミケで追いかけるというサイクルが生まれたわけですが、とにかく初期のCD情報追っかけ時代の貴重な情報源として使わせてもらいました。

当然趣味的指向もあるので、同じGMLのCDでもより影響を強く受けたCDもあって、今回紹介するのはそうした1枚です。

-Leaf-
ということでアレンジ集の中でもリーフ特集として出された「BEST SOUND of GameMusicLibrary Special -Leaf-」です。
まんま自分の趣味趣向ですね。
リアルこみパで発行されたものらしいですが、ちょっと記憶に無い……

このCDにはアレンジャーとして、まにょっ(MANYO)さんやヨーグルトさん、yanさんと後にプロとして活躍される方が参加していて、これに限らずGMLのCDではそういう方が非常に多くいました。
なので、MANYOさんなんか未だにイベントでお伺いしてますし、この頃に知ったサークルは今も多く追いかけています。
とにかく音楽同人に与えた影響は本当に大きいサークルだったんだなぁ、と今更ながら思いますが、自身バイタリティーのあった時代だから余計なんでしょうね。
posted by うしさん at 23:30| Comment(0) | 音楽CD