2022年03月28日

まだまだコロナで残念

週末天気が悪い予報だったので、遠出はせずに軽く近場を歩こうかと久しぶりに御府内八十八カ所を歩くことにしました。
マンボウも終わったし通常営業かなぁっと。

交差点地下通路
前回は次に向かうついでということで、六本木駅まで歩いたので、その続きです。
そしていきなり迷う。
道の向こう側に渡りたいのだけれど……信号はあれど横断歩道がない。
どうやら六本木の駅構内を向こう側の出口から出るのが正解っぽいですが、「前回のルートの続きに駅構内はない!」という頑な新年の元、交差点にある地下通路を歩きましたw

裏通り
渡った先で裏道へ。
こういう細い道大好きです。

東京ミッドタウン檜町公園
東京ミッドタウンの裏手って公園になってるんですね。
地形的には谷底で昔は使い道の無い沼地って感じ。
いまはおしゃれな緑地帯。

路地裏赤坂
少し奥に入ると昔ながらの景色が残ってますね。
赤坂界隈を歩くのは久しぶりですが、こんな感じだったか?

赤坂見附ウェンディーズ
赤坂見附でウェンディーズを発見。
つい寄ってしまうミーハー。

外堀首都高新宿線
長野に行くときに何度も通っている首都高新宿線。
三宅坂JCの手前って微妙に外堀の石垣を避けて作られてるんですね。
史跡だから壊すわけにもいかないんだろうけど。
ゆっくり歩くと色々見えてくる。

旧北白川邸
途中にあった旧北白川邸。
裏手の超高層ビルがミスマッチな風景だなぁって感じ。
時代だから仕方がないけどね。

靖国神社へ靖国神社
靖国神社に出たので境内を抜けてきました。
ちょうど桜の季節ですが、その割には人が少なめですかね。

築土神社築土神社御朱印
ふと見つけた築土神社。
ビルの奥に社殿があるという不思議構造。
東京の神社は宮司さんがいることが多くて助かります。
書き置きですが無事御朱印を頂きました。
由緒書きによれば太田道灌の江戸城築城まつわる神社らしいです。
歴史があるのね。

日本橋川
日本橋川を渡って駿河台方面へ。
既に自分が何処を歩いているのかよく分かっていませんw

音楽学校発祥の地明治大学構内
音楽学校発祥の地とかいう石碑が建っている路地を入って行くと階段がありました。
公的には道路ではなく、明治大学の私道みたいですね。
見かけ上は本当にただの道です。
階段を登ると駿河台ですね。

御茶ノ水駅前御茶ノ水駅
ここまでくると見知った風景。
お茶の水橋を渡って更に湯島方面に向かいます。
しかしいつの間にか御茶ノ水駅が近代的な立体構造に変わっていました。
あの狭い場所によく作ったな。

聖橋国道17号
更に聖橋を抜けて国道17号を渡って湯島に入ります。
今回のゴールはこっちなんですよ。

妻恋神社妻恋神社御朱印
ゴール直前に1件神社を発見。
妻恋神社です。
こちらでも御朱印をいただけました。

霊雲寺
そして今回目的の28番札所の霊雲寺。
都内とは思えないでかいお寺でした。
しかし肝心の御府内八十八カ所の御朱印がコロナ禍でしていませんでした。
以前にもありましたけど、神社に比べてお寺って保守的なんですかね。
紙で配付出来るから対応してもらいたいのですが。

ということで最後の最後で歩き疲れ状態。
ここでの御朱印が頂けるようになったらまた再開しましょう。
いつになるのやら……

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 21:46| 散歩道

2022年03月27日

雪の上高地をテント泊

雪の上高地に初めて行ったのは3年前。
雪の西穂高岳に行くつもりがロープウェイが運休で、仕方なく上高地に行ったという消極的な理由でしたが、今年で三年連続。
我ながらツボにはまったなぁ。

雪景色部屋
今年も中の湯温泉旅館にお世話になりました。
オフシーズンじゃないとソロでなかなか泊まれませんよねぇ。
穂高岳が見える部屋指定でしたが、天気が悪くて見えなかったけど雪景色を見ながらのんびり。
ベストポジションだね。

