2021年02月21日

歩くのに必死(海と森をつなぐみち(千葉県No.20))

温泉と上高地で色々発散してきたので、今週はいつもの関東ふれあいのみちです。

切符
ということで、今回は行川アイランド駅からのスタートです。
Suicaでも乗車できる区間ですが、あえて切符を買ってみました。
長い駅名なのでこういうふうに印刷されるのね。

途中上り電車が遅れていて、単線区間で自分の電車も遅れ気味。
風が強くてその影響らしいですが、帰りのデマンドバスの予約してあるし、中止にするわけにはいかないので、途中で抑止にならないかヒヤヒヤでした。

行川アイランド駅行川アイランド駅2
なんとか10時過ぎに到着。
しかし良い感じで風が吹いてますよ。

おせんころがしへおせんころがし
最初は駅をでてすぐ近く、国道のトンネル手前を海の方に歩きます。
話によると明治期に作られた元のの国道らしいです。
しかしこの日は海側からの強風で、地形的に谷を登ってくるような風が吹いてます。
写真に風は映りませんが、暴風で前に向かってなかなか歩けないという始末。
で、行き着く先は「おせんころがし」という断崖絶壁。
その昔、ここからおせんという人が身を投げた故事からの地名らしいです。
それだけすさまじい断崖ということらしいです。

おせんころがし崖下
枯れ草の向こうに旧道が続いているらしいのですが、この日は暴風で体を持って行かれそうなので先まで行くのは止めておきました。
結構踏み跡があったので物好きは多いみたいです。
ちなみに覗き込んだ崖はそんなに高くないです、自分的には。
穂高の吊り尾根歩きでももう少し迫力あるからねぇ。
慣れって怖い。

旧国道へトンネル
元の道を戻って、今度は国道の反対側です。
最初の元国道があんまりな所なので山の裏側にトンネルを掘ったみたいです。
今の国道トンネルになる前のこちらも旧国道ですね。
有り難いことに山陰になるので幸い風はそれほど無いのです。
しかしこのトンネル、海沿いの集落に出るので、先ほどの暴風がこのトンネルを抜けてきます。
マジでまともに歩けない、ほぼ風洞実験状態でした。

線路
トンエルを抜けた集落の所に線路の高架橋があり、ちょうどゆっくりと電車が走ってきました。
確かにこんな暴風の谷を抜ける場所じゃ、電車も止まるわな。
逆に帰りが心配だけど、とりあえず歩こう。
最悪、高速バスに逃げれば良いし。

海沿いへ旧国道跡
さて、山側を迂回して海側に出ましたが、ここからは明治期に作られた国道が残ってます。
ちなみに先ほど歩けなかった場所を反対側から見ると絶壁です。
崖の途中が段になってるところが昔の道ですね。
一応道扱いのようで、国土地理院の地図にはまだ記載があります。
ここを歩いた人がやたらと細くて崖の凄い道だとか書いてたけど、崩落防止工事の表面処理で不要な土砂を除けばそりゃ細くなりますよ。
昔は普通に荷馬車が通れるくらいはあったそうなので、この後歩く道くらいのイメージですかね。

海岸道路海岸道路2
ということで、楽しい海沿いの旧国道歩き……のはずなんですが、風が…
狭い場所では車1台ギリギリって感じですが、やっぱり好き者が多いのか結構車が来ます。
広いところではそれなりに対向が取れるので大丈夫なんですが、人が歩いてるのは想定外の模様w

誕生寺誕生寺2
この難所を過ぎると小湊に着きます。
駅名に安房が付くので、文化的にもあの崖は壁なんですね。
入ってすぐに誕生寺があります。
日蓮宗の大きなお寺でしたが、コロナ禍のせいか、門前のお店も元気が無いですね。
閉店されてる店もありました。

港誕海岸
港の方は凄い時化模様でこれじゃ船は無理ですね。
この日は東京湾フェリーも休航だったそうです。
海岸に来たら、砂浜の砂が吹き飛ばされて顔に当たって痛いあせあせ(飛び散る汗)
髪の毛も砂混じりでジャリジャリになってしまいました。
参ったわ。

