2019年12月19日

ストーリー性が前面に

霜月はるかさん関係が続きますが、やはり初期の完成形としてはやはりこれでしょうね。

月追いの都市
ストーリー性のある作品はそれまでも制作されてきましたが、サークル名を「tieLeaf」としてそれを前面に押し出した最初の作品がこれ。
その後の日山尚さんとの作品作りを見るに、やはり一つの答えなんでしょう。
この作品は同人だけでなく、商業ベースでも展開されたので結構知られているかと思います。

その後何作かmaple leafとしての作品も出ていますが、その後のサークル活動は「しちごさん」へ、ボーカリストとしては商業へといった感じでしょうか?
そのまま買い続けてますけどね。
posted by うしさん at 21:30| Comment(0) | 音楽CD

2019年12月15日

外堀をぐるっと

今回は土曜日が潰れてしまったので日曜日歩きなのですが、体力低下中につき軽めの札所巡り。

新橋駅虎ノ門ヒルズ
とりあえず新橋駅から前回の終了場所である鏡照院に向かういます。
虎ノ門ヒルズがデカい。
しかし休日のオフィス街って、本当にゴーストタウンよね。

鏡照院
9時20分に鏡照院に到着。
ここからがスタートですが、前回歩いた方向へ戻る感じなんですよねぇ。

愛宕神社出世の石段
少し歩いて愛宕山に立ち寄り。
前回反対方向から歩いて来たので神社の存在に気が付かなかったのですよ。
出世の石段て足を滑らせたら落ちそう、枯れ葉が怖い。
登山道に比べれば楽ですけどね。
しかし怪我をして出世も出来ないとか不幸すぎる。

愛宕神社愛宕神社御朱印
初めてのお参りでしたが、無事御朱印を頂くことが出来ました。

赤坂首都高新宿線
さて、ほぼ前回を逆走しているんですが、せっかくなので1本裏の通りを歩いてみました。
赤坂近辺って落ち着かない(庶民派)
赤坂見附から外堀に沿って四谷方面へ。
いつも長野に行く時に通る首都高を下から見上げるとなんか新鮮です。

迎賓館前迎賓館
たまたま迎賓館前を通ったので記念に撮影。
そういえば長く東京にいるけど、迎賓館て見学したことないな。
今度見学してみよう。

東福院坂
学習院の小学校に沿って抜けたて、しばらく歩いた先にあるこの坂の名前が東福院坂だそうで。
目的地の東福院は坂の中腹くらいにあります。

東福院東福院御朱印
10時半に最初の目的地、東福院に到着。
街中にあるっぽいお寺でしたが、御朱印を頂くことが出来ました。

外堀通り地下貯水路
また外堀に沿って四谷から市ヶ谷へ。
途中の工事現場では、雨水の地下貯水路を作ってました。
東京の地下地図を見てみたい。

市谷亀岡八幡宮市谷亀岡八幡宮御朱印
市ヶ谷に来たところで神社を発見。
市谷亀岡八幡宮だそうで今回階段が多いな。
歩いてると分かるけど、お堀って本当に谷底なのね。
御朱印を頂きました。

牛込神楽坂駅
お堀を離れて今度は牛込神楽坂駅まで来ました。
この近くに次の南蔵院があります。

南蔵院南蔵院御朱印
11時20分に二つ目の南蔵院に到着。
住職さんの自宅兼寺務所っぽいお宅にお伺いしたら無事御朱印を頂けました。

神楽坂
今度は神楽坂を抜けて再び外堀へ。
実は神楽坂って初めてだったりする。
賑やかなんだけど、どういう街だか全然知らない。
途中にあったお寺の門前町なのかな?

神楽坂の先九段下
商店街を抜けてそのまま歩いて行くと九段下に出るのね。
なるほど……まだまだ東京を知らないなぁ…

神保町
見知った靖国通りを通って神保町の街並みを歩きます。
途中にあった蘭州ラーメンが以前から気になっていたので立ち寄りました。
面が細麺のうどんっぽいですが、美味しかった。
でもパクチーはちょっと苦手。
抜くかどうか聞いてくるので、素直に抜けばいいだけなんですけどね。
今回はお試しなので一応入れました。

須田町交差点浅草橋交差点
ホームの須田町交差点を抜けて更に浅草橋の交差点まで歩きます。
御府内八十八箇所でこっちに来たのは初めてかも。

薬研堀不動院薬研堀不動院御朱印
馬喰町の問屋街に少し入った所で、今回最後の薬研堀不動院に13時到着しました。
ここは川崎大師の別院なんですね。
近所なのに知らなかった。

今回はなんだかんだと神社も含めて御朱印を沢山頂いた。
都内は御朱印の貰える寺社が多くて本当に歩いて楽しい。
しかし地方のふと寄った神社で御朱印が貰えると、幸運度が増した気がするのでやっぱりそっちかな。

さて、来週末は普通に休める予定なので甲州街道を歩ききる予定ですが、まだ雪は大丈夫なはず。
クリスマスを過ぎるとやばい。
ということでまた歩くぞー。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 21:53| Comment(0) | 散歩道

2019年12月10日

コース変更はちゃんとして(筑波連山縦走のみち(1)(茨城県No.8))

