2017年11月09日

「ナイト雀鬼のOP&ED」の話

いきなり古いタイトルネタですが、最近故あって暇があると動画をいじって遊んでます。
アーカイブ的な意味合いもあって昔のタイトルのオープニングとエンディングをまとめて見られるようにしてるんですが、その製作話など。
完全に俺様ネタです。

『ナイト雀鬼』はLeaf(AQUAPLUS)の一番最初のタイトルですが、きちんとプレイした順番からいうと結構後年になります。
元々麻雀好きではないので、音楽CD目当てで買ったようなものですからw

今回動画作りに当たってはエミュレーター上の「T98-NEXT」で動かしてます。
昔からのユーザーにとっては環境を作るのはそれほど苦労はないです。
PC98用のMS-DOSは現物があるし3モードFDDも幸いUSB接続の物が残ってるので動作環境はすぐに作れました。
「T98-NEXT」の良い所はCPUダンプレベルで状態をセーブ出来ることですかね。
このゲームはセーブ箇所が限られててエンディングを見るのにボス戦が残るんですよ……麻雀不得意…
で、アマレココで640x400/30fps録画すれば画面自体の収録は終了……なのですが、事前準備を少しだけ。

BGM(OP/ED)をどうしようか悩んだのですが、公式に一番音の良いプレイ環境ということで付属CD-DAモード演奏を想定してみました。
想定というのは音源は別録り(というかリッピング)で合成してます。
というのも実機ドライブへのデバイスドライバーが無いので鳴らすのが相当に面倒くさい。
だったら別途合成の方が楽かな?と。
ちなみにタイミング合わせはMIDIで鳴らして録画するので配置する時にその波形を見ながら合わせるという切り貼り方式。

ついでに今の環境で640x400は小さいのでHD(1920x1080)にしてみました。
After Effectsのアップコンバート・プラグインを使ってますがどれだけ効果があったのやら。
400ラインを1080ラインにしても良かったのですが、98らしさを残すために900ラインにして上下にはあえて黒帯を入れてます。

ナイト雀鬼
ということで出来上がった画面がこれです(これは少し縮小してます)
なので実体は動画は1920x1080ですが実質1440x900の動画ですかね。
古いとはいえさすがにPCゲームなのでHDにしてもそれほど違和感ない。
posted by うしさん at 23:56| Comment(0) | 趣味

2017年11月07日

甲州街道歩き

前日赤城山に行ったばかりですが、翌日が休みだとなんとなく出かけたくなるもの。
しかもお天気が良いとなれば尚更です。
さすがに山は辛いので以前准勅祭社巡りで甲州街道を府中まで歩いたのでその続きを歩いてみることにしました。

府中駅前大國魂神社
ということで府中です。
道中の無事を祈ってお参りしてから7時20分にスタートです。

鎌倉街道交差点高札場
歩き出してすぐの交差点に江戸時代の高札場があったんですね。
こういう歴史的な物にとんと疎いのですが、現役で市の広報とか出てたら面白いのにと思ってしまう。
しょうもなし。

国道合流国道20号
暫く歩くと国道と合流します。
本道と旧道が一致するわけですが、歩く方としては面白味に欠けます。
やっぱり細道の方が街道っぽくて好き。

旧国道
日野バイパスから先は都道に変わりますが、道は変わらず立派です。
よくよく見ると縁石に国道20号の表記があってバイパスが出来る前までは国道だったんですね。
どこも紐解けばそんな感じなんでしょうけど。

交差点旧奥多摩街道分岐
日野橋交差点からは旧奥多摩街道の表記の道に入ります。
方向が全然違うし「なぜ甲州街道じゃなくて奥多摩街道?」と思いましたがすぐに謎は解けました。

旧奥多摩街道甲州街道
入ってすぐの交差点を左に曲がるのが旧甲州街道らしい。
道なりに行くのが旧奥多摩街道なんですね。

甲州街道2新奥多摩街道横断
道は新奥多摩街道とぶつかりますが、そのまま直角に越えて行きます。
果たして何処へ?

多摩川土手多摩川
答えは多摩川に出ます。
丁度多摩モノレールの場所の手前ですね。
昔は渡しがあったのか橋があったのかは知りませんが、ここで多摩川を渡ることになります。

再び甲州街道へ
川を渡った先で再び現甲州街道に合流するのでそこそこ昔の街道に沿った形で今の街道もあるんですね。
当然なんでしょうけど。

日野宿日野本陣
9時15分に日野に到着。
日野は旧本陣がしっかり残っていて街並みも少し古い商家があったりとなかなか良い雰囲気。

日野八坂神社御朱印
日野の鎮守である八坂神社に寄って御朱印を貰ってきました。
神社の案内には社殿は古いようなことが書いてありましたがどう見ても鉄筋作り。
よくよく覗いてみたら元の社殿を覆うように囲い建築してあるんですね。
これはこれで保存の方法なんだろうけどちょっと寂しい気もします。

日野駅日野台へ
日野駅をくぐって高台方向へ。
本来は線路を斜めに横断する感じで高台の地形に沿うように道があったと思いますが今は寸断されてるので駅通りを歩きました。
ところでこの高台、交差点の名称とか見ると日野台っていうんですね。

日野自動車
日野に日野自動車……すみません…
でもそれでいいんだよね。

旧道浅川
浅川を渡る前後で少し裏道に入るのでちょっと分かりづらいですが特に案内とか無いので事前調査が必須。
そして10時40分に八王子市内に突入。
八王子市って大きいけど市街地って意外と日野側に寄ってるのね。
歩いて初めて知りました。

八王子市街八王子駅前
やっぱり八王子の街は大きいですね。
あまり来たことは無かったですがこうして歩いてみると実感しますわ。
立川とどっちが大きいんだろう……駅の乗降客は立川の方が上だったかな?