交差点県民の森へ
さて、ここでいよいよ海とお別れです。
県民の森入口の交差点を右折して山の方に向かいます。
次回海を見られるのは東京湾に抜けてから。
ということで太平洋とは本当にサヨナラですね。

そういえば、小湊を通らない小湊鐵道ですが、本来はこの小湊を終点に鉄道建設をしたそうな。
安房国から山を短絡して物資輸送出来る鉄道ってことだったらしいです。
道の下調べをしていた際にちょっとした知識に、へーひらめき

山谷
さて、今回は山道はさして面白くなくて連絡道的な雰囲気。
それでも山道の雰囲気やちょっとした渓谷の景色など、歩かないと気づけないような風景もありました。
久しぶりに海から山に入ったからかな。
そんなに悪くない印象。

山道県民の森
12時半前に内浦山県民の森に到着。
帰りのバスは13時13分ですが、強風で歩みが遅くなった分、丁度良い時間に着きました。
少し時間があるので広場で休憩。

コーヒー広場
アウトドア的な場所はもっと人が多いかと思いましたが人は少ない。
首都圏から遠いしね。
おかげで木製テーブルでゆっくりコーヒーを堪能しました。
風で挽いた豆が一度全部飛んだけど……たらーっ(汗)

バス停バス
お帰りは鴨川市のコミュニティーバスで安房小湊駅へ。
この区間は申し込みをしないと運行されない区間。
よそ者が使えるだけありがたいです。
しかし、一日三便なのが辛いw

実はこのバスは使わずに次のコースに行きたかったのですが、一昨年の台風で道がまだ通行止め。
山道なら行こうかとも思うのですが、大学演習林内の林道ということで、勝手に山に入る訳にもいかないので今回はここまでです。
大学の情報誌によると国の復旧予算が出ているようなので、今年度中には執行されるはず。
つまり三月中には開通するはずなので少しお休みすることにしました。
続きは開通後ですね。

お店お昼ご飯
さて、バスは地域密着なので特急電車との接続は考慮されてません。
余った乗り換えの時間を使って地消、お昼ご飯を頂いてきました。
観光客も来ないし閉まってる店も多いのですが、駅近に良い感じのお店がありました。
店舗が海岸前なので、店に入るまで砂嵐で顔が痛いw

安房小湊駅特急
心配された帰りの電車も、安房小湊駅から行川アイランド駅までが徐行でしたが、普通に帰ることが出来ました。
わかしおに乗るのも何回目だ?

ということで、次回はしばらく先になる予定ですが、多分毎週末どこかに出掛けてるかと思います。
とりあえず明後日の予定を立てねば……
【参考メモ】
posted by うしさん at 18:12| Comment(0) | 首都圏自然歩道

2021年02月14日

雪は楽しい

雪国に住んでない人の台詞ですが……雪は楽しいです。

実は二週連続で温泉に行ってきました。
温泉旅館なんて通常はソロ泊を受けてくれないのですが、コロナでお客が来ないためかソロプランがあったので申し込み。
在宅勤務とか皆無な自分にちょっとご褒美です。

関越交通町営バス
せっかくだから雪見温泉だよね、ということで最初に行ったのがみなかみ町にある法師温泉。
上毛高原駅から関越交通バスで猿ヶ京まで行って、さらに町営バスで行くという秘湯です。

法師温泉法師温泉2
有形文化財にも指定されているという老舗の旅館です。
ここの温泉は湯船からも涌泉していてなかなか味わい深い温泉でした。
雪は三国峠の関東側ということもあって、想像より少ない感じ。

で、本格的に雪を楽しみたい自分としては今回の飛び石連休で西穂高岳行く予定だったのですが、コロナ禍で新穂高ロープウェイが運休中。
西穂山荘も休業中ということで昨年に続いて冬の西穂高を断念し再び温泉へ。
せっかくだから西穂高岳のお膝元、雪の上高地を本格的に歩いてみようと企画した次第。