忙しくて放置してましたが、やっと先日行った『関東ふれあいのみち』の続きです。
普通は土曜日に出掛けて翌日は休息なんですが、今回は札所巡りになったので日曜日に歩きました。
ストレス溜まってるんですよ……運動したい。

雨引観音バス停雨引観音
前回雨引山から下ったコースが今回の登山コースなのですが、同じ所を歩くのはつまらない。
不必要な二度歩きは性に合わないので、とりあえず岩瀬駅から雨引観音まではバス路線を利用しました。
雨引観音に着いたのが9時半なので、人も少なくて静か。

雨引観音裏手191201_04.jpg
実は正式コースはここまで登って、一旦参道を下って再度登るという意味不明なコース取りなんですよね。
前回歩いてもう歩きたくないので、今回は観音様の裏手からのルート。
このルートは前回下ってきた時に、雨引観音へ直通の案内板があったので「近道があるんだろうなぁ」と調べたら裏手から登れそうだったので選択しました。
道自体はさして変わらない普通の登山道ですね。

合流点
ということで、ここが本来ルートとの合流点。
前回はここを真っ直ぐ下って行ったんですよね。
今回は左折方向の道を登ってきたかたちです。

稜線スタート地点
さらに少し登って9時50分に実質的なコーススタート地点に到着しました。
やっと新しい道を歩ける。

新旧コース
歩き始めてすぐにコースが違う……
通常は加波山への看板通りに巻き道に行くんでしょうが、本来コースとしては少し荒れた左側の尾根道コース。
荒れてるし、急登だしで実に歩きづらい。
上に行っても景色があるわけじゃないんで、無難に巻き道を歩く方が良さそうです。

登山道登山道2
加波山までは結構普通の歩き。
紅葉も有りで季節的には丁度良かった感じ。

見晴らし
最初の見晴らし箇所。
今回あまり見晴らしの良い場所が無かったので貴重な場所なんですが、10時半だとお昼ご飯にはちと早い。

燕山
11時半に最初の山、燕山に到着。
燕岳ではないw
ここまででも結構距離がありましたね。
残念ながら見晴らしが無い。
加波山まで行けばいい場所あるかなぁー

林道加波山神社
燕山から加波山神社までは林道歩きに変わるので比較的楽。
しかも20分ほどで近い。
しかし、この加波山神社が想定外でした。

加波山神社加波山神社2
山を登ると次々に現れる加波山神社。
奥宮かと思ったら一番奥の社が本社なんですね。
一番上まで行っても見晴らしが今一つだったのは少々残念でした。

旗立石ハンバーグサンド
更に少し行った所にあった旗立石の所でお昼ご飯としました。
万世〜

風車
加波山を少し下ると風車がありました。
デカい。
近くで見たのは初めてかも。

一本杉峠きのこ山へ
ここから先は舗装道歩きになるんですが、一本杉峠を抜けてきのこ山へ。
なんか車両通行止めかと思ってコースの道を入って行ったら崩れてました。
歩くぶんには問題無かったけど後で調べたら迂回推奨だったっぽい。
山道と比べればこっちの方が全然安全なんだけど、評価が良く分からん。

グライダー場へ飛行台
しばらく歩くとグライダーの飛行台がありました。
パラグライダーじゃなくて普通のグライダーなのね。
気持ちよさそう。
このおかげで見晴らしよくて素晴らしい。

短絡入口短絡路
後半はほとんど舗装道路歩きなんですが、1箇所だけ変なところ。
道路が大廻りするところをショートカットするように、元は設定されていたらしい。
指導標は道なりなんですが、ショートカットする茂みの急登へ。
物好きが多いのかマーキングがいっぱいあって迷うことは無いですw
失われた本ルートを歩きたいと、やっぱり考えることは一緒なのね。

下山路へ下山路
そして最後はグライダー飛行台の端を伝って下山。
ここからが次回のルートなので、この下りは次回の上り。
バスないから次回は登らないと。

迂回路案内通行止め
しかしこのルートが難アリで、元々のルートとは違うルートが指定されています。
まあ、ルートの付け替えは有るのはいいんだけど、変更ルートの指導標が皆無なんですよねぇ。
予めGPSマップ持ってるからいいけど、無いと完全に道をロストします。
道を失う訳じゃないので下山出来るけど、ルートを歩いてるのか外れてるのかさっぱり。
しかも今回新しいルートも通行止めになってて困惑しました。

---(追補)---
本来の道がどうなっているかは■こちら参照
--------------

指定ルート指定ルート
結局迂回路案内に従いつつ下山して、指定ルートに合流しましたが、そのルートも元のルートとは違うという。
次回は上りだから元のルートがどうなってるのか調べてみようかと思いますが、さてどうなるやら。

振り返り
平地に下りてから振り返ると稜線に風力発電の風車が。
今回結構歩いたわ。

真壁駅跡バス停
15時にゴールの真壁駅跡に到着。
さすがに距離があったのでいい時間になりましたが、この時期日が短いので明るい内に歩き終えて良かった。
少し離れたバス停まで歩いて、再び岩瀬駅に戻りました。

次回のコースは今回以上に長い。
もっともほぼ舗装道路みたいですけど。
しかし最後の部分が未消化なのが気に入らない。
気が向いたらなんとかしましょう。
続きを読む
posted by うしさん at 22:19| Comment(0) | 首都圏自然歩道