2019年02月04日

冬山に行きたくなった

ここ暫く「関東ふれあいのみち」が続いたので、お天気も安定しているし甲州街道の続き。
とはいえ、今回は甲府盆地内の歩きなのでほぼ平坦だから楽です。

石和バス停石和温泉駅前
石和からスタートですが、前回確認して駅より高速バスのバス停の方が続きのには便利&安い(重要)なので新宿からバス利用です。

石和八幡宮石和八幡宮御朱印
丁度附いたのが9時なので、前回無人だった石和八幡宮に寄ってみました。
まだ閉まっていたのですが、神社関係の方が丁度いらして御朱印を貰えるか尋ねてみました。
宮司さんがまだ来ていないので帳面は無理だけど書き置きで良ければOKとのこと。
今回は貰えた!
とお願いした直後に宮司さんが来てタッチの差で書き置きタイプになってしまいましたが、まあ良かった。

国道歩き身延線
今回は全区間自動車道路の歩きなので若干面白味に欠けますが、天気も良くて南アルプスを長めながらの歩きです。
甲府までは国道411号をそのまま歩きます。
特段語るような場所も無いのでひたすら歩くだけですが、甲府手前で身延線のガードをくぐって妙な感動を覚える。
なんかこういう象徴的な場所って好きよね、自分。

甲府宿甲府宿2
金手駅近くで直角に曲がりますが、ちょうどこの辺りが甲府の宿があったところらしいです。
お城が中心だけど宿は外れにあるのは当然か。
さすがに宿場の名残は無いですね。

甲斐奈神社甲斐奈神社御朱印
さて宿の鎮守は何処かいな、と最寄りの甲斐奈神社へ。
こちらも社務所にお伺いしたら書き置きの御朱印を頂きました。

甲府駅前郊外へ
甲府市街は駅からちょっと離れた所を歩くので、駅方面をパチリ。
時間があれば城跡を見るのも良かったけど、今回夕方に用事があったので先を急ぎました。
市街を抜けるといよいよ南アルプスがよく見えてきます。

南アルプス富士山
荒川を渡った所で振り返ると富士山も綺麗に見えました。
前を見ると南アルプスもデカデカと。
ああ、山行きたいわー。

ほうとう信州ほうとう
ちょっと時間が早いのですが既に開店しているほうとうのお店を見つけたのでお昼としました。
やはり甲府にきたら食べたいですから。
もう少し先まで行ったら小作の支店があったのでそっちでも良かったか。
まあ、食べたい時が食べ時。

第一信州往還踏切旧道
国道から分かれて旧道へ。
竜王駅脇の踏切を渡りましたが、丁度貨物列車の入れ替えをしていて踏切が長い。
貴重な体験でしたけど細道の踏切が渋滞。
行き交う車に歩行者への余裕がなくて民家の隙間を見つけては車をよけてるという作業。
全く歩道がないのでちょっと怖いですね。
そういえば踏切の名前が信州往還道になってました。
確かに甲州街道というのは厳密には甲府までなのかも……

中部横断自動車道中央線
中部横断自動車道をくぐったり、中央線をくぐったり。
景色は変化に富んでいて飽きはしないんですが、ちょっと江戸時代の街道らしさを感じない。

折り返し折り返し2
今回唯一旧街道っぽかったのは塩崎駅を過ぎて中央線にぶつかるような感じで折り返したこの場所。
本当に短いこの道の細さがそれっぽいw

南アルプス2富士山2
その後はひたすら歩くだけですが、ちょっと広いところに出ると南アルプスと富士山exclamation
角度的に手前の山から離れたせいか富士山がさっきより大きく見えます。

八ヶ岳
そして八ヶ岳までexclamation×2
もう辛抱たまりません。

韮崎へ韮崎
最後は線路沿いに歩いて韮崎の町へ。
街並みとしては普通の地方都市って感じでしょうか。
もう少し大きい街のイメージがあったんですが、ちょっと寂しいかも。

若宮八幡宮若宮八幡宮御朱印
今回はここまでなんですが、当然鎮守社に参る。
街道を外れて駅を過ぎた反対側を少し行った所に若宮八幡宮があります。
こちらは普通に社務所が開いていたので御朱印帳に頂きました。

韮崎駅あずさ
帰りは15時前のあずさに乗りたかったので結構いいペースで歩きましたが14時半前には無事韮崎駅に到着。
駅からの見るシチュエーションの富士山もなかなか。
お帰りのあずさは次の改正で定期運転がなくなる車両でした。
記念乗車るんるん
ちなみあずさの右に見える平らな所が昔のスイッチバック駅跡。
昔の中央線はスイッチバック駅ばかりですね。