昨年末からずっと西穂高は計画していたのに悪天候で行けず、今回はお天気は最高だったのに物理的に行けずと、昔から西穂高岳とは相性が悪いのは何故だろう……バッド(下向き矢印)

中の湯温泉穂高岳
立ち寄り温泉でお世話になったことはあるけど泊まるのは初めての中の湯温泉。
穂高岳が見えるプランということだったので、部屋から見える穂高岳が綺麗なお部屋。
穂高好きとしては景色が見えてるだけで幸せ。

釜トンネル上高地トンネル
中日は一日使って雪歩きです。
釜トンネルまでは宿の車で送ってもらえるので、ここから歩きです。
8時15分出発。
釜トンネル、上高地トンネルと最初のトンネル歩きが長いのよねぇ〜

大正池西穂登山口
去年の3月にも、やっぱり西穂高岳に行けずに上高地に来ましたが、今年は雪の量が半端ねー雪
登山口を真っ直ぐ行けば西穂高岳……は、さすがに自殺行為ですな(未練タラタラあせあせ(飛び散る汗)

背中歩き河童橋
ということで諦めて雪中歩き。
さすが上高地。
冬場でも踏み跡が多くてアイゼン歩きで問題なく行けます。
たまに沈むけどw

穂高岳
毎度お決まりの一枚。
釜トンネル入口の売店で聞いた話では今年は雪が多いそうな。
これからの降り具合にもよると思いますが、GWの雪山がちょっと楽しみです。
10時15分に河童橋に到着。
前回はここまでだったけど、今年は帰りのバスの心配が無いからさらに進みますexclamation

治山道路岳沢登山口
普通は小梨平からのオーソドックスルートなんでしょうけど、ひねくれ者なので治山道路経由で向かってみました。
しかし、まったく踏み跡なくて新雪状態。
マジか〜たらーっ(汗)
岳沢登山口も正真正銘閉鎖中。

明神へ足跡
さすがに新雪だとスノーシューじゃないと無理なので、厳冬期の茶臼岳に登った時以来の出番となりました。
重かったけど持ってきて良かった。

穂高神社嘉門寺小屋
11時40分に明神の穂高神社に到着。
やっぱりいつもより時間がかかりますわな。
あまり遅くなると帰れなくなるから一生懸命歩かせていただきました。

明神橋明神館
40分ほどランチタイムしてお帰りはノーマルに明神館経由で帰ります。
こっちは踏み跡が多くてアイゼンでOK
来るときの苦労は何だったんだ?
徳沢の方に行く踏み跡も結構ありました。
あれ、どこまで行く気なんだろ。

河童橋
13時40分に河童橋に帰着。
行きとタイムが変わらないのは疲れたからかな?
いやぁ、雪道歩きは楽しいるんるん
でもここから中の湯に戻る道程が意外ときつかった。
やっぱりピストンは性に合わないみたいw
我ながら困った性格だわ。

山に行けないからと行った温泉が結局アウトドアに転化するのは、まあお決まりなんですかね。
今年も色々厳しい状況ですが山に行きたいですわ。
本格的な登りに備えてしばらくはトレーニングですな。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 22:22| Comment(0) | 日記

2021年02月08日

マイナーすぎる?

前回refioの買い始めの2枚を紹介しましたが、それよりも前にリリースされたのがこれ。

Cadeau
『Cadeau』の情報ってほとんんどなくて、後年たまたま見つけたものを中古で手に入れました。
流通してるのを見たのはその時と、後年にもう一度見たくらいでしょうか?
積極的に探していないからなのもあるかもしれませんが。

最初期の作品なのでまだriya語とかは出てきません(その片鱗っぽいものは出てきますが)
音楽はmyuさんらしいなぁ。
posted by うしさん at 22:51| Comment(0) | 音楽CD