釜トンネル入口釜トンネル出口
温泉旅館の件はそれとして、翌日は旅館の送迎バスに乗って8時半前に釜トンネルへ。
この時期は車が入れないので徒歩なんですよね。
トンネルの入口出口両方とも雪崩れて半分塞がれてましたあせあせ(飛び散る汗)
雪が多いんだなぁ。

上高地線大正池
上高地トンネルを抜けたところで凍結状態なので滑り止めを装備。
経験からアイゼンはいらないことを学んだので、今回は単なるチェーンスパイクです。
1時間ほど歩いて閉館中の大正池ホテルから大正池へ。
雲がちょっと多いのが残念。

木道林間
今年の上高地は雪が多めで、そのぶん歩くのが楽しいのです。
ルート通りに歩けば踏み固められてるし、スノーシューも必要ないので楽です。

猿猿2
帝国ホテル近くでは猿が木に登って木立に新芽で食事中。
笹をむさぼるのもいて、冬場は大変だなぁと自然を感じてみたり。

河童橋テント泊
11時前に河童橋に到着。
小梨平のキャンプ場に移動してこの日はテント泊です。
久しぶりだわぁ。
結構お仲間もいらっしゃる。

穂高岳
もう少し晴れれば良かったのですが、テントの正面が穂高岳です。
場所的にはいいのだけれど、風が抜けると少し寒いかな。

治山道路
荷物はテントにデポして、この後明神池まで行ってきました。
前回は雪一杯だった治山道道路ですが、今回は除雪済み。
拍子抜けで普通に歩きました。

穂高神社明神池
さすがに穂高神社は雪の中。
雪の明神池もいいですね。
既に14時近いので、誰も居ません。
泊まりだから出来る行程です。

明神橋明神館
ちなみにお帰りは明神橋を渡って、通常の登山道の方に出ました。
なんかこの区間がえらく難儀しました。
スノーシュー使えば良かったかな?

雪道雪道2
でもお後の行程は普通に踏み固められた雪道なので問題なかったです。
ってことは、明神から先に向かう人が多いってことなのかな?
冬山で頑張るなぁ。

テントから河童橋
翌日は晴天で穂高岳が綺麗に見えましたが、気温が氷点下6度まで下がったので寒かった。
テントは寒い……
皆さん早々に引き上げた感じですが、自分は13時のバス合わせだったので、白樺荘前のベンチでのんびり穂高を眺めてました。
そういう無為な時間が好きなんですよ。

今回は勢いで上高地テント泊となりましたが、やっぱり冬のテントは寒いを実感。
もうちょっと装備をちゃんとしないと死ねる。
そして荷物が重い。

今年のGWはまた上高地入りする予定です。
次回は本当の登山だね。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 12:41| 日記

2022年03月23日

三浦半島の山(佐島・大楠山のみち(神奈川県No.4))

三浦半島の歩きを続けます。
今回は珍しく山みたいです。
三浦半島にも低山はありますが、登山向けの山は無いと思っていたので、今回のコースはちょっと意外な感じですね。

逗子駅大楠芦名口バス停
逗子駅からバスで移動してスタート地点のバス停へ。
一つ前のバス停で山登り風の人達が何人か下車したので、多分目的地は一緒でしょう。
本来はそちらが登山口ですから。
こちらは作業道路から登ることになります。
7時半過ぎのスタート。

スタート地点分岐点
内陸側に少し進んで行くとすぐに大楠山に向かう細い車道に分岐します。
今回はつまらない車道歩きかなぁ、とあまり期待しないで入っていきます。

山へ山道入口
三浦半島で山に入り込んでいく林道のような雰囲気に出会うとは……
なかなか良い感じです。
舗装道のまま変わりませんが本格的な山道への入口では、作業用道路なので一般車は進入禁止と書かれていました。
特にゲートも無いのでどうなんでしょう?

