2019年09月18日

扇状に歩いて来た

9月の連休は当然山ですが、今回はどこに行こうかなと色々と検討した結果、登り口と降り口を同じ場所に出来る扇沢を起点に歩くことにしました。

さすが三連休ですねぇ。
いつも通り夜中に来たのに扇沢駅直近の無料駐車場は既に満車。
大分離れた場所に空いていた駐車スペースに止めることが出来ましたが、逆にお帰りに便利な場所だった。
ラッキー。

扇沢駅針ノ木登山口
ということで6時に扇沢駅に向かったら、黒部アルペンルートに行く人で既に人混みが……すげぇ
トロリーバス改め、電気バスの切符購入列を尻目に、関西電力の作業道路脇の針ノ木登山口へ。
事前調べでは静かなコースだと聞いてたけど、なんか結構人がいるぞ?

作業道路登山道
序盤は作業道路を歩いたり森林帯を歩いたり。
上りも緩やかでなんとなく大丈夫かいなって感じ。
最終的には結構登るんですよねぇ。

登山道2大沢小屋
1時間ほどで大沢小屋に到着。
既に営業を終了している大沢小屋。
本当に夏場だけの営業なのね。

針ノ木沢雪渓
本来だったら残雪期の雪渓歩きがメインなんでしょうが、さすがに9月となると見る影も無い針ノ木沢。
ここから本格的な急登になるので暑い〜あせあせ(飛び散る汗)
少しだけ雪も残ってましたが、もう上は歩けませんな。

針ノ木沢2針ノ木峠へ
振り返ってみると結構な急登でしたね。
そして最後のひと登りがキツかった。
ゴールが見えてるのになかなか着かないタイプの山登りは不得意だわ。

針ノ木小屋針ノ木峠より
10時に針ノ木小屋に到着。
初日はここまでだったからもっとゆっくりでも良かったけど、下でゆっくりしてても仕方ないので上で景色を堪能する事にしました。
景色絶景。
以前歩いた船窪岳から七倉山が真っ正面に……あの時は疲れた…
この日は槍穂、富士山まで見えて最高。

針木岳へ針木岳へ2
翌日は6時スタートで、一路針木岳へ。

立山・剱岳
7時に一発目、針ノ木岳に登頂。
後立山連峰から見る立山は初めてでしたが、感動するくらい綺麗な景色でした。
蝶ヶ岳から見る穂高岳みたいなものですかね。
こちら側から見る立山、剱岳は一番ですねぇ。

稜線
そして今回歩く稜線の山々。
ちょっと見えすぎるのもアレですが、まあなんとかなるでしょう。

スバリ岳立山・剱岳・黒部湖
今回、稜線を歩いてる間ずっと立山と剱岳を横目に歩いていたので本当に飽きがきませんでした。
針ノ木岳からの景色も見事でしたが、一番綺麗に見えたのがスバリ岳からの景色。
こちらの方が標高は低いんですけどね。
ちょうどいい感じで黒部湖と黒部アルペンルートのロープウェイが見えて良かった。
微妙にダム本体も見えてるけどちょっと分かりづらい。

赤沢岳より鳴沢岳
この後、赤沢岳と鳴沢岳と縦走したけど、やっぱり遅くなるとガスが出てきて見晴らしはイマイチ。
その代わり味のある風景に出会えたりするからまんざらでもない。
さすがに完全にガスに包まれると残念状態ですが。

オコジョさん
その代わりと言ってはなんですが、鳴沢岳ではオコジョを見かけました。
すぐに逃げるかと思ったら、結構近場をウロチョロしてて面白かった。
以前にも一度見かけたことあるけど、表銀座を縦走した時だったかな。
あの時はスマホだったのでカメラの解像度を低解像度だったけど、今回はバッチリ。

新越山荘
13時に新越山荘に到着。
人によっては一日目でここまで来る人もいるみたいですが、あの景色をじっくり眺めないのは勿体ない。
そういう意味で2泊3日でもこの山小屋の存在は実に有り難い。
でも一足早く営業終了するのね。
9月最終週を待たずに今期終了だそうです。
やっぱりマイナーコースなのかなぁ、こんなにいいコースなのに。