八幡八雲神社御朱印
街の大きさの割に八王子総鎮守社の八幡八雲神社は慎ましい大きさでした。
しかしこの日は七五三のお詣りも多くて社務所も忙しそう。
こんな日に御朱印だけですみません。

旧道分岐歴史的景観
今回の歩きで一番甲州街道っぽいというか歴史っぽい感じがした所がここ。
武蔵野陵近くの旧道ですがなんでここだけこんな感じなんだろう。
きゃっぱり天皇陵がある歴史性だろうか。

高尾駅小仏方面分岐
高尾駅を過ぎるといよいよ国道とお別れ。
ここから小仏峠に向かう道ですが、すぐに駒木野に到着しました。

駒木野宿小仏関所跡
宿場町と言っても関所隣接の宿場なので町としては小さかったのかな?
一応今回の目的地はここです。

中央線神明神社
この宿場の鎮守社がどこかは定かではないですが、とりあえず近場の神明神社に行ってみました。
線路を渡るとたまたま貨物列車が疾走。
なんかレアw

八王子JC中央線アンダー
戻ってきて13時30分だったのでもう一つ先の小仏まで行ってみることにしました。
その方がバスが始発で乗りやすいし次回楽。
しかし八王子ジャンクションの存在感有りすぎですね。
対照的に中央線の高架橋が煉瓦なのが歴史を感じます。

路線バス
道が狭い割にバスがデカいのは田舎にありがちだけど意外と車の通りがあるので行き違いでよく詰まってました。
しかし凄いな地元民w
だいたいこの辺りが小仏宿でしょうか?

中央線小仏トンネル入口小仏バス停
JRの小仏トンネル入口のすぐ先に小仏バス停がありました。
到着して1分しないうちにバスが発車。
もうちょっとゆっくりするつもりだったんですがあまりにもタイミングが……次が30分後だしね。
ついでに数少ない高尾山口駅行きに乗れたのは良かった。
おかげで交通費が大分安く済んだw
それと裏高尾の登山から下ってきた人達で結構混んでたのでやはり始発に乗って正解でした。

街道歩きも面白いので初めてしまいましたが次回は小仏峠越えなので登山装備ですね。
まあ、同じ山登りならふれあいの道が優先かなぁ。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 19:17| Comment(0) | 散歩道

2017年11月05日

ふれあえない道(ツツジのみち+山里のいで湯のみち(群馬県No.22&23))

三連休のお天気予報が急遽晴天予報になったのと、紅葉予報が赤城周辺が見頃という情報だったので「関東ふれあいの道」の続きで丁度よいと急遽行くことにしました。

前橋駅前橋駅前
7時20分に前橋駅に到着。
駅前の樹木も紅葉になってますが、こんなんで山の方の紅葉残っているのだろうか……

ところでこのコース、スタートの案内板があちこちにあってどれが本当のスタート地点なのか分かりづらい。
群馬県のホームページだとビジターセンターまで行くように説明されてますがこれも交通の利便性の都合みたいですね。
本来は「黒檜山から花見ヶ原へのみち」との分岐点になる赤城ひろば近くが本来のスタート地点みたいです。

コース始点序盤
ということでバスを乗り継いで終点の一つ手前の赤城ひろばに9時に到着。
広場から少し大沼側に下ったところにスタート地点がありました。
前回確認しておいたからすぐに分かりましたが、バス停からだとちょっと分かりづらいですね。
小川沿いにまずは慣らし運転で覚満淵まで小移動。

覚満淵入口覚満淵
覚満淵の入口にも案内板が。
本当にあっちこっちにあります(後記:正式にはここがスタートでした)
湖上の遊歩道の方が景色は良さそうだけど丘歩きの方が指定されてるのでそっち歩き。
しかし期待していた紅葉は終わっていてすっかり冬枯れですね……

鳥居峠から覚満淵
峠まで登ると全体が見渡せました。

峠道鳥居峠から小沼
ここから先は登山道風味。
峠を過ぎると小沼に出ますが、ルート的には小沼は上から眺めるだけっぽいです。

小沼小沼2
少し寂しいので下まで降りてみました。
大沼や覚満淵に比べれば観光色が薄くて自然を見るにはこちらの方が良さそうな感じです。

山道へ血の池
そして急激に深まる山道感。
血の池まではそこそこ大沼周辺エリアに入るのかな?
それでもかなり人は少なそう。

藪歩き巻き道
舗装道に沿った形で指定道はあるんですが、まあ普通は舗装道を歩くから踏み跡がかなり薄くなってます。
ふれあいの道目当て以外で歩く人はいるんだろうか……
荒山の巻き道に入ると斜面になるので足下が見えずにかなり怖い。
結構な崖な部分とかもあってこれ踏み抜いたら滑落するよなぁ。