しかしお天気が良すぎて山も快晴。
「冬山もいいなぁ」と感じた街道歩きでした。

今回の歩行マップ
歩行マップ
タグ:甲州街道
posted by うしさん at 22:20| Comment(0) | 街道歩き

2019年01月29日

山を振り返る(2017)

2年前の自分の山歴整理を今年も。
ということで2017年の総括です。
やはり「関東ふれあいのみち」がアウトドアの中心になっているので、それ以外だとそれ程行ってないですねぇ。

武甲山から秩父市歩行マップ
最初の山行きはは2月4日。
秩父の武甲山でした。
前述の「関東ふれあいのみち」が群馬県コースに入ったので埼玉県内の気になる山を登る形で行きました。
武甲山自体興味があったんですけどね。
採石で絶壁になっているおかげで眺望は素晴らしいの一言でしたが、ちょっと可哀想な山でしたね。

大岳山山頂より歩行マップ
続いて行ったのが3月19日の大岳山。
こちらも奥多摩地方を歩いた時に気になっていた山ということで行きました。
春先にもかかわらず人が多かったのが印象的でした。
やっぱり奥多摩は人気です。

北穂高岳登山中歩行マップ
しばらく間が空いてその次はGW。
既に恒例のとなってる北アルプスの雪山に戯れに四泊五日で行った北穂高岳。
それまで比較的安全な燕岳だったんですが、雪山もある程度慣れたので北穂高岳となりました。
正味は二泊三日なんだけど標高三千メートルで日がな一日を雪山を見ながらくつろぐ贅沢がたまりませんでした。
山頂の絶景も素晴らしかったけど、登ってる途中の景色もまた素晴らしかった。
今見るとこの急斜面を良く登るわw

荒船山歩行マップ
6月10日にはまたも「関東ふれあいのみち」のコースから外れて気になった山の荒船山。
遠方からもその形が特徴的だったし名前は知っていたのですが、この機会にと登りました。
山頂から覗き込みたくなるこの絶壁は本当に吸い込まれるようでした。
落ちる人がいるのも分かる。

唐沢岳より高瀬ダム歩行マップ
さて夏山シーズンに入り、7月の三連休は当然北アルプス。
表銀座を全て行ってやろうとマイナーだけど玄人健脚向けのコース餓鬼岳と唐沢岳に向かいました。
長い玄人向けのコースでしたが人が少なくて本当に自然一杯なところでした。
最北端の唐沢岳に到着して見た高瀬ダムには感激しましたが、後に反対側から眺めることになるとはねぇ……

大菩薩嶺歩行マップ
ちょっとどこに行こうか目的意識を失っていた時に大魔法峠を見て行く気になった大菩薩嶺w
動機がなんだかなぁって感じですが、名前は有名なので行ってみたかったのは事実。
結構簡単な山で拍子抜けでしたが、あえて長いコースをとったため歩きがいは有りました。
7月28日に行きましたがちょっと天気が悪かったのが残念でした。

8月は例によってイベントの為お休みです。

唐沢コースマップ
普段は単独が基本なんですが、誰か巻き込みたくて友人を連れて行ったのが9月22日の涸沢。
紅葉にはちょっと早かったのが残念でしたが、高所恐怖症の友人があそこまでよく行ったわね。
行ければ奥穂高岳まで登りたかったんですが、やっぱりダメでした(そらそうだw
この時初めてテント泊をして、がちキャンもいいなぁっと。
ゆるキャンも悪くない気がしてきたので今年はしたいかも。

剱岳より歩行マップ
秋は天候不順で行きたいところに行けずにうずうずしてましたが、北アルプスのシーズンギリギリ最後についに剱岳に足を延ばしました。
10月7日から現地入りしたので本当に小屋が閉まる直前でした。
初日の麓まではお天気最悪でしたが翌日以降が最高の天気でこれ以上に無い素晴らしい山行きでした。
剱岳から立山に縦走して黒部ダムへ下るという贅沢コース。
険しかった分、登り切った時の達成感が凄くて、絶景ということもあってこの時は本当に降りたくなかった。

一応普通に登山したのはここまでなんですが、「関東ふれあいのみち」では群馬県コースということもあって榛名山、赤城山も登っていてなんだかんだで結構充実した山ライフででしたね。
技量も上がって昔に比べて行きたいところに行くという感じになってますが、いかんせん長期の休みじゃ無いと行けないところばかりが残っていていかんともし難い。
今年も有休は無理そうなのでカレンダーの三連休を狙って色々行きたいかな。
シーズンは混むのが難点ですが。
とりあえず2月の連休はどうしよう……冬山だけど。
posted by うしさん at 01:00| Comment(0) | その他