岩小屋沢岳
主だった山は2日目で歩いたので、3日目はほぼ下るだけ。
ですが、最後に登った岩小屋沢岳もなかなかの景色でした。
でも前半の景色が凄すぎたね。

種池山荘へ
アップダウンは少ないものの意外と際どい所も歩かされて、注意は必要なものの実に楽しい歩きでした。

下山道下山道2
さすが種池山荘からの柏原新道は爺ヶ岳へのメジャーな登山道だけあってよく整備されていました。
また登るときに通るんだろうけどね。
時間はあっても次回以降の楽しみに、前半の蓮華岳も後半の爺ヶ岳もスルーです。

下山口
かなり余裕を持って9時半に無事扇沢に下山しました。

当初の天気予報では、ここまで好天予報ではなかったのですが、結果として三日間ともお天気に恵まれて実に楽しい歩きでした。
こういう天気だと本当に来た甲斐があります。
今週末も三連休だけど、こちらはちょっとお天気無理そうなのでどうしたものか。
もう少し様子見して決めたいと思います。

今回の歩行マップ
歩行マップ
posted by うしさん at 01:02| Comment(0) |

2019年09月08日

基本アレンジから入っていた時代

M.Sさんのところでコンピレーションレーベルが「LYRICAL@MUSIK」なのに対して、個人用のサークル名義が「MEGA Fepps」

Aim it Over!
個人名義で出し始めた最初期の『Aim it Over!』です。
こみっくパーティーのアレンジものなので、どちらかと言えばそっちつながりで買ったCDでしょうか。

この頃はオリジナルよりアレンジものを中心に買っていたので、まだサークルとかはあまり意識していませんでした。
きっかけはともあれ、気に入るとそのサークルを買いそろえる性分なので、最初の1枚との相性は意外と重要。
特にこの頃は今ほどネットによる情報が無かったので、初参加のサークルなんかはまめに試聴して気になった所は結構買ってました。

でも、大体は学生時代にイベントとかに出始めて社会人になるとやりきれずにフェードアウトするパターンが多くて、こうして今でも続いているサークルというのは実は貴重なのです。
ということで、M.Sさんとの付き合いは先の通りですが、無理せず趣味の範囲で続けていってもらいたいものです。
posted by うしさん at 11:46| Comment(0) | 音楽CD

2019年09月07日

茨城は初っ端から遠かった(青少年旅行村のあるみち(茨城県No.1))

さて、今回より『関東ふれあいのみち』も茨城県のコースに入ります。

常磐線茨城交通
茨城コースに合わせて交通機関も茨城っぽくなります。
常磐線で水戸まで行って茨城交通のバスですが、初バスが8時半なのでちょっとゆっくりです。
日中1時間に1本ある路線なので、ここ最近に比べれば便利なんですけどね。
ツインリンクもてぎ行きですが、終点まで行って戻ってもさして距離変わらないし、料金高いしなので、前回帰りに使った柏崎バス停まで行きました。

バスバス停
さすがに1時間以上の長距離路線だと料金表示がいっぱいw
10時前に目的のバス停に到着しました。
しかし、以前バスにスルーされたこのバス停。
どう見ても回転場所だよねぇ。
結局地元民だけのバス停だからかね、直す気ないみたい。
使う人は道路で待ちましょう。

国道那珂川
さて、今回のスタート地点まで少し歩く。
すでに暑い〜あせあせ(飛び散る汗)

栃木コーススタート地点
栃木県コースの茨城方最終コースと合流して、このクリーニング店が分岐点。
ここから茨城コースが始まります。
既に10時40分。
遠いよ……

案内板
道路を渡ったところに今回のコースの案内板が。
埋もれてるw

ルートルート2
前半は普通の道です。
田舎道ですが、これでも県道なんですよね。
那珂川の対岸を逆向きに歩いてる感じ。
来るときに乗ってきたバスの途中に今日のゴールがあるので、「あそこまで戻るのかぁ」って感じでちょっと気が重い。
暑いし晴れ

ルート3
なぜこんな田舎道が県道なのかと不思議ですが、橋で那珂川を渡る形でこちら側の隣の集落にいくとすごい大廻りになるので、最低限の道として必要なんでしょうね。
実際車は1台も来なかったので、利用率が高いわけじゃないけど、山際まで那珂川が迫ってるので必然的に山道、ということらしい。

御前山ダム御前山ダム2
御前山ダム前の公園でお昼ご飯にしようと思ってたら、なんか草刈りしてる……
四阿もあって陽差しが避けられると思ったのに、ゆっくり出来そうもないのでパス。
もう少し足を延ばす。
しかしこのダム、発電設備とかないから農業用水用かな?