山道河津桜
緩い坂を延々と登る感じですが、雰囲気はなかなかいいですね。
さすが三浦半島、既に春になっていました。
既に河津桜が葉桜状態。

頂上分岐
頂上近くになると、舗装道路から分かれて山道が現れます。
一般的な登山道としては右に行くようですが、関東ふれあいの道的には左です。
マップ上ははっきりしなかったのですが、指導標があったのでこのまま舗装道歩きです。
ちょっと不満。

山頂入口山頂へ
山頂を迂回する感じで歩いて過ぎてしまったあたりで、山頂は行けないのかな?と思ったところで山頂に向かう道に右側に見えてきました。
最後は階段上りです。

山頂山頂より
ということで8時半前に大楠山の山頂に到着。
三浦半島自体高い山が無いので四方が見渡せて良い感じです。
海も見えて気持ちが良い。

山頂売店
山頂には売店と展望台があったのですが、どちらも休業中でした。
季節的な理由なのか、時間が早かったからなのか、はたまたコロナの関係なのか。
いずれにしても閉店中なのですが、外から覗いてみると山バッジは無かったので、まあ改めて来る必要はなさそう。

レーダー施設展望台
遅めの朝食兼休憩を取って先に向かうと灯台のような建物が。
全方位レーダーっぽい施設なので「防衛省の施設?」かと思ったら国土交通省のレーダー施設でした。
防衛関係がこんな無防備な訳ないですな。
お隣にはこちらは開放されてる展望台。
ご飯食べるならこちらの方が良かったかなぁ。

下山道下山道2
そして下山する側の道へ。
本来はこっちが一般的な登山道のようですが……
こちらは普通の山道でハイキングには良い感じですね。
途中何組もすれ違いました。

下山口前田川
そんなに長い道ではありませんが、下山すると前田川に出ます。
関東ふれあいの道的にはそのまま車道に出て川沿いに歩いて行くのですが、橋を渡る手前に「遊歩道」の文字。
川に降りて自然歩道てきな道が整備されていてます。
等々力渓谷っぽい感じ?
川を下っていくのは一緒なんですよね。
「こっち歩きてーexclamation×2」ってことでこっちを歩きますwどんっ(衝撃)

前田川遊歩道前田川遊歩道2
下に降りると想像以上に良い感じ。
住宅裏の川を歩いているとは思えません。

前田川遊歩道3登り口
すごく自然な感じですが、右手の上には普通に道路が通ってるんですよね。
何で上がコースなんだろう……
交差する橋の所で上に登る階段があります。
逆にここから大楠山への道が続くのね。
自分は逆方向に来たわけです。

コース道降り口
ちなみに関東ふれあいの道は上の車道ですが、こちらもそれなりの雰囲気ではある。
一度戻って再度歩き直しました。
一応コースだし……我ながら律儀だねぇたらーっ(汗)
再び戻ってきてこちらが降り口。

立石公園海水浴場
後の歩きは海岸沿いの国道134号歩きです。
海の景色はそこそこいいけど、車の通りは多いし、舗道は海と反対側だし実につまらん。
途中にある立石公園に寄り道したり海水浴場沿いの舗道とか綺麗ではあるのですが、やっぱり国道はね。

下山川御用邸裏
葉山の御用邸では良い感じでしたが、正面警備のお巡りさんに正門を撮影してもいいか尋ねたら、御用邸側に向けてカメラを向けるのは禁止事項なんだそうな。
御用邸に沿って普通に歩けるので裏の海岸に行ったら、めちゃ人がいました。
お巡りさんもいっぱいいるけど、ある意味警備員付きで磯遊びが出来る安全スポット一色海岸です。

一色海岸バス停
ということで11時半にこの海岸の入口にあるバス停がコースの終点。
しかし次のコースは遙か遠く鎌倉になります。
そんな訳で次に向かった更に歩きます。
ここからは連絡道です。

森戸神社みそぎ橋
途中にあった葉山の森戸神社。
海に張り出したようにある神社なのでここも景色がいいですね。
すぐ横にあるビーチも神社の一部みたいです。

森戸神社2森戸神社御朱印
ビーチ側から見るとこんな感じ。
休憩スポットとしては良いところでした。
夏場は人が多そうな場所ですが。
御朱印も頂けて個人的にホクホクです。

逗子駅入口逗子駅
さて引き続き歩いて、逗子駅入口の交差点に到着。
まだ連絡道は続きますがこの日は逗子駅から帰宅しました。

次回は逗子駅からの続きと、坂東三十三ヵ所巡りを兼ねた歩きとなります。
またしばらくは平地歩きですね。
【参考メモ】
posted by うしさん at 00:27| 首都圏自然歩道