2019年01月27日

ついつい買い物(焼物としいの木のみち(栃木県No.19))

寒気が入って山間部も雪模様らしいのですが、平野部は大丈夫そうなのでいつもの続き『関東ふれあいのみち』です。
今回は夕方に用事があったのでコース1本だけです。

やきものライナー益子駅
逆に余裕が出来てしまったのでスタートは遅めに設定。
珍しくバスで現地入りしました。
秋葉原駅前から出ている茨城交通の「関東やきものライナー」で益子駅へ。
11時にスタートです。

鹿島神社鹿島神社御朱印
スタート直後に町中に鹿島神社を発見。
さすがに益子中心部の神社だけに社務所が開いてます。
いきなりの寄り道で御朱印を頂きました。

コース入口
あわよくば益子焼きのお皿でも買ってこようかと思ったのですが、焼き物のお店が並んでいる通りを目前にしてルートは細道へと右折。
寄り道で往復してもいいんですが、あの通り坂道だから面倒なんですよね。
それに計画もギリギリのタイムスケジュールにしちゃったし、諦めてコースへ向かいました。

山村風景山村風景2
今回のコースは今までの田園風景に代わってなんとなく山村風景っぽい。
やっぱりこういう方が落ち着く。
高い山はありませんが、今回は久しぶりに山登り要素もあってちょっと楽しみ。

西明寺西明寺2
11時50分に最初のポイント西明寺に到着。
室町時代の本堂が残っているそうで、三重塔とかもあってなかなか大きなお寺でした。坂東三十三ヵ所の札所になってるのでまた札所巡りで来ることもあるのかな?

山道へ山道
コースの方はお寺の裏手から山道に入ります。
無駄にテンション上がる奴wグッド(上向き矢印)

権現平見晴らし
10分ほど登って権現平に到着。
この手の地名ってお寺とセットよね。
時間的にも丁度良かったのでここでお昼を頂くことにしました。
秋葉原駅前で買ってきたパンがこの日のお昼(ちょっと珍しい)
お天気はそこそこだったんですが雪予報もあり人が居なくてのんびりランチタイムです。

山道2吊り橋
この後は散策程度の山道でしたが期待していなかっただけに結構楽しめました。
道路を渡る吊り橋なんかもあってなかなかユニークなコースです。
疲れたら道路に逃げられる気安さも良さげですが、冬場は人がいないね(当たり前たらーっ(汗)

益子の森益子の森2
途中から入り込んだ県立公園の益子の森は「馬跳び」とか「腹筋」とか「前屈」とか昔懐かしい運動の遊具が揃ってました。

田舎道窯元直販所
公園を抜けると後は田舎道歩きですが、途中創作村みたいな所があってパン屋とか窯元の直販所とかがありました。
大分歩いて時間的余裕も見えてきたので寄り道して益子焼きを物色。
結局取り皿と小鉢と小皿を購入。それでも千円ちょっとだから安いよね。
しかしリュックが重くなったたらーっ(汗)

田舎道2田舎道3
終盤にまた山というか森林に入りましたが、普通に道として使われてるのか歩きやすい道でしたが。

旧ルートスーパー
そういえばコースの最後のところで道の付け替えというか、高規格道路に作り替えたようで地図と少し違ってました。
国土地理院の地図でも直って無くて直前までは旧道の方を歩きましたが途中で道が無くなりました。
従来の道はスーパーの敷地内を通ってたみたいですね。
一応現地の新しい指導標は新道を案内してますが、従来の指導標も残っててそちらは旧道を案内してるという……
しかし国土地理院の地図が間違ってるってのも珍しい。

七井駅七井駅2
14時15分に無事七井駅に到着。
計画通りに着けて良かった。
駅に着いたとたんに冷たい強風が吹き始めて、「西の方は大分雪が被ってるなぁ」と見るからに怪しい天気。

真岡鉄道関東鉄道
14時半の列車に無事乗りましたが、乗った途端に雪が降り始めてギリギリでした。
雪が降る前は気温もそこそこ高かったんだけどね。
下館から小山方面のJR接続がやたら悪いのでNAVITIMEしたら関東鉄道からつくばエクスプレス経由が一番早いと出た。
なので予想外の関東鉄道で帰路へ。
ということで無事帰りました。
前回に続き乗り鉄も楽しかったぞ。

【参考メモ】
posted by うしさん at 21:41| Comment(0) | 首都圏自然歩道