190907_15.jpg
今回、車道歩きが続くので自販機を期待してたら全然なくて喉がからから。
道端にオアシス発見。
真面目に水戸駅で買ったお茶1本でどうしようかと思いましたわw
山道に入ったら絶望的だし。
結論からいうと、この先の公民館と青少年旅行村の管理棟でも自販機あったんですが、先が見えなかったのでここでドリンク2本補充。

青少年旅行村へ青少年旅行村
県道と分かれて青少年旅行村へ。
ここから登りが続きます。
管理棟のあるところまで来て、案内板を見ていたら管理の人から「今日の山登りは暑いでしょう」と声を掛けられたw
ええ、激暑いです。
確かに普通はこんな日には登らないよね。
よほど変わり者だと思われたのだろうか?

バンガロー階段
現地の案内板だと山道に入る方に展望台と案内がありますが、関東ふれあいのみち的にはそのままバンガローが建ち並ぶ舗装道を登ってから山道に入るのがルートのようです。
このあたり、ルート案内が結構雑なので一応マップ基準で歩きました。
しかし、気温がピークに達して最後の階段登りはつらかった。

展望台展望台より
12時20分、展望台に到着。
期待していなかったけど、結構見晴らしは良かったですね。
やっぱりこの辺りはだらだらっとした山が続く感じ。

お昼
やっと落ち着ける場所に着いたので、ここでお昼ご飯にしました。
暑いからコンロは持ってこなかったので、今回は水戸駅で買ってきた神戸屋キッチンのパンです。
スタートが遅いから買えました。

山道山道2
ここからは山道になります。
暑くて歩く物好きはいない&虫ががいっぱい飛んでる。
このパターンは……そうスパイダーコース。
なんとなく、そうなりそうな気がしてたのでストック1本持ってきたけど正解でした。
進路をふさぐように蜘蛛の巣がいっぱいで、ストックで断ち切りながら歩いてましたが、それでも何度となく顔にいやーな糸が……やめて。
もう景色なんか見る余裕なく蜘蛛の巣ばっかり探してましたw

巨大キノコ巨大キノコ2
それと怪しい巨大キノコがあちこちにたくさん。
一つくらい食えるのあったのかな?

案内板四阿
途中四阿の案内だけの標識があったのでそっちがコースかと登ったら、単なる展望所だった。
戻ってきて巻き道が正解だったのですが、四阿で唯一の人間と出会いました。
他にも物好きがいたw

分岐点
終盤、鐘撞き堂跡の案内があって100m程の距離とのこと。
行ってみるか。
今回バスが多いので余裕なのです。
ちなみに、この西登山口というのが次回のコース方向みたいですね。
関東ふれあいのみちとしての表記無いけど、不安だなぁ。

鐘撞き堂跡鐘撞き堂跡より
で、鐘撞き堂跡ですが、その場所に四阿が建ってました。
なかなか景色の良いところで、ここで鐘を突いたらよく響きそう。
跡なので今はありませんが。

下り東登山口
元に戻ってあとは一気に下るだけ。
下りなのに暑い。
汗まみれになりながら、14時半過ぎに東登山口に出ました。

登山口御前山バス停
登山口から御前山バス停は目と鼻の先なんですが、バス停に着いたのが14時37分。
バスの予定時刻が14時41分。
本当ならすぐ近くの道の駅で休憩予定だったんですが、1時間後のバスを待つのも面倒なのでそのまま乗っちゃいました。
おかげで喉を潤す水分が無い……水戸駅まで我慢の子。

妙にタイミングが良すぎるのも考えものだなぁ。
とりあえず帰りの電車でたっぷり水分補給をしましたが、汗だくの体で家まで帰るのは辛い。
茨城のコースは全体的に温泉が期待出来ないのがちょっとね。
もう少しすれば涼しくなりそうですが、次回もちょっと厄介なコースなのでしっかり計画して出掛けるとしましょう。
【参考メモ】
posted by うしさん at 22:07| Comment(0) | 首都圏自然歩道