登山道交差点昼食(予定)
10時40分に荒山登山道との交差点に到着。
ここには庵があってこちらで早めですがお昼ご飯にしようと……と思ったんだけど調理器具忘れた…
幸い味玉と行動食を持ってたのでそれで空腹を癒す。
急遽出かけることにしたからなぁ、事前準備はしっかりしましょう。

登山道赤城温泉へ
暫くは荒山の登山道歩きなので道が整備されてて歩きやすい。
再び登山道から別れて赤城温泉方面に向かう道へ。
そしてこの差である。
登山道を歩いていた時には人とすれ違ったけど一歩外れると人がいなくてやっぱりマイナーなのね。

紅葉紅葉2
少し下ってきたおかげか気持ちばかり紅葉も見ることが出来ました。
中腹域がちょうど見頃なのね。
期待していたのとはちょっと違いました。

吊り橋赤城温泉へ
赤城温泉手前で突然現れる吊り橋。
山の方から来ると「なんでこんな山奥に?」ってなりましたが、温泉直近なので観光用なのね。

吊り橋入口終点
ということで12時50分に無事赤城温泉に到着しました。
意外と踏み跡が薄くてコース取りが難しいので、山歩きに慣れた人かGPSが無いと迷いそうなので本当に一般向きなのか疑問なコースでした。

さて今回はこのまま三夜沢の赤城神社まで下っても勿体ないので次のコースも歩くことにしました。

入口
群馬県のホームページでの案内だと通行止めなんですが、事前調べで歩道自体は歩けると情報があったので現地にて確認。
入口には通行止めの看板とロープで塞いであるんですが、よくよく読むと「滝沢不動尊より先通行止め」になってます。
要はそれを承知なら立ち入り禁止ということではないらしい。

歩道注意看板
このコースは不動滝に水平移動するだけみたいなものなのでついで歩きには丁度良い。
前のコースに比べれば道はよく整備されてます。
しかし一般林道と交差して山道に入る度に通行止めの看板が出ていてなんか気まずいw
別に悪いことしてる訳ではないんですが。

下り
一箇所、この場所はちょっと怖かったかな。
狭いうえにこの木をくぐるのが危なっかしい。
ちなみに下の真新しい林道が工事中で、この林道を横断出来ないので以前はコースが歩けないという認識のようです。
今は当該地点はほぼ工事が終わってるので普通に横断出来ました。
今回は禁止されてなかったからいいよねぇ。

三宝堂渓谷
三宝堂とその下の渓谷まで結構急な坂なので足を滑らさないように慎重に下りました。
なんか急な下りが多いコース。

案内板
残念ながら今回は不動大滝には行くことが出来ませんでした。
「滝沢不動尊より先通行止め」の意味は先の林道の橋を作る工事をしていたので多分そのせいですね。
臨時の指定で今はこの看板が撮影ポイントになってます。
4月からは行けるようになるようなのでそれ以降に来るのが吉です。
行けなかった部分だけそのうち歩くか……

終点忠治温泉
14時半に忠治温泉に到着。
温泉に入ろうと思ったら入口に入浴だけはお断りの張り紙が……
連休初日だったからなのか、日帰り風呂を止めたのか定かではありませんが意気消沈して赤城神社に向かいました。

ちなみに忠治温泉で赤城神社からのデマンドバスの予約をすると時間的に丁度良い。
あくまで公共交通機関にこだわるならですけど普通はタクシーなのかな?
今回は次のコースへの連絡道を歩く意味合いもあるので歩きました。

三夜沢赤城神社 御朱印
15時15分に三夜沢の赤城神社に到着。
次回のスタート地点なので見るのは次回でもいいのですが御朱印は貰える時貰っておかないと。
ということで頂いてきました。

バス停ふるさとバス
16時の予約だったので赤城神社前の乗り場で少し待ち。
幸い神社前にお店があったので飲み食いしながら待てたので助かりました。
ジャンボタクシー風味のバスで大胡駅までの移動は予約状況によりけりですが、概ね30分ほど見ておけば大丈夫っぽい。到着時刻を読めないのが難点ですが、過疎路線のあり方としてはいいのかもしれません。
この日はそこそこ利用者がいましたが16時20分頃に駅に着きました。

大胡駅大胡駅名標
帰りは大胡駅から初めての上毛電鉄。
赤城駅を経由して東武特急「りょうもう」で東京に帰ってきました。

とにかく今回の道は荒山の登山者には会いましたがその他は皆無で実に寂しい道でした。
群馬は山がいっぱい有るだけにこういうどうでもいいコースには人が来ないのかもしれませんね。
【参考メモ】
posted by うしさん at 14:37| Comment(0) | 首都圏自然歩道